「山」タグアーカイブ

静岡県伊東市小室山山頂

静岡県伊東市小室山山頂(JCC#1808、SOTA#JA/SO-153)

今年のゴールデンウィーク初日は、まずゴルフからスタート。 翌日、30日から伊豆に遊びに行ってきました。 今回は無線が主体ではなく、家族サービスではあるものの、カミさんから「小室山つつじ祭り」に行ってみたいという、ありがたいお言葉をいただき、小室山に行ってきました・・・・ 小室山はSOTAの登録サミットでもあります。

日曜ということもあるのかわかりませんが、道路は全くの渋滞無し。 家を出てから熱海、網代まで1時間で着いてしまいました。 あさ6時半に出たので、このまま真っすぐ小室山に向かっても早すぎるので途中で朝飯を食べて向かいました。

小室山は2月に行った大室山の近くで伊東市にあります。 ここの「つつじ祭り」初めて行ったのですが、素晴らしい光景でした。

ちょうどつつじも見ごろです。

小室山の頂上には歩いても登れますが、今日はリフトで登りました。

山頂には見晴らし台があります。

遠く富士山も見えました。

30分ほど時間をもらって、FT2Dで430MHz FMで10局ほどQSO。

今日も、超お手軽SOTA Activationとなりました。

 

静岡県熱海市玄岳山頂

静岡県熱海市玄岳山頂(JCC#1805、SOTA#JA/SO-061)

今週末は北米と日本でSOTAの山頂間通信(S2S QSO)をやろうということで、北米局から1か月ほど前にお誘いがあり、2つ返事で決めたNA-JA S2S Partyが開催されました。

先週から膝の調子があまりよくないのですが、言い出しっぺでもあり、やはり参加しないわけにはいかないので、今週末も超お手軽山岳移動をしてきました。

最初は先週日曜に行った西伊豆の達磨山からのQRVも考えましたが、同じ場所ではあまり面白くないので、東伊豆の熱海市にある「玄岳」標高799mに登ることとしました。 この玄岳も先週の達磨山と同様に車で相当な高さまで登ることができるので楽ちんです。 駐車場からすぐに登れる手軽さです。

ただ、北米とのコンディションを考えると、北米方向が開けるのは夜間から早朝なので、今日は朝3時に起きて3時半に家を出発、車で玄岳に向かいました。 箱根を抜けて伊豆スカイラインの玄岳の登山道近くの駐車場に4時半に到着。 まだ真っ暗で、日の出時間の前ですが、少しずつ明るくなってきています。 駐車場は、すごく展望の良い場所で沼津の街の灯が見えました。

こんな時間に、この山に登る人は誰もいないだろうと思いましたが、私の少し前に若い3人組が先行して登っていくのが見えました。

20分ほどで「玄岳」の山頂に到着。 風が強く寒いです。

先行していた3人は日の出を見に来たらしいのですが、遠く東の方向には雲が出ていて残念ながら日の出は見えませんでした。

早速アンテナを設営し、14MHzからスタートしましたが、全くだめ。 コンディションが悪いようです。 18MHzと21MHzでも運用しましたが、コンディションが、どのバンドもダメダメでした。

一瞬、北米で山岳移動している局も聞こえましたが、呼んでも全くだめ。 コールバックがありません。 こちらは5WのQRPですので仕方ないです。

本日の成果

  • 14MHz CW : 9 QSO
  • 18MHz CW : 3 QSO
  • 21MHz CW : 5 QSO (うち1局はオーストラリア)
  • 21MHz SSB : 1 QSO
  • 50MHz SSB : 5 QSO

合計、23QSOとなりました。 この中で山岳移動局とのS2S QSOは10QSOでした。

10時前にCLとして下山しました。

コンディションは、いまひとつで結果も残念でしたが、本日のNA-JA S2S Partyで山岳移動をされた皆さまお疲れ様でした。

本日のルートです。

こちらは高度です。 100mほどの登りです。

 

Mt. Darumayama SOTA JA/SO-051

On Sunday, it was beautiful day!

We head to Izu city to hike up to Mt. Darumayama SOTA JA/SO-051.  This summit is easy one to get there, because the summits is very close to Izu skyline road.  From parking space aside of the road to summit of Mt. Darumayama, it is just 15 min.  Today JQ2GYU Yutaka, famous DX expeditioner, also joined SOTA activation.

After 15 min walk we got reached Mt. Darumayama 982m.

From summits Heda village shows beautiful shape.

Started activation from the summit.

Leo made a very good job for Eva and Andy operation support.  Well done Leo! Jun san your future is guaranteed!

Andy also made QSO from summit and he used Abu san’s presented antenna on this day and made a QSO with North America.

I also activated on 144MHz FM mode and made 5 QSOs from there.

All have made more than 4 QSO and activation has been finished successfully.

Really enjoyed these days of activation.  Eva and Andy stated very sincere appreciation to all chasers and friends during drink party and hiking, thanks for all.

Well, Eva, Andy please continue the remainder of your wonderful JA tour and enjoy a lot mates.  See you someday at somewhere, hopefully in HB9.

Ciao ciao mates.

 

Mt. Ooyama SOTA JA/KN-006

Today we JJ1CKE Eva, JJ1CKD Andy and JH0CJH Toru made an activation on Mt. Ooyama JA/KN-006.

Meet with Eva and Andy at 06:20 AM and head to Isehara station.  From Isehara we took a autobus to “Ooyama Cable station”.  We got arrived around 09:10 at Cable car station. Ooyama Cable car is renewed last year and it was my first ride-on to the new car.

It was really nice brand new car but it is very enjoyable by cable car driver.  He was joking a lot and fluent in English and finally he sang a canzone in the car.  It was really fun and thank you for this entertainment.  It is really valuable to get a ride on this cable car… 🙂

After got reached to the “Shimosha” station, we started the real fight with rocky way up to the summit.

Then after 90min hard job, we got the summit point.

Soon after arrival to summit point, we started set up of antenna and started operation.

It was really chilly and wet on summit despite nice weather in down side. Eva san is really freezing there…..

Andy made several QSO in 14MHz CW and Eva made 14MHz SSB and 430MHz FM QSO and all qualified as activators at JA/KN-006.  Congrat mates!

Then it start snowing on summit then we retracted the antenna and rigs then started going down.

We took the another route than climbing up and got warming through decent work.

After came back to Isehara station we went “Mayu” restaurant that my favorite.  Look the volume of all foods.

It is really good to have beer after hiking and the harder hike the better taste……

I have activated JA/KN-006 in Jan this year then points are not given but did 4 QSO today on 430MHz FM.

Thank you all caller today.

Today’s route map

and Altitude of tracking today.

 

東京都あきる野市臼杵山山頂

東京都あきる野市臼杵山山頂(JCC#1029、SOTA#JA/TK-012)

今日は、先週の名古屋、大阪で食い溜めた(・・・笑)体の脂肪を燃やすため、あきる野市と西多摩郡桧原村の境にある、臼杵山、標高842mに登ってきました。

目覚ましは、朝4時にセットしたのですが、3時半に起床。 5時前に家を出ました。 朝7時にJR「武蔵五日市駅」に到着。 バスで「元郷」に向かいました。

「元郷」バス停は、臼杵山登山口の前にあり、ここからスタートです。

結構な急坂です。

こんな鎖場もあります。

だいぶ、高度が上がりました。

これは700mくらいの高さの場所ですが、実はこの場所のすぐ横に、某FM放送局の中継基地がありました。 いたるところに「写真を撮るな」、「SNSで紹介するな」、「ブログで紹介するな」という注意書きがしつこいほど書いてあります。 そんなわけで、ここには載せられませんが、興味のある人は登ってみてください・・・・ 笑い  注意書きは、なぜか本当にしつこいですよ・・・・ 謎!

さらに登って、臼杵山の手前の「臼杵神社」に到着。 山頂は、ここから少し下って登り返したところにあります。

ようやく、臼杵山山頂、標高842mに到着しました。 「元郷バス停」から2時間半ほどかかりました。

山頂は狭く、ベンチはありませんが、木の切り株に背もたれのような切り残しのある、絶妙なリグ専用机がありました。

背もたれのような切り残しにアンテナポールを縛り、アンテナを設営しました。 まずはHFのダイポールダイポールアンテナを上げました。

山頂は木があるので、見晴しはそれほど良くはありませんが、林越しにここは関東平野が一望できる絶好のロケーションであることがわかります。

10時前から14MHzでスタートしました。 コンディションはそれほど良くは無かったようですが、北米からも呼ばれました。 さらに18MHzと28MHzでクラスターに載せていただいたようで、鬼のように呼ばれました。 特に28MHzのCWでは無変調キャリアが出たように弩パイルでした・・・・・うれしい悲鳴。 28MHzで、こんなところから出る人は少ないのでしょう。 後で50MHzでも話した方から、「なかなかレアである」との言葉もいただきました。

調子に乗って、今日は持っていったアンテナとリグですべての周波数バンドでQRV。 楽しい一日でした。

本日の結果

  • 14MHz CW : 5 QSO (うち北米3局)
  • 18MHz CW : 20 QSO (うちニュージーランド1局)
  • 21MHz CW : 5 QSO
  • 24MHz CW : 3 QSO (うちニュージーランド1局)
  • 28MHz CW : 15 QSO
  • 50MHz SSB : 8 QSO
  • 144MHz SSB :  1 QSO
  • 144MHz FM : 6 QSO
  • 430MHz FM : 21 QSO

合計は、なんと84 QSO となりました。 13時半にCLとしましたが、3時間半で、この数は結構多かったと思います。 今日は良い天気で移動局も多く、おそらく多くの局がワッチしていたものと思います。

山に登っていた人から、「電信でどことつながるのか?」と聞かれ、「アメリカですよ」と普通に答えたのですが、冗談を言われたと思ったのでしょう、笑っていました。 まあ、普通の感覚では信じられないのでしょうが・・・・

これは50MHzのダイポールアンテナです。

これは144MHzと430MHzのホイップアンテナ。 3mほどの高さに上げました。 風もないので安定しています。

下山は、朝バスで通り過ぎた「荷田子バス停」に下山すべく、「荷田子峠」方面に向かいました。

これは下山途中の景色ですが、五日市の街が一望できます。

そして今日は3.11東北大震災から6年が経ちました。 私は登山、下山中はずっとラジオを聴いているので、今日はずっと特別放送を聴いていました。 そして14時46分には下山途中でしたが、この場所で黙とう。 すぐ崖なので木にもたれながら1分間の黙とうを捧げました。

それまでガンガンと遠くで鳴り響いていた、砕石場の作業も止まっていたようです。 とても静かな1分間でした。

1時間半ほどで下山できました。 麓では梅の花がきれいに咲いていました。 ことしも春が来ました。 今日は日差しにも強さを感じました。

今日の路程です。

そして、こちらは高度記録です。

「臼杵山」は関東一円が一望できるように、ロケーションが良いのでとても楽しい運用ができました。

 

静岡県伊東市大室山山頂

静岡県伊東市大室山山頂(JCC#1808, SOTA#JA/SO-082)

今日はカミさんと次男と3人で伊豆まで電車で遊びに行ってきました。 せっかく出かけるなら、やっぱり山の上からちょっとだけ無線で出たいものです。 このためリフトで簡単に登れる伊東市の大室山、標高580mに行くことにしました。

ちょうど大室山は先週山焼きをやったようで真っ黒でした。

大室山は山頂部分に火山だったころの火口跡があります。 これは大室山リフトのサイトからお借りした写真ですが、このようにリフトで頂上に着いたらお鉢めぐりといって、山頂の縁の部分を一周できます。 ちょうどリフトの下りた反対側が一番標高の高い場所になります。

大室山は歩いて登ったり下りたりすることはできません。 リフトだけのアクセスです。 往復500円。

スキー場にあるようなリフトです。

リフトの山頂駅からみた反対側の最高標高点です。

お鉢めぐりは道もコンクリートで歩きやすいです。 1週20分ほどです。

半周して山頂に到着。

430MHzのFMハンディ機で運用。

今日は、無線だけに来たわけではないので、10分ほどで8局できた時点でCLとしました。

山頂から見たリフト駅。 下の広いくぼみはアーチェリーができるようになっています。

ちょっと曇っていましたが、景色もよく楽しめました。

もう、伊豆では早咲きの桜も咲いています。

網代で昼飯を食べて、温泉に入ってから帰宅しました。

 

Geographica導入

山歩きが好きな人はどんな地図を使っているでしょうか?

ガイドブックなどの地図をコピーして紙で持って行くもの以外に、私はいままでアンドロイド携帯端末に「地図ロイド」というアプリを入れていました。 このアプリはアンドロイド携帯端末のGPS機能と合わせ自分のいる位置を即座に示してくれるので重宝していました。

しかし、昨年「ケータイWatch」というサイトに「Geographica」というアプリが最強の登山用GPSアプリとして紹介されており、それ以来、地図ロイドからGeographicaをメインに使っています。

Geographicaのサイト

先日、丹沢の「檜岳」から「雨山」に向かう際に、雪山に残った足跡をたどってしまい危うく道迷いになるところでしたが、左方向に「雨山」が見え、おかしいなと気が付いて、このアプリで自分の位置を確認し、難なく道迷いを避けることができたのもGeographicaのおかげです。

このソフトは機能的には「地図ロイド」とほぼ同じですが、一番の違いは地図の縮尺です。 地図ロイドは25000分の1地図を縮小したり拡大するだけですので縮小にも限度があり、大きく場所を変えるときが不便です。 拡大もどんどん拡大すると地図がガタガタになります。 どこかに設定で変更できる場所があるのかもしれませんがよくわかりません。

地図ロイドの最大縮小の画面です。 これ以上の広範囲表示はできません。

これは最大に拡大した場合。 稜線や文字がガタガタになってしまいます。

これに対してGeographicaでは、操作性が直感的ですぐに使えます。

最大縮小はどこまでも行きます。 世界地図レベルまで行きます。 下記は県レベルまで縮小したものです。

地図ロイドの最小縮小と同じくらいだとこんな感じです。

上部には自分のいる位置と高度があらわされます。 この画面コピーは自宅で撮ったので意味がないので消しています。

地図ロイドの最大拡大まで行くとこんな感じです。 稜線も文字もきれいです。

地図の美しさは全然違います。

さらに拡大してもこんな感じ。

まだまだ拡大もできますが、さすがにこれ以上行くと線がガタガタになりますが、実際にはそこまで地図を拡大する必要性はありません。

またこのGeographicaは地図を一括キャッシュして持って行くことができますので、電波の届かない山でも事前に地図を取得しておけば問題なく見ることができます。

さらに、使ったことはないのですが、あらかじめ山行ルート予定を入れておくと、音声ガイドでルート案内をする機能もあるようです。

 

仙台市青葉区権現森山頂

宮城県仙台市青葉区権現森(JCC#060101、SOTA#JA/MG-065)

今日は、朝7時半にホテルをチェックアウト。 荷物を午後まで預かってもらい、仙台駅から昨日の帰りに使ったJR仙山線で「陸前落合駅」まで行きました。

今日は「権現森」標高314mに登るつもりです。

雪がちらついていますが、空は青空なので日本海側で降った雪が上空で飛ばされてきているものだと思います。 しかし、だいぶ寒いです。

駅を出て「権現森」の登山口に向かう途中の広瀬川です。

日本の原風景。 護岸工事などが全くされていない自然の川の素晴らしい景観です。

ここが「権現森」の登山口です。

熊に注意しろという注意書きがあります。 この季節は冬眠していてほしいのですが、雪がない年でもあり心配です。

雪が降る中を登山開始。 熊が出ないように、時々大声をあげながら歩きました。 朝一の通過はちょっと怖いです。

しばらくすると雪は晴れましたが、積る雪はどんどん増えました。 でもアイゼンは不要です。

どんどん登ると、こんな3兄弟が・・・

さらに進むと・・・・・登山道にどっしりとした「おじゃま石」

なかなかユーモアのある人が名付けているのでしょう。

ようやく、頂上付近に到着。 こんな塩ビパイプで作った山の紹介がありました。 塩ビパイプを覗くと、そのパイプに付けられた名前の山が遠くに見えます。

ここから山頂まではすぐです。

山頂には、あづまやが建っていました。 しかしテーブルも椅子もなく単なる屋根だけです。

さっそくアンテナを設営。

屋根がトタン屋根なのでちょっとSWRが悪化していましたが、14MHzからQRV開始。

本日の成果です。

  • 14MHz CW : 3 QSO (うち2局は北米)
  • 18MHz CW : 1 QSO
  • 21MHz CW : 1 QSO
  • 24MHz CW : 1 QSO
  • 28MHz CW : 1 QSO 以上の18~28MHzまでは全部ニュージーランドのZL1BYZ局です。
  • 144MHz FM : 6 QSO
  • 430MHz FM : 3 QSO

合計 16 QSOとなりました。

11時半にCLとして撤収開始。 北側の登山道で下山しました。

北側は雪の量も多いようです。

「活牛寺」に降り立ち、舗装路を歩いて朝のJR仙山線「陸前落合駅」に向かいました。

途中で、先ほどまで居た「権現森」が見えました。 中央のちょい左に見える山です。

次にあの場所に立つのはいつになるのかなぁ・・・

本日のルートです。

そして、高度です。

今日は8km弱の山行でした。

この2日間は楽しかったです。 呼んでいただいた皆様、ありがとうございました。

 

太白山、萱ヶ﨑山縦走-2

宮城県仙台市太白区萱ヶ崎山(JCC#060104、SOTA#JA/MG-059)

太白山からの北側斜面の下山は、急坂で大変でしたが、何とか無事下山。 後ろを振り返ると、「太白山」が見えました。

林道には少し雪が残っています。

このあと一般道を歩いて、住宅街も歩いて、「萱ヶ崎山」への登山口を探しましたが見つからず、少しウロウロしてしまいましたが、ようやく登り口になりそうな場所を発見。

どんどん登っていくと、また「太白山」が見えました。 きれいな形をしています。

気持ちの良い林の中を歩きます。

熊に注意という注意書きが多く、こちらは、ちょっと心配。

ようやく「萱ヶ崎山」の山頂379mに到着。

山頂近辺にはマイクロ波のレフ板がありました。

日当たりの良い鉄塔の下でアンテナを張ってみました。

さて、アンテナも設営できて、BNCコネクタをリグにつなごうとしたところ・・・・ビリビリ!

高圧線に近いため、電磁誘導が起きているようです。 あの感じからすると100V近くはあったと思います。 すぐに撤収・・・・・・涙

少し離れたところでアンテナを再度設営。

50mほど離れると全く問題ありませんでした。 高圧線の近くは危ないですね。 今日の教訓です。

14MHzから始めましたが、やはりあまり呼ばれません。 こちらもSOTAWATCH2へのスポットができません。 RBNHOLE経由のスポットはできているようでした。

  • 14MHz CW : 4 QSO(うち1局はロシア、1局は台湾、1局はニュージーランド)
  • 430MHz FM : 2 QSO

合計 6 QSO 太白山と合わせ14QSOでした。

15時にはCLとして下山開始。 北方向に下山してJR仙山線の「愛子(あやし)駅」に到着。

本日のルート。 今日もだいぶ歩きました。

高度です。

左の針のような山が「太白山」、そして右が「萱ヶ崎山」です。 15kmほどの道のりでした。

明日も山歩きして帰ります。

 

太白山、萱ヶ﨑山縦走-1

宮城県仙台市太白区太白山(JCC#060104、SOTA#JA/MG-088)

昨日は仙台に出張でした。 このご時世ですので、東京から1時間半で到着できる仙台出張は当然日帰りですが、この機会に自費で2泊して、週末は仙台近郊の山歩きをしてみるつもりです。

今日は朝7時半にホテルを出て、仙台市東西線で西の終点「八木沢動物公園」まで行きました。

八木沢動物公園駅からは、4kmほど道路と住宅街を小1時間ほど歩いて「太白山」の登山口まで到着。

正面が「太白山」、320mです。 綺麗な円錐型の特徴のある形をしています。 この写真ではよくわかりませんが、切り立った細い山です。

ここが登り口。

いきなり急坂です。

山頂近くなるほど急坂も厳しく大変でした。

登り口から40分、駅から1時間半ほどで「太白山」の山頂、320mに到着。 雪は全くありません。

この山頂にある神社は「貴船神社」、海の仕事にご利益のあるようにお祈りしてきました。

山頂にさっそくアンテナを設定。

14MHzからQRVしましたが、ARRL DXのコンテストをやっているようで、あまり呼ばれませんでした。

また、SOTAWATCH2にスポットしようと思ったのですが、どうもSOTAのデータベースがおかしいようです。 宮城県の山を受け付けません。 そんな山やMGというRegionコードはJA支部にないと怒られます??? APRS2SOTAを使ってもダメでした。 Alertは上げられたんですがどうしたんでしょう。 SOTA本部に連絡しておきます。

このためHFはあきらめて144MHzのFMだけでQSOをしました。

結果は

  • 144MHz FM : 8 QSO

でした。

今日は、もう一つ山に行ってみたいので11時40分にCLとして、撤収しました。

「太白山」の北側斜面を下りましたが、これもすごい急坂でした。 次に向かう「萱ヶ崎山」が見えました。 正面の山です。

後半に続く。