HOTACA(穂高) Ver. 2.3リリース

HOTACA(穂高)のVer.2.3をリリースしました。

HOTACA(穂高)ソフトウェア

HOTACA(穂高)にてHamlogの出力CSVファイルを変換した場合、各月の初日、1日のJST 00:00から08:59までの交信データをUTCに変換する際に、日付が正しく変換されなかったバグを修正しました。

一点だけ注意していただきたい点があります。 それは3月1日のJST 00:00から08:59までの交信データの時間をUTCに変換する場合、2月29日に変換するか、28日にするかの判断が、その年が「うるう年」かどうかで異なります。 ところが、Hamlogからの出力データの「年」が下2桁だけのため、年数字からはその年が「うるう年」かどうかの判断ができません。 このため、リアルタイムでHOTACAを使っている時点の年が「うるう年」かどうかを判断して変換することにしました。 HOTACAを使用するのは通常は下山した直後であり、3月1日に運用したデータを年を越えて変換するようなケースは、ほとんど無いと思いますので問題ないと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*