JH0CJH のすべての投稿

北海道北斗市木地挽山山頂

北海道北斗市木地挽山山頂 (JCC#0136, SOTA#JA8/OM-038)

今日も天気が悪く雨模様。 昨日到着後に、ほぼ函館の観光地は全部制覇したつもりなので、今日は北斗市の「大沼公園」に行ってみました。 大沼公園自体は曇りで雨には降られませんでした。

2時間だけカミサンから時間をもらい、車で山頂付近までアクセスができる「木地挽山」に行って見ました。 しかし、木地挽山は雨と霧、昨日の函館山と同じ状況。

そんな中でも山頂からQRVしてみました。

14MHzのCWだけ短時間運用。

持っていた傘はリグを守らなくてはならず、10分間だけ運用したら雨でびしょ濡れになってしまいました。 しかし、この10分間の運用でも何と9局のQSOが出来ました。 すばらしい効率・・・・ 皆さん待っていてくれたものと思います。 有難うございました。

ところで昨日、残念ながら夜景を見れなかった函館山ですが、今日乗ったタクシーの運転手から貴重な情報を得ました。

函館山は結構、霧が出るところですが、山頂までケーブルカーで行くこと、そのものがどうかというものです。 確かにケーブルカー乗り場まで行って、その後、高い運賃のケーブルカーに乗って、山頂まで行っても夜景が見れるかどうかは大きなリスクです。 途中下車なども出来ません。 タクシーで最初から函館山に行けば、マイカー規制も無く、どの時間帯でも山頂まで登れます。 しかも山頂から、霧で夜景が見えないならば、途中の2合目で夜景が確実に見えるというもの。

更に(私ではありませんよ・・・)タクシーの運転手さんが言っていたのは、最近はケーブルカーで山頂に行くのは、某国や某国の人が大半。 とても、うるさ・・・・ いや、にぎやかで大変だというものです。 確かに昨日はそうでした。 この点、タクシーで行くと、山頂が霧なら途中の2合目で帰ればいいし、仮に山頂まで行っても、ケーブルカーより、はるかに安上がりです。

ということで今日の夕飯の後、ホテルに帰るときに足を延ばしてもらって、2合目まで行ってもらいました。 これだけでも大人一人分の往復ケーブルカー料金よりも安いのです。 そして撮った写真がこれです。

ちょっとガスっていますが、昨晩の真っ白の状態よりもはるかにきれいに見えました。 昨日、この情報を知っていたら、もっときれいな写真を取れたと思います。

そこで、これから函館の夜景を見ようと思っている方へのアドバイスですが、泊まるホテルが函館市内であれば、絶対にタクシーで行くべきですよ。 Good Luck

 

北海道函館市函館山山頂

北海道函館市函館山山頂 (JCC#0104, SOTA#JA8/OM-066)

夏休み後半は北海道の函館に遊びに来ています。 16日朝一で羽田空港から函館空港に向かいました。 1時間ほど出発が遅れましたが、無事到着。 まず「五稜郭」を見学。

函館、元町の「八幡坂」と教会

函館の「赤レンガ倉庫群」

などを一通り見学したあと、函館山に夜景を見に出かけました。 しかしこの赤レンガ倉庫の向こうにあるのが函館山ですが山頂が見えません。 天気がよくありません。 霧の中です。 夕方、霧が晴れそうな感じだったので思い切ってロープウェーで登りましたが、全く夜景は駄目でした。

FT2Dで144MHzで4局何とかQSOできました。

帰りのロープウェーでちょっと見えた夜景です。

今度来る時はもっと天気が良いと良いなぁ。 こればかりは何ともなりませんが。

 

1+1=1

先日、ギボシダイポールの支柱として使用しているケーブルキャッチャーが折れてしまいました。 ケーブルキャッチャーは結構高額なので大ショック。

しかし、以前も同様に軸の部分が割れたものを捨てずにこういう時のために取っておいたのです。

両方とも壊れたケーブルキャッチャー。

ケーブルキャッチャは振出し型の釣り竿のように一番底のキャップを外せば、太さがいろいろのパイプになります。

これを組み合わせて、傷がついているものや、折れたり、割れたりした部分を良いほうを使うことで完全な一本ができるというわけです。

これで完全な一本が完成。

ケーブルキャッチャーに使われているファイバー素材は裂けやすいので使ったら時々全部壊して水洗いするほうがいいようです。

それから壊れてもすぐに捨てずに将来のスペアに確保しておいたほうがいいですよ。

 

ハムのラジオ関ハムにてSOTA紹介

先日、大阪池田市で開催された関ハム2017で「ハムのラジオ」にインタビューを受けた様子が、水戸のFM局、FMぱるるんで放送されました。

今回はYouTubeにも動画を上げていただきました。

いつもSOTAを番組の中で紹介いただきありがとうございます。

下は同じ内容で、音声のみです。

 

サイパン観光と戦争の爪痕

昨日KH0から帰国しました。

フライトは16時出発で、すでに仕事は前日までに終了しましたので、土曜日は出発までお客様とサイパン島の観光をしてきました。

絵になる風景です。

まず向かったのは、太平洋戦争の時の日本軍の最後の砦であった、バンザイクリフ。 今はただ、海の青さが素晴らしい光景です。

多くの慰霊碑が立っていました。

すぐ近くに、日本軍の指令室跡がありました。

向こうに見える切り立った崖が、スーサイドクリフ。 悲しい過去が見えます。

こんな戦車も残っています。

こんな小さな戦車で戦っていた人々が、どのような気持ちであったのか、本当に戦争に勝てると思っていたのか、今は想像もできません。

サイパンで一番高い山、タポチョ山の上にも行ってみました。 ここも日本軍が死守した場所のようです。 確かにここからは360度のパノラマが広がっており、サイパン島の形までわかる場所です。 日本軍にとっては一番の要所だったものと思います。

ちょうど時期も終戦記念日に近く、実際に、この島で凄惨な戦いが起きたことを深く考え、二度とこのような歴史を繰り返すべきではないと思いました。

こんなきれいなハイビスカスが戦時中も咲いていたのでしょう。 この花を見て当時の人々は何を思ったのか・・・・

日本人だけに限らず、米国人他、戦争犠牲者のご冥福をお祈りします。

 

KH0出張

今日から会社は夏休みなのですが、出張で北マリアナ諸島のサイパンに来ています。 サイパンは、初めての訪問なので、79番目の訪問国となりました。

日本から約3時間で、こんなすばらしい南太平洋の楽園に到着しました。 最近は日本人よりも中国や韓国からの旅行者が多いようです。

夏休みのシーズンでも有り、飛行機は家族連れや若いカップルの方たちばかりです。

今回の出張は夏休み期間中でもあり、夜は時間があるので、到着後、早速QRVをしていますが、コンディションが悪いです。 新潟のクラブメンバーのJA0JWQ局から、こちらの信号の受信の様子を録音していただきました。 有難うございます。

これを聞くと、QSBが深く、しかも短い周期で掛かっていて正しく聞き取りにくいですね。 KH0が聞き取りにくいです。 こちらでも全く同じ感じで非常に短い周期のQSBが掛かっているので長点と短点の区別も出来ないほどです。 以前5Z4から出た時も同じですが、こういうときはミスコピーが多いんですよね。 何度か聞き返すと思いますがよろしくお願いします。

 

東京都奥多摩郡川苔山山頂

東京都奥多摩郡川苔山山頂(JCC#10002F, SOTA#JA/TK-033)

今日は東京都奥多摩郡奥多摩町にある「川苔山(川乗山)」 SOTA JA/TK-033に出かけてみました。

今日は歩く距離も長いので、朝4時に起床。 4時半に家を出て、中央線を乗り継いでJR「奥多摩駅」に着いたのは7時18分。 「奥多摩駅」からバスで「川乗橋」まで20分。 「川乗橋」バス停からはすぐに林道が始まります。

林道を上り続けると、最近起きたばかりのがけ崩れがあったようです。 道が岩で塞がれていました。 先週の地震でしょうか?

乗り越えて小一時間歩くと、川苔山の登山道が始まりました。

ここから山道の始まりです。

「川苔山」はずっとこのような渓流を遡る形で登ります。

とてもきれいな水が流れています。

途中、湧き水のようなところがあり、飲んでみましたが、冷たくておいしい水でした。

しばらく登ると「百尋の滝」に到着。

滝壺に落ちる風が冷たくて気持ちいいです。 この時点で登り始めて1時間40分経過。 まだまだ先は長い。

つらい登りが続きました。 広い山道に出ると、もう山頂は目の前です。

3時間半で、ようやく「川苔山」山頂、標高1364mに到着。 だいぶ疲れました。

山頂からの眺めは、今日は湿気も多くほとんど見えませんでした。

山頂はまだほとんど人がいませんでしたが、この後どんどん人が増え大賑わいになりました。 「川苔山」は人気のある山のようです。

早速、アンテナを設営し14MHzから運用を開始。  少し霧が出てきました。

まだ12時前でしたので、今日はFDコンテストでバンド中も大賑わいです。 そのうちFDコンテストも終了し、コンテスト上がりの人にだいぶ呼んでいただきました。

本日の結果

  • 14MHz CW : 18 QSO うち1局はニュージーランド
  • 18MHz CW : 6 QSO
  • 21MHz CW : 2 QSO うち1局はオーストラリア

合計、26QSOとなりました。

13時を過ぎたころに雨が当たり始めたのでCLで下山しました。 下山は霧の中です。

途中少し雨に降られましたが、そのうち雨も上がりました。

下山はJRの「古里駅(コリ)」に向かいましたが、距離も長く結構疲れました。 JR古里駅に到着したときは、へとへとに疲れてしましました。 湿度も高く、タオルも何度か絞りましたが、そのたびに汗がジャーと出てくる感じ。 タオルは2枚持って行ってよかったです。

川苔山は歩く距離も長く大変ですが、川乗橋からの登山道は多くの滝や渓流のある変化のある楽しいコースです。

本日のルートです。

そして高度

16kmの山行となりました。

今日も多くの方に呼んでいただきました。 ありがとうございました。

 

W6 L.A. 出張

火曜日の夜、サンフランシスコからロサンゼルスに移動。

昨日、仕事の後近くの海岸に行ってみました。

空気も乾燥しているので、暑くも無く気持ち良い風が吹いていました。

夜、飲んだワインの名前が・・・・・

「The Widowmaker」、・・・「未亡人つくります」

え、・・・・ うまくて飲みすぎて旦那さんを殺します。 そんな名前のワインです。

確かにおいしいワインですが、すごい名前です。