NPOTA (National Parks on the Air)

今年のハムフェアでは、「山と無線」のスタンドを訪問いただいた海外の方も多くおられました。

2日目の午前、遠目に興味深そうにSOTAの旗を見ておられる方がいましたので、声を掛けてみると、なんとARRLの本部の方でW3IZ Norm Fusaroさんでした。 日曜の午後からHam Fairのメインステージで講演があり、NPOTA (National Parks on the Air)のプロモートのために来日したとのこと。 NPOTAは2016年だけのプログラムで米国内の国立公園や国立の施設から運用するようです。

本日時点でアクティベータの最高は300ヶ所以上、さすがにJA局はいませんが、チェイサーはJAでも何人もQSOに成功しているようです。

NPOTA

Norm氏からは名刺代わりということで、NPOTAのピンバッジをもらいました。

NPOTA

NPOTAサイトによると、6ドルもするもののようです。

 

2016年横浜コンテスト反省会

昨日は、今年の横浜コンテストの反省会が横浜駅東口のアリババで開催されました。 昨年同様、今年も横浜コンテスト自体は参加できなかったのですが、反省会だけは、また今年も出席させてもらいました。

先週ハムフェアの最中に今年の横浜コンテストの結果が発表となりました。 (JA1OHPさんのHPから写真借用)

yokocon5

市内マルチ部門では今年もLRQさんが優勝。 5連覇です。

yokocon3

今回の結果もすでに詳しく分析済みでさすがです。

yokocon1

今年もまた反省会というわりには、誰も反省している人もなく、大いに盛り上がりました。

yokocon2

やっぱり誰も反省してません。

yokocon4

皆さん、ありがとうございました。 来年は是非コンテストにも参加したいです。

 

2014-15年1エリアAMコンテスト賞状

今日、家に昨年の12月に開催された1エリアAMコンテストの賞状が届いていました。 なんと2枚・・・・・?

なぜ2枚かというと、一昨年の参加時の賞状も一緒に送ってきたようです・・・・え~・・・・ありがとうございました。

これは昨年12月の実施分 1エリア外優勝

img02

そしてこれは一昨年の分で同じく1エリア外優勝です。

img03

今年のコンテストでもよろしくお願いします。

 

XV出張

昨日の夜、成田を出てベトナムのハノイに来ています。

ハノイは3年ぶりの訪問。 空港を含めだいぶ変わっていました。

hanoi1

ハノイにも67階建てのビルができていました。

hanoi2

屋上67階に完全なオープンスペースのレストランがありました。

hanoi3

眺めは最高ですが、風で椅子やテーブルが飛ばされないのでしょうか? ベトナムも今は台風シーズンです。

ここから電波を出したら飛ぶだろうな~

 

2016年ハムフェア

今週末は、アマチュア無線の祭典、「ハムフェア」が東京ビッグサイトで開催されました。

IMG_2124_R

今年も「山と無線」のスタンドで2日とも、山岳移動無線の楽しさとSOTAの説明をしてきました。

IMG_2070_R

今年はハムフェアが始まって40周年記念とのことでした。 初日は台風の影響で雨模様でしたが、朝8時に会場に到着。

IMG_2074_R

8時半に出展者の会場入りが開始され、「山と無線」のみなさんで設営を開始。 アンテナの展示は、後藤さんの山岳移動用の50MHz超軽量5エレF9FT、須崎さんの50MHzデルタループ、そして私のギボシダイポールを設営しました。

10時に一般入場が開始され、たくさんの人でにぎわいました。 訪問いただいた皆様ありがとうございました。

IMG_2094_R

山岳移動のやり方、装備に関して質問からSOTAの質問など多岐に渡り、2日間ずっと説明とあいさつが続きました。

装備に関しての質問は例年通り、電源やアンテナに関するものが大半でした。 今年もLiFeバッテリーを持参したので、その軽さと13V台の高出力電圧、扱いやすさでみなさんの関心を集めていました。

アンテナも軽量化の技術や多バンドで運用できるギボシアンテナに関するものが多かったようです。

JAIAのコーナーでは、今年も新製品がいくつか紹介されていました。

ICOMのスタンドです。

IMG_2080_R

まずは、ICOMの受付のお姉さんです。 昨年と同じ方です。 モデルさんではなくICOMの社員の方なのでしょうか?

IMG_2129_R

ICOMからはIC7851がフラッグシップ機として展示されていました。

IMG_2128_R

そして、IC7600の後継機種と思われるIC7610です。 まだコンセプト機という位置づけでスペック等は全くの未定とのことでした。

IMG_2125_R

そして、これは受信機でIC-R8600です。 IC7300に似た感じで送信機能を取り除いたような感じです。 IC7300同様に良さそうな雰囲気です。

IMG_2098_R

こちらも受信機、ハンディ型のIC-R30です。

IMG_2099_R

ICOMの新製品はこれくらいだったと思います。

次はKenwood

IMG_2081_R

開場前なので人はまばらな状態です。

こちらはKenwoodのお姉さんです。 うちわをもらいました。

IMG_2092_R

Kenwoodの新製品はデジタルのハンディ機、TH-D74。

IMG_2095_R

方式はD-STARですがAPRSが付いています。 後発だけあり、ICOMとYaesuの良いところを取ってきた感じです。 液晶はカラーでした。  バッテリーの持ちがどうかなという気もします。 本体は結構軽く作られていました。 BrueToothもインターフェースとして準備されているようです。

次はYaesu

IMG_2079_R

これは先日発売になったFT-891です。 HFから50MHzまでカバーする小型のリグです。

IMG_2085_R

これはFT-991A。 FT-991無印よりもスペアナ機能が充実しており、リアルタイムのスペアナとウォーターフォールが表示されています。 ほぼ同時期に発売になったIC7300に比べるとやっぱりスペアナ機能がリアルタイムでないのは、どう考えても見劣りしましたので、その点を改良したものです。 FT-991無印を買った某局がだいぶ文句を言っていました。

IMG_2097_R

そして音作りに凝る人をターゲットにしたようなマイクも新発売。

IMG_2096_R

M-1というマイクです。 基台には液晶のディスプレーやキーボードがあって結構人気が出る感じがします。 でも7万円以上とはちょっと高いですね。

以上がメジャーなメーカーの新製品でした。

そしてちょっと気になったのがSCIENTEXという会社が作ったSR-01というCB機です。 これもフリーライセンスラジオでは人気が出そうです。

IMG_2084_R

面談編

この2日を通してとてもたくさんの人とアイボールができました。

hamfair2_R

あまりにも多くの方との面談ができ、ここには書ききれませんが、本当にありがとうございました。

IMG_2126_R

土曜日の夜はいつもの6mのみなさんと新橋で結局3次会まで。

IMG_2123_R

今年も本当に楽しいハムフェアでした。 みなさんまた来年よろしくお願いします。

 

9M6出張

明日コタキナバルでの仕事があり、昨晩羽田を出て、今朝9M6に到着しました。

9M2は何度か出張し、運用もしたことがありますが、9M6は初めての訪問です。 75番目の訪問エンティティとなりました。

kk

半島側とはまた違った景色です。

残念ながら明後日の帰国ですので、今回QRVはありません。

 

APRSについて

先月の「三国山」登山から取り入れているAPRSですが、昨日の「本仁田山」でもFT-2Dを持参し使ってみました。 この写真は三国山での運用時のものです。

aprs

これはGPSを内蔵したリグで自分の緯度経度と高度を測位し、そのデータを定期的にビーコンとして発信することで、そのビーコン信号を受信したインターネットゲート局でAPRSサーバーに伝達することで、自局の位置をインターネットの地図上表示するものです。 サイトはここです。

これは、今回の「本仁田山」でのトラッキングデータです。

APRS1

GPSの記録のように絶えず記録しっぱなしではなく、定期的に自分の位置を送信していることや、場所によっては、山影や谷でゲート局に届かない場合もあるので、記録はまばらになりますが、リアルタイムでどの場所にいるか特定できるのは、危険と隣り合わせの山岳移動では安心な面もあります。

APRSでは144.64MHzおよび144.66MHzが使われており、64では9600bps、66では1200bpsが使われているようです。

上の例では奥多摩駅側の下山が山陰になるので途中から記録は途切れていますが、山頂では0.1Wの送信出力で十分でした。

では、どこのゲートウェー局に拾ってもらったかというと、千葉県や茨城県、世田谷区あたりのゲート局を使っていたようです。

APRS

0.1Wですが、やはり山頂からの飛距離はすごいです。

さて、明日の8月11日は、はじめての「山の日」ですが、私は仕事で待機。 家からの追っかけに徹します。

 

東京都西多摩郡奥多摩町本仁田山山頂

東京都西多摩郡奥多摩町本仁田山山頂(JCG#10002F, SOTA#JA/TK-008)

毎日暑いですね。 立秋は過ぎましたが、残暑お見舞いというより、まだまだ暑中お見舞いと言ったほうがよさそうです。

今週は夏休みをいただいています。 とは言っても土日月は仕事でした。 今日は何とか時間を見つけて「本仁田山」、標高1225mに登ってきました。

朝5時起きで、電車を乗り継いでJR青梅線の「鳩ノ巣駅」で下車。 可愛い駅でした。

hatonosu

8時半から登山開始。

杉の林の中を延々と登りました。 約1時間ほどでちょうど中間点に到着。 まだまだ先は長いです。

honitayama3

高度も上がり、景色も良くなってきました。 山の向こうの遠くに見える銀色の建物は西部球場です。

honitayama2

台風のあとで天気も良く、だんだんと気温も上がってきました。

3時間ほどで「本仁田山」山頂、1225mに到着。

honitayama1

景色はこんな感じです。

honitayama

山頂からは、登ってきた道の方向が開けていて見ることができました。

今日は暑くてバテ気味で、少し休んでから、アンテナ設営をしました。アンテナ線の左に3つ見えるのはギボシ端子ですが真ん中に見えるのは、ギボシ端子ではなく、アンテナ線に止まっている赤とんぼです。

ant

リグも設置。 山頂は狭く、ベンチが2つあるだけです。

rig

しかし、ここでCWのメモリーキーヤーの006P電池を忘れてきてしまったことに気が付きました。 先週ヨットに乗った時にいろいろと荷物を組み替えたので普段入っている袋に入っていないのでした。 泣く泣く、すべて手打ちです。・・・たまにはいいか。

今日は電車で来るときにまだ出勤の方がだいぶおられたので、夏休みに入っている人は少ないかなと思いましたが、結構呼んでいただきました。 手打ちでも呼んでもらえたので、それほど空振りは無かったです。

本日の成果

  • 14MHz CW : 1 QSO
  • 18MHz CW : 4 QSO(うち1局はニュージーランド)
  • 21MHz CW : 1 QSO
  • 28MHz CW : 1QSO (ニュージーランド)
  • 50MHz SSB : 5QSO

合計 12QSOです。

呼ばれなくなったのでCL。 下山開始です。 JR青梅線終点の「奥多摩駅」の方向に下山することにしました。

実は当初、「本仁田山」の登山を計画していた時は、「奥多摩駅」から登って、「鳩ノ巣駅」に下るつもりだったのですが、インターネットで登山のレポートを読んでいたら、「奥多摩駅」側からはとても急坂であることが判り、逆コースとしました。

確かに、下山道はとても急坂でした。 この山に登るときは、急登りが好きな方でない限り「鳩ノ巣駅」側から登るほうがいいと思います。

これが高度ですが、これを逆コースで行くと、とても大変だと思います。

honitayama_alt

山頂は涼しかったのですが、下るたびに気温が暑くなり、熱中症にならないように、ゆっくり時間をかけて下りました。

途中とてもきれいな、カラスアゲハが何匹も飛んでいる場所がありました。

aosujiageha1

16時に「奥多摩駅」に到着。

これはルートマップです。

honitayama_map

本日も呼んでいただき、ありがとうございました。