神奈川県相模原市緑区石老山山頂

神奈川県相模原市緑区石老山山頂(JCC#111001, SOTA#JA/KN-018)

今日はとてもいい天気でした。 天気予報もいいので、「石老山」標高703mに登ってきました。 「石老山」は相模湖の近くにある山です。

今日は朝起きたのが6時で少し遅かったので、車で行きました。

相模湖病院の隣に駐車場が5台ほどあります。 到着したのは7時ちょうどくらいでしたがすでに1台埋まっていました。

sekirouzan1

スタート直後にちょっと登り口を間違えてしまいましたが、すぐに気づいて後戻り。

「石老山」は山道に大きな奇岩、巨岩がたくさんありました。

sekirouzan6

しばらく登ると「顕鏡寺」という立派な山寺がありました。 「石老山」という名前は、このお寺の山号から付けられたようです。

sekirouzan3

寺にはこんな大きな杉の木がありました。 「蛇木杉」という名前のように大きな大蛇のような根があります。

sekirouzan4

このお寺の岩窟です、屋根が大きな岩です。

sekirouzan5

「顕鏡寺」からさらに登ると分岐に出会いましたが、「桜道」と呼ばれる方向に展望台があるとのことで、この方向に向かいました。

桜道の展望台からの眺めです。 正面に見えるこんもりとした山は、「城山」だと思います。

sekirouzan7

新緑がきれいです。

sekirouzan8

どんどん登って、「融合平見晴台」に到着。 相模湖がよく見えます。

sekirouzan10

8時半に「石老山」山頂、703mに到着。 山頂はまだ誰もいません。

山頂は広く、ベンチもたくさんありました。 今日は暑くて汗もかきましたが山頂は涼しく、空気も乾燥しているのでシャツもすぐに乾きました。 いい季節がやってきました。

sekirouzan11

ベンチの一つを借りて、アンテナを設営。

ant

HFの14MHzから開始しました。

rig

14MHzのあとは18、21、24、28MHzと上がり、最後は11時から50MHzで運用。8時半から13時半近くまで5時間フルにやりました。 このため電池も最後のほうは9V近くになってしまいました。 ロケーションもいいので多くの方に呼ばれて楽しむことができました。

今日は、先日に引き続き、別の方なのですが、またもや40年ぶりのQSOができました。 1976年以来のQSOで、私は当時16歳でした。 なぜか次々に40年ぶりのQSOで不思議な縁です。

本日の成果

  • 14MHz CW : 6 QSO うち1局はオーストラリア
  • 18MHz CW : 7 QSO うち1局はオーストラリア
  • 21MHz CW : 9 QSO うち1局はニュージーランド
  • 24MHz CW : 1 QSO
  • 28MHz CW : 4 QSO
  • 50MHz SSB : 32 QSO
  • 50MHz CW : 27 QSO

合計 86QSOとなりました。 5時間かけてこれだけのQSOをFull Power の5Wで運用すれば電池もなくなるはずです。

朝は誰もいなかった山頂も、お昼ころには100人以上の人で混雑していました。 「石老山」は人気のある山のようです。

13時半にCLとし下山することにしました。

同じ道を戻っても面白くないので反対側に行くことにしました。 今日は車で来ているのですが、反対に下山しても、登り口の近くに下りることができるルートがあることは調べておきました。

途中に「大明神展望台」と呼ばれる場所がありました。

この写真のように櫓が組んであるような場所です。

sekirouzan12

「大明神展望台」からは相模湖や相模湖にかかる橋、中央高速道路が見えました。 向こうに見える山は「景信山」だと思います。

sekirouzan13

本日のルート。 相模湖病院からスタートして1周のコースです。

sekirouzan_map

これは高度です。

sekirouzan_alt

今日はたくさんの方に呼んでいただき、楽しい一日でした。 ありがとうございました。

 

神奈川県相模原市緑区南山山頂

神奈川県相模原市緑区南山山頂(JCC#111001)

「東山(権現平)」で運用した後、帰路につきましたが、先ほどの「南山」との分岐から、「南山」方面に向かうことにしました。 この先暖かくなると「山蛭」が出てくるため、今のうちに行っておこうと思ったためです。

minamiyama

分岐から600mほどで「南山」山頂、標高544mに到着。

minamiyama1

向こうに見えるのは、「仏果山」中央左奥、「高取山」中央手前、「大山」右遠方、「津久井湖」右手前の湖がよく見えます。

早速リグとアンテナを設定。

antenna

14時50分から運用スタート。

rig1

呼んでいただいた方の中に、何と40年ぶり、1976年の7月以来という方からのコールがあり、交信ができました。 40年前というと、当時はまだ私も高校1年生。 なんとも不思議な感覚です。

30分ほど運用して、本日の山岳移動はCL、下山しました。

「南山」はとてもロケーションが良く、関東地方が一望です。 「南山」からの成果です。

  • 50MHz SSB : 12 QSO

下山は、そのまま「南山」の先の「長竹」方面に向かったのですが、登り口を教えていただいたJJ1SWI局から、「登り口は2つあって、一つは南山経由・・・・」という話を思い出し、このまま下ると、ゴルフ場を挟んで反対側に下山してしまうことが分かり、急いで戻りました。 ほんのちょっとした言葉が非常に大切です。 助かりました、ありがとうございます。

本日のルートマップです。

gongendaira_map

これは、本日の高度マップです。

gongendaira_alt

今日はとてもいい天気の中で本当に多くの方に呼んでいただきました。 なかでも、先日の守谷宴会でお世話になった方、9M2JKL運用時にお世話になった木村さん、40年ぶりのQSOなどいろんな方とQSOができ不思議な日でもありました。 ありがとうございました。

 

神奈川県相模原市緑区東山山頂

神奈川県相模原市緑区東山山頂(JCC#111001, SOTA# JA/KN-020)

今日は朝からいい天気で、昨日の雨での山岳移動の不完全燃焼の感じも残っていたので近くの「東山(権現平)」に登ってみることにしました。 体力的には昨日で完全燃焼でしたが・・・

東山は、ハイキングコースなどには載っていないので、どこから登るのかよくわかりませんでしたが、ある程度見当をつけて行ってみましたが、入口から通行止めだったり、2番目の候補も駐車場がなく断念。

SOTAのメンバーにTwitter経由で聞いてようやく登山口を見つけることができました。 各局ありがとうございました。

今回見つけたのは、「長竹ゴルフ場」の脇道にある林道です。 途中で通行止めの場所がありますが、車1台だけ停められるスペースがあります。

nagatake

車は写っていませんが左の看板の前に停められます。

通行止めのゲートも脇から歩きなら入れます。

この林道をどんどん登って行って、舗装路の頂上をちょっとすぎたところに、登山口がありました。 ゲートから小一時間はあります。

tozanguchi

ここをさらに、どんどん登っていきました。

gongendaira

40分くらい登っていくと標識が出てきました。 南山と権現平方向の分岐です。

sign post

まずは、「権現平」方向に向かいました。

10分ほどで「東山(権現平)」、標高569mに到着。

higashiyama

全然、有名ではないところですが、とてもきれいに整備されています。

展望台からの眺めです。

higashiyama1

とても多くのベンチというか、野外ステージのような場所が準備されています。

higashiyama3

早速、HFのアンテナを設営。

higashiyama2

14MHzからいつものようにスタート。

本日の成果です。

  • 14MHz CW : 10 QSO (うち1局は北米)
  • 18MHz CW : 1 QSO
  • 21MHz CW : 3 QSO
  • 50MHz SSB : 11 QSO
  • 50MHz CW :  2 QSO

合計 27 QSOです。

50MHzでは先日の守谷宴会でビールサーバーを持ってきていただいた某局とも話ができました。

さらに今年の1月にマレーシアのKLで9M2JKLを運用させていただいた時にお世話になった、JA1CJL・JA7LMUの木村さんが日本に帰国され、呼んでいただきました。

「東山(権現平)」は、とてもきれいに整備された山頂でした。

14時近くまで運用して、「南山」に行ってみることにしました。

 

山梨県大月市扇山山頂

山梨県大月市扇山山頂(JCC#1706, SOTA# JA/YN-059)

「百蔵山」で運用を行った後は、すぐに次の「扇山」に向かいました。 今日は午後から雨の予報で、早めに動く必要があるからです。

「百蔵山」からまずは急坂を下山。

痩せ尾根もあります。

ougiyama

「百蔵山」から「扇山」までの山道は結構、急坂下り、急坂登りです。

急坂を登ったあと、あと少しで「扇山」山頂です。

ougiyama1

ようやく、扇山山頂、標高1138mに到着。

ougiyama2

富士山は残念ながら雲の向こうに引っ込んでしまいました。

ougiyama4

ちょっと雨もぱらついてきたので、すぐにアンテナを設定。 ここでは雨も近いので、50MHzのみ。

ougiyama3

SSBでCQを出すとすぐにSOTA規定の4QSOを完成。

この場所での成果です。

  • 50MHz SSB : 8 QSO

最後のQSOは、守谷宴会で一緒だったJG1UDEさん。 ありがとうございました。

雨が強くならないうちに撤収して、14時に下山スタート。 「犬目」方向に下山しました。

1時間半で「犬目」に到着しましたが、「犬目」からのバスが1時間半後しか無い!

inume

歩いてJRの「四方津」駅を目指しました。 駅までの地図を持っていなかったのですが、結構標識も多く助かりました。

でもこんな獣道みたいなところも・・・ ここは右のほうに歩きます。

向こうに見えるのは中央高速の上野原SAです。

shiotsu1

途中、不安でしたが何とか「犬目」から1時間半、雨の中をトボトボと歩いて「四方津」駅まで到着。

shiotsu

今日は、だいぶ歩きました。

本日のマップ、左の猿橋駅から右方向に歩きました。

momokura_ougiyama

高度と歩行距離です。

momokura_ougiyama_alt

今日、1日の歩行は20㎞オーバーです。

今日も多くの方に呼んでいただきまして、ありがとうございました。

 

山梨県大月市百蔵山山頂

山梨県大月市百蔵山山頂(JCC#1706, SOTA# JA/YN-060)

連休前半は4月の疲れで初日にゴルフを楽しんだ後、風邪でダウン。 ちょっと残念な連休スタートでしたが、後半は守谷飲み会に照準を合わせ回復し、昨日は歩いてレインボーブリッジを渡り、体調回復確認。

今日は山梨の「百蔵山」、「扇山」に登ってきました。 いきなりのハードスケジュールです。

朝、5時に起床。 小田急線で町田、町田から横浜線で八王子、八王子から中央線で「猿橋駅」まで行きました。

saruhashi

まずは「百蔵山」を目指して歩き始めました。

猿橋駅から国道20号線に出て、すぐに今日目指す「百蔵山」と「扇山」が見えました。 左が「百蔵山」、右が「扇山」です。

momokurayama

近そうに見えますが、結構しんどい山でした。

登り始めてすぐに、山道にあやめの花が咲いていました。 きれいですね。 この季節ならではです。

ayame

どんどん登りますが、最初の林道がとにかく真っすぐ登る感じなので、とてもきつい・・・・

momokurayama1

2時間ほどで明るい尾根に到着。

momokurayama2

ここから30分ほどさらに登り続け「百蔵山」、標高 1003m に到着。

momokurayama3

富士山がきれいです。

fujiyama

山頂にベンチは1つ。 今日は、一応平日なのでほとんど人に会いませんでした。 ベンチにHFのギボシダイポールアンテナを設営。

momokurayama4

リグも設定。

momokurayama5

まずは、14MHz CWからスタート。 その後18, 21, 24, 28 MHzと上がり、QSOを重ねました。

百蔵山での成果、

  • 14MHz CW : 1 QSO
  • 18MHz CW : 4 QSO
  • 21MHz CW : 6 QSO (うち2局がオーストラリア、1局がニュージーランド)
  • 24MHz CW : 2 QSO (オーストラリアとニュージーランド)

28MHzでもQRVしましたが、呼ばれないので11時半CL。

今日は先が長いので、すぐに撤収し、次の「扇山」に向かうことにしました。

 

2016年守谷市宴会

今年も茨城県守谷市での6m飲み会に行ってきました。

つくばエクスプレスで守谷駅につくと昨年と全く同じで偶然にJE1NZNさんに遭遇。二人で会場まで歩きました。

3時ころ到着。 すでにほとんどのメンバーが参集済みでした。 ことしはみんな早い!

moriya

今年は酒屋さんの某局からビールサーバーの提供があり、飲み放題・・・幸せです。 帽子が曲がってます・・・・・すでにだいぶ回ってます。

beer

昨晩は雨風で心配でしたが、とてもいい天気です。

moriya1

思い思いの酒を飲みながら6m談義。 総勢26名の参加でした。

moriya2

私は今年も電車でしたが、車で参加した人は泊まり組。

みなさんの車のナンバー・・・やっぱりすごいです。

moriya3moriya4 moriya7moriya6 moriya5moriya8 moriya9

夜も更けて電車組は帰宅することにしました。

moriya10

集合写真です。

moriya11

さすがプロのカメラマンの写真です。

今年も楽しかったです。 また来年よろしく。