「マレーシア」タグアーカイブ

9M6出張

明日コタキナバルでの仕事があり、昨晩羽田を出て、今朝9M6に到着しました。

9M2は何度か出張し、運用もしたことがありますが、9M6は初めての訪問です。 75番目の訪問エンティティとなりました。

kk

半島側とはまた違った景色です。

残念ながら明後日の帰国ですので、今回QRVはありません。

 

9M2JKL運用

今日はクアラルンプール市内にある「日本人クラブ」の9M2JKLでアマチュア無線の運用をさせていただきました。 「日本人クラブ」は、以前来た時よりもセキュリティが格段に厳しくなっていました。 そのほうが安心ではありますが。

9M2JKLは今から7,8年前に出張時に運用させていただいたことがあります。 「日本人クラブ」にはレストランもあるので、その後も何度か食事だけに行ったこともあります。 無線の運用については、「日本人クラブ」という場所での運用時間に制限もあるので、その後は自分でMCMCに直接コンタクトしてライセンスを受領してホテルから運用しました。 合計4回の9M2/JH0CJHのコールサインでのQSOは914局です。 今回の出張ではライセンスはもらわず、QRVの予定もありませんでしたが、なんとなく日本人クラブに行ってみたくなり、本日朝、いきなりですが、現在の9M2JKLの部長を務めるJA7LMU木村さんに電話してアポ取り、13時半に待ち合わせをしました。

9M2JKLのアンテナが少しアップグレードされていました。

antenna

1時間ほどCWで運用させてもらいました。

コンディションはあまりよくなかったようですが、6局との交信が出来ました。 木村さんによれば先週よりはコンディションも良かったようです。

  • 21MHz CW: JN4MMO, JG2NLN, JN1RQV, BH7JUO, JA6JCL
  • 14MHz CW: JM1SZY

他にも18MHz、28MHzにも出ましたがQSOできず。

IMG_0440

1時間だけの運用でしたが、本当に楽しかったです。

休日であるにも関わらず来ていただいた木村さんはじめ、コールいただいた各局ありがとうございました。

明日はDUに移動します。 残念ですがQRVの予定はありません。

 

LoTW tq6ファイル

今日の朝、LoTWのtq6ファイルがARRLから届いていました。 全部で16個・・・・

tq6

LoTWはJH0CJHでも、JA1CTVでも登録済みですが、海外での運用コールサインでの登録ができていませんでした。 KH6/JH0CJHやSM0/JH0CJHはJH0CJHのコールサインを参照することで、ARRLからすぐにtq6ファイルを送ってもらえたのですが、その後の他の国でのコールサインについては、全く受け付けてもらうことはできませんでした。 このため、そのままLoTWに海外運用のログをアップロードせずにそのままになっていましたが、いい加減、だいぶ溜まってきており、特にこの5月の5Z4/JH0CJHの運用に関して、「LoTW登録はまだか?」と言う問い合わせが、世界中から届き、ようやく重い腰を上げて、すべてのライセンスについてライセンスのコピーを取って、ARRLに先週郵送してありました。 その結果がこのtq6ファイルの16個です。

  • TA1/JH0CJH
  • A6/JH0CJH
  • 5Z4/JH0CJH
  • 9M2/JH0CJH
  • VR2/JH0CJH
  • 9V1/JH0CJH
  • OH/JH0CJH
  • LA/JH0CJH
  • DL/JH0CJH
  • PA/JH0CJH
  • ZS1/JH0CJH
  • ZS6/JH0CJH
  • W4/JH0CJH
  • W5/JH0CJH
  • 5H3TK
  • SO5CJH

これから少しずつLoTWにアップロードしていきます。 遅くなって申し訳ありませんでした。

At long last, I got received LoTW tq6 files of the above 16 licenses.  Sorry kept you waiting for long time.  I will up load my log on LoTW server one by one.  I need approx. two weeks to clear all these pending backlog.

 

QSL製作中

先日の5Hでの運用、および、9M2, TA1での運用での追加増刷QSLの校正が上がってきました。

完成次第SASE受領分から送付を開始します。

Sorry kept you waiting for those listed QSL, these QSL will be printed available within this week.  I will send them off from the portion SASE requested.

5H3TK

5h3tk_qsl

 

9M2/JH0CJH

9m2_jh0cjh

 

TA1/JH0CJH

ta1_jh0cjh

 

 

SSN=179

先週から上がり始めた太陽黒点数もついに今日は179となり、だいぶコンディションが良かったようです。 おかげで14MHzにて約1.5Hの間JA各局から呼ばれ続けることができました。 特にその立役者となっていただいたのは、国内専用のクラスターであるJ-クラスターに海外局である9M2/JH0CJHがUpされたおかげです。

J-cluster

本来のJ-クラスタの使い方ではないといわれる方もおられるかもしれませんが、普段国内QSO専門で局を追いかけておられる方にも、たまにはDXをCallする楽しみを再確認していただく上でも良かったのではないかと思っています。 Upしていただいた方は、普段DX Scapeにも積極的に情報をUpしていただいている方です。 今回、この粋な計らいで、私は思う存分SSN=179を9M2の地からQRP=5W運用で楽しめたことに本当に感謝しております。 ありがとうございました。

また、たくさんの方にCallいただき、本当にありがとうございました。

 

9M2出張

本日AMに9V1を出て9M2のKLに到着。

ハイバンドから50MHzのコンディションが良いようで早速、アンテナを伸ばして聞いてみると28MHzではVUや東欧が聞こえています。 50MHzではとりあえず何も聞こえませんが、50.109MHzあたりの恐れ多いところでCQ連呼。 聞こえるのはノイズのみです。

ロケは最高で高台であるに加えて、29階からなので普通の40階建てくらいの高さはあります。 更に東向きなので。

今回は簡易セットで5Wなので、こちらが聞こえたら絶対取れると思います。 やはりIC7000でないとだめかな・・・・

FT817NDat9M2

 

9M2/JH0CJH運用結果 2013年8月

今回の9M2 での運用結果をまとめてみました。

大陸別QSO

大陸別QSOの分布です。 7割弱がEU、ついで3割弱がAS。 南米は残念ながらゼロとなりました。

9M2_QSO_Continent

Continent QSO %
AF 2 0.5%
AS 121 27.9%
EU 290 67.0%
NA 14 3.2%
SA 0 0.0%
OC 6 1.4%

 

エンティティ別QSO

エンティティ別のQSOの分布です。 1位はJAとなりました。 続いてEuropean Russia、Ukraineと続きます。 大御所は、やはり変わりません。

9M2_QSO_Entity

Entity QSO %
Japan 94 21.7%
European Russia 79 18.2%
Ukraine 48 11.1%
Italy 18 4.2%
Fed. Rep. of Germany 17 3.9%
Poland 15 3.5%
United States of America 13 3.0%
Asiatic Russia 12 2.8%
Spain 11 2.5%
Belgium 10 2.3%
Czech Rep. 10 2.3%
France 9 2.1%
England 6 1.4%
Finland 6 1.4%
Hungary 6 1.4%
Romania 6 1.4%
Serbia 5 1.2%
Australia 4 0.9%
Bulgaria 4 0.9%
Croatia 4 0.9%
India 4 0.9%
Slovak Rep. 4 0.9%
Denmark 3 0.7%
Kazakhstan 3 0.7%
Macedonia 3 0.7%
Netherlands 3 0.7%
Norway 3 0.7%
Philippines 3 0.7%
Slovenia 3 0.7%
Austria 2 0.5%
Belarus 2 0.5%
Greece 2 0.5%
Ireland 2 0.5%
Sweden 2 0.5%
Azerbaijan 1 0.2%
Balearic Is. 1 0.2%
Bosnia-Herzegovina 1 0.2%
Canary Is. 1 0.2%
Guadeloupe 1 0.2%
Israel 1 0.2%
Latvia 1 0.2%
Moldova 1 0.2%
New Caledonia 1 0.2%
New Zealand 1 0.2%
Portugal 1 0.2%
Sardinia 1 0.2%
South Africa 1 0.2%
Switzerland 1 0.2%
Taiwan 1 0.2%
Thailand 1 0.2%
Vietnam 1 0.2%

 

周波数別QSO

周波数別の分布です。 今回は時期的なものがあり、Low Bandは、ほとんど聞こえませんでした。 14MHzと18MHzがメインとなりました。 24MHz以上も出てみましたが、空振りでした。

9M2_QSO_Freq

Freq QSO %
14MHz 239 55.2%
18MHz 187 43.2%
21MHz 7 1.6%

 

重複QSO

同一周波数、同一モードでの重複QSOです。 今回も残念ながら3つ。 全QSO数に比べれば1%以下ですので、少ないとは思います。 コンディションの急変もありこれくらいは避けられないと思います。

9M2_QSO_Dupe

 

DXScapeでの情報

運用情報をUpいただいた各位には深謝申し上げます。 中には何度呼んでも採ってもらえないというクレームもありますが、申し訳ありませんでした。

dxscape

 

9M2/JH0CJH 2013年8月運用終了

月曜からの夏休みを利用して、9M2に来ていましたが、本日の夜行便にて帰国します。

kl-c2

今回はDXバケーションで時間もあり、たくさんの方に呼んでいただきました。 結果の整理は帰国後にやってみようと思います。 

今回のライセンス取得にご協力いただいた各位、MCMC各位、そしてCallいただいた方々に深謝申し上げます。 ありがとうございました。

9M2/JH0CJH operation in August 2013 is now over.  Thank you for all friends to help me and this operation, especially to getting license, I got a big support from many friends and MCMC officers.  Also thanks to all station called me during my staying in KL.

Thanks again and happy summer holiday seasons!

 

マレーシアでの海外運用(補足)

マレーシアでのライセンス発給において、補足事項がありますので、追記しておきます。

KL-c

今回の運用に係わる、9M2でのライセンスは、無事友人たちの協力で更新を完了し、3回目の発給をいただきました。 ただ今回は、ライセンス発給の審査が非常に厳しかったです。 一度や二度のライセンス取得であれば、少々の書類不備も、ある程度おおめに見てもらえていたのかもしれませんが、今回はMCMCの担当者が同じ人であるにも関わらず、完全な書類一式を提出するように要求されました。

下記は不備の指摘を受けた資料です。 ライセンス発行のために、必要書類として上げられていましたが、今まで準備せずともライセンスの取得ができたため、今回も提出していなかったものです。 いままでMCMC側で寛大に対処していただいたものと思います。 しかし3回目の今回は提出せよと。 今回は厳格に提出を要求されました。

必要な申請書類は前回の記事を参照ください。 今回指摘を受けた資料が下記のものです。

1. Certification of Commissioner of Oath

これはアマチュア無線設備を通して得た、通信内容の秘匿にかかわる宣誓書です。 日本の無線法規にも「法律に別段の定めがある場合を除くほか、この無線局の無線設備を使用し、特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。」という、局免にも記述されている有名な一文がありますが、これの宣誓をしなくてはいけないものです。 いままで私は自分一人で宣言をして、その資料を作成していましたが、それではだめで、その宣誓を第3者である宣誓監督官に証明をしてもらわなくてはならない、ということのようです。 この宣誓監督官と呼ばれるものがCommissioner of Oath (若しくはCommissioner for Oath)で、この商売、マレーシアには、いたるところにあるようです。 この宣誓証明書のFormatはMCMCの申請用紙のAppendix Bと呼ばれるものです。 単なる宣誓書にサインするというものではなく、宣誓監督官の目前でサインをする必要があることです。 つまり、私がマレーシアに到着するまでこの資料は作れないことになります。 これには困りましたが、何とか頼み込んで、私がマレーシアに到着後に必ず提出することを約束し、ライセンスを先行で発行していただくことになりました。

そして到着後、Commissioner of Oathに出向いて証明書をもらってきました。 これが証明書です。 宣誓証明は5RM(約150円)でした。

CoO

 

2. Application for Amateur Station Assignment 

これはAppendix Aとして申請用紙に添付されているもので、マレーシアのアマチュア無線連盟MARTSに加入している人からの推薦状です。 このAppendix AにはMARTSに加入している方2名の推薦が必要で、2名のサインまで要求されています。 これまた、大きな難関です。 いままではライセンスの申請に際し、この推薦状を提出してきませんでした。 今回新たに、この推薦状が要求された背景を確認し、短期間での準備が難しいことを説明し、これは何とか許してもらえました。 許してもらえたというよりも正確には、MCMC側にてこの資料をアレンジしていただきました。

これにて提出ドキュメントは全部完了し、下記の通り、ライセンスを発給していただきました。

9m2_jh0cjh