「FT817ND」タグアーカイブ

FT-817ND外付けバッテリー2

FT-817NDを山に持って行って運用する際のバッテリーは、5年に渡り、このリチウムフェライトバッテリーを使っています。 このバッテリーは1kg弱でとても軽く、電圧も13V以上、電圧の自然放電もほとんどなく5年たった今でも重宝しています。

ハムフェアでも何人もの方に紹介してきました。

このように全く不満は無いのですが、一つだけ問題があります。 それはこれを持って飛行機に乗って行く場合です。 北海道や九州、四国、沖縄などで運用した際に、このリチウムフェライトバッテリーを持っていきましたが、2回ほど安全検査で足止めをされました。 確かにこのバッテリーが手荷物や預ける荷物にあるとちょっと不安になる場合があります。 実際には航空法で許可される容量なのですが、説明しても航空会社で確認するのにずいぶん時間がかかります。

このため、こんな電池も使いました。 単3型のニッケル水素電池10本で12.5Vを出すものです。 しかし、電圧も容量も不満です。 また電池の本数が多いことで一度に充電するときの充電器も2つ必要。 これではやはり不満が残っていました。

そこでいよいよリチウムイオン電池の18650を使うことにしました。 これは単3電池よりも大きく1本あたりの電圧は3.7Vです。 これを4本直列にすることで14.8Vを得ることができます。 私が買ったのは通常出回っている緑色のものではなく、NLA製の3700mAhのものです。2200mAh のものもあるようですがやはり大容量のものを買いました。 充電器はDutisonというメーカーのものでこちらもAmazonで買いました。 各電池一つ一つに個別に充電できるため安全性も高いです。

そして、電池のケースは秋葉原で実物をみて決めました。 Amazonで売っているものは電池ケースの様子から電源コードも細そうに見え、材質も不安だったので実物を見て買うことにしました。 結局Amazonと同じようなものしかありませんでしたので、電源コードは少し太いものに交換しました。

18650電池を充電し、直列のケースに入れて電圧を測ってみるとなんと16.6Vこれでは電圧が高すぎて、定格13.8Vを大きく超えるためリグが破損する可能性があります。

そこでAmazonでDC-DCコンバーターを買ってみました。 これが本日到着。 組み立てて電圧を調整すると入力が16.6Vに対し出力を13.8Vに調整できました。 DC-DCコンの表示を13.4Vに調整し、ちょうど出力13.78Vとなりました。

これでしばらく様子を見てみたいと思います。

もしかしたら18650電池の充電直後だけの高電圧かもしれませんので、その場合にはDC-DCコンをすぐに外せるようにPowerpoleのアダプターで接続するようになっています。 ステップダウン型のDC-DCコンは入力電圧に対し、出力が1.5V程度下までが上限電圧となるためです。

 

山梨県大月市岩殿山

山梨県大月市岩殿山(JCC#1706, SOTA#JA/YN-095)

台風12号が週末来ていました。 昨日の土曜日は関東地方も夜から風雨で大変でしたが、今日は台風一過で晴れるだろうと思っていたのですが少し違っていました。 今回の台風は普段あり得ない東から西に移動するもので、普通の台風とは違うようです。 まず朝起きて外に出るととにかく湿気がすごい。 通常は西から東に天気が移動する中で、台風が逆走するとおそらく西に行った台風の雲の残りが多く残っているのでしょうか、台風が過ぎてもどんどん天候が変わる感じです。

JR大月駅に7時40分に到着した時は大雨。 傘をさして岩殿山の登山口に向かいました。

岩殿山は岩で切り立った山です。

登山口までは駅から10分ほどで到着

大月駅からの登りは階段の連続で、山道ではありません。 登山口に着くと急に雨もやみ、晴れてきました。

しばらく登ると丸山に到着。 ここには「岩殿山ふれあい館」という展示施設がありました。

さらに登ると突然の雨、途中木の下で傘をさして雨宿りをしながら登りました。 台風一過の晴天を期待したのですが、ちょっと今回の特殊な台風の動きの中では甘かったようです。

しばらく登ると自然の岩のゲート。

これらの大きな岩はすべて「礫岩」、まるく削れた河原の石が粘土で固まったような石です。 こんな山の中の大岩になっているのは地層の褶曲で盛り上がってきたものなのでしょう。 普通の山のごつごつした岩とは全く違います。 このため浮き砂利では足が滑りやすいです。

途中で昨年の秋の大雨で起きた土砂崩れの跡がありました。

駅から1時間ほどでようやく岩殿山山頂の展望台に到着。

あいにく富士山は見えませんでしたが、大月市が一望できます。

最高地点にも行ってみましたがマイクロ波の中継設備がありました。

天気がころころ変わります。 時折雨も降ってくるので、展望台まで戻って東屋にアンテナを設置しました。

14MHzから運用を開始しました。

14MHzでは多くの局に呼んでもらいました。

  • 14MHz CW : 26 QSO
  • 144MHz FM : 6 QSO
  • 430MHz FM : 2 QSO
  • 430MHz DSTAR : 3 QSO

37 QSOとなりました。

12時にCLとして下山開始。 今来た道を戻っても面白くないので、「稚児落とし」の方向に向かうことにしました。

「稚児落とし」まで行く途中で、林間ルートと鎖場ルートを選べるのですが、せっかく来たので困難な鎖場ルートに行ってみました。 この結果、相当後悔することになりました。

こんな鎖場や

右はとんでもない崖です。 大したことないように見えますが10mほどの絶壁です。

こんなところがあります。 ここも左は崖。

これも10mくらいの絶壁、めちゃくちゃ怖い場所です。 写真には写っていませが、落ちたら崖を真っ逆さまです。

途中こんな通行止めの場所もあります。

何とかこれらの鎖場をクリアし、稚児落としまで向かいました。

ようやく「稚児落とし」まで到着。 この名前もそうなのですが、とても恐ろしい崖っぷちです。

この場所を向こう側の崖から見ると

ビビりまくりながら3時間半ほど歩き、ようやく大月駅まで到着しました。

岩殿山は大月の駅からも近く、大月から登るだけなら、たいした山でもないのですが、その先の「稚児落とし」の方を抜けて下山する方は相当注意した方がいいです。 道迷いになりそうな場所もいくつかあります。

本日のルート

そして高度です。 10kmほどの山行となりました。

とてもスリリングな山でしたが、そこがまた楽しい山行となりました。 でもこの山、特に「稚児落とし」のほうまで行く計画をする方は決してこの山をなめてはいけません。 鎖場方向には、ものすごく怖い場所がいくつかあります。

 

奈良県御所市大和葛城山

奈良県御所市大和葛城山(JCC#2408, SOTA#JA/OS-001)

昨日までの関ハム出展を終え、今日は昨年同様、関西地区のSOTA山に登ってみました。 行く先はいろいろと考えましたが、最終的には大阪府最高峰、大和葛城山、標高959m、SOTA JA/OS-001に登ることにしました。

朝5時に起床、ホテルに荷物を預けて、電車を乗り継いで富田林駅まで。 予定よりも早く着いたのですが、乗るバスを間違えてしまいました。 バスの運転手さんによると15分ほどで正しいバス「水越峠行」が来るので、途中でベンチのあるバス停で降りることにしました。 そこまでの料金は150円ですが、100円払って残りを両替したのに、「もう、ええわ払わんでも。」ということ50円は要らんということでした。 関西の人は本当にやさしい・・・・人情にあふれていますね。 だから関西が大好きなのです。

あとからきた水越峠行のバスで終点「水越峠」まで。

下車して、早速歩き出しました。

水越峠から大和葛城山までの登山道は、とにかく最初がきついです。 しばらくすると尾根伝いの道になり楽ちん。

上の写真は山頂付近ですが、5月にはこの山一面がつつじで満開になるらしいです。

ようやく山頂が見えてきました。

暑くてばてながら登りましたが、2時間ほどで山頂到着。

山頂にはこんなモニュメントがありました。

大和葛城山の山頂はとても広くどこでもアンテナが建てられますが、逆に木がないのでダイポールは場所探しに苦労しました。

とりあえず、良い場所を見つけてアンテナ設営。

快晴です。 日陰はありません。

リグの熱暴走を守るのに自分の帽子を貸してあげたので、自分は炎天下の中で運用することになりました。

11時ちょうどからスタート。 いつものように14MHzからどんどん上がっていきましたが、多くの人に呼んでもらいました。

  • 14MHz CW : 16 QSO
  • 18MHz CW : 7 QSO (うち1局がニュージーランド)
  • 21MHz CW : 15 QSO
  • 50MHz SSB : 2 QSO
  • 430MHz FM : 19 QSO

合計 59 QSOとなりました。

JH3JFF局には帰りの時間まで気にしていただき、水越峠から車で送っていこうかとのことでしたが、すでに同じルートを戻る時間もなく、反対側の奈良県側に下山し、途中からロープウェーで帰る予定だったので、ありがたいお申し出でしたがお断りし、奈良県側に下山。

ロープウェーの下山駅から約4キロを歩いて「近鉄御所駅」まで1時間、これも超炎天下を歩いて帰りました。

暑い一日ですが、多くの局に呼んでもらいました。 あらためてこの3日間ありがとうございました。

 

福井県福井市国見岳

福井県福井市国見岳(JCC#2901, SOTA#JA/FI-054)

今日は会社の休日で週末は三連休。 北陸に遊びに来ています。

羽田空港から小松空港まで飛行機を使いました。 途中で黒部、立山連峰がすぐ下に見えました。

素晴らしい快晴です。

小松空港に到着してからレンタカーを借りて、本日のSOTA目的地、国見岳まで行ってみました。 国見岳は車でも登れる超お手軽SOTA運用です。

山頂にはキャンプ場がありました。 その一角にアンテナを張って11時から運用。

14MHzから始めましたがクラスターにも載せていただいたようで、平日ですが猛パイル。

本日の成果。

  • 14MHz CW : 26 QSO
  • 18MHz CW : 5 QSO (うち1局はオーストラリア)
  • 21MHz CW : 4 QSO

1時間弱の運用時間でしたが、合計35QSOとできました。

その後は、カミさんと東尋坊まで行ってみました。

最初はそれほど怖くもないと思いましたが、崖に近づくと足がすくんでしまいました。

明日は金沢、SOTA運用はできませんが、D-STARは聞いています。

 

沖縄県南城市糸数城

沖縄県南城市糸数城(JCC#4715, SOTA#JA6/ON-048)

妙山での運用の後は南城市に向かいました。

糸数城の近くでソーキそばを食べました。

その後は糸数城跡の近くで運用。

さんぴん茶を飲みながら運用しました。

14MHzではクラスターにあげてもらったようで、とんでもないパイルアップになりました。 うれしい悲鳴です。

しばらく運用したあとJS6TMW Steveさんが遊びに来てくれました。 すぐ近くにもう一つSOTAポイントがあるから430MHzでS2Sをやろうということですぐに出かけていき、S2SでQSOをした後戻ってきていろいろと話をしました。 沖縄に住んで14年だそうです。 日本を好きになってもらえるのはとても光栄ですね。

糸数城跡を案内してもらい、記念撮影。

関西ハムフェスティバルで再会しましょうと約束しました。

糸数城での成果です。

  • 14MHz CW : 31 QSO
  • 18MHz CW : 5 QSO
  • 21MHz CW : 10 QSO
  • 24MHz CW : 1 QSO
  • 28MHz CW : 1 QSO
  • 430MHz FM : 1 QSO

合計 49 QSO

このEsシーズンに沖縄出張がはいるという絶好のタイミングでした。

月曜の仕事の後、帰宅しました。

 

沖縄県うるま市妙山

沖縄県うるま市妙山(JCC#4713, SOTA#JA6/ON-038)

月曜に朝から沖縄での仕事があり、前日から出張となりましたがどうせなら朝一で沖縄入りしてSOTA山に登ることにしました。

6時半羽田発の飛行機で那覇空港着が9時。 自分でレンタカーを借りて目指すは妙山、標高は201mの低山です。

レンタカーも1日使うだけですが2900円+保険と一日分の100kmのガソリン代で1600円でした。結構安いですね。

妙山には石川高原展望台という場所があります。

この展望台の駐車場に車を停めて写真のような階段状の登山道を登ります。

10分ほどで山頂に到着。

キノコのような展望台がありました。 ここからの眺めはこんな感じ

早速アンテナを設営したところ、忘れものに気づいて、もう一往復しました。 暑いので大変です。

残念ながら50MHzは開けておらず、14MHzから始めました。

21MHzに移ってからはSSBも運用。 大阪で葛城山で運用しているMasacoさんからも呼んでいただきました。 MasacoさんのSOTA運用は今日が初めてでJP3DGTさんに引率していただきました。 次のFBニュースが楽しみです。

また沖縄在住のJS6TMW SteveさんからCWでコールがあり、次の糸数城で会いましょうということになりました。

妙山での成果

  • 14MHz CW : 17 QSO
  • 21MHz CW : 2 QSO
  • 21MHz SSB : 5 QSO

合計 24 QSOとなりました。

13時過ぎに撤収し、すぐに次の南城市、糸数城跡に向かいました。

 

東京都港区移動

東京都港区(JCC#100103)

今日は朝から晴れるのか雨なのかよくわからず山行は計画していませんでしたが朝から晴れ。 今週6mも2mもEsで大オープンがあったようですが仕事中では当然QRVもできません。

今日もコンディションが開けるかな思い、いつもの公園に出かけてみました。

昼頃に沖縄が50MHzでオープン、北海道も聞こえていました。

のんびりとQSOを楽しみました。

  • 50MHz SSB : 6 QSO (1局は沖縄)
  • 50MHz CW : 2 QSO
  • 28MHz CW : 1 QSO
  • 430MHz FM : 3 QSO

合計 12QSOでした。

しばらく運用していると、突然海岸警備隊の船が何艘もレインボーブリッジの下を通過し沖に向かっていきました。

とてもたくさんの人が乗っていましたので何かのセレモニーだと思いましたが、海上保安庁の発足70周年の観閲式があったようで、TVのニュースで報道されていました。

明日は朝一のフライトで沖縄に向かいます。 昼前からQRVできると思います。 明日一日で2山からQRVします。 聞こえていましたら是非コールお願いします。

 

新潟県柏崎市刈羽黒姫山

新潟県柏崎市刈羽黒姫山 (JCC#0805, SOTA#JA/NI-076)

一晩明けて今日は刈羽黒姫山(以下黒姫山)、標高891mに登ります。

黒姫山は米山よりも標高は低いですが米山よりも内陸側にあり、柏崎市でも雪の多い高柳地区で、おそらく米山よりも残雪が多いはず。

今までに何度か運用したことのある、黒姫キャンプ場の近くに車を停めました。 キャンプ場入り口もこんな感じで残雪で車は入れません。

やはり昨日の米山とは雪の量が違います。

ところどころ雪の無いところもありましたが、そんなところにはフキノトウやすみれの花、カタクリの花が咲いていました。

どこが登山道かわからない状態で迷いそうな感じもしました。 というよりも迷いながら登る感じです。 ピンク色のリボンなどもなく勘だけが頼り。

一面銀世界のようなところです。 ただ一人だけ先行している方の足跡がありました。

だいぶ登りました。 あと一息。

登り始めて1時間半、ようやく黒姫山山頂、891mに到着。

山頂からは米山のような360度の展望ではありませんが、すばらしい絶景です。

山頂には避難小屋もありました。

しかし、登っている途中からですが、とにかく小バエが多く大変です。 しかも刺されるので大変。 絶えず動きながら小バエを追い払いながらアンテナ設営。

黒姫山のシャック

14MHzから運用をスタート

  • 14MHz CW : 2 QSO (北米とニュージーランド)
  • 18MHz CW : 1 QSO (オーストラリア)
  • 21MHz CW : 4 QSO (ニュージーランドとオーストラリア3局)
  • 28MHz CW : 1 QSO
  • 50MHz CW : 5 QSO
  • 50MHz SSB : 6 QSO
  • 144MHz FM : 9 QSO
  • 430MHz FM : 2 QSO

合計30QSOとなりました。

とにかく小バエの数が尋常ではなく悩まされたのですが、多くの局に呼んでもらえました。

2時に撤収して下山開始。 登りとは違って今回は後から登ってきた人がすでに下山していたので足跡をたどるだけで簡単に下山できました。

本日のルート

高度です。 登りでGPSのスイッチを入れ忘れてしまい、下山部分だけです。

下山後は高柳の「じょんのび村」で温泉につかり、すっきりしたところで十日町の「うれっ子」で焼きそばをたべて帰路につきました。

 

新潟県柏崎市米山

新潟県柏崎市米山 (JCC#0805, SOTA#JA/NI-064)

小千谷の山本山で少し運用した後、柏崎の米山に向かいました。 これは下山して夕方取った米山の写真です。

登り口は柿崎側の水野林道登山口、こちらは南側斜面なので雪も少ないためです。 水野林道ではこんな車一台がようやく通れるくらいの雪が残っていました。

登山口の駐車場に車を停めて登山開始。 山道脇にはカタクリの花が咲いていました。

登り始めまてすぐに谷筋では雪が多く残っている中を登りました。

日当たりのよいところは雪がありませんが、登るほどに日当たりのよい場所に雪が出てきました。 米山は多くの人が登る人気の山なので整備されて道がわからないことはないのですが、雪の圧力でやぶが山道をふさいでいるところが多いので登るのは大変でした。

遠く向こうに明日登る予定の黒姫山(刈羽黒姫山)が見えました。

ようやく山頂の避難小屋が見えました。

登り始めて2時間、12時半ころ米山山頂、993mに到着。

米山薬師です。

山頂は日当たりが良いので雪は一部を除いて全くありません。

上越市側、写真では写っていませんが遠くに立山が見えていました。

こちらは北の柏崎側です。東京電力の柏崎原発の向こうには番神岬、弥彦山も見えました。 懐かしい景色です。

早速アンテナを設営。 登山客も多く目立たないところで6mのダイポールとHFのギボシダイポールを設営。 VUのGPも取り付けました。

米山山頂のシャック。 山頂に雪がないので助かりました。

HFはなかなか呼ばれず50MHzとVUを中心に運用しました。

  • 21MHz CW : 1 QSO (オーストラリア)
  • 50MHz SSB : 11 QSO
  • 50MHz CW : 2 QSO
  • 144MHz FM : 5 QSO
  • 430MHz FM : 4 QSO

合計23QSOとなりました。

下山の途中でハンディ機でメインチャンネルを聞きながら下りてきたのですが、145.00MHzでCQを出しているJJ0TXI局がおり、非常に強い。 声をかけてみると登山道の駐車場で八木アンテナを上げて運用しているとのこと。 まさに今下りていく駐車場です。 隣にモービルホイップアンテナのついている湘南ナンバーの車あるとのことで、これから下山するから待っていてくださいと声をかけて下山、JJ0TXI局とアイボールとなりました。

駐車場と山頂のピストンですが、ルートはこんな感じです。

こちらは高度

念願の思い出深い米山からのSOTAアクティベーションができました。

 

新潟県小千谷市山本山

新潟県小千谷市山本山(JCC#08081, SOTA#JA/NI-185)

5月の連休初日はゴルフでした。 帰宅してから仮眠を取り、深夜に新潟に向けて出発。 圏央道で鶴ヶ島JCTから関越道に乗り新潟に向かってひた走りました。

塩沢石打SAで仮眠。 朝5時に目が覚めて、まっすぐに柏崎の米山に向かうのではなく途中、小千谷市の山本山に行くことにしました。 山本山は標高336mの低山で車でも登ることができます。 山本山の山頂は公園のようになっており展望台がありました。

この展望台の上から見ると信濃川から上がる水蒸気で霧が発生し幻想的な感じです。

展望台の上は風が冷たいので、公園のベンチでアンテナを設営して早速運用。

すぐに北米からコールがありました。

  • 14MHz CW : 4 QSO (うち1局が北米)
  • 18MHz CW : 2 QSO 北米
  • 21MHz CW : 1 QSO オーストラリア

7 QSOとなりCLとしました。

次の米山に向けて出発。