IOM DX Pedition Day 3

いよいよ、マン島DX Pedition最終日の3日目は、マン島第二の標高の山、Mt Slieau Freoaghane (SOTA#GD/GD-002)に登ることにしました。

今日も朝6時にタクシーをお願いしておき、Kirk Michaelの村まで行きました。 6時15分にKirk Michael到着、今日も標高ゼロメートルからの出発です。

この道路が登山道の入り口になります。

少し登るとMt Slieau Freoaghaneが見えてきました。 右側の山です。

ルートは左に見えるピークを越えてから尾根伝いに歩いて、右手のMt Slieau Freoaghaneの裏側に回り込んでから山頂を目指すルートです。

登る道の横は牧場です。 全員の注目を浴びています・・・・

小ピークに到着。 Kirk Michaelの村がだいぶ遠くになりました。

これから、この本山の裏側にまわりますので少し下りです。

ようやく裏側にたどり着き、振り返ってみると歩いてきた道が遠くまで見えました。

裏側から山頂への登山道の入り口は非常にわかりにくく標識もありません。 GPSで確認しながら行くと少しだけ色が変わった登山道と思わしき道を発見。

ようやくMt Slieau Freoaghaneの山頂、標高488mに到着しました。

山頂からはここまで登ってきた道が見えます。

ここも昨日同様、強風です。 そんな中でアンテナを設営。

今日も14MHzのSSBからスタート。 まず宿泊先で待機していたMD0HWX Hiroさん、MD0IUX ShinさんとQSO。 その後はCWでCQ。 昨日よりもコンディションは悪い感じ、特にハイバンドはNGでした。

144MHzのFM(イギリスはナローFM)にもQRVしました。

本日の成果

  • 10MHz CW : 3局
  • 14MHz CW : 10局
  • 14MHz SSB : 3局
  • 144MHz FM : 8局

合計 24QSOです。 全部EU局とのQSOとなりました。

下山ですが、Kirk Michaelに下山しても、交通機関がないため、来たルートとは違い、宿泊先のある北方向に下山しました。

途中風の弱いところで昼飯。 朝作ってきたサンドイッチです。

今日は昨日同様、昨日登ったSnaefell山は霧の中です。

一瞬だけ鉄塔2基が見えました。

延々と続く道をひたすら歩いて下山。 向こうの水平線に近いところに宿泊コテージがあります。

Sulbyまで下山し、そのまま12kmを歩いて帰宅しました。

本日のルートマップと高度です。

本日の全行程28kmとなりました。 今までの最長記録ではないかと思います。

帰宅後、近くのパブで今回の成功を祝し、3名で乾杯です。

明日はMD0ITPとMD0HWX運用はせず、午前中観光、MD0IUXは1日滞在が長いため、QRVの可能性があります。

私は夕方15時のフェリーでLiverpoolに戻り、そこから明後日のイギリス最高峰のMt Snowdon登山のため、Walesに向かいます。

マン島では多くの方に呼んでいただきました。 コンディションも今一つという感じでしたがありがとうございました。

MD0ITPの分のLogはClub Logにアップロード済みです。

 

「IOM DX Pedition Day 3」への1件のフィードバック

  1. 楽しそうですねぇ。どのバンドもワッチしたけど無感でした。やはりそれなりの山羊を飼わないと(買わないと)話にならんのか・・・ ともかく、JAと沢山できてなによりですね。(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*