「山岳移動」カテゴリーアーカイブ

山梨県大月市本社ヶ丸山頂

山梨県大月市本社ヶ丸(JCC#1706, SOTA#JA/YN-043)

最近は、低山移動が多かったので、久しぶりに1600m超の山に挑戦して来ました。

場所は山梨県大月市の「本社ヶ丸(ホンジャガマル)」1630m。 SOTAではJA/YN-043で登録されている山です。

早朝に家を出発し、東京駅から中央線を乗り継いでJR笹子駅に向かいました。 5時に家を出ましたが夏至を過ぎたばかりでもあり、すっかり明るくなっています。

JR笹子駅には8時前に到着。

梅雨の中休みで、いい天気です。

駅前の国道20号線を西に向かって歩きました。 駅前におにぎりでも買う、コンビニでもあると思っていましたが全くなし。 「追分」から林道に入りますが、この間の国道20号線でもコンビニを探したのですが・・・・無い。 仕方ないので、自動販売機で飲みもののお茶とリンゴジュースを買って登ることにしました。 普段は山頂で昼飯を食べない時もあるのですが、やっぱり不安でした。 本日の教訓 「食料はあるときに確保すべし。」

追分から林道に入り延々と歩きました。 1時間ほど歩くと大きな変電所がありました。 この地下にリニア実験線があり、そのための変電所と思いますが、山の中にいきなり大きな変電所があり、ちょっと違和感。

変電所を過ぎたあたりから、舗装路が終わり、山道になります。

最初は日の当たる、雑草だらけの登山道を延々と登りますが、2つ目の鹿除けゲートを抜けるあたりから、木立の中の登山道になりました。

ところで、この鹿除けですが、2つとも、とても入りにくいゲートです。 鹿を入れないためには必要でしょうが、人間でもやっと通れる感じです。 大きな人は通れないのではないかと思います。

その後は急坂を延々と、また登り続けます。

単調な登りなので結構疲れます。

笹子駅を出てから3時間ほど歩き続けて、ようやく標高1600m近辺の「清八峠」に出ました。

ここからは、尾根伝いに「本社ヶ丸」に向かいますが、この標識を見ると「本社ヶ丸」まで40分と書かれています。 そんなにかかるはずはないと思ったのですが・・・・甘かったです。

ここからの尾根伝いの道は、結構タフな岩場が待ち受けていました。 アップダウンはそれほどでもないのですが、岩場が2か所ほど結構大変なところがありました。

まずは1箇所目

ここを登ると、結構景色の良い開けた場所に出ます。

残念ながら富士山は雲の中で見えませんでした。

さらに尾根伝いで登ると、最後の岩場。

こんな所どうやって・・・泣きそうになりましたが、何とか登ることができました。

笹子駅を出てから3時間42分で、ようやく、「本社ヶ丸」山頂、標高1630mに到着。

この標識は1631mになっていますが、他の標識は1630mでした。

山頂は狭い! 何とかHFのアンテナを張らせてもらい運用を開始。

でも14MHzは張れませんでした。 ギボシダイポールアンテナを18MHzから使用しました。

今日は、最初SOTA Watchにスポットしないで、スタートしてみたのですが、すぐにZL1BYZ、ニュージーランドからコールがありました。 よく聞いていますね。

その後、RBNHOLEでスポットされ、結構呼んでいただきました。 本日の結果です。

  • 18MHz CW : 13 QSO (うち1局がニュージーランド)
  • 21MHz CW : 13 QSO

合計26QSOとなりました。

途中で、カミキリムシが遊びに来ました。

最初、「ゴマダラカミキリ」かと思ったのですが、背中の模様が違います。 家に帰って調べたら、「シラフヒゲナガカミキリ」だそうです。

今日はお昼御飯もないし、長距離の登山なので、これだけとしてCL。 下山をしました。

登った方向とは反対に北東方向に下りました。 この下山の道も、結構急坂です。

本日のコース

そして高度です

14kmのロングトレッキングとなりました。 「本社ヶ丸」、結構ハードな山でした。

 

神奈川県横須賀市大楠山山頂

神奈川県横須賀市大楠山(JCC#1102, SOTA#JA/KN-033)

昨日は電源ケーブルを忘れ、充電も十分でないFT-817NDの内蔵電池で運用し、途中で断念しました。 このため今日はリベンジで横須賀の「大楠山」標高241mに登ることにしました。

JR横須賀線の逗子駅で下車。 バスで「前田橋」まで行きました。

この信号を左に曲がってすぐに川を渡る橋がありますが、その橋のたもとからすぐ下の川に下りられるようになっています。 ここから登山道がスタート。

木道や飛び石があって、ずっと上流まで登っていけます。

危険な箇所は全くありません。 ずっとこのような階段の山道です。

しばらく登ると急に開けて、山頂かなと思う場所がありますが、気象庁の雨量観測所です。 近くにアジサイが咲いていました。 本格的な色づきは来週くらいでしょう。

さらに登ると、大楠山の山頂、標高241mに到着。

大きな、鉄塔の展望台がありました。 ちなみにこの展望台の上からの無線は禁止だそうです。

展望台の上からの眺めは360度のパノラマです。

右のほうに江の島が見えます。 左は先ほどの雨量観測所。

こちらは横浜方面。 向こうに房総半島がはっきりと見えました。

一角に陣取ってアンテナを設営。

ハイバンドのコンディションも良く、昨日の鬱憤が吹き飛ぶほど呼んでもらえました。

本日の成果

  • 14MHz CW : 12 QSO (うち1局はニュージーランド)
  • 18MHz CW : 6 QSO
  • 21MHz CW : 3 QSO
  • 24MHz CW : 2 QSO
  • 28MHz CW : 3 QSO
  • 50MHz SSB : 6 QSO

合計 32 QSO

下山は反対側に下りて「衣笠城址」、「衣笠公園」を歩いてJR「衣笠駅」に行くつもりだったのですが、予定していた道が通行止め。 それ以前に迂回路の表示があったのですがよく見ていなかったのでした。 戻るのも面倒なので、そのまま「南葉山霊園」の方まで歩き、国道134号線まで戻ってバスに乗って帰りました。 だいぶ大回りになりました。

本日のルート

こちらは高度記録です。 8kmほどの山行でした。

コンディションも天気も良く楽しい一日で、昨日の不完全燃焼を吹き飛ばすことができました。

 

山梨県南都留郡富士河口湖町足和田山山頂

山梨県南都留郡富士河口湖町足和田山(JCG#17008J, SOTA#JA/YN-053)

今日は会社の休日。 五月の連休のうち一日が土日に重なった分の代休です。 たまたま、昨日木曜午後に山梨に外出の予定があり、そのまま、河口湖駅前の安宿を予約し、翌日の本日、山に登ることにしました。

昨日宿に到着後、さっそく登山の準備をしていると、なんとFT-817NDの電源ケーブルがない! 先週の電源をNi-MH電池を使ったため、電源ケーブルを家に置いてきてしまったのです。

仕方ない、今日は山登りだけにしようかと思いましたが、どうしてもあきらめられず、FT-817NDの内蔵電池がどれだけ持つかわかりませんが、持って登ることとしました。 登るのは「足和田山」、標高1355mです。

平日ですが、河口湖駅前は、海外からの観光客でいっぱいです。

河口湖駅からバスで「紅葉台入り口」まで行って、紅葉台に向かって登山開始。

登山道の路肩にはシャガの花がきれいに咲いていました。

しばらく登ると「三湖台」という眺めの良いところに到着。

富士山は今日は残念ながら雲の中でしたが、景色の良いところです。 左のほうに富士山があるのですが、富士の樹海が河口湖までずっと伸びてきています。

気持ち良い新緑の中を登りました。

さらに登って、「足和田山」の山頂に到着。

山頂には木造の展望台がありました。 椅子やテーブルも結構あります。

そのうちの一つに陣取り、アンテナを設営。

18MHzのコンディションがとても良かったです。 ただ残念なのは電源。 内蔵電池も9V程度なので出力を0.1W、QRPPに絞って、送信内容も極力短くしてQSO。 何とか3QSOまで行きましたが、4局目ができない。 電圧も8V程度まで下がり限界です。 ついに送信時に電源がオフになってしまい、これにて終了。

残念、SOTA規定の4QSOはなりませんでした。

本日の結果

18MHz SSB : 3QSO

残念ですが仕方ありません。 撤収して勝山方向に下山しました。

本日のルート

足和田山ルートの縦走です。

高度記録です。

10kmの山行となりました。

 

神奈川県秦野市権現山

神奈川県秦野市権現山(JCC#1112)

昨年同様、今年も秦野の権現山にオヤジ遠足に出かけてきました。

昨年の様子

今年も目的はM博士と「オオミドリシジミ」という蝶を探す遠足です。 昨年はメスしか見つけることができませんでした。 今年はオスが見つかるでしょうか?

今年も私は先に山に登って無線をしながらみんなを待つことにしました。

小田急線秦野駅から歩いて、権現山、弘法山の登り口から約20分で権現山、標高244mに到着。

今日は素晴らしい日本晴れで富士山もよく見えました。

山頂到着後、すぐにアンテナの設営。 今日は50MHzだけの運用でした。

  • 50MHz CW : 1 QSO
  • 50MHz SSB : 13 QSO

合計14QSO

8時半にM博士とともに皆さん集合。 今回は私を含めオヤジ5人に加え、YLさん2名も参加。

なんと、後から登ってきたみなさんは、途中にすでに本日の目的である「オオミドリシジミ」を見つけたとのこと。 すぐに無線は撤収して「オオミドリシジミ」をみんなで探しました。

するとすぐに権現山の山頂で「オオミドリシジミ」のしかもオスが出てきてくれました。

下山後は、温泉に入って汗を流し、今年も東海大学前駅の中華レストラン「粋」で乾杯。

昼間から飲むビールはおいしいです。

本日のルート。

そして高度記録です。

今日はとてもいい天気で、湿気もなく気持ちの良い一日でした。 目的の「オオミドリシジミ」のオスも見ることができ楽しい一日でした。

 

「ハムのラジオ」でSOTAの紹介パート2

2017年5月28日21時から、茨城県水戸市のFM局、FMぱるるん76.2MHzで先月来日した、スイスのHB9JOE/JJ1CKD Andyさん、HB9FPM/JJ1CKE Evaさん、ご夫妻のインタビューが放送されました。

放送ではステレオチャンネルの片側で日本語訳が流されていましたが、モノラルでは聞きにくいところがあり、英語版だけのものもハムのラジオのサイトでアップロードされています。

下の写真は、インタビュー時の様子です。

おそらくビデオ撮影もしていましたので、YouTubeにアップロードされるのではないかと思います。

 

「ハムのラジオ」でSOTAの紹介

2017年5月21日21時から、茨城県水戸市のFM局、FMぱるるん76.2MHzにて放送された「ハムのラジオ」にてSOTAの紹介を行いました。

来週もハムのラジオでは、4月に日本に来日し、SOTA運用を行ったスイスのHB9JOE/JJ1CKD Andyさん、HB9FPM/JJ1CKE Evaさん、ご夫妻のインタビューが放送される予定です。

リンク: ハムのラジオ

 

W5から帰国

金曜の夜、W2からW5のヒューストンに移動。

その後W5での仕事を終え、本日夕方帰国しました。

帰国して、21時から「ハムのラジオ」をサイマル放送で聞いていました。 もう少ししたら、日付が変わるころハムのラジオのサイトから聞くことができると思います。

「ハムのラジオ」

さて、週末無しで明日から仕事です。

 

静岡県伊東市小室山山頂

静岡県伊東市小室山山頂(JCC#1808、SOTA#JA/SO-153)

今年のゴールデンウィーク初日は、まずゴルフからスタート。 翌日、30日から伊豆に遊びに行ってきました。 今回は無線が主体ではなく、家族サービスではあるものの、カミさんから「小室山つつじ祭り」に行ってみたいという、ありがたいお言葉をいただき、小室山に行ってきました・・・・ 小室山はSOTAの登録サミットでもあります。

日曜ということもあるのかわかりませんが、道路は全くの渋滞無し。 家を出てから熱海、網代まで1時間で着いてしまいました。 あさ6時半に出たので、このまま真っすぐ小室山に向かっても早すぎるので途中で朝飯を食べて向かいました。

小室山は2月に行った大室山の近くで伊東市にあります。 ここの「つつじ祭り」初めて行ったのですが、素晴らしい光景でした。

ちょうどつつじも見ごろです。

小室山の頂上には歩いても登れますが、今日はリフトで登りました。

山頂には見晴らし台があります。

遠く富士山も見えました。

30分ほど時間をもらって、FT2Dで430MHz FMで10局ほどQSO。

今日も、超お手軽SOTA Activationとなりました。

 

静岡県熱海市玄岳山頂

静岡県熱海市玄岳山頂(JCC#1805、SOTA#JA/SO-061)

今週末は北米と日本でSOTAの山頂間通信(S2S QSO)をやろうということで、北米局から1か月ほど前にお誘いがあり、2つ返事で決めたNA-JA S2S Partyが開催されました。

先週から膝の調子があまりよくないのですが、言い出しっぺでもあり、やはり参加しないわけにはいかないので、今週末も超お手軽山岳移動をしてきました。

最初は先週日曜に行った西伊豆の達磨山からのQRVも考えましたが、同じ場所ではあまり面白くないので、東伊豆の熱海市にある「玄岳」標高799mに登ることとしました。 この玄岳も先週の達磨山と同様に車で相当な高さまで登ることができるので楽ちんです。 駐車場からすぐに登れる手軽さです。

ただ、北米とのコンディションを考えると、北米方向が開けるのは夜間から早朝なので、今日は朝3時に起きて3時半に家を出発、車で玄岳に向かいました。 箱根を抜けて伊豆スカイラインの玄岳の登山道近くの駐車場に4時半に到着。 まだ真っ暗で、日の出時間の前ですが、少しずつ明るくなってきています。 駐車場は、すごく展望の良い場所で沼津の街の灯が見えました。

こんな時間に、この山に登る人は誰もいないだろうと思いましたが、私の少し前に若い3人組が先行して登っていくのが見えました。

20分ほどで「玄岳」の山頂に到着。 風が強く寒いです。

先行していた3人は日の出を見に来たらしいのですが、遠く東の方向には雲が出ていて残念ながら日の出は見えませんでした。

早速アンテナを設営し、14MHzからスタートしましたが、全くだめ。 コンディションが悪いようです。 18MHzと21MHzでも運用しましたが、コンディションが、どのバンドもダメダメでした。

一瞬、北米で山岳移動している局も聞こえましたが、呼んでも全くだめ。 コールバックがありません。 こちらは5WのQRPですので仕方ないです。

本日の成果

  • 14MHz CW : 9 QSO
  • 18MHz CW : 3 QSO
  • 21MHz CW : 5 QSO (うち1局はオーストラリア)
  • 21MHz SSB : 1 QSO
  • 50MHz SSB : 5 QSO

合計、23QSOとなりました。 この中で山岳移動局とのS2S QSOは10QSOでした。

10時前にCLとして下山しました。

コンディションは、いまひとつで結果も残念でしたが、本日のNA-JA S2S Partyで山岳移動をされた皆さまお疲れ様でした。

本日のルートです。

こちらは高度です。 100mほどの登りです。

 

Mt. Darumayama SOTA JA/SO-051

On Sunday, it was beautiful day!

We head to Izu city to hike up to Mt. Darumayama SOTA JA/SO-051.  This summit is easy one to get there, because the summits is very close to Izu skyline road.  From parking space aside of the road to summit of Mt. Darumayama, it is just 15 min.  Today JQ2GYU Yutaka, famous DX expeditioner, also joined SOTA activation.

After 15 min walk we got reached Mt. Darumayama 982m.

From summits Heda village shows beautiful shape.

Started activation from the summit.

Leo made a very good job for Eva and Andy operation support.  Well done Leo! Jun san your future is guaranteed!

Andy also made QSO from summit and he used Abu san’s presented antenna on this day and made a QSO with North America.

I also activated on 144MHz FM mode and made 5 QSOs from there.

All have made more than 4 QSO and activation has been finished successfully.

Really enjoyed these days of activation.  Eva and Andy stated very sincere appreciation to all chasers and friends during drink party and hiking, thanks for all.

Well, Eva, Andy please continue the remainder of your wonderful JA tour and enjoy a lot mates.  See you someday at somewhere, hopefully in HB9.

Ciao ciao mates.