神奈川県伊勢原市大山山頂

神奈川県伊勢原市(JCC#1115)、大山山頂

昨晩は会社のOB会があり、帰宅が2時になってしまいましたが、目覚めると朝からいい天気。 このまま、地上にいても、残暑の厳しい日になりそうだと思ったので、先日仕入れたリチウムフェライトバッテリーを担いで山岳移動をやってみました。 移動地は何度か登山経験もある、伊勢原市の大山、標高1252mです。

途中までケーブルカーで登れますが、それでも、そのあとの行程は、私にとっては結構大変な山です。

9時半ころにケーブルカーで、阿夫利神社下社駅まで到着してから、表参道側から登頂を目指しました。 頂上到着は12時少し前となりました。

ooyama1

今回は無線用機材とバッテリー、アンテナを担ぎ上げたので、きつい登山でした。

山頂について、おにぎりを食べた後は無線が出来そうな場所を探しました。 山頂には阿夫利神社本社がありますが、このまわりは人でいっぱいなので、少し離れた場所で、50MHzのダイポールをポールに乗せて約5mの高さで上げてみました。 写真の向こうは塔ノ岳、丹沢山などの丹沢連峰です。 鹿熊よけの網があります。

ant

ザックは、手持ちのありきたりのものでしたが、結構な重さが肩に食い込んでしまい、だいぶきつかったです。 担ぎ上げで持参したものはそれほど多くないのですが、

ザックの中

  • FT-817ND
  • Z817 アンテナチューナ
  • ノートPC
  • リチウムフェライトバッテリー
  • 電鍵、マイク、アンテナケーブル
  • 水筒、おにぎり

そして釣竿用のバッグに50MHzダイポールとアンテナマウントポール

rig_others

ノートPCは、余計だったかなと思って反省。 結構ずっしりときてました。

とりあえず、50MHz SSBでCQを出してみました。 運用は13時スタートでSSB中心に14時半まで行いました。

  • 50MHz CW :1 QSO
  • 50MHz SSB : 29 QSO

合計30QSOとなりました。

さて、リチウムフェライトバッテリーの実力のベンチマークです。 送信出力は最大の5W送信で運用。 しかし、最初から最後までFT-817のディスプレーが示す電源の電圧は13.1Vでした。 送信時には大体13.0Vで、CW運用時は時々12.9Vも示していました。

1時間半の運用後、バッテリーについている消耗インジケータも、3つ点灯でFULLの状態。

life_battery

これくらいの運用であれば、まったく問題ないようです。

写真は大山山頂から東京方面の様子。 だいぶ雲が出てきてからの写真なので、上空の雲が少し邪魔していますが、こんな素晴らしいロケーションです。

ooyama2

本日もたくさん呼んでいただき、ありがとうございました。

 

2012年CQ WW DXコンテストCW結果

2012年11月末に実施された、CQ WW DXコンテストCWの結果は、もうとっくに発表になっていたようですが、結果を調べていませんでした。 参加部門はSingle Operator, High Power, All Band部門です。

48Hのコンテストで、家から時々思い出したように出てました・・・・・hi

結果は、JA1エリア22位、アジア地域では100位、全世界では646位でした。

2012_cq_ww_dx1

そして、このコンテストはWebから参加証がダウンロードできるようです。

2012_cq_ww_dx

結果はどうあれ、なんとなく、このCertificationは、うれしいものですね。

 

2012年1エリアAMコンテスト結果

次は昨年の12月23日に実施された、1エリアAMコンテストの結果です。

こちらは、昨年同様、私は2エリアからの参加で、安易な1エリア外での優勝狙いでした。 1エリアは強豪ぞろいで太刀打ち不可能ですので・・・

結果、優勝は・・・・・え? 私ではなく、「2エリア」さん・・・・・あれ?

2012_1area_am

なんで、私のところの左の数字が2位なのか・・・・・ まあいいか、1エリア外で優勝となりました。 1エリア内の優勝は例年通りOBCさんでした。 おめでとうございます。

QSOのレートはこんな感じです。

2012_1area_am_graph

たくさんの局に呼んでいただきまして、誠にありがとうございました。

今年のAMコンテストですが、ハムフェアでも話題になっていましたが開催されない方向で検討しているということですが、このまま消滅してしまうのでしょうか?

 

2013年All JA1コンテスト結果

ハムフェア前にいくつかのコンテストの結果が発表されました。

まずは、今年の6月2日に実施された東京大学無線部主催のAll JA1コンテスト

昨年は14MHzで参加しましたが、今年は21MHzで参加しました。 自宅からですので結果は期待できませんでしたが、昨年の優勝者よりも得点が取れ、思ったよりもQSO数が増えたので、少しは期待もありました。 結果は1エリア21MHz電信部門で3位でした。

2013all_ja1

QSO時のレートはこんな感じとなりました。 減点は無かったようです。

2013all_ja1_graph

交信いただいた各局ありがとうございました。 参加賞の東大ボールペンが楽しみです。

 

2013年ハムフェア

今年も参加してきました。 2013年ハムフェア。

金曜に仕事を終えて帰宅してから、まずQSLの印刷。 2週間ほど前に大量印刷は済んでいましたが、先週のKCJコンテストの分がまだでしたので、急遽印刷しました。 朝起きてからは、さらに名刺の印刷。 何とか8時には家を出ることができました。

hamfair1

ハムフェア会場は例年通り、東京ビッグサイト、ゆりかもめの東京展示場正門前で降りて、 昨年と同じような場所で撮影。

先週までの暑さも幾分和らぎ、ようやく猛暑も一段落という感じです。 到着は少し遅くなったので、当日券売り場も、それほど人がいませんでした。 当日券売り場でちょうど前に並んだのがJA1KIH局。 1年ぶりの再会でした。

hamfair2

会場に到着後、すぐにQSLをJARLに預け、身軽になったところで、まずはメーカーのスタンドを見て回りました。

今回は昨年のような、HF帯の新製品ラッシュが無くてちょっと残念です。

Kenwood、コンパニオンのお姉さんがニッコリ。

kenwood

TS-990の展示に力が入っていました。

Yaesu、フィンランドのDXぺディショナーで有名なOH2BH Marti氏が特別参加で、サイン会を行っていました。 私が見たのは土曜の午前の部でしたが、それほどの行列ではありませんでした。

yaesu

ICOM、 IC7800のファームウェアのアップデートでだいぶ機能面で改善されるという宣伝と、IC-7100の展示に力が入っていました。

icom

その後は、各クラブのブースを見て回りました。

まず、JE3WVAさんが山と無線のブースでJR1NNLさんと話しこんでいるところを発見。 私もようやく手に入れたFT-817NDを使って山岳移動をやってみたいので、いろいろと移動地や電源関係のノウハウなどを教えていただきました。

A1クラブでは、ATSUさんが、いつもどおり頑張っていました。 絆というパドルと縦ぶれ電鍵のコンビになったGHD特製電鍵を販売していました。

QRPの里ではJN1BBOさんと初アイボールとなりました。 やはりコンテスト談義となりました。

初アイボールといえば、偶然KCJのブースでいろいろ話をしているときに、同じKCJブースに記帳に来られたJN1KWRさんとも初アイボールとなりました。 墨田ウェーブの無線クラブのブースの場所を教えてもらって場所移動、こんどは同じ墨田ウェーブのメンバーである、大学の水泳部の後輩、JH4RCK局とも再会。 大学時代はお互い水泳だけでアマチュア無線をやっていることすら知りませんでしたが、10年ほど前にふともらったQSLに書いてある見覚えのある名前を発見し、気が付いたものです。 その後も何度かCWでQSOできていましたが、30年ぶりに再会となりました。

その後、またQRPの里で今度はJK1TCVさんとも初アイボール。 QRPでも強い秘密を教えてもらおうと思いましたが、やはりアンテナの整備に限るようです。

JF2CRPさんは、某ブースにいるということで、その某ブースが私が思っていたものと違っていたようで、ずいぶん探しました。 ようやくApollo Ham Clubのブースで発見。 今度コンテストでは、是非、ガチで勝負しようということになりました・・・笑。 再来週の静岡コンテスト表彰式でもよろしくお願いします。 同じ、Apollo HCのブースではJM3XAVさんにも何年かぶりに再開できました。

故郷の米山HFクラブのメンバーでもある、JA0TJU局はEMEのブースで、JARL副会長のJA0OZZ局はJARL何でも相談コーナーで雑談に付き合ってもらいました。 TJU局からは使用目的不明のUHFの真空管をいただきました・・・TNX。 同じクラブメンバーであるJA0GCY局、JA0JWQ局も来ているはずなのですが、残念ながら面談できず。

そのほかは、昨年ハムフェアで再開したJA6XKQさん、JF1OSLさんと面談できました。 OSLさん、今度移動運用一緒に行きましょう。

6m洗濯ネットのブースでは、いつものとおりの皆さんと面談。 16時過ぎからはいつもの御徒町の矢具野さんの店まで出陣。 また皆さんで楽しい宴会となりました。 OBCさん、今年のAMコンテストどうなるんでしょうね? GNHさん他6m各局、今年もありがとうございました。

uotaro

今回、アイボール出来た方も、出来なかった方も、皆さんありがとうございました。 また来年のハムフェア楽しみにしています。

 

2013年ALL JAコンテスト結果発表

今年の4月27、28日に実施されたALL JAコンテストの結果がJARLのWebサイトで発表になりました。

私が参加したのは、JH0CJH/2にて東海地区で50MHz電信Mクラスです。

結果は

2013allja_result_tokai

東海地区優勝です。

そして、入賞者のページを見てみると

2013allja_result_c50m

参加した50MHz 電信M(C50M)で全国優勝となりました。 JARL主催のコンテストでの優勝は初めてです。

コンテスト中のQSOグラフは下のような感じです。 マルチが取れずダメだと思っていましたが、何とか局数でしのげたようです。

2013allja_result_graph

このすばらしい結果は、呼んでいただいた皆様のおかげです。 ありがとうございました。

 

2013年KCJコンテスト

今週末は、KCJコンテストにまたもや、真剣に入れ込んでいました。

昨年同様、参加は自宅から、参加部門は7MHzのシングルオペ、シングルバンドです。 昨年の反省点を考えながら参加しました。

スタートは土曜の21時。 開始前30分くらいから、気合の入っている方々が、そろそろ周波数取りを始めていました。 今回、私も気合は十分入っているものの、極力、開始前は別のことをやって気を紛らわし、5分前に大体の周波数の目星をつけ、3分前から一応VVV、QRL?で周波数の確保。

今回はC-test Winの機能を使って、昨年の自分のコンテスト結果と比較しながら進めました。 敵はまさに昨年の自分なのです。

作戦のポイントは3つ

  1. スタートダッシュで昨年を上回る
  2. グラフが昨年の結果より悪くなりそうなら、即何らかの対策を練る
  3. 昨年の反省点を肝に銘じて時を見て思い起こす

スタートダッシュで昨年の結果に差をつければ、後々余裕が出てきます。 何とかがんばって昨年結果を下回らぬようにがんばりました。 また睡眠時間も、ちょっとだけ昨年より短くし、寝入る時間を遅らせました。 これは、スタートダッシュ同様、後々の過程で余裕を持たせるためです。 とりあえず、何とか全コンテスト時間を通じ、昨年結果を下回ること無く、進めることができました。 昨年も相当にがんばったつもりなので、結構このペースをキープするのはハードです。 24Hの中で何度か今年のグラフが、昨年を下回りそうになりましたが、そのたびに、S&Pを真剣にやるなどのペース配分につなげることができたと思います。

お蔭様で、最終的に昨年結果を申告ベースですが、上回ることができました。

このコンテストは、皆さんご存知のとおり、ログの照合を完全に行い、たとえ自分のミスでなくとも、ログ照合が出来なければ減点対象となります。 厳しすぎるようなルールではありますが、実は私はこのルールが好きです。 なぜかというと、コンテスト参加している人への信頼にすべてが依存しているような気がします。 「俺も間違いなく取る、任せておけ、だから、あんたも頼むぜ。」みたいな、リレーをつなぐような、一種の連帯感があります。

前回の反省として、私の場合はJH0CJH/1でコールサインの中に、0と1が混在し、結構相手のミスコピー、ミスマルチコピーが多かったように思われるので、念には念を入れて、都道府県コードを2回送るようにしていました  599 KN KN  のような感じです。 ノイズレベルすれすれの信号やフェージングでは効果があります。 結構同じように送っている人がいて、さらに上記のような一体感が出てきます。

さてさて、ログの照合を通してどれくらいの減点が出てしまうか? 結果を楽しみにしています。

皆さん、24時間耐久レース、お疲れ様でした。 そして、Callいただき誠にありがとうございました。

 

FT-817ND外付けバッテリー

FT-817NDを買ってから、既に2ヶ月近く経ちましたが、いまだに山岳移動は出来ていません。 これは、いろいろと忙しいこともありますが、まず第一に電池がなかなか決まらないことです。 本体に内蔵している、ニッケル水素電池だけでは、容量が心もとないこともあり、外付けの電池を入手したいところですが、なかなか購入できていないのです。

今までFT-817NDの外付けバッテリーとして、いろいろ検討してきましたが、私の運用上の必要条件としては、

  1. 安全であること
  2. 軽いこと
  3. 容量が十分確保できること

この3つくらいを考えて、いろいろと物色してきました。 その中でも、私は安全であることが、いちばんの重要ポイントと考えています。

軽さや、容量の点ではリチウムイオン電池が有利、そして、さらなる軽量化が期待できる、リチウムポリマー電池というものがあり、検討をしたのですが、ネットを探すと、リチウムポリマー電池は、扱い方を間違えると爆発、激しく炎上することがわかり心配です。 リチウムポリマー電池の購入サイトなども、紹介いただいたりしたのですが、結局、怖くて手が出せませんでした。

リチウムイオン電池も秋葉原で、ノートPCの外付けバッテリーとして売られているものなども検討しましたが、これも容量が大きいと価格がとても高く断念。

いろいろとネットで検索しているうちに、リチウムバッテリーにも、コバルト系、マンガン系のリチウムバッテリーと、リチウムフェライトバッテリーというものがあることがわかりました。 このリチウムフェライトバッテリーは発火や爆発する恐れのないことがわかりました。

このリチウムフェライトバッテリーで、まず目に付いたのは、SHORAIバッテリーというメーカーのもの。 容量や重量、安全性どれを見ても移動運用にはぴったりです。 上記のように爆発の危険性が非常に低い、そして重さは従来の鉛バッテリーの1/5、自己放電率も低く、メンテナンスフリー、良いことづくめです。

しかし、いろいろ検索するうちに、このバッテリー、もともとはバイク用なのですが、寒い時期にバイクのバッテリーあがりを起こしているケースが多いようです。 どうも原因は最近のバイクが盗難防止装置などで、駐車時でも微小電流が流れているためらしいのです。 さらに、いろいろなライダーの方のブログを読むうちに、根本的な原因は、バッテリーを充電する電圧が足りていないことが判りました。 SHORAIバッテリーは専用の充電器があるのですが、この充電器の出力電圧は14.4Vになっています。 普通の充電器よりは高めです。 また、バッテリーそのものにも、13V以下に電池の電圧が落ちないように、という注意書きもあるようです。 このリチウムフェライトバッテリーは、鉛電池のように12Vではないのです。 つまり、バッテリーあがりの大半の原因は充電電圧が低い、おそらく12V近辺で充電しているからだと思われます。 大方のバイクの発電機は鉛電池の12Vで設計されているので、この12Vでは電池に正しく充電されず、冬季などの特にバイクの使用頻度の落ちるときには、バッテリーあがりを起こしてしまうものと思います。

しかし、アマチュア無線で使う場合は、専用の充電器で充電すればまったく問題はありませんし、大抵のアマチュア無線機器は13.8Vで稼働しますので、このリチウムフェライトバッテリーの充電電圧を作り出す電源を準備することは、何の問題もないと思います。 さらにバッテリーからは、12Vよりも高く、13.8Vに近い電圧が得られますので、より好都合です。 このリチウムフェライトバッテリーは、使い方も、充電のしかたも、出力電圧も、まさにバイクで使うのではなく、無線に使うべきバッテリーとも思われます。

ということで、早速近くのバイク用品屋に行ってみると、なんと、SHORAIバッテリーは、あまりにもトラブルが多く、扱うのをやめたということでした。 見方によっては当然です、充電に14.4V必要な、リチウムフェライトバッテリーを、12Vで設計されたバイクで使うほうがおかしいのですから。 SHORAIバッテリーそのものの問題ではなく、使い方の問題なのだと思います。 取り扱いをやめたということで、少しがっかりしましたが、その店はSHORAIバッテリーではなく、別のブランドAZバッテリーを扱うことにしたとのこと。 同じ12V 環境で使う限り、同じ問題が起きるはずですが。

このAZバッテリーというブランドのリチウムフェライトバッテリーですが、バッテリーの物理的大きさや容量によって12種類ほどあります。 どれが良いか迷いましたが、重さは最大のものでも1kgを切っています。 一番価格の高いものが、いちばん容量があるのかと思い、いろいろ店においてあったカタログを見比べましたが、どうも容量は6種類くらいしかないようです。 いちばん高価なものと同じ容量でも、物理的な大きさが少し小さいだけで、価格がだいぶ変わります。 私は48Whのもの5種類の中で、いちばん安いものを買いました。 48Wh の一番高額なもの(バッテリーの寸法が一番大きいもの)で店頭30,000円、同じ48Whの、一番安いものだと、20,400円です。 この差は大きく、1万円もあります。 このバッテリーは中国製です、値段は違っても、おそらく中身はまったく同じなのではないかと思います。 この48Whで一番安いもののタイプ名はIT12B-FPというものです。 容量がもっと小さいものは9,000円くらいからありました。

このメーカーのバッテリーには専用の充電器が用意されていません。 しかし、上記のとおり、通常の12Vの充電器ではダメでしょう。 バッテリーの取説にも14V~14.8Vの間で充電して欲しいと書いてあります。 店頭では13.5V~14.8Vで充電することとなっていました。

Life_battery

さて、少々高い買い物でしたが、自宅に持ち帰り、電源ケーブルまわりを作成し、FT-817 NDを接続してみましたが、電圧が13.1Vを示しています。 これならFT-817NDのMax Power 5Wで運用することができます。

Life_voltage

バッテリー上部には、バッテリー残量の確認できるチェッカーが付いています。

Life_battery_check

重さ900g、電圧13.1V、アマチュア無線の移動運用専用のバッテリーとして考えたほうがいいような、理想的なものが見つかりました。

まだ、耐久性や容量などテストしていませんが、そのうちレポートしてみます。

尚、バッテリーは、使い方を間違えると非常に危険です。 上記、記事内容は参考とし、すべては自己責任でお願いします。

 

 

9M2/JH0CJH運用結果 2013年8月

今回の9M2 での運用結果をまとめてみました。

大陸別QSO

大陸別QSOの分布です。 7割弱がEU、ついで3割弱がAS。 南米は残念ながらゼロとなりました。

9M2_QSO_Continent

Continent QSO %
AF 2 0.5%
AS 121 27.9%
EU 290 67.0%
NA 14 3.2%
SA 0 0.0%
OC 6 1.4%

 

エンティティ別QSO

エンティティ別のQSOの分布です。 1位はJAとなりました。 続いてEuropean Russia、Ukraineと続きます。 大御所は、やはり変わりません。

9M2_QSO_Entity

Entity QSO %
Japan 94 21.7%
European Russia 79 18.2%
Ukraine 48 11.1%
Italy 18 4.2%
Fed. Rep. of Germany 17 3.9%
Poland 15 3.5%
United States of America 13 3.0%
Asiatic Russia 12 2.8%
Spain 11 2.5%
Belgium 10 2.3%
Czech Rep. 10 2.3%
France 9 2.1%
England 6 1.4%
Finland 6 1.4%
Hungary 6 1.4%
Romania 6 1.4%
Serbia 5 1.2%
Australia 4 0.9%
Bulgaria 4 0.9%
Croatia 4 0.9%
India 4 0.9%
Slovak Rep. 4 0.9%
Denmark 3 0.7%
Kazakhstan 3 0.7%
Macedonia 3 0.7%
Netherlands 3 0.7%
Norway 3 0.7%
Philippines 3 0.7%
Slovenia 3 0.7%
Austria 2 0.5%
Belarus 2 0.5%
Greece 2 0.5%
Ireland 2 0.5%
Sweden 2 0.5%
Azerbaijan 1 0.2%
Balearic Is. 1 0.2%
Bosnia-Herzegovina 1 0.2%
Canary Is. 1 0.2%
Guadeloupe 1 0.2%
Israel 1 0.2%
Latvia 1 0.2%
Moldova 1 0.2%
New Caledonia 1 0.2%
New Zealand 1 0.2%
Portugal 1 0.2%
Sardinia 1 0.2%
South Africa 1 0.2%
Switzerland 1 0.2%
Taiwan 1 0.2%
Thailand 1 0.2%
Vietnam 1 0.2%

 

周波数別QSO

周波数別の分布です。 今回は時期的なものがあり、Low Bandは、ほとんど聞こえませんでした。 14MHzと18MHzがメインとなりました。 24MHz以上も出てみましたが、空振りでした。

9M2_QSO_Freq

Freq QSO %
14MHz 239 55.2%
18MHz 187 43.2%
21MHz 7 1.6%

 

重複QSO

同一周波数、同一モードでの重複QSOです。 今回も残念ながら3つ。 全QSO数に比べれば1%以下ですので、少ないとは思います。 コンディションの急変もありこれくらいは避けられないと思います。

9M2_QSO_Dupe

 

DXScapeでの情報

運用情報をUpいただいた各位には深謝申し上げます。 中には何度呼んでも採ってもらえないというクレームもありますが、申し訳ありませんでした。

dxscape

 

QSL DX

暑いですね。 日本は、マレーシアよりもずっと暑いです。

今日はハムフェアに備えて、QSLの整理と発行を行っていました。

だいぶ間があいてしまいましたが、受領した海外からのQSLで私なりに珍しいところや、きれいなところを集めてみました。

ZK2C 南太平洋Niue諸島でのDX Pedition 2012年2月 3.5/7MHz CWでQSO(JA1CTV)

zk2c

 

TX7M Marquesas島でのDX Pedition 2011年11月 10MHz CWでQSO(JA1CTV)

tx7m

 

TX5K 今年の3月のClipperton島でのDX Pedition 3.5/7/10/21/24MHz CWで5 band QSO(JA1CTV)

tx5k

 

XU1A  カンボジアでのDX Pedi 2012年12月 7MHz CWでQSO(JA1CTV)

xu1a

 

XU7TZG カンボジア 2011年4月 14MHz CWでQSO(JA1CTV)

xu7tzg

 

T6MB アフガニスタン 2010年10月 7MHz CWでQSO(JA1CTV)

t6mb

 

TX3T タヒチでのDX Pedition 2011年11月7MHz CWでQSO(JA1CTV)

tx3t

 

HR2/NP3J ホンジュラス 2013年4月 7MHz CWでQSO(JA1CTV)

hr2_np3j

 

H44G ソロモン諸島でのDX Pedition 10MHz CWでQSO(JA1CTV)

h44g

 

TZ6BB 西アフリカ マリ 2013年4月 14MHz CWでQSO(JA1CTV)

tz6bb

 

6Y3W ジャマイカ もう半分あきらめかけていたQSLをようやくCFM 2012年5月 14MHz CWでQSO(JA1CTV)

6y3w

 

3D2AU フィジー諸島 Viti Levu島 2011年10月 7MHz CWでQSO(JA1CTV)

3d2au

 

3Z1K  ポーランドのコンテストグループ 2012年12月 7MHz CWでQSO(JA1CTV)

3z1k

 

LZ1737SSS ブルガリアの聖人シリーズ これは聖Simeon Samokovskiの記念局 2012年9月 7MHz CWでQSO(JA1CTV)

lz1737sss

 

LZ1814MIS ブルガリア 聖Martyr Ignatii Starozagorskiの記念局 2012年10月 14MHz CWでQSO(JA1CTV)

lz1814mis

 

EN2012MF ウクライナ 2012年UEFAヨーロッパ選手権開催国のひとつウクライナの記念局 2012年6月 14MHz CWでQSO(JA1CTV)

en2012mf

 

9M0L スプラトリー諸島(南沙諸島)でのDX Pedition 2012年4月 7/10/21MHz CWでQSO(JA1CTV)

9m0l

 

BT4EXPO 中国上海EXPO記念局 2010年5月と9月に10/18MHz CWおよび14MHzのRTTYでQSO(JA1CTV)

bt4expo

 

EX2A キルギスタン なかなかCFMできなかったエンティティですが、ようやくCFM。 2010年と11年に10MHzと7MHz CWでQSO(JA1CTV)

ex2a