海外運用ライセンス情報

相互運用協定、FCCライセンス、CEPT系ライセンスがなくても、日本のライセンスだけでここまでできます。

海外でのアマチュア無線の運用に関して、私の各国にてライセンスを取得した方法について今後の参考のために記載しておきます。

内容は変更されている可能性が高いので注意が必要です。 右に記載した時期は、私が免許を取得した時期です。

 

  • 米国 USA Hawaii (KH6)  2012年3月
  • スウェーデン Sweden (SM)  2012年6月
  • アラブ首長国連邦 UAE (A6)  2012年7月
  • ケニア Kenya (5Z4)  2012年7月  追記 2014年4月
  • マレーシア Malaysia (9M2)  2012年7月  追記 2013年8月
  • 香港 Hong Kong (VR2)  2012年7月
  • ノルウェー Norway (LA) 2012年10月
  • トルコ Turkey (TA)  2012年11月  追記 2013年4月
  • ポーランド Poland (SP) 2013年7月
  • シンガポール Singapore (9V1) 2013年10月 追記あり 2014年3月
  • 南アフリカ South Africa (ZS) 2013年11月
  • タンザニア Tanzania (5H) 2013年11月
  • フィンランド Finland (OH) 2014年2月 追記 2015年10月
  • ドイツ Germany (DL) 2014年5月
  • 米国 USA Florida (W4) 2014年6月 2015年6月
  • 米国 USA Texas (W5) 2014年6月
  • オランダ Netherlands (PA) 2014年6月
  • インドネシア Indonesia (YB) 2015年7月
  • チリ Chile (CE) 2015年7月
  • ペルー Peru (OA) 2015年7月
  • コスタリカ Costa Rica (TI) 2015年7月

 

ライセンスの取得にトライするも、取得が出来なかった国 (現在アマチュア無線が外国人もしくは非居住者に許可されていない国や許可されていても時間切れ等の理由でライセンス取得ができなかった国)

 

私が海外でのライセンス取得に際し、参考にしているWeb Page

http://www.qsl.net/oh2mcn/license.htm/

 

その他資料

海外への無線設備の持ち込みについて

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Just call me!