QSL到着

JH0CJH宛のQSLが、本日JARLから届きました。

今回は箱ではなく、クロネコのビジネスレターパック2つでした。 ちゃんと、2通のクロネコ便で送るという説明も入っていました。 昨年4月からコスト削減のために、重量が1kgから2kgの場合は箱ではなく、2通のビジネスレターパックになったとのことです。 こういう説明があると、紛失などが無いことがわかって安心です。

枚数は800枚くらいでしょうか? 今日から、少しずつチェック始めます。

 

神奈川県横浜市磯子区

神奈川県横浜市磯子区(JCC#110107)

中区で存分にパイルを受けた後は、いただいたリクエストに従って磯子区に直行です。

今日はパトカーに見逃してもらったことに自信をつけ、・・・ hi、港湾内で運用できるところを探しました。

今日も、いろいろとロケハンをして見ましたが、なかなか良いところが見つかりません。 片側が港になっていても、反対側が発電所や倉庫の壁だったり、釣り客にいい場所を確保されていたり・・・・ そんな中で見つけたのは、おそらくここも本当はダメなのでしょうが、横浜市民ヨットハーバーの近くの、海の見える公園の出口付近です。 この場所に車を停めると、すぐ横を車が通るわけではなく、ちょうどいい運用スペースが確保できる場所でした。

中区からは近いのですが、良い場所が無く、ウロウロしていたため、12時50分過ぎに運用開始。 リクエストいただいたJA3PRDさんも、中区の10MHzでの運用周波数で待機いただいていたようで、CQのあと、即呼んでいただき交信成立。 何とか義務は果たせてよかったです。 その後は10MHz と7MHzで50分ほど運用し、7MHzでもJA3PRD局と交信成立、13時40分にCLとしました。

磯子区での結果です

  • 7MHz CW : 19 QSO
  • 10MHz CW : 15 QSO

磯子区での合計、34QSO

本日の横浜市西区、中区、磯子区での合計は189QSOとなりました。

本日もたくさんの方に呼んでいただきありがとうございました。

 

神奈川県横浜市中区

神奈川県横浜市中区(JCC#110104)

西区で運用した後は、南下して、中区運用を試みます。 いろいろとロケハンをやりながら、見つけたのは、港湾局貯木場近くの路上です。 ここも路上ではありますが、港の中のような場所で、アンテナもLW+ATUを上げることもできそうです。 しかし、警察の方に見つかったら、やはり注意を受けるかな・・・ などと心配しながら運用しました。

風が非常に強く、港の中のヨットも大揺れです。 向こうに昨日渡ったベイブリッジが見えます。

コンディションは、朝に比べて、だんだん上がってきたようです。 10時15分から7MHzでスタート。 最初は出だしが鈍かったのですが、こちらもクラスターに載せていただいたようで次々と呼ばれます。 1時間ほど7MHzで46局と運用しました。 その後、10MHzで運用すると、7MHzでQSOいただいた方の大半が待っていてくれたようで、いきなりパイルとなり、7MHzよりも激しいパイルになり、うれしい悲鳴です。 10MHzでは、50分連続で54局から呼ばれ続けました。

ところで、いやな予感は当たるもの・・・・ ちょうど呼ばれているときに、後ろから白黒ツートーンの車が接近。 別に悪いことをしているわけではないのですが、これは職質確定かな?と思いましたが、素通りしていただきました。 私はこのように素通りされるケースが多いです。 とりあえず、緊張して取り損ねた局からコールを再送してもらい継続です・・・・ hi

お昼近くになると、コンディションも変わってきたのか、ポツポツ呼ばれるだけになり、12時4分にCLとしました。

CL TUを打電したところ、すぐに磯子区のリクエストがありました。 磯子ならすぐ隣ですので、つぎは磯子区に向かうことにしました。

中区での運用結果です。

  • 7MHz CW : 46 QSO
  • 10MHz CW : 54 QSO

狙ったわけではないのですが、中区からの合計は、ちょうど100QSOとなりました。

 

神奈川県横浜市西区

神奈川県横浜市西区(JCC#110103)

昨日は、コンディションもいまひとつで、不完全燃焼。 そんなわけで、今日は朝一から移動運用に出かけました。 場所は昨日予定していたものの時間も無く、コンディションも悪く、あきらめた横浜東部の区です。 西区はビジネス街が多く、レアな部類でしょうか? 前回は、結構呼ばれた印象がありましたので、今日はまずは西区からスタートです。 朝7時に家を出て、横浜市西区に向かいました。 運用は朝も早いため、交通量も少なく、みなとみらい地区の臨港パーク近くの路上です。

路上なので、さすがにLW+ATUを使うのは、少し気が引けましたので、モービルホイップでの運用です。 今日も回り込みは皆無です。 これだけでも相当に気分がいいもんです。

8時半に7MHzでスタート、順調に呼ばれます。 クラスターにも載せていただいたようで、たくさんの局に呼ばれましたが、途中からオンフレでCQを出す局が出てきたので、QSY。 相当強く入っていたので、こちらの信号も聞こえると思うんですが、もうちょっと良く聴いてから出てきて欲しいものです。 場所争いも疲れるので、自らQSYして気分一新でCQ、周波数はクラスターのものと変わったのですが、また多くの方に呼んでいただきました。 モービルホイップだけですので、7MHzだけの運用となりました。

  • 7MHz CW : 55 QSO

9時50分まで西区で運用して、次は横浜市中区に行ってみることにしました。

 

神奈川県横浜市鶴見区

神奈川県横浜市鶴見区(JCC#110101)

川崎区で移動運用というよりも、昼寝をした後、首都高湾岸線を10分ほど走って、大黒ふ頭のパーキングエリアに行ってみました。 車もまだ少ないので、パーキングエリアの駐車場で運用です。 大黒埠頭のPAはベイブリッジの袂にあるので、橋を渡りきった場所の高さからPAの高さまで何回かループ橋を回りながら降りてきます。 駐車場は、ちょうどその真ん中にあるので、ぐるっと周りを高速道に取り囲まれているようなもので、あまり飛びは期待出来ません。 アンテナはようやく回り込み問題も解決したので、モービルホイップでの運用です。

この場所は、車をいろいろ改造した人が自慢の車を見せに集まる場所で、既に数台が来ていました。 イルミネーションで飾っていたり、ミニバンの後ろのガラスが液晶ディスプレイフィルムが貼り付けてあり、AKB48かな?ビデオがガラス面いっぱいに流れていました。 見学客も多く、みんなで見ています。 これだけ、ど派手な車がいるので、アンテナだらけの私の車も目立ちません・・・・

7MHzで17時半スタート、回りは真っ暗で、もう7MHzもコンディションは完全に落ち込んでしまいました。 7MHzは15分ほどで切り上げて、3.5MHzにQSY。 クラスターにも上げていただいたようで、途中からずいぶん多くの方に呼んでいただきました。

  • 7MHz CW : 2 QSO
  • 3.5MHz CW : 35 QSO

鶴見区での合計37QSO、本日の合計76QSOとなりました。

今日もたくさんの方に呼んでいただきました。 ありがとうございました。

 

神奈川県川崎市川崎区

神奈川県川崎市川崎区(JCC#110301)

今日は、会社に仕事の資料を取りに行ったついでに、川崎区まで足を伸ばして運用してみました。 ほぼ1年ぶりの川崎区での運用です。 前回行った場所は、大規模な工事が始まっており、別の場所で運用しました。 今回の場所は、東扇島東公園です。 公園の駐車場は有料ですが、周りはほとんど車も通っていない行き止まりの道なので道路で運用しました。

運用開始は13時50分。 コンディションはあまり良くなかったようです。 7MHzから始めましたが、いまひとつ・・・、10MHzも同様です。 呼ばれないのでドンドン眠くなり、結局、大半の時間が昼寝になってしまいました。

  • 7MHz CW : 24 QSO
  • 10MHz CW : 15 QSO

川崎区での合計、39QSOとなりました。 次は横浜方面に行ってみます。

 

売ります:TDKフェライトコア

TDKのZCAT3035-1330ですが、自動車Iの対策で使ったもの、余りそうなので、もし欲しい方がおられましたら、お分けすること可能です。

製品名: ZCAT3035-1330

製造メーカー: TDK純正品 新品です。

価格: 1~9個 @400円

10~49個 @350円

50個以上 @300円

付属品: 固定用インシュロックタイ 1個に1本付属します。

ご参考 秋葉価格 @500~600円くらいでしょうか??

送料は別途相談、もしくは受取人負担で送ります。 4月のジャンク市にも持って行くつもりです。

私のコールサイン(2つありますがどちらでもOK) アットマーク jarl.com まで連絡ください。

 

2013年4月14日: まだ在庫あります。

TDKフェライトコア比較

先週末のフェライトコアの対策によって、7MHzでの回り込み(自動車I)は改善しました。 もともと使っていたZCAT2235-1030Aでは効果が無かったものの、ZCAT3035-1330では効果がありました。 ここでフェライトコアの比較をしてみましたので記録しておきます。 対象はTDKのZCAT2235-1030AとZCAT3035-1330です。 これらは、このページの写真に示したように、たいした大きさの違いではありません。

TDKのサイトから、下のような各種フェライトコアのインピーダンス特性を入手しました。

この図のFig.7がZCAT2235-1030A、Fig.5がZCAT3035-1330の特性です。 これだけ見ても、ZCAT3035-1330がインピーダンスは他のコアに比べて高いことが判ります。 次にインピーダンスが高いのは、ZCAT2235-1030Aのようです。 ちなみに、この両者のグラフを重ねて比較してみると、下のようになります。

 

HFから430MHzにいたるまでZCAT3035-1330のほうが減衰特性は良いようです。 しかし、500MHz以上ではZCAT2235-1030Aのほうが減衰特性が高いようです。 今回、車への回り込み(自動車I)が発生した7MHzでの特性を比べると、

  • ZCAT2235-1030A : 70 ohm
  • ZCAT3035-1330 : 90 ohm

となっています。 それほど大きな違いではありませんね。 しかし、3035は大きいので、無線機の太い電源ケーブルであっても、2ターン巻きが可能ですが、2235は1ターンが限界で、今回の対策では実際にそのように使っていました。 この場合、インピーダンスは巻き数の2乗で利いてきますので、2235の1ターンの場合と、3035の2ターンの場合を比較し、雑音電力の減衰量を比べると次のようになります。

  • ZCAT2235-1030A (1ターン) : 1.5 dB
  • ZCAT3035-1330 (2ターン) : 8.6 dB

大きな差です。 単体でのインピーダンスとしては、さほど大きな違いではありませんが、3035では単体での減衰量に加えて、何といっても2ターン巻きができるので、1個当たりの減衰量の差は7dB以上 となります。 これを更に数個つなげば、結果はさらに大きな差となって現れてきます。

 

まわりこみ対策(続編)

先週までの、まわりこみ対策では、結局解決に持ち込めませんでした。

いままでやったことをまとめると、リグから出ているケーブル(電源、RF、フロントセパレート、アンテナチューナー、etc.)にパッチンコアと呼ばれるEMC対策のフェライト材を入れてみましたが・・・・ダメ。 モービルホイップアンテナの移設・・・・ ダメ。 アンテナおよびRIGのグランド対策・・・・ダメ。 と散々な結果。

この結果を元に、更にいろいろと考えて、次の2つを有力候補として考えていました。

1. フロントパネルのグランド

これは、IC-706, IC-706MK2, IC-7000に共通のフロントパネル分割の問題で、それぞれフロントパネルからヘッドホンを使うと、まわり込みが激しくなるという現象から思いついたものです。 セパレートケーブルから先が全部RF的にフロートしているのではないかと疑いました。 もちろんフロントパネルはセパレートケーブルを通して、本体経由グランドに落ちているはずですが、RF的にグランドに落ちているかどうかは、大いに疑問が残るところ。 特にヘッドホンを接続すると、ひどくなるあたりが、非常にに怪しいところです。 ということで、この対策には何かひらめくものがありました。 しかし、IC-706系にもIC-7000にもフロントパネルにグランド端子がありません。 悩んだ挙句、ヘッドホンの端子からグランドを取ってみました。 しかし、残念ながら結果は変わらず。 ワニ口クリップ経由でのグランドなので、もう少しまともなグランド端子があれば、何らかの結果が出るかもしれませんが、グランドの端子もありませんし、結局この対策はあきらめました。

2. 障害部分への対策

次は究極の対策。 燃料ポンプの配線にパッチンコアを入れるという対策です。 上記までの対策で、ほぼ送信側でできる対策はほとんど出尽くしましたので、障害を受けている燃料ポンプへの配線に対策をしようというものです。 さて、その配線がどこを通っているのかが問題です。 車屋さんに相談しに行ってみましたが、配線は車内のカーペット下を通っているため、車の座席を全部はずすような、大掛かりな作業になるため、費用見積もりとして16,000円は掛かるだろうとのこと。 とりあえず、今週末は他のお客様の予約があるため、即座に作業はできないとのことで保留。 しかし、車の制御用のコンピュータの位置と、そこからの配線の大まかな位置を教えてもらって、助手席下に見えているケーブル2箇所にパッチンコアを導入。 数10本束ねてあり、結構、太いのでTDKのZCAT3035-1330を使ってみます。 しかし、結局これだけでは解決することはできませんでした。

これで万策尽きたわけですが、今までのいろんな対策の積み重ねの後での、重畳効果を期待して、再度いろいろなところにパッチンコアを入れて様子を見てみました。

すると・・・・・・・

いままで電源ラインに入れていたパッチンコア、TDKのZCAT2235-1030(下の写真右)では、まったく変化がなかったのですが、大型のパッチンコア、ZCAT3035-1330(下の写真左)を入れると、大きく改善しました。 電源ラインに数個を入れると、ほぼまわり込みは解消しました。

先週は、いったん解決したように見えて、車で移動するとだめになったり、非常に不安定なので油断はできません。 しかし、今度はだいぶ良いようです。 変化が無く、安定しています。

何が解決における最大の効果だったのかは、まだわかりませんが、おそらく、電源ラインへ別タイプの大型フェライトコアを使ったことが一番影響しているのかも知れません。 しばらく様子を見てみます。

 

神奈川県藤沢市

神奈川県藤沢市(JCC#1106)

平塚市から帰った後、本当にまわり込みが解決したのか確認するために、車でウロウロしながら藤沢まで行ってみました。 場所は引地川親水公園です。 現着までのモービルでも試験をしてみましたが、今度は、まわり込み(自動車I)は発生していないようです。

引地川親水公園の駐車場は、16時半までしか開いていない場所と24Hの場所と2つあります。 到着が15時半過ぎでしたので、24Hのほうで場所を確保。 16時からスタートしました。 7MHzも、まだコンディションは落ちておらず、40分ほど運用。 その後は、3.5MHzにQSYして運用しました。 17時半ころから、大相撲初場所の白鳳、把瑠都戦がはじまるので、本日はCLとして相撲観戦モード。 把瑠都は残念ながら全勝優勝は逃しましたが、良い相撲でした。

そんなわけで、藤沢市では7MHzと3.5MHzの運用で本日はCL、今日もたくさんの方に呼んでいただき、ありがとうございました。

  • 3.5MHz CW : 18 QSO
  • 7MHz CW : 16 QSO

藤沢市での合計34 QSO, 本日の移動運用での合計67 QSOとなりました。