「7MHz」タグアーカイブ

静岡県沼津市マリタイムモービル

今日は梅雨明け最初の土日でドピーカンの天気でした。

会社の友人Oさんの所有するヨットでみんなで遊ぼうという計画が数か月前からあり、ドンピシャで梅雨明けスケジュールをミートできました。

沼津の近くのヨットハーバーから会社の仲間や家族11人で出港。

trinity

ちょうど写真を撮るとき富士山は雲に隠れてしまいました。 昨年登った越前岳が富士山の手前に見えます。

fuji

こちらも昨年登った沼津アルプスの鷲頭山、大平山が見えます。

numazu_alps

停泊場所は西に行った大瀬海水浴場の沿岸。

mm_map

FT-817NDと今日は横着をしてダイポールではなくATUとロングワイヤーで運用してみました。

jh0cjh_mm

5Wにロングワイヤーですので、全く呼ばれませんでしたが、1局ガツンと呼んでくれた局がいました。 JE1TRV/2 Atsuさんです。 今日は箱根に来ていたんですね。 ありがとうございました。

ほか7MHzと10MHzで全部で6局とマリタイムモービルでQSO。

  • 10MHz CW : 1 QSO
  • 7MHz CW : 5 QSO

さらにAPRSで居場所を教えるなどと言っていましたがリグを置いた場所が良くなかったのか、GW局に拾ってもらえず、残念でした。

全然呼ばれないので、無線はQRTで酒盛り。

あまりに天気が良いので、私もちょっと沖の生け簀まで泳いでみました。

swim

岸に戻ってからは温泉で汗と潮を流した後、沼津で有名なうなぎ店、「うな繁」でうな重をいただきました。 今日は土用の丑の日であり、大変混んでいました。 このうな重本当においしかったです。 このうなぎのボリュームは最高です。

unashige

その後はOさん宅で沼津花火祭りを屋上で見物。 狩野川沿いにあるので最高のロケーションでした。

hanabi

Oさんはじめ、参加された皆さま、今日は本当に皆さんありがとうございました。 一生の思い出に残るほどの夏の一日でした。

 

2015年All JAコンテスト結果

今年の4月25, 26日に実施された2015年All JAコンテストの結果が、JARLのウェブサイトにて発表になりました。

私が参加したのは「電信シングルオペ7MHz ミドルパワー(M)部門」。

結果は、全国3位入賞です。

2015 All JA Contest results

土曜の夜21時から、日曜の同時刻までの24時間コンテストです。

例年、このコンテストでは、50MHzで移動運用での参加ですが、今年は5月連休に直結した土日では無かったため、また月曜からVU出張だったため、日曜の夜まで移動運用をするわけにはいかず、家から7MHz全国区での参加となりました。

多くの方に呼んでいただきました結果です。 ありがとうございました。

 

2015年ALL JAコンテスト

今週末は、JARL主催のALL JAコンテストが行われました。 通常ゴールデンウィークの初日の土日に行われることが多いのですが、今年はカレンダーの関係で連休とはつながりません。 このコンテストは土曜の21時から日曜の21時までの24時間耐久なので、今年は日曜の夜まで山に行くことができず、移動好きのコンテスターには、少し不満があったのではないでしょうか?

私も、昨年は出張で出られなかったものの、例年このコンテストは山の上で50MHzで出るのですが、今回は明日から出張ということもあり、移動運用は断念。 翌日出張にもかかわらず、さすがに日曜の21時まで山の上で、それから撤収というのは無理ですね。

ということで、今回は家から7MHzで出ることにしました。 部門は「電信シングルオペ7MHzバンド」です。 コールサインはJA1CTVで出ることにしました。

途中3時間ほど寝ましたが、24時間フル参戦。

結果ですが、もう少しコンディションが良いと思ったのですが、日中のコンディションがいま一つだったような気がします。 マルチも結構取り損ねています。 入賞は難しそうです。

みなさまお疲れさまでした。 多くの方に呼んでいただきましてありがとうございました。

さて、これから1泊3日のVU出張の準備です。

(追記)

明日の出張の準備もできたので少し追記します。 今回のコンディションは日中の近距離が非常に厳しかったと思います。 普段はもっと強く入る関東北部も非常に弱く電離層反射が生かされていなかったような気がします。

マルチですが、北海道の各支庁は、いつものことながら人口も少ないため難しかったですが、小笠原と北海道を除くその他の地域で取れなかったのが、青森、福井、大分の3つ。 最後まで見つけることはできませんでした。 それほど難しいという意識も無かったのですが、残念です。 それから結構最後まで残して苦労したマルチが島根、徳島、高知あたりです。 普段手こずる沖縄や鹿児島、佐賀は昨日の夜のうちにゲットできていました。 それからやはりコンディションの影響だと思いますが福島も結構手こずりました。

それから日曜の夕方17時ころに30~40分ほど非常にコンディションが落ち込みました。 それを過ぎるとまた持ち直してきましたが。

 

2014年全市全郡コンテスト結果

そろそろかな、と思っていましたが、今日JARLから電子メールが届き、昨年10月11, 12日に実施されたJARL主催の「全市全郡コンテスト」の結果が発表になりました。

私の参加部門は7MHz CW部門。

気になる結果は、

2014acag_results

Mid Power部門で全国6位入賞、High Power局も含めても全国7位となることができました。 この部門は全部で109局が参加したようです。

この24時間コンテストでの30分ごとのQSOレートのグラフは下のようなものでした。(クリックで拡大)

2014 acag rate

黒い線が2013年の結果。 青い折れ線(累計局数)と緑の棒グラフ(各30分内のQSO数)が、2014年の結果です。

444局でのログ申請でしたが、1局だけコールを取り違えてしまったようです。 結果は443局の305マルチで、135,115点。

出だしは2013年よりもはるかに良いペースでしたが、次第に2013年との差も小さくなりましたが、何とか全国3位になれた2013年結果を上回る結果となり、少し期待していたのですが、そう甘くはないようです。

しかし、何とか6位入賞で賞状ももらえそうです。 この結果もコールいただきました皆様のおかげです。

ありがとうございました。

 

2014年KCJコンテスト優勝

本日帰宅すると、KCJコンテストの賞状が届いていました。

2014kcj_award

同時に、ログのエラーリストも添付されていました。

まず、自責のIMですがこれは、海外のEU局のコールサインの3文字サフィックスのテールレター1文字の欠落でした。

次に相手局の±10分以上の時間差TMですが、なぜか14時53分のログを1400でリポートされていたようです。 理由は判りませんが、ログの記載間違いだろうと思います。

そして3つ目は相手局の提出ログに私のコールサインがないNF。 これも理由は不明です。

いずれにせよ、ログ不提出NLを除くと、たった3つの減点だったようです。 そのうち1つは自責ですので、2つしか間違えられなかったことになります。

あらためまして、コールいただいた皆様、そして、そのほぼすべての皆様が正しくログを記録し、提出していただいたことに感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

2014年KCJコンテスト結果

本日、出張から帰宅しました。 ブエノスアイレスのホテルをチェックアウトしてから、家に着くまで35時間掛りました。 こう書くと飛んでもない 苦痛の時間のように聞こえますが、慣れてくると苦痛の時間に対しての感覚が鈍ってきます、人間というものは、素晴らしい能力があるもので辛いことは早く忘れるようにできているようです。 とてもそんなに時間が掛ったという気がしません・・・・ただ朦朧としていただけかもしれませんが。

話題変わって・・・・ 今年の8月17日に実施されたKCJコンテストの結果が発表になりました。 昨年同様7MHzシングルオペ部門での参加です。 今年はJA1CTVのコールサインで参加しました。 理由は後述。

さて結果は・・・・・、昨年に続き今年も全国一位。 この部門参加者は全部で126名でした。

2014KCJ contest results

神奈川県は、この部門での競争が激しいです。 上位3局が神奈川県。

このコンテストは提出ログの完全照合があります。

kcj_code

今年は自責点1点があったようです。 昨年は自責失点はなかったのですが、372QSO中で1局だけ相手のコールをミスしてしまったようです。 しかし、そのほかは昨年よりも結果は良かったようです。

実は今年のKCJコンテストで参加のコールサインをJA1CTVとした理由はここにあります。 過去このコンテストでの反省点であったのですが、私のいままでの参加コールサインがJH0CJH/1で、コールサインのエリア番号と移動先エリア番号の差がありました。 これを/0と取られたものとか、JH1CJH/1と間違えられたもの、さらにマルチを間違えられたものが多かったのではないかという点です。 今回は、まさにこの対策でJA1CTVで参加したのです。

昨年の結果に比べてみると

  • UM(相手側のコールミスコピー): 2→0
  • MS(相手側のマルチミスコピー): 3→0
  • NF(相手ログに当局コールなし): 2→1
  • TM(±10分以上の時刻差): 3→1

4番目のTMは違うかもしれませんが、UM,MS,NFの改善は狙い的中?という感じです。

このコンテストでの優勝は非常に光栄です。 たくさんの方にコールいただいたおかげです。 ありがとうございました。

 

追加

私の故郷の所属クラブJR0YHFの大先輩が今回のKCJコンテストで抽選で当たる記念品に当選したようです。

KJCコンテスト記念品

おめでとうございます。

 

2014年全市全郡コンテスト

JARL主催の今年最後のコンテスト、「全市全郡コンテスト」に24時間参戦しました。 土曜日は朝から家族サービスで、ゴマを十分にすっておいて・・・・ 何しろ、24時間無線機の前から離れずにモールス信号を聞き続けるので・・・・、食事もカミサンに持って来てもらわないといけないので大変です。

参加部門は、昨年と同じく 7MHzのCWシングルオペ部門。

昨年僅差でCRPさんに負けたことをまたもや「ふつふつと」思い出しました。 今年は出ていなかったのか聞こえませんでした。 そういえばハムフェアでは全市全郡の日は都合が悪いと言っていたような・・・・・ まあ、不戦勝も勝ちは勝ちだし・・・・・ 笑

土曜の21時開始。 非常にコンディションが良く、期待に胸が膨らみます。 日付が変わるころにコンディションが次第に落ちましたが、昨年よりも100局位多いスタートになりました。 まじめに毎日聞いている訳ではありませんが、ここ最近このような夜の7MHzは無かったような気がします。

コンディションも0時を過ぎて落ちてきていたので休憩。 開始後3時間で昨年を100局も上回ったことで、気持も大きくなって、少し寝ることにしました。 1時就寝。

4時起床。 まだコンディションは夜のままで、あまり聞こえません。 6時ころにだんだんと開けてきましたが、途中でなぜかコンディションが急に悪化。 昼も午後も近場も遠方も聞こえず、なんとなく期待外れなコンディションになってしまいました。 昨年の結果のグラフを見ながら続けましたが、昨晩の100局ほどの貯金がどんどん無くなり、ついに5時ころには昨年のペースと同じになってしまいました。

最終的に、局数は昨年を超えましたが、マルチが全然だめです。 昨年の反省を振り返りながら参戦していましたが、コンディションがここまで悪いとどうしようもありません。

おまけにリグも、こういう大事な時に限って電源部分の調子悪くなるなど、散々でした。

たくさんの方に呼んでいただきました。 コンディションが悪く何度も「NR AGN」などを繰り返しましたが、お付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

2014年All JA0 3.5MHz / 7MHzコンテスト結果

本日S2より無事帰国しました。

家に帰ると、3月に実施された、JA0 3.5MHzコンテストと JA0 7MHzコンテストの賞状が届いていました。 このコンテストも結果が発表されていること認識していませんでした。

結果は次の通り、

3.5MHz 電信部門 新潟県内 3位

2014ja03_5 test results 2014ja03_5 test award

7MHz電信部門 新潟県内 3位

2014ja07 test results 2014ja07 test award

両コンテストとも新潟県内3位でした。 ありがとうございました。