URL変更のお知らせ

昨年4月にいきなり今まで使用していたkawauchi.homeip.netのURLが一時停止されてしまいました。 これは10年に渡り使用してきた無料ダイナミックDNSのDynDNSがサービスを勝手に有料化したためでした。 この時の投稿

このため、しぶしぶ、1年間の使用料として20US$を支払い、それから1年が経過しましたが、先日メールにて通知が届き、「継続費用を2年間40US$を支払え、1年ならば25US$だ」というもの。 これを見て完全にDynDNSとの決別を決意しました。 一応1年間は25US$を支払うことにしましたが、昨晩より即刻URLの移行の作業を始めています。

まだまだ作業が必要ですが、このブログは何とか変更できていると思います。 当分はkawauchi.homeip.netでもアクセスできますので何の違和感もないと思いますが、できるだけ早い時期にURLの変更をお願いします。 お手数をおかけして申し訳ありません。

新URL  http://www.kawauchi.homeip.mydns.jp/jh0cjh/blog/

旧URL  http://www.kawauchi.homeip.net/jh0cjh/blog/

旧   .net  が、新URLでは .mydns.jp   に変更になっています。

 

神奈川県厚木市

神奈川県厚木市(JCC#1113)

今日も5月晴れのいい天気でした。 昨日のコンテストで一日運動不足だったので、今日は朝からウォーキング。 天気も良く、気持ちもいいのでつい歩きすぎてしまい、午後からの移動は遠出は出来ませんでした。 近くの公園でつつじのたくさん植えてある場所があり、見に行ってきました。

tsutsuji2 tsutsuji1

少し小高いところですので、満開までには、もう少しという感じです。 連休後半くらいが満開かなという感じです。 いい季節になりました。

その後、少しだけ144MHzのCWでCQを出してみましたが、まったくだめ。 10MHzに移って、半分眠りながらCQ。

atsugi-c

モービルホイップでの超お手軽移動です。 7局だけのQSOでした。

 

2013年ALL JAコンテスト

昨日4月27日21時から、本日4月28日21時までJARL主催のALL JAコンテストが開催されました。 皆さん結果はどうでしたでしょうか。 結果はどうあれ、昨日、今日とも快晴の一日、風もさわやかで移動運用できただけでも何かラッキーな2日でした。

2013AllJA2

私は昨年同様、この時期に開催されるゴルフで28日は朝から1日ゴルフを楽しんだ後、21時開始のコンテストに向けて移動運用を行いました。 幸い今回のゴルフ場は、家からとても近い場所を確保していただいたので、昨年のように6エレや発発を車に積んでゴルフ場に参上して、キャディさんにびっくりされるということはなく、いったん家に帰ってから、ゴルフバッグを降ろし、あらかじめ準備をしておいた機材一式を車に積み替えて出かけました。 移動地は静岡県駿東郡小山町、途中のコンビニで24時間分の食料とビールを買って出かけました。 今回は、いつも使っている場所には先客がいたので、別の場所での運用になりました。

昨年、到着時は、すでに真っ暗でしたが、昨日は18時半には現地着。 急いで、場所の選定と6エレの組み立て、10m高ポールへの取り付けを行い、フルアップ。 風も無い穏やかな天気予報でしたが、一応24Hの中には何が起きるかわからないのでステーを張って備えました。 連休中なので、山の上で辺鄙なところとはいえ、観光客も多いはず、空き地ですが他の車が入れるように考えてステーを張りました。 これが後々大正解となりましたが・・・・

さて昨年よりも早く到着したとはいえ、6時半開始で設営しましたので、設営完了の7時半には、周りは真っ暗闇。 熊が来ないようにラジオのボリュームを上げて設営しました。 今年はコンテスト開始前に余裕で完了することができました。 ここからはビールを飲みながらワッチしてみましたが、あまり出ている局も多くないように思えました。 空には満天の星、久しぶりにこんな多くの星を見ました。

21時スタート、いままで皆さんどこにいたのか、どんどん局数も増え、にぎやかなスタートになりました。

参加部門は昨年同様、50MHz電信です。 ここからは猛パイルとの戦いでした。 これは1時間半ほど継続、その後はいつものようにパラパラと呼ばれ続けました。 昨年は遅刻したこともあり、今年はハイペースでログが進みました。 日も変わり、2時ころにほとんど呼ばれなくなり、ゴルフの疲れもあってダウン。 3時間だけ爆睡・・・zzz

4時半に自然と目が覚め、まだ薄暗い中で、発発のエンジン始動。 ご来光は4時50分頃でした。 真っ赤な朝日がまぶしく、今日も快晴の一日の始まりです。 その後もCQ連呼で参戦。 途中呼ばれない時間は睡魔との戦いでした。 朝7時半を過ぎると、観光の登山客が集まりだし、林道は両側ぎっしりと車が並びました。 周りの登山客のなかで、一人浮いた感じでしたが、コンテストに集中。 ステーを考えて張っておいてよかったと思いました。 写真はまだ登山客が来る前です。 このあと周りが車でびっしりと・・・・

2013AllJA

夕方になり、スキャッタが一瞬出ていたようです。 沖縄や九州、中国地方が一瞬開けました。 17時を過ぎるとほとんど呼ばれなくなり、21時までのコンテストではありますが、暗くなると撤収が危険なので、さらにもう一泊野宿となってしまいます。 このため今回は18時半でCLとし、明るいうちに撤収し帰宅することとしました。

結果はどうなるかわかりませんが、今年の目標であった、局数、マルチとも昨年の記録を上回ったようです。 五月晴れの一日、いや2日でしたが、十分楽しむことができました。 コンテスト中呼んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

神奈川県秦野市震生湖

神奈川県秦野市震生湖(JCC#1112、湖沼11-01)

鶴巻温泉で運用を終えたあとは、震生湖(湖沼11-01)まで行ってみました。 震生湖は大正12年の関東大震災のときに、地震により渋沢丘陵の崖が崩落し、川がせき止められたときに出来た湖です。 現在はヘラブナ釣りでにぎわっています。

shinsei-la

地震でせき止められた湖なので、渋沢丘陵の頂上付近に湖があります。 このため、ロケは非常に良く、湖の近くに駐車場があるので、この場所から運用しました。 丘の上にある駐車場から秦野市が良く見えます。 写真、真ん中の山は丹沢の大山、左側は三ノ搭と丹沢山です。 黄色い菜の花畑がとてもきれいでした。

hadano-c

15時過ぎに7MHzからスタート、10MHzでも運用し、17時前にCLとして帰宅しました。

震生湖での運用結果

  • 7MHz CW : 20 QSO
  • 10MHz CW : 36 QSO

震生湖での合計 56 QSO 本日の合計 101 QSOとなりました。

 

神奈川県秦野市鶴巻温泉

神奈川県秦野市鶴巻温泉(JCC# 1112、湯-679)

今日は、朝から気温も高く、いい天気でした。 週末が晴れるのは久しぶりです。 午前中はウォーキングで運動不足解消。 午後から秦野市周辺の移動をしてみました。

まずは、今年1月にも移動した秦野市、鶴巻温泉。 昼過ぎの13時前からまずは7MHzでスタート。 その後10MHzにて運用。 だいぶ風が強く、アンテナもしなり気味です。 14時過ぎまでこの場所で運用。

tsurumaki-yu2

  • 7MHz CW : 22 QSO
  • 10MHz CW : 23 QSO

鶴巻温泉での合計45 QSO

 

地震と無線のコンディション(スポラディックE層)

今日は、朝5時定刻に目が覚めてしまい、無線のコンディションチェック。 今日は朝からコンディションがとても良かったようです。 HF全体に渡ってコンディションが安定して良く、EUおよびアフリカ方面も良く聞こえ、TZ6BB マリが正真正銘の599で非常に強く入感していました。 西アフリカが、こんなに強く入るのは私の記憶では、あまりありません。

そして、朝TVを付けてみると、淡路島での地震・・・・

あまり、根拠のないことを言うのはどうかと思いますが、以前から地震と無線のコンディション(特にEsの電離層密度)は何らかの関係があるのではないかとずっと思っていました。 大きな地震の前後非常に強力なEsが発生するような気がします。 何の根拠もない経験からの個人的感想ですが。

記憶にあるだけでも、2003年7月26日に宮城北部地震。 このときは50MHzで近距離Esが非常に強く発生していました。 いままで聞こえないような、近距離Esでした。 近距離Esが出るというのは、打ち上げ角が高い近距離局の信号ですら良好に反射されるということですから、Esの電離層密度が相当高いということを意味します。 普通のEsが出ても聞こえないようなところが、たくさん聞こえていました。 普段我が家からは、北方向にEsが発生した場合、北海道は強く入感しますが、東北まで下がってくることはほとんどありません。 聞こえても、せいぜい青森県の下北半島程度。 ところが、下にある、この時の相手局の場所リストにあるように、岩手、宮城まで非常に強く入っていました。 尚、これは移動運用ではなく、自宅からのQSOの結果です。 宮城までは、山に登ればダイレクトで時々聞こえますが、岩手までは、Esでも、ダイレクトでも難しく、この時の50MHzでの岩手とのQSO成立の印象が今でも強く残っています。

2003Jul26

 

2007年7月の新潟中越沖地震のときも、50MHzで強力なEsが出ていたことを覚えています。 これは普通のEsですが。

2007Jul14

 

また、2010年4月にもこんなことがありました。 当時マレーシアに出張中で、4月4日に9M2JKLから運用させてもらいました。 当日28MHzのSSBで出たのですが、結果は大半がJA局、その中に1局だけ、同じマレーシアの国内局がいました。 場所はKL市内ではなく、少しKL市内から離れたところで、近距離Esが出ない限りQSOが不可能な近さだったと記憶しています。 下記は、私が運用後MLで送った内容ですが、なんと、その9M2局は、私が運用していた9M2JKLが、HF国内初だというのです。 このマレーシアの局とQSOできた時は非常に強い近距離Esが出ていたのです。

JA 18局
4X  2局
9M2  1局 (当時強力なEsが出ていました、HFで1st 9M2だと言われました)

そして、その3日後の4月7日早朝にインドネシア、スマトラ沖で大きな地震がありました。 KL市内でも隣国での地震で揺れを感じほどの地震でした。 マレーシアでは、ほとんど地震など無いので、最初めまいがしているのかと思いました。

 

もともと、日本は地震国、そして世界的に見てEsの発生確率が高いのも日本近辺。

そして、今日の西アフリカ、マリからの599での入感・・・・、もしかしたら西方向に強力なEsが出ていたのかもしれません。

 

 

トルコでの海外運用(追加情報)

トルコでのアマチュア無線のライセンス情報について、JJ2NYT、中西OMから下記の追加情報を送っていただきました。 情報の公開について、中西OMの許可をいただきましたので、共有しておきたいと思います。 中西OM、情報ありがとうございました。

トルコにおけるアマチュア無線の試験を実施している機関である、Directorate General of Coastal Safety (Kiyi Emniyeti)の Directorからの情報で、 3ヶ月以内のトルコでの運用については、下記のとおりのコールサインで運用可能とのことです。

クラスAライセンスに該当するものはTA, クラスB,Cライセンスに該当するものはTB、 その後ろにロケーションを表す数字、 スラッシュ/ その後ろに自分の持っているコールサインとなるようです。

トルコには3つのアマチュア無線ライセンスのクラスがあり、クラスAは全バンド、全モードでの運用が可能。 クラスCは144MHz以上のみが許可されているようです。 日本のクラスとトルコのクラスの関係は不明ですが、日本の1アマであれば、クラスAと理解できると思います。

私の場合は、昨年運用時に使用したように、ヨーロッパ側のイスタンブール市で運用する場合は、TA1/JH0CJHなどとなります。

エリア情報はこちらです。

http://www.qsl.net/oh2mcn/ta_areas.pdf

尚、以上の情報は2013年4月現在のもので、実際の運用に際しては関係省庁に確認をお願いします。