神奈川県伊勢原市塔の山山頂

神奈川県伊勢原市塔の山山頂(#1115)

今日は天気予報では雨でしたが朝起きてみると快晴で、少し出発が遅くなりましたが、最近伊勢原市内にできた「塔の山公園」に出かけてみました。 山と無線のメンバーの方から教えてもらったところです。

場所自体は先日確認していたのですが、登るのは初めてでした。 駐車場やベンチ、登山路などがきれいに整備されています。

山桜が満開でした。

yamazakura

「塔の山」の山頂は標高203mの低山です。 山頂までの道は、階段で登る道と「森の小径」と呼ばれる緩やかな経路の2通りありますが、階段で一気に登りました。

tounoyama3

駐車場から10分ほどで山頂まで到着。 山頂には桜の木がありました。

tounoyama2

早速アンテナ設営をしていると、近所の方が登ってこられ、しばらく話をしていましたが、最近駐車場と管理小屋が整備されたのですが、昔からこの低山のハイキングコースはあったようです。

sakura1

今日は低山でもあり、パソコンもSCU-17のRTTYセットもリュックサックに入れてきたので、RTTYをメインに運用しました。

tounoyama1

SSBやCWではあまり呼ばれませんでしたが、RTTYでは珍しいのか、だいぶ呼んでいただきました。

1時間ほど運用し12時過ぎにはCL、下山しました。

  • 50MHz SSB : 5 QSO
  • 50MHz RTTY : 10 QSO

合計15 QSOとなりました。

shiitake

下山の最中、こんな道のわきに倒れている木から、シイタケのようなキノコが生えていました。

もちろん、そのままにして来ました。

 

神奈川県秦野市権現山山頂

神奈川県秦野市権現山山頂(JCC#1112)

関東地域では桜の開花宣言も出され、毎日だんだんと春らしくなってきました。

今日は、カミさんと花見+ハイキングに行ってきました。 場所は秦野市の「権現山」と「弘法山」です。 標高は240mくらいの低山です。 弘法山は桜の名所として有名な場所。

まず小田急線の「秦野」まで。 駅からは「水無川」沿いに歩いて、権現山の登山口まで行きました。 権現山に登るのは初めてでしたが結構急坂を一気に登りました。

登山口から20分ほどでまずは浅間山に到着、その後さらに登って10分ほどで権現山の山頂、標高244mに到着。

gongenyama1

展望台がありました。

展望台からは富士山が良く見えていました。

fuji

お昼には少し早いのですが、昼飯にしました。

そして30分ほどカミさんの許可を得て無線機の設定。

radioshack

今日は50MHzではなく10MHzにQRV

radioshack2

5局とQSOしたあと、QRMも出てきたのでCL。

  • 10MHz CW : 5 QSO

その後、弘法山に向かいました。 まだ桜の花は山桜の一部が咲いている程度でした。

sakura2

おそらく見頃は来週末くらいになると思われます。

sakura

弘法山のあとは尾根伝いに吾妻山に向かい、鶴巻温泉に下山しました。

本日のルート

koubouyama_map

高度の記録

koubouyama_alt

 

 

 

 

箱根旧街道

今日は天気が良かったですね。 昨日はお彼岸でお墓参り。

今日は趣向を変えて、箱根の旧街道を歩いて登ってみることにしました。

7時前に小田急線の「箱根湯本駅」到着。 朝早いので誰もいません。

hakoneyumoto

「箱根湯本駅」から箱根登山バスで「須雲川」まで行きました。

「箱根旧街道」は、ここからところどころ県道を歩く必要もありましたが、「芦ノ湖」の「元箱根」までずっとつながっていました。

hakonekaido1

これは「須雲川」の旧街道入口。 先月、ちょうど一カ月前に登った「鷹巣山」の登り口の「畑宿」まで1.7km、「元箱根」までは6.2kmとありました。 あの雪山行から、もう1カ月。 月日の経つのは早いものです。

sukumogawa

須雲川にかかる木の橋を渡りながら登ります。

edo era

箱根旧街道はほとんどが石畳になっていて、途中こんな江戸時代の石畳が残っているところもありました。

旧街道を登っていくと、こんな感じで石に坂の名前が彫られた石碑がいくつも建っていました。 難所や急坂には、こんな感じで名前がつけられているようです。

これは「大澤坂」

oosawazaka

「西海子坂」

nishiumikozaka

中でも、この「橿木坂」が一番の急坂でした。 ちょうど県道では「七曲がり」にある急坂の階段です。

kashinokizaka

「猿滑坂」 名前からしてこのあたりも危険な場所だったものと思います。

sarusuberizaka

「追込坂」、期末の追い込みを思い出してしまいました?・・・・

oikomizaka

このあとすぐに甘酒茶屋に到着。

amazakejyaya

この甘酒茶屋の甘酒はおいしいので楽しみにしていました。

amazake

お土産の甘酒も買って出発。

このあと、また石畳が続く旧街道の「白水坂」を進みます。

hakusuizaka

こんな大きな一枚岩がある場所に到着。 ここが「天ヶ石坂」。

amagaishizaka

このあと右に折れる道があり、その先が展望広場と呼ばれる場所で、本日の運用予定地。

ちょっと開けた広場になっていて、椅子だけのベンチが2個ありました。 この場所の標高は800m。

早速アンテナを上げて10時半から運用スタート。

tenbo_hiroba

しかし、周りを山に囲まれたような場所で全く呼ばれず・・・・

1局だけ50MHzのCWでQSOできただけでした。 1時間半ほどで運用終了として出発。

このすぐ後に旧街道での最高地点、標高820mに到達。

最高地点を過ぎ、「権現坂」を下っていくと、芦ノ湖が見えました。

gongenzaka

「権現坂」を下りきると、「元箱根」に到着です。

motohakone

「芦ノ湖」からは箱根登山バスに乗って、また「箱根湯本」に戻って帰宅しました。

ashinoko

本日のルートマップ。

hakonekaido

これは高度です。

hakonekaido_alt

今日は無線は、いま一つでしたが、天気も良く箱根旧街道を歩きながら、江戸時代もこんな景色だったのだろうと思いながら楽しめた一日でした。

 

神奈川県秦野市烏尾山山頂

神奈川県秦野市烏尾山山頂(JCC#1112)

今日は天気予報によると、晴れるのは朝だけで昼から雨、ところにより雷雨とのことで、出かけるかどうか躊躇しましたが、結局出発。 目指すは表丹沢の「烏尾山(カラスオヤマ)」、標高1136m。 最近は出張や土日の天候不順でしたので3週ぶりの登山でした。

朝6時半に小田急線、渋沢駅に到着。 バスで丹沢の玄関、「大倉」まで。 この季節は花粉症の方が山に来れないようで、厳寒期よりも人は少ない感じでした。 始発バスで、「大倉」バス停には朝7時に到着。

「大倉」の戸川公園では河津桜がきれいに咲いていました。

ookura

正面に見えるのが昨年10月に登った「三ノ塔」1205mで、今日もまずはこの山頂を目指します。 10月に登ったのは「ヤビツ峠」(標高760m)からなので比較的楽でしたが、今回は「大倉」(標高290m)からなので、距離もあって結構大変でした。

2時間半で「三ノ塔」の山頂到着。

sannotou1

10月に工事していた「三ノ塔」の山頂はきれいに整備されていました。

「三ノ塔」の山頂から西の方向の眺め。 まだ晴れていますが、AMラジオでは雷ノイズが聞こえます。

sannotou3

この場所で運用したい気持ちもありますが、前回運用済みなので、そのまま素通りで「烏尾山」に向かいます。

「三ノ塔」から「烏尾山」の山頂が見えます。 正面の青い色の山小屋が「烏尾山」山頂の山小屋です。 今日の計画は「烏尾山」で運用し、その先の右手のほぼ同じ高度に見える、「行者岳」標高1209mまで行ってから左に折れて下山する予定。

sannotou4

「三ノ塔」から30分で「烏尾山」の山頂、標高1138mに到着。

karasuoyama1 - コピー

山頂は雪はありませんでしたが、地面が田んぼのような状態でドロドロ。 比較的水気の少ないところのベンチを探して早速アンテナを設営。 10時半から運用開始。

shack

shack1

遭難者が出たのか、ずっと神奈川県警のヘリコプターが飛んでいました。

helicopter - コピー

しばらくすると、箱根の湯河原町の移動局から呼ばれて、雪が降ってきたという情報。 ちょうどこの交信中に「烏尾山」山頂も雪が降り始めました。

snow

とにかく寒いので1時間ほどで運用終了。 雷雨という天気予報も心配なので、最終目的地の「行者岳」に向かいました。

20分ほどで「行者岳」山頂1209mに到着。 山頂は狭く標識が立っている程度です。 この「行者岳」の標識はちょっと地図とは違う場所に立っているような気がしました。 地図の「行者岳」の山頂はもう少し先にあるはずなのですが? この一帯が「行者岳」ということなのでしょうか。

まだ雪も降っているので運用はせずにそのまま通過。

gyoujyagatake

「行者岳」の標識から先はアップダウンを繰り返して進みますが、岩場で結構危ないところが多いです。

この場所が一番のハイライト。 写真で見ると大したことないように見えますが、鎖場で相当急なので危険な場所です。 先を行く女子高校の山岳部の後について降りました。 一泊で丹沢縦走に来ているそうです。 数十人のパーティでしたが皆さん、こんな鎖場も怖がらずにどんどん進んでいました。 私のほうがずっとビビりぱなし・・・・

kusariba - コピー

地図で見ると、ちょうどこの階段の先の場所が「行者岳」になっていました。

one

これは地図の上での「行者岳」山頂から振り返ってみた、「三ノ塔」(一番遠方)と、「烏尾山」(正面右)。 今日はだいぶ歩きました。

yuki

「行者岳」から左に折れて尾根を下り、「戸沢」まで降りました。

「戸沢」からは林道を1時間半も延々と歩いて、今朝の出発点の「大倉バス停」まで戻りました。

「戸沢」から「大倉」までの間に「竜神の泉」という場所があり、水が汲めるところがありました。

ryuujinnotaki1

右が水汲み場。 水筒に残ったお茶を捨てて、水を汲んで帰りました。

ryuujinnotaki2

本日のQSOは1時間だけでしたが、下記の通り。

  • 50MHz SSB : 10 QSO
  • 50MHz CW : 8 QSO

合計18 QSO。 天気が良ければ、もう少し運用したかったところです。 「烏尾山」は「三ノ塔」よりも少し低いですが、結構良いロケーションだと思いました。

本日のルート

karasuoyama_map - コピー

これは高度。 最初のピークが「三ノ塔」、いったん下ってから最初のピークが「烏尾山」、そこから急なアップダウンを繰り返した最高地点が「行者岳」です。

karasuoyama_alt - コピー

今日は、だいぶ歩いたので疲れましたが、楽しい一日でした。

 

50MHz DX Condition

昨日、EAから帰国しました。 今日はどこかの山の上からQRVしたいところでしたが、天気も良くないので断念。 家で仕事をやっていました。 午後から50MHzのコンディションが良いという情報を聞きつけて、聞いてみると、ニューカレドニア島のFK1TKが非常に強く入感しています。

あまり無線に詳しくない方もここを見ていただいていると思うので一応説明しておきますが、普段50MHzという周波数バンドはVHFで自宅からだと関東一円くらいしか聞こえない周波数で、これだけ海外が聞こえるのは年に何度もあることではありません。

あまりにも強いので、余裕で録画カメラを設定してからQSOしてみました。 もともと自宅からは南方向は開けているのでEsが出ると強い方向ではあるのですが・・・ 出力は100W、アンテナは4エレのHB9CVでこんな余裕があるのです。

これに気を良くして、周りを探してみるとフィリピンのDK7GG/DU6

オーストラリアのVK6DXI

オーストラリアのVK4MA

と立て続けにDXとのQSOができました。

今日は山に行かずに正解だったようです。

でも、私の経験では、あまりにもEsが強く出ているときは地震が起きる可能性が高くちょっと心配です。