トランプタワー発売

今年も、大きなニュースが飛び込んできた。

クリス ジョーンズ ホニャララ社(以下CJH社)は昨年、「煮干しダイポール」を発売し、山岳移動愛好者、および山頂に住んでいる猫たちから絶賛の声を浴びていたが、今年は、なんと固定局向けに新製品の開発をやってくれたようだ。

アマチュア無線で遠くまで電波を飛ばすには、アンテナの高さおよびそのアンテナを支える鉄塔が一番の鍵となるが、今回発売したのは「トランプタワー」と呼ばれるものである。 これは、この写真のように、巨大なトランプでタワーを作ったもののようだ。

クリス社長は、最近世間を騒がしている、米国トランプ大統領が不動産ビジネスとして展開している「トランプタワービル」にヒントを得て、単なる思い付きで作ったもののようだ。 常識では考えられない暴挙は、まさにトランプ大統領を彷彿とさせるところがある。

この「トランプタワー」は、まさに巨大なトランプのカードで構成されており、なんと素材は紙で出来ているらしいのだ・・・・・

タワーに紙のトランプを使う利点について、社長のクリス社長は次のように解説している。

  • トランプはとても軽い。
  • 紙でできているのでハサミとノリがあればすぐに作れる。
  • 暇な時は、このトランプでババ抜きをして遊べる。
  • サイクルも低迷期である現在、どのバンドも開けていない時など、CQを出しても暇ですよね。 そんな時には「誰も、取らんプ!」などと言って一人で盛り上がれる。

しかし、いくらなんでも紙でできたトランプタワーなど耐久性はあるのだろうか? 本ブログではクリス社長に独占インタビューを試みた。

記者: クリスさん、このたびはトランプタワーの発売おめでとうございます。

クリス: アリガト ゴザイマス。

記者: クリスさん、このトランプタワーですが、紙で出来ているとのことですが?

クリス: そうなんです。 紙で出来ているから、アンテナへの電磁的な影響が全くありません。 だから飛びますよ~ まさにカミってま~す。

記者: あの~、「紙」の意味が違うような・・・・・・ クリスさん、いくら電磁的に有効でも、紙のタワーなんて、耐久性の点では大丈夫なんですか?

クリス: だいじょ~ぶで~す。 紙でできているので、台風が来るとすぐに吹っ飛んでいきますよ~。 よく飛ぶアンテナになりま~す。 そして飛んで行ったトランプは国境で地面に突き刺さって「壁」にもなりま~す。

記者: あの~、「飛ぶ」という意味が違うような・・・・

クリス: アンテナはやっぱり飛ばないとね~・・・ メイク アンテナ グレート アゲーイン! ところで、あなたは、フェイクニュースの報道会社ではないですよね?

記者: ・・・・

このトランプタワーの価格は599億円ということだが、一体だれが、こんなものを買うのだろうか?

トランプタワーで俺もDXだぁ!と大きな勘違いしている、そこのあなた。
ぜひクリス氏にコンタクトしてみてはいかがだろう。

 

「トランプタワー発売」への2件のフィードバック

  1. CJH様
    原稿作成大変でしたね、お疲れ様です。
    ぜひ、移動用のタワーも作って下さい、お願いします。
    にぼしが復活しますかねぇ‥
    バックのお宅はご自宅でしょうか?

  2. SKYさん、
    ありがとうございます。移動用アンテナタワーについては、クリス社長に伝えておきます。
    写真は私の家ではありません。こんな豪邸には住めませんです。友達の豪邸に仮組み建設させていただいた時の写真です。もちろん、使用許可は頂いてます。次は正式契約と、建築許可です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*