「144MHz」タグアーカイブ

神奈川県伊勢原市聖峯山頂

桜の花も今週末で終わりですね。 これだけいい天気が続くと散り際も早いようです。 そんなわけで土曜日はカミさんと花見に近くの桜の名所を2カ所ほど見学。 風が吹くと桜吹雪でした。

今日は朝から伊勢原市の聖峯、標高375mに登ってきました。 久しぶりにSOTA山でない山の山行となりました。

駐車スペースに車を停めて山頂を目指しました。 今日はハンディ機2台と特小1台なので軽い。 普段のずっしり肩に食い込む荷物とは違って楽ちんです。

途中ですみれの花が咲いていました。

20分で聖峯の山頂に到着。

標高375mと下界よりは寒いようで桜の花も満開。 全然散っていません。

スイセンの花も咲いていました。

遠くの方は春霞でしたが、江ノ島、三浦半島、東京新宿のビルが見えていました。

今日はハンディ機だけで、アンテナは144MHzと430MHzのGPを上げて運用しました。

今日はVUに加えて特小の無線機も持ってきたので久しぶりに出てみましたが6局も交信できました。 日向と大山のリピーター経由ではあるのですが、10mWでQSOできるというのはやはり感動します。

  • 144MHz FM : 10 QSO
  • 430MHz FM : 9 QSO
  • 430MHz DV : 5 QSO (湘南工科大RPT)
  • 特定小電力 : 6 QSO (日向、大山RPT)

合計 30QSOとなりました。

QSOの途中で声をかけていただいた方で、山登りをやっているが携帯も通じないところがあるので無線をぜひやってみたいという方がおり、アマチュア無線、SOTAの活動を少し宣伝してきました。

帰り道、チューリップがきれいに咲いていました。

今日から、新年度の始まりです。 仕事も遊びも新たな気持ちで頑張ります。

 

神奈川県南足柄市矢倉岳山頂

神奈川県南足柄市矢倉岳(JCC#1118, SOTA#JA/KN-016)

今日は南足柄市の矢倉岳に登ってきました。

今週末はSOTAで世界的に赤道横断伝搬(TEP)実験をやろうという話があるためです。 春分の日、秋分の日近辺にEsとは違う伝搬のTEPで50MHz以上の周波数で海外とQSOができた結果がいくつか報告されています。 今回結果としてはTEP伝搬と思われるようなものはありませんでした。

朝、車で足柄峠まで行ってから矢倉岳に向かいましたが、路肩には数日前の雪がだいぶ残っていました。 登山道に入ってからもアイゼンが必要ではありませんが、一部雪で滑りやすいところもありました。

足柄万葉公園に車を停めて登り始めて、ちょうど一時間で矢倉岳山頂、標高870mに到着。

山頂には1人の登山客がいるだけでした。

山頂の南には左から明神ヶ岳、神山、金時山が見えます。 どの山も雪をかぶっています。 神山には大涌谷の湯気、そしてその湯気が木々に凍り付いているようで、より一層白く見えます

これは小田原の町です、三浦半島とさらに向こうには房総半島が見えていました。

山頂にはミツマタの花が咲いていました。

早速アンテナ設営。

写真を撮った時は少し風もありましたが、その後風もやんで陽だまりの中で運用しました。

本日も先週と同じく、14MHzから始めて呼ばれなるなると、上のバンドに移動して行きましたが、430MHzまで全バンドQSOできました。 14MHzでは北米から2局も呼ばれました。

本日の成果

  • 14MHz CW : 14 QSO(うち2局は北米)
  • 18MHz CW : 8 QSO
  • 21MHz CW : 5 QSO(うち1局はニュージーランド)
  • 24MHz CW : 5 QSO
  • 28MHz CW : 10 QSO
  • 50MHz SSB : 17 QSO
  • 50MHz CW : 4 QSO
  • 144MHz FM : 4 QSO
  • 430MHz FM : 3 QSO

合計 70QSOとなりました。

15時にCLで下山しました。

本日のルート。 矢倉岳と足柄峠のピストンです。

高度です。

今日もたくさんの局に呼んでいただき、ありがとうございました。

山梨県大月市高畑山、倉岳山縦走

山梨県大月市倉岳山(JCC#1706, SOTA JA/YN-061)

今日は山梨県大月市にある「高畑山」と「倉岳山」に登ってきました。

昨日は夜まで結構雨が強く降っていましたが、天気予報によると今日は快晴ということで、昨晩の雨から考えると本当かなと思うところもありましたが、ここは天気予報を信じて計画実行。

朝4時半に自然に目が覚めて準備開始。 まだ暗い5時半に家を出て東京駅から中央線で山梨方面に向かいました。

JR「鳥沢駅」に着いたのは朝7時40分ころで、早速高畑山方面に向かいました。

国道20号線から今日登る倉岳山がよく見えていました。 天気は快晴です。

山道に入ってすぐに道の横にきれいな渓流が流れていました。 このあたりは水源として使われるくらいきれいな水が取水できるようです。

急坂を登り、鳥沢駅を出てから2時間で高畑山、標高982mの山頂に到着。

いい天気なのですが、西方向だけ雲が出ていて富士山は見えませんでした。 少しだけ休憩してすぐに倉岳山方向に向かいました。

150mほど下ってから登りなおします。 途中で鳥沢駅の北側にある、扇山と百蔵山がきれいに見えていました。

高畑山から1時間半、鳥沢駅を出てから3時間半でようやく倉岳山山頂、標高990mに到着しました。

ここでも西方向だけ雲が出ていて、残念ながら富士山は見えませんでした。

しかし、今日は春の日差しがたくさん降り注ぎポカポカ陽気です。 早速アンテナを設営。

11時半ころから14MHzでスタート。 呼ばれなくなると順番にバンドを上がっていきました。 それほどコンディションはよくありませんでしたが、たくさんの局に呼ばれました。

おかげで今日は14MHzから430MHzまで全バンドでQSOが達成できました。

本日の成果

  • 14MHz CW : 6 QSO
  • 18MHz CW : 10 QSO
  • 21MHz CW : 5 QSO(うち1局はニュージーランド)
  • 24MHz CW : 1 QSO
  • 28MHz CW : 3 QSO
  • 50MHz SSB : 7 QSO
  • 144MHz FM : 3 QSO
  • 430MHz FM : 6 QSO

合計 41QSOとなりました。

呼ばれなくなったので、14時過ぎに撤収。

今日はスマホと登山中のポケットラジオを家に忘れてしまいましたが、全バンドでQSOできて何となくハッピー気分で下山を開始しました。

下山は反対のJR「梁川駅」の方に向かいました。 倉岳山山頂から下山を始めてちょうど2時間で梁川駅に到着。

駅近くの梁川大橋から今日の倉岳山が遠くによく見えていました。

梁川駅はちょっとモダンな無人駅です。

本日のルート

高度です。

今日は12km程度の行程になりました。

今日もたくさんの方に呼んでいただきありがとうございました。

 

神奈川県厚木市七沢森林公園

神奈川県厚木市(JCC#1113)

今年もJARLのニューイヤーパーティが昨日から始まりました。 昨日は親せきにあいさつ回りに向かう途中で長男に運転させて少しだけ車からQRV、夜帰宅してからも430MHzで20局QSO、さらに故郷のJR0YHFメンバーとのスケジュールQSOで3.5MHzでQSOを行いました。

今日は朝から山に登りたいところでしたが、どうも風邪気味なのか鼻水が止まらないので、大事をみて近場の厚木市の森林公園に出かけました。 昨年も運用した場所で、駐車場から歩いて10分くらいで見晴らしの良い場所に到着。

標高は200m足らずですが、遠く新宿の高層ビルや東京スカイツリーがよく見えます。

朝8時に到着して今日はHFではなく、まず6mでQRV。

朝が早くから6mは多くの局が出ていました。 35局ほどやった後CWに移って、買ってきたコンビニ弁当で遅い朝飯。 こういう時にCWはしゃべらなくていいので良いのですが、結局1局もCWでは呼ばれませんでした。 6mのAMに移って3局ほどQSO。

その後144MHzのFMで2局、430MHzのFMでは55局からのコールがもらえました。 中には懐かしい方もおり、昔話で盛り上がりました。 ニューイヤーパーティは本当に多くの方が出てこられるので何年、何十年ぶりでの再会も楽しめます。

それにしても今日は時々風も強く寒かったです。 寒い中で6時間も丘の上にいましたが、なぜか風邪気味だったのが、帰ってきたら鼻水は止まってしまいました。 私の場合、無線をやると風邪が治るみたいです。 🙂

本日の結果

  • 50MHz SSB : 35 QSO
  • 50MHz AM : 3 QSO
  • 144MHz FM : 2 QSO
  • 430MHz FM : 55 QSO

本日の合計 95QSOとなりました。 今年も皆さん健康に気を付けてハムライフをエンジョイしましょう。 よろしくお願いします。

香川県坂出市城山山頂

香川県坂出市城山山頂(JCC#3603, SOTA# JA5/KA-015)

今週末は明日の金曜日が会社が休みのため4連休で、四国に来ています。

なぜ四国かというと、まず「金刀比羅宮」に参詣することがまず第一の目的。 「金刀比羅宮」は海の神様、仕事に大いに関係しています。 東京の虎ノ門にも金刀比羅宮がありますが、本山はこの琴平です。

朝、7時40分羽田空港発の飛行機で高松空港に向かいました。 到着後レンタカーを借りてまずは琴平町の「金刀比羅宮」に向かいました。

785段の階段を登って「御本宮」に到着。

「御本宮」では中で祈祷していただきました。

海の神様だけあり、多くの船の写真が奉納されていました。

その後は無線。 坂出市にある城山、JA5/KA-015に向かいました。 城山は先月オーストラリアのVK3ARR, Andrewが運用した場所です。 車で山頂の駐車場まで行けるので超簡単SOTA運用が可能です。

山頂には展望台の建物がありますが、この上に上がらなくとも360度のパノラマが展望できます。

これは坂出から岡山の倉敷まで渡る瀬戸中央自動車道。 30年ほど前に来た時はフェリーで渡った記憶があります。

これは西方向。讃岐富士と呼ばれる飯山が見えます。

下は南東方向です。 SOTA JA5/KA-27の鷲ノ山、府中湖が見えます。

風が強く、アンテナ設営は大変でしたが何とかHFのダイポールを上げました。

HF 14MHzから始めましたが全くNG。 HFは全滅でした。

144MHzと430MHzのFMで何とか4QSOを成し遂げて撤収。 寒さで凍えてしまいました。

本日の成果

  • 144MHz FM : 1 QSO
  • 430MHz FM : 3 QSO

合計4QSOとなりました。これにてAndrewが先月成し遂げたJAのSOTA 4支部からのアクティベーションを成し遂げることができました。

今日は讃岐うどんに加え、夕飯は高松市内の「一鶴」の骨付き鶏肉も味わうことができ、大満足の一日となりました。

 

山梨県大月市扇山山頂

山梨県大月市扇山山頂(JCC#1706, SOTA# JA/YN-059)

きょうは9月に行った佐渡の金北山縦走以来の山行となりました。 昨年5月に「百蔵山」との縦走で歩いた山ですが、ちょうど「扇山」で少し雨が降り始めた時だったので、その時は50MHzで少し出たくらいで、あまり長時間の運用はできませんでした。 この「扇山」はとにかく電波が飛ぶことで有名です。 関東一円を守備範囲にすることができます。 大体丹沢や奥多摩あたりだと、別の山の影になるところもあるのですが、関東全域が見通せる場所としてはとても珍しい場所です。

朝6時に東京駅から中央線で山梨方面に向かいました。 5時半に家を出たときはまだ真っ暗でしたが、昨日までの雨もあがり、今日はすっきり晴れそうです。

7時半頃にJR「鳥沢駅」に到着。 少し離れたコンビニまで行って昼飯と飲み物を買い、鳥沢駅から再出発。

正面に見えるのが「扇山、1138m」です。 左から2番目の影になった谷を登ります。 それほど高くもない山に見えますが、電波の飛びは抜群です。 「扇山」の登山口の一つである「梨ノ木平」まではバスもあるようですが、本数も少なく、歩いて1時間ほどで「梨ノ木平」まで行くことができるので歩いていくことにしました。 駅前をそのまま、まっすぐに行く感じで「梨ノ木平」の登山口の方向に歩いていくことができます。

途中できれいな紅葉を見ることができました。

「梨ノ木平」はゴルフ場の大月カントリークラブの入り口の正面にありました。

ここから山道です。

谷の中を登るルートで単調な登山道が続きます。

「梨ノ木平」から、1時間ほどで「奥宮祠」という小さな祠があり、ここを少し登ったところから富士山がとてもきれいに見えていました。

さらに登るとようやく尾根に到達。

ここから扇山の山頂まではもうすぐです。

こんな広い山道を10分ほど上り、「扇山」の山頂、標高1138mに到着。 今日はいい天気でこの後とても多くの登山客が山頂に溢れました。

富士山方向です。 写真を撮った時は雲に隠れていました。

こちらは東京方向です。

早速、HFのアンテナを張って14MHzから運用開始。

10時40分ころから、FT-817NDで運用しました。

本日の成果

  • 14MHz CW : 6 QSO
  • 18MHz CW : 7 QSO(うち4局がオーストラリア)
  • 21MHz CW : 4 QSO(うち2局がオーストラリア)
  • 144MHz SSB : 71 QSO
  • 430MHz FM : 18 QSO

合計 106 QSOです。 山での運用では相当大きな数字です。 今日は泉州サバイバルコンテストが144MHz SSBで行われていたこともあると思いますが、やはり「扇山」の威力は絶大です。

14時半まで運用し、下山開始。 今日は昨年の5月に来た時にはJR「四方津駅」のほうに下山して駅まで大変な距離を歩いたので、今回はピストンで来た道をそのまま戻りました。

今日のルートマップです。

そして高度、本日は12kmの山行距離でした。

久しぶりの山行で少し疲れましたが、本日もたくさんの方に呼んでいただき楽しい一日でした。 ありがとうございました。

 

JR0YHF佐渡ヶ島おやじキャンプ

花の百名山、金北山縦走から下山した後、白雲台に戻っておやじキャンプとなりました。 このキャンプは毎年5月と8月にJR0YHFメンバーで長岡市近辺の山で実施してきましたが、ここ数年忙しくて参加できておらず、久しぶりの参加です。

夕食はサザエのつぼ焼き、イカ焼き、焼き肉(牛、豚、鳥)、おでん、・・・・

そして佐渡のおいしい酒、「天領盃」

夜の更けるのも忘れて楽しみました。

10時になるとどこからか花火の音、すごく遠くから聞こえます。 見晴らしのいい場所に出てみると、なんと本州側の新潟県小千谷市、片貝の花火大会の花火が見えました。

遠くに見える3つの白い明りの右に赤い光が見えますが、これが片貝の打ち上げ花火です。 90kmほど離れた場所の花火が見えるというのは驚きでした。

天気も良く星がきれいに見えました。

一晩明けて朝です。

しばらくはキャンプ地から運用しましたがHFも太陽フレアで開けておらず・・・・・・「そうだ、もう一回金北山に登ろう!」

ということでまた金北山に登ることにしました。 2日連続の金北山登頂です。

片道5kmの林道を歩いて1時間半後に到着。 昨日より少し雲が多いようです。

日曜日もHFの14MHzから運用スタート。

成果です。

  • 14MHz CW : 3 QSO
  • 18MHz CW : 1 QSO (ニュージーランド)
  • 21MHz CW : 1 QSO (オーストラリア)
  • 144MHz FM : 9 QSO (うち1局は京都府宮津市)
  • 430MHz FM : 6 QSO (うち1局はJO4HKO鳥取県米子市)

合計20QSOとなりました。 なんといっても430MHz FMでJO4HKO林さんとの日本海ダクトでのQSOが本当に驚きでした。 初の日本海ダクト経験です。 呼ばれたときは/0か/9かと思っていました。 それほどの強さでした。

13時までQSOした後、今日は登って来た道を戻り、白雲台側に下山しました。

今回参加したJR0YHFメンバーで記念撮影。

こんな写真も・・・・ 当然キャンプのメンバーではありません。

本日の金北山までのルート

そして高度記録です。 往復10kmの道のりでした。

このあとは、今日はキャンプではなく民宿に泊まるので予約した民宿に向かいました。 つづく。

 

新潟県佐渡市金北山山頂

新潟県佐渡市金北山山頂(JCC#0824, SOTA#JA/NI-044)

昨日夜、佐渡遠征から帰宅しました。 これから数回に分けて、少しずつ佐渡での運用の様子や観光の様子を書いていきたいと思います。

まず出発は金曜日。 仕事を終えたあと、今は新潟市内にいる高校時代からの友人であり、米山HFクラブ会長であるJH0AHI局のところに泊めてもらいました。 土曜の朝、東京から出発したのでは、いくら早く出ても朝一番の新潟港6時発の佐渡行きフェリーには間に合いませんので本当に助かりました。

朝6時にAHI局の家を出て、奥様に新潟港の佐渡汽船ターミナルまで送っていただきました。 ありがとうございます。 6時発の佐渡汽船のフェリーだと両津港には8時半到着、2時間半の航海です。 途中で直江津から乗っているJR0YHFメンバーとも無線でつながりました。

このあと佐渡上陸後に登る、佐渡ヶ島最高峰の「金北山」標高1172mが見えてきました。

佐渡市の両津港に到着した後、レンタカーを借りて、一路「白雲台」まで。 今日は白雲台から金北山の山頂を目指します。 計画は金北山山頂で運用したあと、ドンデン山方向に縦走し、AHI局はそのまま白雲台で運用、その後、直江津から来るJR0YHFメンバー4人と待ち合わせというわけです。

白雲台からの登り口はこのようにゲートが閉まっており、歩行者だけが入れるようになっています。 これは金北山が自衛隊のレーダー基地になっているためです。 このため、白雲台から金北山までの道は砂利の林道となっています。 この林道を歩くためには、自衛隊に届け出が必要です。 事前に電話して許可をもらう必要があります。 私は数日前に電話して山行予定、通行時間、住所、電話番号などを連絡したうえで、2桁+3桁の数字の許可番号をもらっておきました。

ゲートを入るとしばらくはコンクリートの道路ですが、そのうち砂利道になり、さらに登っていくと、妙見山の山頂にレーダーが見えてきます。

そのすぐあとにはまた別の山頂に別のレーダーがあります。

遠くに金北山山頂が見えてきました。

2番目のレーダー基地あたりからいったん下りのあと、再度林道を上り続けます。 途中で振り返るとレーダー基地が2基見えます。 だいぶ歩いたようですが、今日はこんなものではありません。 これは後でまた。

単調な登りの末5㎞程の山行で、「金北山」山頂、標高1172mに到着しました。

山頂には、昔のレーダー基地の跡が残っており、廃墟のようで少し不気味です。

この影に隠れて、金北山の山頂には神社があります。

ここが最高地点のようですが、場所も狭いので少しだけ下がったところでアンテナ設営。

素晴らし眺めの中で運用しました。

佐渡山岳移動にドンピシャで合わせてきた太陽フレアのせいでHFのコンディションは最悪でした。 そんな中でもEsが出ていたようで九州、沖縄そしてニュージーランドから呼んでもらいました。 本日の成果。

  • 14MHz CW : 2 QSO
  • 21MHz CW : 1 QSO (ニュージーランド局)
  • 29MHz FM : 3 QSO
  • 144 MHz FM : 5 QSO
  • 430 MHz FM : 5 QSO

合計 16QSOとなりました。

今日は先が長いので、13時に撤収。 ドンデン山方向に向かいました。 この様子は、また次回

 

北海道函館市函館山山頂

北海道函館市函館山山頂 (JCC#0104, SOTA#JA8/OM-066)

夏休み後半は北海道の函館に遊びに来ています。 16日朝一で羽田空港から函館空港に向かいました。 1時間ほど出発が遅れましたが、無事到着。 まず「五稜郭」を見学。

函館、元町の「八幡坂」と教会

函館の「赤レンガ倉庫群」

などを一通り見学したあと、「函館山」、標高334mに夜景を見に出かけました。 しかしこの赤レンガ倉庫の向こうにあるのが函館山ですが山頂が見えません。 天気がよくありません。 霧の中です。 夕方、霧が晴れそうな感じだったので思い切ってロープウェーで登りましたが、全く夜景は駄目でした。

FT2Dで144MHzで4局何とかQSOできました。

帰りのロープウェーでちょっと見えた夜景です。

今度来る時はもっと天気が良いと良いなぁ。 こればかりは何ともなりませんが。

 

兵庫県三田市大岩ヶ岳山頂

兵庫県三田市大岩ヶ岳山頂(JCC#2720, SOTA#JA/HG-243)

今日は三連休最終日、海の日です。

土日に関西ハムフェスティバルに参加した後、今日は大阪近辺の山に登ってから帰る予定。 しかし飛行機が3連休の最終日なので遅い時間のものが取れず、16時半に大阪伊丹空港発の便しか取れなかったので交通アクセスが良いところでないといけません。 関ハムでJP3DGT 生地さんにアクセスの良い山を教えてもらいました。 この結果、「大岩ヶ岳」、標高384mに登ることにしました。 「大岩ヶ岳」は空港からのアクセスも良く、阪急電車で宝塚まで行って、JR福知山線で「道場駅」まで行くだけで良いので好都合です。

朝5時に起きて、空港近くのホテルを6時半に出発。 「JR道場駅」には7時16分に到着しました。

「道場駅」から歩いて「千苅ダム」の方向に向かいました。

「千苅貯水池公園」まで行くと、ゲートが閉まっていますが、右のほうに細い道があり、そちらを歩いてダムのほうに歩くことができます。

右に看板が見えるところの横に道があります。

川沿いに歩いていくと、「千苅ダム」に到着。

古い歴史のあるダムのようです。

橋を渡って対岸を少し戻ったところに、登山口があります。

登り口には、こんな煙突のようなものがあり、ここからとても冷たい空気が排出されています。 ちょっとかび臭いので地下の洞窟から風のようです。 後で山頂であった人に聞いてみるとダムからの水路の排気口のようです。

草を見るとわかると思いますが、すごい勢いで冷たい風が出てきていて、ちょっと不気味です。

ここから、しばらくは谷の底を登っていきます。 尾根に出るとようやく向こうに「大岩ヶ岳」が見えました。

暑くて湿気も手伝い、バテバテになりました。 まるでサウナの中を登山しているようです。

9時ころにようやく「大岩ヶ岳」の山頂、384mに到着しました。

山頂は開けているので眺めはとてもいいです。

さっそく、アンテナを設営。

いつものように、14MHzからCWで開始しましたが、コンディションも悪くあまり呼ばれませんでした。 18MHz、21MHzとQSYしたあと、メモリーキーヤーの006Pの電池が無くなったのでCWはやめてVUのFMで運用することにしました。

関ハムのSOTAスタンドで一緒だった局や、訪問していただいた局とも多くQSOできました。

本日の結果

  • 14MHz CW : 3 QSO
  • 21MHz CW : 1 QSO
  • 144MHz FM : 6 QSO
  • 430MHz FM : 13 QSO

合計23QSOとなりました。

下山は同じ方向に下りましたが、「大岩ヶ岳」は、いたるところに分岐道があり少し違うルートに入ってしまいましたが、途中で登った時の道に戻り、道場駅まで戻りました。

本日のルートマップ

高度です。

この週末3連休は、関ハム参加と登山、宴会など本当に楽しい3日間でした。 関ハムに参加してSOTAのプロモーションにご協力いただいた各局および関ハム参加局、そして本日コールいただいた皆様ありがとうございました。