新潟県柏崎市八石山

新潟県柏崎市八石山(JCC#0806, SOTA#JA/NI-119)

谷川岳PAでは涼しいので朝までぐっすり寝ることができました。 もう8月も半ばですが、まだ朝は4時過ぎには明るくなってくるので起床。

贅沢にも歯磨きと顔を谷川岳の水で洗って、新潟に向け出発。

今日は柏崎市の八石山(はちこくさん)標高518mに登ることにしました。 今年の5月に米山と刈羽黒姫山を登りましたので、この八石山で刈羽三山を制覇したことになります。 実は生まれ故郷の柏崎の山ですが八石山は初めての登山でした。

八石山はこんな感じで大仏が横たわったような形をしています。

横たわる大仏様の肩のところが八石山の山頂です。 今日は腹のあたりを登り、肩までの尾根をアップダウン。そして肩から下山という感じです。

登り口はいろいろあるようですが、「不動滝」と呼ばれる大きな滝の近くから登り始めました。まずは滝を見物。 滝までは登山口から2,3分で行けます。 落差のある豪快な滝です。 こんなところが柏崎にあると知りませんでした。

登山口まで戻って登山開始。

この橋を渡ったすぐ右側に登山口があります。 滝までの道が立派なので、ほとんど見過ごされそうな感じですが、貸出のストックが置いてあります。

すぐに急坂の始まり・・・・そして終わりません、ずっと急坂の連続です。 つらい登りでした。

ようやく、八石城跡まで到着。 ここまでですでに登り口から1時間もかけてしまいました。 この八石城跡は標高450mほど、登山口が標高100mほどですので、350mを一気にしかもほぼ直線で登る感じです。 数ある登山道の中から、本当に厳しい登山道を選んでしまったものです。

ここから大きなアップダウンと小さなアップダウンの繰り返しです

ここから30分ほどかけて姥石という分岐に到着。 ここは右に行きそうですが、そちらは下山方向。 もっと急坂を下る左に行かないといけません。 標識も壊れていてよくわからないので注意が必要です。 向こうに見えるのが八石山の山頂です。

50mほど下ってから山頂まで登りなおしです。 こんな木の根っこの急坂も登りますが、登山道は整備されていてロープが下げられています。

姥石分岐から、さらに30分ほどかけてようやく八石山の山頂518mに到着しました。

ここにはマイクロ波の反射板中継器が置かれていたようです。 今は記念碑のみ。

山頂は広く芝生です。 360度の景色が楽しめます。

遠くの左側が刈羽黒姫山、木の向こう遠くの右側の雲に隠れている山が米山です。 この八石山と刈羽三山のそろい踏み。

早速アンテナを設営。 今日は登山道でも、山頂でも一人も登山の人に会いませんでした。

山頂独り占めです。

14MHzから430MHzまで上がっていきましたが、今日もたくさんの方に呼んでもらいました。

  • 14MHz CW : 10局
  • 14MHz CW : 3局
  • 21MHz CW : 4局
  • 28MHz CW : 1局
  • 50MHz SSB : 3局
  • 144MHz FM : 11局
  • 430MHz FM : 6局

合計 38 QSOとなりました。

この山は登る途中に、アブ、ハエに悩まされましたが、山頂はあまりいません。 これはオニヤンマがとても多く飛んでいるためだと思います。 オニヤンマのおかげで助かりました。 ギボシに止まって休んでいます。 体長20センチ以上あるでしょうか?

下山は久之木峠の方に降りることにしました。

最初は急坂ですが、途中危ないトラバースもありましたが、こちらの方が登りも楽だと思います。

本日のルート。 不動滝から反時計回りにまわりました。

高度です。 最初の登りで350mを一気に登る様子が見えます。

この3日で一番きつい登りだったと思います。

今日はこれから小中学校の同窓会に参加して明日は帰宅します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*