UAEアラブ首長国連邦での海外運用

今回、UAEアラブ首長国連邦で、A6/JH0CJHのアマチュア無線運用ライセンスを取得できましたので、今後UAEでの運用を計画されている方のために情報を共有しておきます。

A6でアマチュア無線のライセンス発給を行っているのは、EARS(Emirates Amateur Radio Society)となります。 まずは、こことコンタクトを開始しました。 Webサイトは、http://www.ears.ae/en/ です。

申請用紙などは公開されておらず、まずはe-mailでUAEで運用したいことを強くアピールし、申請用紙をもらうことが必要です。 この申請用紙をもらうためには、本来ドバイ近郊のSharjahにある、EARSの事務所に出頭する必要があるようです。 私は今回はドバイからは入らず、アブダビが中心でしたので、EARSに行くことができないことを説明し、担当者の方に何とかEARSのChairmanに掛け合っていただきました。 EARSのChairmanは相当な権力がある方のようで、この人の一存で申請自体の可否が決まるようです。 特に私の場合は出頭もせずにお願いしているので、半ばあきらめていました。 すでに到着以前から下記の書類は、自分でレターを作ってそれに添付する形で送付してありました。

  • 運用に関しての基本的な情報(名前、住所、などと滞在期間や滞在目的)
  • 日本のパスポートの写真のページのコピー
  • 日本の無線従事者免許証のコピーと英訳証明
  • 日本の無線局免許状のコピーと英訳証明

運用に関しての基本的な情報は、他の国でも申請には大体付けていますので、Formatをおいておきます

General Information

そして、入国後はすぐに、入国時のスタンプのページのコピー(私の場合はそのページを撮った写真)をEARSに送りました。

そして、何度か担当者にお願いして、ついにChairmanの許可を頂き、申請用紙を送っていただきました。 最後の段階で送られてきた、この正式な申請書類は、出頭して入手することが基本のようなので掲載できませんが、下記の3つの書類です。

  • EARSのビジター用申請書 (運用場所、使用機器の明記が必要)
  • TRA(Telecommunications Regulatory Authority)への登録用紙
  • 宣誓書

この3つの書類に必要事項を記入し、メールにて提出し、下記のA6/JH0CJHの運用許可が下りました。 尚、ライセンス発給費用には250ADEが必要です。

申請用紙には、滞在場所まで明記しますので、ライセンスは滞在期間だけしか許可されません。 私の場合は2日間のみ。 しかし、ようやく入手できたライセンスで感激もひとしおです。

EARSのChairman、担当された方には本当に感謝しております。 この次ドバイに行くときには、ぜひともEARSを訪問したいと思います。

2012年9月11日追記

上記ライセンス料の250ディルハムは3ヶ月有効です。 3ヶ月以内の再訪問時には、申請用紙を提出して、ライセンスレターを毎回受領する必要がありますが、申請料の払い込みは不要とのことです。

参考

2012年9月18 日追記 A65CJ / JE1STF / JH5ORO 渡瀬さんからの情報です。

UAEの空港での手荷物によるRIG持込みはややリスキーです。トランシーバの型式・シリアルNo.を記載したライセンスを提示しないと没収される可能性があります。

 

神奈川県中郡大磯町

神奈川県中郡大磯町(JCC#11006B)

毎日暑いですね。 今日は子供の水泳大会の応援に行っていましたが、大会終了後に、どこかに移動に行こうと思ったものの、暑くて取りやめ。

夕方になって、風も出てきて涼しくなったので、大磯町まで出かけて見ました。 30分ほどですが、7MHzと10MHzで少しだけ運用。 新車に初めて釣竿アンテナを立ててみました。 イプサムからヴィッツになって、ルーフキャリアの位置が変わったので、昨日は、金ノコでイレクターパイプを切って、アンテナの取り付けマウントも、少し短くしてみました。 今日はこの試験もあって、移動してみたかったものです。 サイズもぴったり。 これでATU+LWでの運用が可能になりました。

局数は7局だけの運用でした。

 

5Z4/JH0CJH運用ビデオ

偶然見つけたのですが、私の5Z4 からの運用をビデオ撮影していただいた方がおられました。

JK6MXYさん、誠にありがとうございます。 スプリット運用時ですので相手局は聞こえていません。

5Z4/JH0CJH on 20m CW July 18 2012 14.009MHz

私は、50W+ATU+LWですが、よく入っていますね。

Sも9まで振れているようです。 すばらしいアンテナをお使いなのでしょう。 ありがとうございました。

 

JA帰国

昨晩、帰国しました。

家に帰ると、だいぶSASEが届いていました。 5Z4と9M2での運用時のQSL請求が大半です。 このSASEの数を見るに、あらためてCallいただきましたことに感謝いたします。 今回のQSLは早速手配に移り、完成次第、返送いたしますので、もう少し時間をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

Just got back to my home in safe last night and found many numbers of SASE envelopes.  My wife has got surprised of all those letters addressed to me but cooled down when she found that all those are from you guys MEN….. hi.

Will respond to all those SASE but have to make it printed from now on.  Then please wait for a moment, I will send back to you upon completion.  Once again appreciate very much for your call and see you on-air someday, somewhere.

 

B出張

一昨日、VR2に到着しましたが、到着時はSignal 11(台風の警戒レベル11)が出ており、この警告発令は13年ぶり、台風8号は大型台風だったようです。 

香港タクシーに散々クレームをしましたが、Signal 8 以上では基本的にタクシーを含む自動車は運行禁止。 このSignal8 以上で事故が起きても保険は下りないらしく、その様な状況下で運行しているタクシーは、自らのリスクも省みない、逆に良心的な人だったようです・・・・・hi

VR2での運用はこのような状況でまったくNG。 また今度来た時に運用します。

本日は、2週間ぶりに、シンセン市に移動。 日本なら台風一過で晴れるところですが、このあたりは、いろいろ台風の動きも不安定なようで、ずっと一日中豪雨でした。 風が無いだけでも良いのですが。

明日夜帰国です。

A6, 5Z4, 9M2, VR2に渡り、まずはライセンス給付にご協力いただいた各国Regulatorの方々をはじめ、サポートいただいた方々、たくさんのコールをいただいた方々に深謝申し上げます。

 

VR2出張

本日夕方9M2を離れ、さきほどVR2に到着しました。 台風8号がちょうど香港を襲撃しており、フライトキャンセルが危ぶまれましたが、何とか到着しました。 着陸時は、だいぶゆれました。 ランディング時には乗客全員が拍手喝采です。

到着後、九龍駅まで電車で来たのですが、タクシー待ちの行列ができていて、1Hほど待たされました。 理由はタクシーの運転手が、台風の状況下では乗車拒否とか、べらぼうな値段を付けているためです。 通常50~60HK$くらいのところ300HK$(約4000円弱)だと抜かしています。 弱みに付け込んで、ひどすぎますね。 同じタクシー待ちの、シンガポールから来た母娘もべらぼうな値段に驚いていました。 ホテルが、同じStreet沿いのホテルだというので一緒にタクシーに乗せてきてあげることにしました。 運転手は、2箇所行くなら2倍の600HK$ を払えなどと言い出し、結局、私のホテルまで行って、そのあとは母娘歩いて自分のホテルまで行くことにしました。 香港のタクシーはひどすぎます。

ホテルにチェックインしたのは0時すぎ。 外は大嵐になっています。 生まれたての台風はやっぱりすごいです。

香港では窓が開くホテルをお願いしていたのですが、なかなか探すことができず17階ではあるものの、窓の外にアンテナを出せずに残念。 まあ、大嵐ですので窓を開けることができても、そういうわけには行かない状況ではありますが。

VR2では無事、VR2/JH0CJHのライセンスを入手できましたので、先ほどからQRVしてCQ連呼していますが、窓が開かないので数局QSOできれば良いほうでしょうか? せっかく取ったライセンスなので、何とかしたいところです。

 

9M2出張

ETを金曜の深夜に離れ、HS経由9M2に到着。

9M2/JH0CJHのライセンスは、すでに取得済みなので、ホテル到着後、食料の買い物をしてから、とりあえず18MHzからQRVしてみました。

マレーシアでのライセンス取得は情報がいろいろあって、さらに、MCMCのWebが変わっていたりして、5Z4などよりも逆にどれを信じて良いのか良くわからないところもありましたが何とか取得できました。 MCMC担当者をはじめ、関係者にサポートしてもらったことで、取得できた訳であり、深謝申し上げます。

取得方法については、別途まとめて情報を共有しておこうと思っています。

 

ET出張

5Z4 での運用は、昨日で終了。 たくさんの方に呼んでいただき深謝申し上げます。

今日は、朝一でETに移動、エチオピアは63番目の訪問国となりました。 残念ですが、現在、エチオピアでのアマチュア無線は禁止されており、外国人の運用についても、当然許可が出ない状況です。 そのような状況でも、可能性を求めて、Ethiopia Telecomにコンタクトを取ってみましたが、現状許可されていないとのこと。 自国民でさえ許されないことで、これはかなわぬ夢のようです。 エチオピアでQRVできたらどんなに楽しめるかというところです。 首都Addis Ababaは高度2300m。

過去アフリカ大陸では、あらゆる国、地域が欧州の国に統治されてきた経緯がありますが、エチオピアは、そのようなことは無く、ずっとどこからも影響を受けることなく歴史が流れたようです。 このため、エチオピア固有の文化があるようです。 まず文字ですが、エチオピアでしか使われていない文字があります。 7 x 33個の一音、一文字のアルファベットです。 231個も発音があるということのようです。

また、カレンダーや時間も、この国特有の表現があるようです。 日の昇る時間が0時になるとか。 そして食事ですが、伝統的レストランは、このように大ホールに椅子をところ狭しと並べて、他の人たちとワイワイガヤガヤしながら食べます。 隣のお客さんとの敷居も距離もありません。

インジェラ(Injera)と呼ばれる主食がありますが、これは非常に面白い形をしています。

これを見たら、誰でも「おしぼり」が出てきたと思うでしょうが、これがインジェラです。 エチオピアでしか取れない特別な穀物から作られているようですが、発酵させてから作っているので酸っぱい味がします。 下に引いてあるのもインジェラです。 スプーンが見えますが・・・・

こういう感じでウェイトレスのお姉さんが使います。 下に敷いたインジェラの上にいろんなものを乗せて、我々はこれを手で食べる。

インドにも似たようなアッパムと呼ばれる主食がありますが、これととても似ている味がします。 インドといえば、エチオピアの街中の様子はインドや南西アジア、特にバングラディッシュと非常に似ている気がしました。 文字もなんとなく似ている気がします。

これは蜂蜜から作った酒、Tejiです。

Tejiにグラスは無く、ビンからこのフラスコに移し変えてこれを全員でラッパ飲みします。

 

5Z4/JH0CJHライセンス

一昨日から、5Z4/JH0CJHを運用しているわけですが、滞在が短いので、申請処理が完了したあと、正式な書類など待たずに、すぐに運用するため、無理やり頼み込んでProvisional Amateur Licenceで即日運用許可をいただいたことは一昨日投稿しました。 正式ライセンスは翌日、つまり、昨日発行されることになっていましたので、昨日担当の方に電話してみると

CJH 「何時ころ出る?」

ご担当 「今日は映画見てるから出ない・・・」

本当に、Provisional Amateur Licenceを無理やり書かせて・・・いや、書いていただいて良かったぁ・・・・

ということで、本日は無事正式ライセンスが発行されました。

全17ページもあるファイルです・・・・ hi

ひとり、TUSKERビールで乾杯です。

今日は今回の5Z4運用の最終日ですので、昨日、一昨日よりも、早めにQRVする予定です。 昨日の様子を見ても、JAとの本格的Openは5時半以降と思います。 本日も、とちりまくりかも知れませんが、よろしくお願いします。