ミクロネシアでの海外運用

今回、V63YAPの運用を行いましたが、ミクロネシア連邦のライセンス取得方法について、今後運用を予定している方のために共有しておきます。 この方法は2018年7月時点のものです。

ミクロネシア連邦でアマチュア無線のライセンスを発行しているのはDepartment of Transportation, Communications and Infrastructure(運輸通信建設省)という組織になります

http://www.ict.fm/index.html

私の場合は、たまたまミクロネシア大統領と面識があったため、以前からいつか運用させてもらいたいという話をしており、今回申請してから4日で取得できました。

上記のサイトから申請書をダウンロードし、

  1. 申請書
  2. パスポート
  3. 無線局免許状
  4. 無線局免許状の英文証明書
  5. 無線従事者免許証
  6. 無線従事者免許証の英文証明

これを電子メールにて送付しました。

 クリックで拡大

その後担当者から希望のコールサインを聞かれましたので、YAP島での運用もあり、V63YAPをお願いしました。

その後すぐにメールにて下記のライセンスが送付されてきました。 ライセンスは1年間有効です。

 クリックで拡大

Page2

 クリックで拡大

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*