パッちくわ発売

今年も、またまた大きなニュースが飛び込んできた。

クリス ジョーンズ ホニャララ社(以下CJH社)は昨年、「トランプタワー」を発売し、一部の超マニアから絶賛を浴びていたが、今年は、インターフェア(妨害)対策の新製品の開発を行ったようだ。

アマチュア無線家ならだれでも知っていると思うが、TVIやテレホンIなどのインターフェア(妨害)対策としてフェライトコア、通称パッチンコアと呼ばれるノイズフィルターがある。 これは同軸ケーブルや電源ケーブルに巻き付けるだけでコモンモードのノイズ対策になり、簡単で安価であるにも関わらず不要電波除去効果が高いため重宝している部材である。

この度、このパッチンコアにヒントを得てクリス社長が単なる思い付きで開発したのが「パッちくわ」である。 これは、下の写真のように、形状がチクワに似ており、パッチンコア同様にケーブルに巻き付けて使うもののようだ。

クリス社長に、この冗談のような新製品の開発経緯を突撃インタビューした内容についてレポートしてみたい。

記者: クリス社長、このたびは「パッちくわ」の発売おめでとうございます。

クリス: アリガト ゴザイマス。

記者: クリスさん、この「パッちくわ」ですが、単なるチクワではないのですか?

クリス: ちぐわ~います。 よく見ていただくとわかるようにこれはチクワ同様に魚から取れる素材を竹の棒に巻いて炭火で焼いたものです。

記者: それチクワ以外の何物でもないような気がしますよ。 これ本当にチクワそのものですよね・・・・・・

クリス: それは大きな感ちぐわいで~す。 これは今回新たに開発された「パッちくわ」で~す。 この「パッちくわ」の素晴らしいところはチクワの成分が電磁波に作用してノイズを遮断することです。 これがチクワの効果、通称「チクワのちくぅわら(力)理論」というものなのです。 これでバッチグ~

記者:・・・・・・チクワの成分? やっぱりチクワだ

クリス:しくぅわた無い、本当のことを言います。 これは近所のスーパーで買ってきたチクワでした。

記者: ・・・・

この「パッちくわ」の価格は599万円ということだが、スーパーで79円で5本入りのチクワを買っても代用できそうだ。 ぜひ自作愛好家の皆様は試してみたらどうだろう。 また類似品に「パッちくわぶ」というものがあるらしいが、その効果は少し差があるらしい。 これはちぐぅわいの解るアマチュア無線家向けということだろう。

 

「パッちくわ発売」への8件のフィードバック

  1. 噴き出して笑ってしまいました。今日のアマチュアに相応しい一番のネタでした。

    1. dypさん
      コメントありがとうございました。 
      来年も頑張ります。
      そろそろ考えはじめないと (°O゜)☆\(^^;) バキ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*