「装備」タグアーカイブ

Geographica導入

山歩きが好きな人はどんな地図を使っているでしょうか?

ガイドブックなどの地図をコピーして紙で持って行くもの以外に、私はいままでアンドロイド携帯端末に「地図ロイド」というアプリを入れていました。 このアプリはアンドロイド携帯端末のGPS機能と合わせ自分のいる位置を即座に示してくれるので重宝していました。

しかし、昨年「ケータイWatch」というサイトに「Geographica」というアプリが最強の登山用GPSアプリとして紹介されており、それ以来、地図ロイドからGeographicaをメインに使っています。

Geographicaのサイト

先日、丹沢の「檜岳」から「雨山」に向かう際に、雪山に残った足跡をたどってしまい危うく道迷いになるところでしたが、左方向に「雨山」が見え、おかしいなと気が付いて、このアプリで自分の位置を確認し、難なく道迷いを避けることができたのもGeographicaのおかげです。

このソフトは機能的には「地図ロイド」とほぼ同じですが、一番の違いは地図の縮尺です。 地図ロイドは25000分の1地図を縮小したり拡大するだけですので縮小にも限度があり、大きく場所を変えるときが不便です。 拡大もどんどん拡大すると地図がガタガタになります。 どこかに設定で変更できる場所があるのかもしれませんがよくわかりません。

地図ロイドの最大縮小の画面です。 これ以上の広範囲表示はできません。

これは最大に拡大した場合。 稜線や文字がガタガタになってしまいます。

これに対してGeographicaでは、操作性が直感的ですぐに使えます。

最大縮小はどこまでも行きます。 世界地図レベルまで行きます。 下記は県レベルまで縮小したものです。

地図ロイドの最小縮小と同じくらいだとこんな感じです。

上部には自分のいる位置と高度があらわされます。 この画面コピーは自宅で撮ったので意味がないので消しています。

地図ロイドの最大拡大まで行くとこんな感じです。 稜線も文字もきれいです。

地図の美しさは全然違います。

さらに拡大してもこんな感じ。

まだまだ拡大もできますが、さすがにこれ以上行くと線がガタガタになりますが、実際にはそこまで地図を拡大する必要性はありません。

またこのGeographicaは地図を一括キャッシュして持って行くことができますので、電波の届かない山でも事前に地図を取得しておけば問題なく見ることができます。

さらに、使ったことはないのですが、あらかじめ山行ルート予定を入れておくと、音声ガイドでルート案内をする機能もあるようです。

 

2016年ハムフェア

今週末は、アマチュア無線の祭典、「ハムフェア」が東京ビッグサイトで開催されました。

IMG_2124_R

今年も「山と無線」のスタンドで2日とも、山岳移動無線の楽しさとSOTAの説明をしてきました。

IMG_2070_R

今年はハムフェアが始まって40周年記念とのことでした。 初日は台風の影響で雨模様でしたが、朝8時に会場に到着。

IMG_2074_R

8時半に出展者の会場入りが開始され、「山と無線」のみなさんで設営を開始。 アンテナの展示は、後藤さんの山岳移動用の50MHz超軽量5エレF9FT、須崎さんの50MHzデルタループ、そして私のギボシダイポールを設営しました。

10時に一般入場が開始され、たくさんの人でにぎわいました。 訪問いただいた皆様ありがとうございました。

IMG_2094_R

山岳移動のやり方、装備に関して質問からSOTAの質問など多岐に渡り、2日間ずっと説明とあいさつが続きました。

装備に関しての質問は例年通り、電源やアンテナに関するものが大半でした。 今年もLiFeバッテリーを持参したので、その軽さと13V台の高出力電圧、扱いやすさでみなさんの関心を集めていました。

アンテナも軽量化の技術や多バンドで運用できるギボシアンテナに関するものが多かったようです。

JAIAのコーナーでは、今年も新製品がいくつか紹介されていました。

ICOMのスタンドです。

IMG_2080_R

まずは、ICOMの受付のお姉さんです。 昨年と同じ方です。 モデルさんではなくICOMの社員の方なのでしょうか?

IMG_2129_R

ICOMからはIC7851がフラッグシップ機として展示されていました。

IMG_2128_R

そして、IC7600の後継機種と思われるIC7610です。 まだコンセプト機という位置づけでスペック等は全くの未定とのことでした。

IMG_2125_R

そして、これは受信機でIC-R8600です。 IC7300に似た感じで送信機能を取り除いたような感じです。 IC7300同様に良さそうな雰囲気です。

IMG_2098_R

こちらも受信機、ハンディ型のIC-R30です。

IMG_2099_R

ICOMの新製品はこれくらいだったと思います。

次はKenwood

IMG_2081_R

開場前なので人はまばらな状態です。

こちらはKenwoodのお姉さんです。 うちわをもらいました。

IMG_2092_R

Kenwoodの新製品はデジタルのハンディ機、TH-D74。

IMG_2095_R

方式はD-STARですがAPRSが付いています。 後発だけあり、ICOMとYaesuの良いところを取ってきた感じです。 液晶はカラーでした。  バッテリーの持ちがどうかなという気もします。 本体は結構軽く作られていました。 BrueToothもインターフェースとして準備されているようです。

次はYaesu

IMG_2079_R

これは先日発売になったFT-891です。 HFから50MHzまでカバーする小型のリグです。

IMG_2085_R

これはFT-991A。 FT-991無印よりもスペアナ機能が充実しており、リアルタイムのスペアナとウォーターフォールが表示されています。 ほぼ同時期に発売になったIC7300に比べるとやっぱりスペアナ機能がリアルタイムでないのは、どう考えても見劣りしましたので、その点を改良したものです。 FT-991無印を買った某局がだいぶ文句を言っていました。

IMG_2097_R

そして音作りに凝る人をターゲットにしたようなマイクも新発売。

IMG_2096_R

M-1というマイクです。 基台には液晶のディスプレーやキーボードがあって結構人気が出る感じがします。 でも7万円以上とはちょっと高いですね。

以上がメジャーなメーカーの新製品でした。

そしてちょっと気になったのがSCIENTEXという会社が作ったSR-01というCB機です。 これもフリーライセンスラジオでは人気が出そうです。

IMG_2084_R

面談編

この2日を通してとてもたくさんの人とアイボールができました。

hamfair2_R

あまりにも多くの方との面談ができ、ここには書ききれませんが、本当にありがとうございました。

IMG_2126_R

土曜日の夜はいつもの6mのみなさんと新橋で結局3次会まで。

IMG_2123_R

今年も本当に楽しいハムフェアでした。 みなさんまた来年よろしくお願いします。

 

静岡県沼津市マリタイムモービル

今日は梅雨明け最初の土日でドピーカンの天気でした。

会社の友人Oさんの所有するヨットでみんなで遊ぼうという計画が数か月前からあり、ドンピシャで梅雨明けスケジュールをミートできました。

沼津の近くのヨットハーバーから会社の仲間や家族11人で出港。

trinity

ちょうど写真を撮るとき富士山は雲に隠れてしまいました。 昨年登った越前岳が富士山の手前に見えます。

fuji

こちらも昨年登った沼津アルプスの鷲頭山、大平山が見えます。

numazu_alps

停泊場所は西に行った大瀬海水浴場の沿岸。

mm_map

FT-817NDと今日は横着をしてダイポールではなくATUとロングワイヤーで運用してみました。

jh0cjh_mm

5Wにロングワイヤーですので、全く呼ばれませんでしたが、1局ガツンと呼んでくれた局がいました。 JE1TRV/2 Atsuさんです。 今日は箱根に来ていたんですね。 ありがとうございました。

ほか7MHzと10MHzで全部で6局とマリタイムモービルでQSO。

  • 10MHz CW : 1 QSO
  • 7MHz CW : 5 QSO

さらにAPRSで居場所を教えるなどと言っていましたがリグを置いた場所が良くなかったのか、GW局に拾ってもらえず、残念でした。

全然呼ばれないので、無線はQRTで酒盛り。

あまりに天気が良いので、私もちょっと沖の生け簀まで泳いでみました。

swim

岸に戻ってからは温泉で汗と潮を流した後、沼津で有名なうなぎ店、「うな繁」でうな重をいただきました。 今日は土用の丑の日であり、大変混んでいました。 このうな重本当においしかったです。 このうなぎのボリュームは最高です。

unashige

その後はOさん宅で沼津花火祭りを屋上で見物。 狩野川沿いにあるので最高のロケーションでした。

hanabi

Oさんはじめ、参加された皆さま、今日は本当に皆さんありがとうございました。 一生の思い出に残るほどの夏の一日でした。

 

FT2D液晶保護シール

FT2Dは大きな液晶画面がリグ前面にあります。 このリグはメインが山に持って行くことになるので、リュックサックの中で擦れてキズがつくのが気になっていたので、買ったときのままの保護シールをそのまま付けていましたが、1か月も経つとボロボロになりました。

FT2D専用の保護シールが売っていますが900円もします。 そこで家にあった、昔のスマホの保護シールを切ってつけてみました。

ft2d

FT2Dは最近のスマホ液晶の静電式ではなく、感圧式なのでどうかなと思いましたが、しっかり動作しています。

 

FT2D導入とAPRS

FT2Dを導入しました。

先週末、三国山から運用した時の写真です。

aprs

私自身は、あまりVUHFのFMでは運用していないし、VUのハンディ機はVX-3という超小型のリグも持っているのですが、新たに導入しました。

理由はAPRS2SOTAへのアクセスと、もう一つはAPRSでの位置情報の連絡です。

先月と先々月に九州、北海道の山頂からSOTA運用した時に、普段1エリアからの運用であればReverse Beacon NetworkでSOTAWatch2に即刻ピックアップされるのですが、RBN局がスキップゾーンにあるためか全く拾ってもらえませんでした。 自分で携帯電話からSOTAWatch2にスポットすればよいのですが、九州の山頂からは携帯の電波も届かず苦労しました。

これがAPRSを使って自分の運用情報を無線機からアップできるのです。

APRS2SOTAの使い方はまた別途投稿しておこうと思いますが、このAPRS、メッセージの伝達以外に自分のいる場所をリアルタイムでレポートできます。 このため山に登っているときなど、家族に自分のいるところを知らせることができるます。

この無線機はGPSを使って自分のいるところを測定し、その位置情報をビーコン信号として定期的に発信し、近くのI-gate局にその信号を拾ってもらうと、リアルタイムで自分の場所がWeb上で表示されます。

こんな感じです。

JH0CJH-7という名前で出ています。 APRSはまだ始めたばかりでよく判っていないところもありますが-7 はハンディ機での運用を示すようです。

aprs

7月末にマリタイムモービルを計画しています。 洋上でどこから出ているのか見えたら楽しいだろうなと思っています。

 

神奈川県足柄下郡箱根町三国山山頂

神奈川県足柄下郡箱根町三国山山頂(JCG#111003C, SOTA#JA/KN-010)

昨日の土曜日は強い雨が降っていましたが、今日は天気予報では晴れとのことで、ここ2週間ほど山には行っていませんでしたので、出かけてきました。

行先は芦ノ湖の西側の「三国山」、標高1,102mです。

「三国山」は「芦ノ湖スカイライン」という自動車専用道路のすぐ脇にあるので、どこか良い駐車場があれば簡単にアクセスできそうですが、初めて登る山なので安易な登り方をしたくないという気持ちがあり、今回も電車+バスの公共交通機関で行ってきました。

朝5時に起きて出かけたときは家の周りは霧で真っ白。 空気が冷えたためだと思います。 こんな時は晴れる予感が・・・・

朝7時に小田急線で「小田原駅」まで行って、箱根登山バスで、箱根駅伝の折り返し点の「箱根町」まで行きました。 「小田原駅」から1時間で「箱根町バス停」終点に到着。 芦ノ湖は快晴でした。

富士山が向こうに見えます。 雪もすっかり消えて、今日は静岡県側からも山開きのようです。 写真の芦ノ湖の向こう側にある山が「三国山」です。 富士山が後ろに見えています。

mikuniyama

この芦ノ湖畔が今日のスタートです。

芦ノ湖畔にある外輪山の登山道入り口から登りました。

mikuniyama1

5分ほど登ると箱根峠の道路に出ました。 「芦ノ湖スカイライン」方向は左なので、左方向に行ってしまいましたが、これが間違い。 私は「芦ノ湖スカイライン」の入り口あたりから登山道に入れるものと思っていましたが、完全な自動車専用道路で登山道への入り口は無いため、引き返して、道の駅「箱根峠」の対面に登山道の登り口を見つけました。

今日の三国山への登山道には一か所も「芦ノ湖スカイライン」を歩く場所はありませんので、今後行かれる方は気を付けたほうが良いと思います。

hakone

これは道の駅「箱根峠」から見た写真ですが、横断歩道の向こうに見えるところが登山口です。

登山道は整備されていましたが、急坂や藪があり、さらに歩行距離も長いので結構大変でした。

登山道を登っていくと途中から急に藪がなくなり、「海平」という日当たりの良い開けたところところに出ました。 ゴルフ場がいくつか近くにあって、苦労して登ってきたのに、少しがっかり。 本当は車で楽に来れる場所なのです。

遠くに山伏峠の山が見えてきました。 近そうに見えますが、アップダウンを繰り返さないと、あの場所には、たどり着けません。

yamabushitouge

登山道と「芦ノ湖スカイライン」はこのあたりは並走しているのですが、山伏峠に近いところにスカイラインのドライブインがありました。 そこで少し休憩。 だいぶ登ってきたので芦ノ湖が良く見えます。

ashinoko

この場所で休んでいたら、ヤギがどこからともなく現れました。

山のヤギはSOTA愛好家の友達です。 とても人なつこいヤギでした。 無線機のずっしり重い私のリュックを担ぎ上げてほしい・・・・

goat

山伏峠にある展望台の山頂まで登ってみると、芦ノ湖から沼津市街や港までがずっと見渡せる場所でした。

panorama

左に見えるのが登り始めた芦ノ湖、伊豆方面が中央で沼津市、そして雲に隠れた富士山が見えています。

この山頂は行き止まりで「三国山」への道はないので、ドライブインまで戻って、登山道に戻りました。

しばらく、また日当たりの悪い道を歩き続けて、「三国山」を目指しました。

あと少しです。 だいぶ登りました。 向こうに見える町が出発地点の箱根町です。 海賊船も見えました。

ashinoko1

今日はスタート直後に道を間違えたりしたので、8時に箱根町に到着してから3時間半をかけて11時半にようやく「三国山」1102mに到着。

mikuniyama2

山頂は見晴しは良くありません。 ベンチが3つほどありました。 山頂には誰もおらず、さっそくアンテナ設営。

ant

リグもいつも通りです。

rig

11時50分ほどから14MHzでスタート。 いつものように18, 21, 24, 28, 50MHzと運用しました。

実は今日は秘密兵器がありました。

aprs

これらがどんな秘密兵器かは、別途投稿したいと思います。 ただ今日は本当にこの素晴らしさを実感しました。

13時45分くらいまで運用してCL。

本日の結果です。

  • 14MHz CW : 6 QSO
  • 18MHz CW : 4 QSO
  • 21MHz CW : 5 QSO
  • 24MHz CW : 2 QSO
  • 50MHz SSB : 4 QSO

合計 21QSOでした。 28MHzはゼロでしたが、どうも後から判ったのですがEsが出ていたようでSSBとかFMで出ればもっと呼ばれたかなと思っています。

そのまま、北方向に下山し、湖尻を目指しました。 1時間ほどで、湖尻のキャンプ場に到着。 今日の朝見た湖の反対からの写真です。 右が山伏峠です。 三国山は写っていません。 だいぶ長距離を歩いて来たものです。

kojiri

湖岸がきれいなところでした。 この場所は国立公園なのでバーベキューなどはできないと思いますが、カヌーを楽しんでいる人がいて、のんびりして良いところです。 湖面を渡ってくる風も冷たくて、登山で疲れた体にはとても気持ちのいいところでした。 30分ほどこの場所で休んで近くにあるバス乗り場から小田原に戻って帰宅しました。

今日のルートです。 芦ノ湖の西側走破しました。 「芦ノ湖スカイライン」に沿って歩く感じですが、再度間違えないように書いておきますが、一度も「芦ノ湖スカイライン」の自動車専用道路を歩くことはありません。 ずっと山道です。

mikuniyama_map

これは高度の記録。

mikuniyama_alt

ヤギにも会えたし、長距離で疲れましたが、梅雨の合間、本当に楽しい一日でした。

 

電源コネクタ

円高ですね・・・・ 困ったものです。

イギリス人には、「俺たちは欧州人ではなく、Britishである」という気持ちを持っている人が多いので・・・やっぱりこうなりました。

でも嘆いてばかりではさみしいものです。 海外製品を安く買えます。

私は、この時とばかり最近手持ちが少なくなってきた、Powerwerx社の電源コネクターをまとめ買いしました。

powerpole

Powerpole 30Amps

私は電源コネクターはすべてこのPowerwerx社のPowerpoleに統一しています。 以前はT字型のコネクターを使っていましたが、このPowerpoleコネクターは小さくて便利です。 確かElecraftのリグもこのコネクターを標準にしていたような気がします。 私は持っていないので確かではありませんが。

Powerpoleコネクターには、UnassembledとAssembledと2種類がありますが、赤と黒のプラスチック本体がバラバラになっているか、くっ付いているかの違いで、Unassembledのほうが安いです。 Unassembledのほうを使う場合、赤と黒をどちらが左右に来るかは自分で決めることができますが、一般に使われている方向に統一しておくほうが良いでしょう。 Powerwerx社の電圧計や分岐コネクター、Elecraftのリグと方向があっていないと困りますので。

また15アンペア、30アンペア、45アンペア用の3種類ありますが、私が使っているのは30アンペア用です。

昔、Powerpole専用の安い圧着ツールもPowerwerx社のWebサイトで売っていましたが今は無くなっているようです。 専用の圧着ツールがありますが、私は日本で普通に売っている圧着端子用のカシメツールを使っています。

 

FT-817NDの電池

私が山岳移動で普段使っている電池はLi-Fe電池(リチウムフェライトバッテリー)と呼ばれるもので、詳しくはこことかここに説明内容が投稿してあります。

このLi-Feバッテリーは容量も電圧も、そして軽さも、安全性も山岳移動運用には最適で、すでに購入してから3年が経過しましたが、全く購入時と運用持続時間も充電時間も変わらず最高のモノです。 絶対にお勧めです。

このように、Li-Feバッテリーに全く不満はありませんが、一つだけ問題があります。 それは飛行機で移動する場合です。

飛行機に乗る場合、預ける荷物でも、手持ち荷物でもバッテリーの持ち込みは厳禁です。 安全上の問題で当然の規則ではあります。 法令には絶対に従わなくてはなりません。 万一、問題があった場合の責任は途方もなく大きなものとなります。 このため出張時に飛行機で移動して、どこかの山からQRVしようとした時にLi-Feバッテリーを持っていくことはできません。

そこで、先日ちょっと紹介した写真ですが、このように飛行機で移動してその移動先の山に登って運用するような場合、私はFT-817NDの電源としてNi-MH電池を使っています。 エネループのようなどこでも手に入りやすいNi-MH電池です。

DSC_0021

電池ケースは単三型のNi-MH電池を12本直列接続できるように使っています。 Ni-MH電池は1個で1.2Vですので、12本直列だと14.4Vになります。 13.8Vが定格の無線機ではちょっと電圧が高めですが、FT-817NDの許容電圧は、DC16Vまで可能ですので、私の環境では動作に全く問題はありませんでした。(保証するものではありません)

また、この単三型の電池だと飛行機に搭乗し持ち込む場合は、預入の荷物でも、手持ちのキャビン荷物でも問題になることは今までの経験上ありません。(保証するものではありません)

しかし、実はこの単三型電池の12個直列のバッテリーケースというものは、秋葉原でもなかなか見つけることはできません。 このため私は6個直列のケースを2個直列につないで使っています。 6個の単三型電池を同一面で実装するような形のケース同士を背中合わせで接着し、端子を直列になるように接続しています。 結構電流が流れますので、配線の太さには十分な注意が必要です。 また+側と‐側の最終端子の露出部分はビニールテープなどで絶縁処理をきちんとしておくべきです。

この電池を使ってFT-817NDでの出力がL2での運用で2.5時間(CW 80%、SSB 20 %)の運用で全く問題なく動作しています。

FT817NDpower

飛行機移動で山から運用される方は、ぜひ参考にしてみてください。

追記 なお、充電する際はこのままケースに12本実装して13.8Vで充電などしないように注意が必要です。 電池それぞれに個体差があってある電池に異常に高い電圧がかかることになるので非常に危険です。 全部外して専用の充電器でそれぞれの電池を個別に充電する必要があります。

 

福岡県北九州市小倉南区足立山山頂

福岡県北九州市小倉南区足立山山頂(JCC#402105, SOTA#JA6/FO-026)

今週は月、火曜と北九州に出張なので、日曜日は朝一の飛行機で福岡経由で北九州市の小倉に到着。

4月は若松区に泊まり「石峰山」に登りましたが、今回は小倉なので、「足立山」、標高598mにチャレンジ。

九州地方は、土曜日に四国地方と一緒に梅雨入りしました。 天気予報は・・・・・雨。 雨中登山を覚悟していましたが、霧雨で何とか助かりました。

ホテルに9時半に到着し、荷物を置いて出かけました。 まず北九州モノレールで「片野」まで。

monorail

「片野」から東方向に2kmほど歩きました。 霧で「足立山」が見えません。

kiri

この間、GPSの不調で記録できておらず、「妙見宮」付近から記録が出来ました。

「妙見宮」から、「足立山」への登山口があります。

adachiyama1

だんだん霧も濃くなってきました。 先ほど麓から見えた霧の中に突入したようです。

adachiyama2

2時間ほどで「足立山」山頂に到着。 山頂はベンチが2つあり、周りに木は無いので景色は、おそらく良いのだと思いますが・・・・ 霧で、全く見えません。

adachiyama3

アンテナを設営しました。

adachiyama5

機器は傘の下。

adachiyama4

12時50分から運用を開始しました。  まずは14MHz、その後18、21MHzと1時間ほど運用し、電池も無くなり、天気悪いのでCL。 今日の電池はいつものLiFeではないのです。

LiFe電池は耐久性も最高ですが、実は飛行機に持って乗れない、預けることも出来ないので、急遽、土曜日に秋葉原で、単三型のNi-MH電池で電源を作成したのでした。 しかしどうも調子がいまいちで電圧降下が激しいようです。 もう少し試験が出来れば何とかなったのですが、応急処置なので仕方ありません。

本日の成果です。

  • 14MHz CW : 5 QSO
  • 18MHz CW : 3 QSO (1局はニュージーランド、1局はオーストラリア)
  • 21MHz CW : 6 QSO (1局はニュージーランド、3局はオーストラリア)

合計14 QSOです。

下山は来た道を戻っても面白くないので、「小文字山」方面に行くことにしました。

これが結構急な鎖場などもあり急坂の下山でした。 写真ではどれだけ急坂か判りにくいですが右にロープが下がっているのでわかると思います。 垂直に近い壁・・・ 滑らなくてよかった。

adachiyama7

雨で岩も滑りやすく大変でしたが、何とか「メモリアルクロス」という場所まで下山できました。 その後は霊園の中を通り、歩いて小倉駅近辺のホテルまで帰りました。

本日のルートです。 「片野」から「妙見宮」までのルートがGPS不具合で記録できず。

adachiyama_map

これは高度です。 結構、急な山です。

adachiyama_alt

翌日の月曜日は、梅雨の中休みのようです。 門司港で仕事があったのですが、門司港から見た足立山です。

adachiyama6

いつか天気の良いときにまた登ってみたいものです。