FT-817ND放熱対策

昨年9M2やLAにおいて、FT-817NDで5W運用をしていたのですが、結構CQを連続して出すことになるので、FT-817NDが相当熱を発生します。

5Wとはいえ、これだけ小さなリグで、しかも消費電力削減のためファンなどの能動的な放熱装置がありません。 FT-817NDのケース骨組みはアルミダイキャストで出来ており、ファイナルトランジスタが放熱のために、このダイキャスト製のフレームに取り付けてあるのですが、ケース自体が小さく放熱の効率も悪そうです。 特に、ファイナルの位置に近い右側の後部ダイキャストは、30分も5W CWでCQを出し続けていると、熱いなどというものではなく、触れないくらいになります。 私はホテル等の屋内での移動運用では外部電源としてPC用のDC電源アダプターを使っておりますが、この電源の出力電圧が15Vで、一応FT-817NDの許容電源電圧の範囲に入っているものの、標準13.8Vからは高めの電圧であり、さらに発熱が気になります。

触り続けることが出来ないという温度ですから、おそらく70度以上になっているものと思います。 もともとポータブル運用で、短時間の運用が想定されているのでしょうから、CWで何時間も運用するのは非常に過酷な条件となります。

そこで、このような運用状況のために放熱対策を考えてみました。

FT817_heatsink1

準備したのは、DIYの店で売っている、ステンレス製の肉厚のL型金具2個と、FT-817NDに接続するI型金具、蝶ボルト、蝶ナット、ワッシャーのみ。

ちょっと不恰好ですが、ファイナルが飛ぶことを考えれば、精神的に楽です。

ft817_heatsink2

L型金具を組み合わせてI型の金具との間で、アルミダイキャストフレームを挟むだけです。

ft817_heatsink3

上から見ると、下の写真のようになり、L型金具が2枚合わさった部分の剛性が、I型金具よりも、とても大きいので、L型金具がフラットにアルミダイキャストに触れるようになります。 両側の挟みこむ金属が、等しく剛性のあるものだと、接触面が点や、線となり、放熱効率も上がらないので、剛性のある部材と普通の部材の組み合わせが良いようです。

ft817_heatsink4

シリコン熱伝導グリスを塗るともっといいのでしょうが、持ち運びのために取り外すようにしていますので、何も塗布せずに直接L型金具を面でダイキャストフレームに触れさせているだけです。

ft817_heatsink5

ヒートシンクだけだとこのような単純な構造です。

ためしにCQを40分ほど連続で出してみましたが、ダイキャストフレームに触れる部分は、温かいが先端は、冷たいくらいです。 ダイキャスト部分に触った感触では、ヒートシンクが無い場合より、温度も下がり、触り続けることが出来ます。 おそらく、50~60度くらいに落ちているものと思われます。

外付けFANでの強制空冷も考えましたが、やはり消費電力ゼロでの自然空冷のほうが、このリグには合っていると思います。

 

JARL役員について

私は、今年のJARL通常選挙でJA0OZZ 伊部雅一氏を応援していますが、

「JARLは前納会員制度を廃止しておきながら、役員は減給されているのか?」

というご質問を受ける場合があります。

1年ほど前に、JA0OZZとコンテストで新潟の山に移動していた時に、JARL役員の待遇について聞いてみたことがあり、それまで私もあまり知らなかったこともあり、少々驚くとともに、相当の覚悟がないと、JARL役員は務まらないものだなと、その時にあらためて思いました。 この件については、結構ご存知無い方もおられると思いますので、上記のようなご質問をくださる方の誤解を解くためにも、下記の通り解説しておきます。

まず、JARLは会長、副会長も含め、役員報酬というものは一切ありません。 手弁当で活動をされています。 ただ役員の中で唯一、事務局常駐の専務理事だけは報酬が出ているようです。

また、交通費についてもJARLからは最低限だけしか支給されません。 最低限という意味は、役員は理事会に地方から出席する時に 新幹線の利用は可能ですが 自由席分しか支給されていないということでした。

さらに、理事会はたいてい、2日間に渡って実施されるようですが、宿泊費も出ませんので、地方から来られ、宿泊が必要な方は、これも自腹、自己解決するしかありません。 さらに、事務局との電話代も出ないようです。

だからなんだ、好きでやっている訳だろう・・・・、と言われるかもしれませんが、まさしくその通り、好きでやっているわけです。 そして、それは生半可な「好き」ではありません。 まともなJARLの役員の方のJARLを改善しよう、未来につなげようという信念は、それほどの強さを持っているものなのです。 口先だけでJARL改革を唱え、あれもやってきた、これもやってきたなどと言いながら、実情は決議に賛成しただけで何もしていないとか、そもそもJARLの費用削減に反対しているような人間は別ですが。 おそらく、そのような人はJARLとは関係のない何かに興味を持っているのでしょう。 この典型が旧体制および、いまだにその影響を受けている人だと思っています。

今年のJARLの選挙について書くのは、これで最後にしようと思っています。 皆様くれぐれも投票に際しては、その人間が今まで何をやってきたのか、何ができる人間なのかを良く見極めていただいた上で、投票をお願いします。

そして、その筆頭の候補となる人間は、JA0OZZ 伊部雅一 だと思っています。 よろしくお願いします。

 

JARLウェブサイトについて

このたび、新生JARLの jarl.com が新たに再構築されて公開されました。

これを機に、現在の複雑なJARLのウェブサイトについて整理しておく必要があろうかと思います。

JARLは2013年11月まで、下記のURLでサービスを行ってきました。

  • jarl.or.jp : JARLからの情報の展開(JARLの紹介、コンテスト規約、結果発表、地方での行事紹介など)を目的に構築されていました。
  • jarl.com : JARLのインターネットサービス(e-mail転送、会員のウェブサイト紹介など)会員相互のコミュニケーションを目的に構築されていました。

これは、過去何年にも渡り、ある会社に年間数千万円という費用で委託運営されてきたようです。

しかし、前納会員制度も破綻するほどJARLの財務状況は疲弊している現在、当然ではありますが経費の削減が叫ばれて、この費用にもメスが入り、他社との見積もりを比較し、新たな委託会社への移管という形になりました。 JARLを正しく健全に運営するためには、当然の判断であろうかと思います。

しかし、この旧委託先の会社および一部の旧体制はこれを不服として、(旧委託会社はともかく、なぜ旧体制がJARLの費用削減に反対するのかは理解できませんが・・・・)、依然として「旧JARLのウェブサイト」をそのまま更新もされぬまま放置しています。 これがjarl.or.jpです。 jarl.comについては会員のデータベースがjarl.or.jpにあったため、結局jarl.comでのインターネットサービスも中断していたようです。

新生JARL(一部の反対している人間は別ですが)は、2013年11月に、新たにjarl.orgというURLを取得し、元のjarl.or.jpと同じようにJARLからの情報展開に使用してきました。

つまり2013年11月から現在まで、

  • 新生JARL公式の jarl.org と jarl.com(一部のインタネットサービスは昨日まで中断)

そして

  • 何故かいまだに運営を継続している jarl.or.jp (昨年11月以降、更新はされていません)

の2つが存在しているわけです。

そして、昨日、新生JARLによって jarl.comでのインターネットサービスが再構築され、サービス再開となったわけです。

 

まとめ

jarl.org と jarl.com  はどちらもJARL公式のURLです。

jarl.or.jp は現在JARLとは関係の無いサイトです。

実はこの旧サイトにはJARLへのクレジットカードでの支払いもできる(できた)ようになっていたために、いまだに会費の支払いプロセスへのリンクがあります。 このリンクにはエラーが出て行けないようですが、皆様、くれぐれも間違えないように注意してください。

このような、異常な状態が一刻も早く解決してくれることを期待します。

 

JARL平成26年通常選挙

今日は、このサイトを見ている皆様にお願いがあります。

JARLの平成26年の通常選挙の投票用紙が近日中にJARL会員に送付される予定です。

「この選挙において、全国区理事候補 JA0OZZ 伊部雅一に、ぜひとも皆様の一票をいただきたくお願いします。」

JA0OZZ 伊部雅一氏は私の故郷、新潟県柏崎市の同朋、現在も同じクラブに所属している、現JARL副会長です。

皆様、ご存知のとおり、JARLは過去10何年、大変な時期にあります。 特に今年になってから実施されたJARL前納会員の廃止は、現JARL幹部にとっては苦渋の決断だったものと思います。

でも、なぜこのような事態になってしまったのか、低金利時代に入ったから? アマチュア無線に代わるインターネットの発展で会員数が減ったから?  それらも一つの理由でしょうが、私はそれが問題の本質とは思っていません。 もっと早く決断し、改善策を打てていたなら、前納会員の方が支払った金額の全額とはいかなくとも、幾ばくかでも返却したあとに、現在の体制になることもできたはずです。 前納会員制度の破綻があらかじめ解っていても、そうしなかったのは、まさに旧体制の責任以外の何物でもありません。 一部のアマチュア無線の本質を理解しない人間が権力を持ち、その周りでこの権力に媚び、過去の惰性に流され、改革のことを一切無視し続けたから、このような事態に陥ったものです。 だから、一時はアマチュア無線人口が世界一となり、素晴らしい無線装置を開発設計し、市場に投入している国であるにも関わらず、日本のアマチュア無線連盟が弱体化してきた背景はここにあると思います。 アマチュア無線連盟を引っ張っていくリーダーはアマチュア無線をやる人間であるべきです。 そうでないと我々アマチュア 無線を愛する人間の気持など理解できるはずがありません。

このとんでもなく、複雑で混沌としたJARLの構造に立ち向かったのが、まぎれもないJA0OZZ伊部雅一氏です。 一昨年から始まった大きなJARL内部の自浄化の動き、旧体制を排除し、無駄な費用を削減し、あらゆる過去の好ましくない構造を断ち切るべく、動いてきた中心は JA0OZZ伊部雅一氏です。

旧JARLの退廃は、まさに一部の人間が「アマチュア無線」というものを、別の興味の対象として利用してきたためであり、結果としてJARLの今日の衰退した姿があります。 いまだに旧体制は現役のJARL役員に影響力を及ぼし、今までの惰性による流れを継続させようとしているようです。

考えてみてください、なぜJARLのウェブサイトが2つも存在しているのか? なぜ30%のコスト削減が可能なJARL事務所の移転に反対する人間がいるのか? これらはすべて過去に縋ろうとする一部の人間のなんらかの思惑であり、それを断ち切ろうとする「改革」、「自浄」に対しての反対行動からきているものと思われます。

これらをすべて断ち切っていかないと、新たなJARLも、新たなアマチュア無線の世界も広がりません。 皆様、どうかそのことに早く気が付いていただきたいと思います。 いまだに、この旧体制の影響を受けているような人間に投票すべきではありません。 旧体制の人間があと何年、影響力を持 つものかわかりませんが、たとえその人間の影がうせても、その考え方の延長線上で行動する人間がJARLに存続する限り、このJARLはいつまで たっても、健全な体制に自浄することなどできません。

JA0OZZ 伊部雅一 この男は我々の期待を絶対に裏切りません。 実績が証明しています。 健全な、未来のあるJARLのために、今まで誰がどういう活動をしてきたのかを見極めていただき、ぜひとも皆様の清き一票を、全国区理事候補のJA0OZZに投票していただきたくお願いします。

http://www5c.biglobe.ne.jp/~an_ocean/JARLtop.html

JH0CJH

 

神奈川県足柄上郡山北町大野山山頂

神奈川県足柄上郡山北町大野山山頂(JCG#11002E)

今日は、山北町の大野山に登ってきました。

大野山は標高723m、小田急線、新松田駅まで行って御殿場線に乗り換え、谷峨駅で下車。

yaga-stn

谷峨駅からは、もう大野山が遠くに見ることができました。

oonoyama

大野山山頂は牧場になっているので、真ん中のなだらかなハゲ山が大野山です。

谷峨駅には、朝7時に到着。 谷峨駅からはそのまま歩いて登山開始。 東名高速の都夫良野トンネルの上を通って登ります。 途中では富士山がとてもよく見える登山道でした。 下の写真では右が富士山、左に金時山が見えます。 そして左下にある集落は先ほどの谷峨駅のあるところです。

oonoyama2

朝、9時に大野山の山頂に到着。 まだ寒いからでしょうか、牧場に牛はいませんでした。 山頂からは富士山、伊豆大島、江の島、三浦半島、房総半島、丹沢湖、丹沢山系と360度の展望です。

oonoyama5

今日はGPSも持って行ったので、マップと高度も計測しました。 谷峨駅から山頂までの道のりです。

oonoyama_map

oonoyama_alt

山頂に到着した後は、さっそくアンテナを組み立てて、9時20分から50MHz CWでスタート。

oonoyama3

富士山を目の前に、最高のロケーションです。

oonoyama4

しかし、10時ころから風が出てきて寒い寒い。 我慢しながら、結局14時まで運用しました。

ロケーションは最高ですが、今日は3連休の中日であまり人がいないのか、呼ばれ方は、少々しょぼいものでしたが、最高の青空の下、景色の中での運用で、楽しい一日でした。 コールいただきありがとうございました。

今日の結果

  • 50MHz CW : 9 QSO
  • 50MHz SSB : 20 QSO

合計 29 QSOとなりました。

連休で移動運用されている方も多く、私はご覧のQRP 5Wと5m高のダイポールアンテナですが、最長距離は奈良県生駒郡、次が愛知県豊田市でした。

それから、本日の歩数は19,180歩となりました。

 

フィンランドでのライセンス取得方法

スウェーデン、ノルウェーでのライセンス取得は極めて簡単で、各国の監督官庁に届けるだけでした。 フィンランドについては渡航計画が一時浮上してきたために一応確認してみましたが、スウェーデン、ノルウェーとは多少違っています。

今後フィンランドでの運用を計画している方のためにもそのライセンス取得方法を下記の通り共有しておきます。 尚、この情報は2014年1月のものですので変更になる可能性がありますので、実際に申請するときには確認が必要です。

フィンランドでアマチュア無線のライセンス発給を行っているのはFICORA (Finnish Communications Regulatory Authority)です。

申請用紙はここにあります。 リンク切れの場合はここ

このサイトの “Annex: Radio licence application for short term use (dot, 152 KB)“ というドキュメントをダウンロードして必要事項を記入します。

ficora

そのほかはいつもの通り

  • パスポートのコピー
  • 従事者免許証のコピー と英文証明
  • 無線局免許状のコピー と英文証明

を提出します。

審査はほかの北欧と比べて厳正です。 その後、フィンランドでの運用を許可する許可証と振込用紙が郵送で送られてきます。

支払は18Euroです。

oh_jh0cjh

運用許可証にある使用コールサインはOH/JH0CJHです。 しかし注意書きとしてAaland島で運用する場合に限りOH0/JH0CJHのようにOHの次にゼロを追加するように指示があります。

 

シンガポールでのライセンス取得方法

しばらく時間があいてしまいましたが、シンガポールでのアマチュア無線ライセンス取得方法については、昨年10月にトライしましたが、時間切れでライセンスの取得まで行きませんでしたが、今回ライセンス取得までの手続きを追記しました。 下記URLの後半部分です。

シンガポールアマチュア無線ライセンス取得方法

9v1_jh0cjh

 

神奈川県高座郡寒川町

神奈川県高座郡寒川町(JCG#11004A)

今日は午前中はいろいろと家の用事でした。 天気も良く、午後からは、リクエストをもらっていた寒川町の相模川河川敷に行ってみました。

多少風はありましたが、自作タイヤベース「いごねっか」も無事仕事をしてくれました。 自作タイヤベースの名前は「いぐろ」から今回の補強改造に合わせて、名前を「いごねっか」に変更しました・・・ 笑

samukawa-t

午後からのスタートで、しかも平地移動でしたので、あまり呼ばれませんでしたが、リクエストをいただいた局とはQSOできました。

  • 50MHz CW : 8 QSO
  • 50MHz SSB : 11 QSO

合計 19 QSOでした。

 

神奈川県横浜市港南区

神奈川県横浜市港南区(JCC#110111)

弘明寺公園での運用をお昼に切り上げた後は、京急線で弘明寺駅からひとつだけ先に行った上大岡で下車。 上大岡の駅から、久良岐公園のほうに向かって歩きました。 このあたりは坂が多くアップダウンで結構大変でしたが何とか久良岐公園に13時に到着。 結構高台の森林公園でウグイスが鳴いていました。

kounan-k1

周りには住宅街が広がっていますが、森林公園の中には、こんなベンチもあり、ちょっとした山頂気分で運用できました。

kounan-k

13時過ぎから運用し、14時過ぎにはCLとしました。 そのあとは、今度はJRの磯子駅まで歩いていき、帰宅となりました。

今日は京急上大岡駅から、JR磯子駅まで歩きましたが、見知らぬ街を歩き回って、ロケの良さそうなところで運用するのも楽しいものです。

港南区での運用結果

  • 50MHz CW : 4 QSO
  • 50MHz SSB : 12 QSO
  • 50MHz AM : 1 QSO

合計17 QSO

 

神奈川県横浜市南区

神奈川県横浜市南区(JCC#110105)

暖かくなりました。 気がつけばお彼岸まであと1週間、桜のつぼみも膨らんできているようです。

今日はカミサンに車が取られてしまったので、電車+徒歩で移動してみました。

場所はリクエストのあった横浜市南区。 京急線の弘明寺駅の弘明寺公園に出かけてみました。

miniami-k

弘明寺公園の中にある展望塔にさらに5mのポールを取り付けてダイポールをあげました。

展望塔自体の高さもあるので、30m高のダイポールです。

minami-k3

朝、9時半に到着し、10時ころから50MHz CWで運用スタート。 途中で近所の幼稚園生くらいの男の子がおばあちゃんと一緒に登ってきましたので、無線の説明をしてあげました。 不思議そうに見ていましたが、途中から興味の対象が、どうも私の持っていたスマートフォンのほうに移ったようで、何のゲームが入っているのかとか質問攻めになってしまいました。

先週移動したみなとみらい地区が良く見えました。

minami-k2

ロケは非常に良いのですが、あまり出ている人が少なかったようです。

  • 50MHz CW: 16 QSO
  • 50MHz SSB : 4 QSO
  • 144MHz FM : 1 QSO

合計21 QSOとなりました。