「北海道」タグアーカイブ

北海道北斗市木地挽山山頂

北海道北斗市木地挽山山頂 (JCC#0136, SOTA#JA8/OM-038)

今日も天気が悪く雨模様。 昨日到着後に、ほぼ函館の観光地は全部制覇したつもりなので、今日は北斗市の「大沼公園」に行ってみました。 大沼公園自体は曇りで雨には降られませんでした。

2時間だけカミサンから時間をもらい、車で山頂付近までアクセスができる「木地挽山」、標高683mに行って見ました。 しかし、木地挽山は雨と霧、昨日の函館山と同じ状況。

そんな中でも山頂からQRVしてみました。

14MHzのCWだけ短時間運用。

持っていた傘はリグを守らなくてはならず、10分間だけ運用したら雨でびしょ濡れになってしまいました。 しかし、この10分間の運用でも何と9局のQSOが出来ました。 すばらしい効率・・・・ 皆さん待っていてくれたものと思います。 有難うございました。

ところで昨日、残念ながら夜景を見れなかった函館山ですが、今日乗ったタクシーの運転手から貴重な情報を得ました。

函館山は結構、霧が出るところですが、山頂までケーブルカーで行くこと、そのものがどうかというものです。 確かにケーブルカー乗り場まで行って、その後、高い運賃のケーブルカーに乗って、山頂まで行っても夜景が見れるかどうかは大きなリスクです。 途中下車なども出来ません。 タクシーで最初から函館山に行けば、マイカー規制も無く、どの時間帯でも山頂まで登れます。 しかも山頂から、霧で夜景が見えないならば、途中の2合目で夜景が確実に見えるというもの。

更に(私ではありませんよ・・・)タクシーの運転手さんが言っていたのは、最近はケーブルカーで山頂に行くのは、某国や某国の人が大半。 とても、うるさ・・・・ いや、にぎやかで大変だというものです。 確かに昨日はそうでした。 この点、タクシーで行くと、山頂が霧なら途中の2合目で帰ればいいし、仮に山頂まで行っても、ケーブルカーより、はるかに安上がりです。

ということで今日の夕飯の後、ホテルに帰るときに足を延ばしてもらって、2合目まで行ってもらいました。 これだけでも大人一人分の往復ケーブルカー料金よりも安いのです。 そして撮った写真がこれです。

ちょっとガスっていますが、昨晩の真っ白の状態よりもはるかにきれいに見えました。 昨日、この情報を知っていたら、もっときれいな写真を取れたと思います。

そこで、これから函館の夜景を見ようと思っている方へのアドバイスですが、泊まるホテルが函館市内であれば、絶対にタクシーで行くべきですよ。 Good Luck

 

北海道函館市函館山山頂

北海道函館市函館山山頂 (JCC#0104, SOTA#JA8/OM-066)

夏休み後半は北海道の函館に遊びに来ています。 16日朝一で羽田空港から函館空港に向かいました。 1時間ほど出発が遅れましたが、無事到着。 まず「五稜郭」を見学。

函館、元町の「八幡坂」と教会

函館の「赤レンガ倉庫群」

などを一通り見学したあと、「函館山」、標高334mに夜景を見に出かけました。 しかしこの赤レンガ倉庫の向こうにあるのが函館山ですが山頂が見えません。 天気がよくありません。 霧の中です。 夕方、霧が晴れそうな感じだったので思い切ってロープウェーで登りましたが、全く夜景は駄目でした。

FT2Dで144MHzで4局何とかQSOできました。

帰りのロープウェーでちょっと見えた夜景です。

今度来る時はもっと天気が良いと良いなぁ。 こればかりは何ともなりませんが。

 

北海道札幌市南区藻岩山山頂

北海道札幌市南区藻岩山山頂(JCC#010106, SOTA#JA8/IS-028)

先週の土曜日は会社の友達と山歩き、日曜日は朝一の飛行機で羽田から新千歳空港に行って、またまた山歩きとなりました。

目指すは札幌市南区の「藻岩山」、標高531mです。

日曜の札幌は、いい天気で少し風が強いですが、北海道のこの季節は空気も乾燥していて最高です。 とても日本とは思えない爽快さです。

ホテルに荷物を置いて、札幌市電に乗りました。

DSC_0025

愛嬌のある顔をしています。 この札幌市電で「西線4条駅」まで。

「西線4条駅」の近くから、「藻岩山」が良く見えました。

DSC_0009

「藻岩山」には登山道がいくつかあるようですが、一番人気があるという、「慈恵会病院」の近くから登りました。

DSC_0010

新緑がまぶしく、とても爽やかです。

「慈恵会病院」からの登山道では、登るごとに、お地蔵さまが立っています。 全部で33ヶ所。 自分がどのくらいの位置にいるかが、すぐにわかります。

DSC_0023

札幌市電を降りてから約1.5時間で山頂に到着。 山頂にはこんなビルが建っています。 実は藻岩山まではロープウェイとケーブルカーで簡単に登れるようです。 どれくらいの人がロープウェイで登っているのかはわかりませんが、服装だけからだとこの季節は歩いて登っている方のほうが圧倒的に多そうです。

DSC_0022

これは山頂のモニュメント。

DSC_0014

周りには南京錠がいっぱい付けられていました。 よく見る光景ですが、とても夜景がきれいなところで、多くのカップルたちが取り付けて行ったもののようです。

この場所からの眺めは最高。 札幌市内が見渡せます。

DSC_0015

とても多くの登山客や観光客でにぎわっていますので、ちょっと離れた場所にアンテナを設営。

DSC_0019

12時ちょうどからスタート。 14MHz, 18MHz, 21MHz, 24MHz, そして28MHzにQRVしました。

DSC_0020

コンディションも良く、結構呼ばれました。 特に13時半ころから28MHzに移ってからはEスポが出ていたようで、非常に多くの方に呼ばれました。 怒涛のパイル状態でうれしい悲鳴。 SSBにもQRVしました。 今回は6mのアンテナを持ってこなかったのですが6mも大オープンだったようです。

本日の結果

  • 14MHz CW : 5 QSO
  • 18MHz CW : 3 QSO
  • 21MHz CW : 15 QSO うち1局はニュージーランド局
  • 24MHz CW : 3 QSO
  • 28MHz CW : 31 QSO
  • 28MHz SSB : 8 QSO

28MHzの電話ではあまりQRVしていませんでしたが、今回は、それほどまで良く開いていたということです。 6mも出たかったなぁ・・・・

今回も飛行機でリグ、アンテナの設備を持って行ったので、当然リチウムフェライトバッテリーは持ち込めませんので、先週の北九州足立山移動で作った単三型Ni-MH電池を使ってQRVしました。 先週はあっという間に電池が無くなってしまったのですが、どこか接続が悪かったようです。 今回は2.5W運用で、2時間半電池も持ってくれて十分楽しむことができました。

DSC_0021

下山は途中まで同じ道を下りましたが、途中から「旭山記念公園」に下山しました。 アップダウンを繰り返しながらの下山で楽しめました。

DSC_0024

上の写真は、下山の途中から見えた「藻岩山」の様子です。

本日のルート

moiwayama_map

「旭山記念公園」に下山してから、「西線9条旭山公園通駅」まで、ひたすら歩きました。

高度です。

moiwayama_alt

今回は年に何度あるかわからないような好天候の中で、しかも大オープンが楽しめて最高の一日でした。