アマチュア無線の移動運用が禁止か?

コロナウィルスの蔓延する今、世界中で数々のイベント、そして人々の移動を禁止する動きが広まっている。 このような中で、ある情報スジから、なんとアマチュア無線の移動運用が禁止されるという情報を得た。

これはこんな感じや、

こんな感じで移動運用を楽しんでいる一部の無線家にとっては大問題になりそうだ。

早速、毎年この季節に登場いただいている情報ツウのクリス社長に本件の信憑性について確認インタビューを行った。

記者「クリス社長、今回の移動運用が禁止されるという情報は本当なのでしょうか? アマチュア無線で移動運用ができないと困惑する方がだいぶいると思いますが?」

クリス「ソレハ、ホントです。ウソ通が・・・・あ、違う、ソウ通が、本日正式に発表する予定ですネ。」

記者「なぜソウ通はそんな規制を?」

クリス「ご存知のように、新型コロナウィルスは高齢の男性が罹患する確率が高いデスネ。」

記者「はい・・・そんなニュースもありますね?」

クリス「アマチュア無線をいまだにやっている人の大半は、ジジ・・・あ、いや、高齢の男性デス。 つまり新型コロナウィルスは、ジジ・・・・・あ、いや高齢者の男性ばかりのアマチュア無線家にはトテモ危険な存在なのですね。」

記者「なるほど、では移動運用が大好きなアマチュア無線家はどうしたらいいのでしょうか?」

クリス「山に登れないから、家の中から無線で叫ぶしかないですね・・・・・ コロナ~、来るな~」

記者「・・・」

私も含めたジジ・・・・あ、いや高齢の男性の皆さん、くれぐれも新型コロナウィルスには注意しましょう。 せっかく山に登ったり、遠くの地に移動しても、誰も呼んでくれいないような世界など想像したくありません。 ソウ、あなたから呼んでもらえること・・・それだけが楽しみなのです。

しばらくは外に出るのは我慢の時です。 そして、どうぞご自愛ください。

 

8J0K始動

故郷、新潟県柏崎市の米山HFクラブJR0YHFが今年の年末まで「柏崎市政80周年記念局」として8J0Kを運用します。

柏崎市役所や総通への手続きをお願いし、3/26付けで「8J0K」の免許が下りました。 皆さん聞こえていたらよろしくお願いします。

私も時々このコールサインでQRVしてみようと思います。

 

JA1NMH局SK

JA1NMHキンコンさん、

仕事の上でも、趣味の上でも本当にお世話になりました。 3月19日にSKされたとの訃報が知らされました。

中東、特にパキスタン、インダス川流域でのマイクロ波の異常電波伝搬対策の第一人者であった有識者です。 趣味の上でもいつも付き合っていただき、横浜金沢区からようやく静かにゆったり暮らせる茨城に移ったばかりだったのに、本当に残念です。

つい昨秋も茨城から町田まで飲み会に遠路駆けつけていただきました。 ご冥福をお祈りします。

2015年8月、中央がJA1NMHさん

2019年全市全郡コンテスト入賞

昨年の10月に参加した全市全郡コンテストの結果が発表になりました。

最近はコンテストはあまり出ていないのですが、この日はたまたま1200MHzのリグとアンテナを持って近くの小高い丘に登ってみたのですが、全市全郡コンテストの日で少しだけ出てみたのですが、入賞していたようです。

時間も短時間だったのですが、思わぬ棚ボタです。

 

Swap Memory浪費

自宅サーバーネタです。

今年の1月からCentOS7で新たにサーバーを構築し運営していますが、変更してからSwap Memoryの増加に悩んでいました。

こんな感じで大体1週間くらいでどんどんSwap領域が食いつぶされて最後はシステムダウン。 このため強制策として、Swapメモリーの解放スクリプトを作成し、定期的に実行するようなこともやってみましたがすぐに増大したSwap容量に戻ってしまう現象が起きていました。 実メモリーを大量に消費しているプロセスの原因かと思い、強制的にSwapメモリーを解放するスクリプトにこのメモリー消費の大きなプロセスの再起動も組み込んで見ましたがこれでもNG。

実行プロセスのリストを見るとそれぞれのメモリー消費容量は少ないものの同じ名前のプロセスがズラーと大量に並んでいることを発見。

これが原因でした。これは我が家のネットワークは浮動IPアドレスを使っているので定期的にIPアドレスの監視とDDNSに通知する必要があるのですが、一度起動すれば定期的に監視と通知をしてくれるのに、プロセスを定期的にひとつづつ起動開始しているのでした。 完全な間違い。 このCronでの定期実行をやめることでSwapメモリーの浪費は止まりました。

前CentOS5でサーバーを運用していた時は当然、こんなことしていませんでしたので、まったく私の勘違いというオチでした。歳は取りたくないものです。

 

reCaptcha導入

ブログのコメントのスパム対策としていろいろとやっています。

まずはAkismet これはコメントを投稿した相手のIPアドレスや内容、言語などを検知し、スパムコメントとしてフィルタリングをかけるもの。 精度は相当高く、ほとんどのスパムをフィルタリングしてくれます。ただスパムフォルダーにはスパムコメントが大量に溜まります。このため定期的に溜まったスパムを捨てる必要がありました。 Akismetだけの対策では1日数百のスパムがフィルターされていました。

次にスパムの書き込みそのものを減らす目的で追加で導入したもので、Captcha機能と言われる人間でしか読めないような、こんな感じのキャプチャコードと言われる文字や数字を投稿者に入力させるものです。入力させられるほうも面倒くさいですよね。

でも、これによってボットによるスパムコメントをだいぶ減らすことができました。 しかし、これでもどんな仕組みを使っているのか判りませんがスパムが増え始め、1日に10通ほど来るときもありました。ほとんどが、その後のAkismetでフィルタリングされますが。

しばらくこの組み合わせでやってきましたが、先日reCaptchaというものがあることを知りました。reCaptchaにもいくつかバージョンがあり、reCaptcha V2はよく見る写真が何枚か羅列され、車が写っている写真だけを選んだり、信号機だけを選んだり、またはジグソーパズルで場所を指定するような人間だけしか判断しにくい機能を持たせたものです。 現在はreCaptcha V3となっており、これは下のように何も入力するところがありません。

これもGoogleが開発しているもので、サイトでの人間の挙動(本文を読む時間や書き込みをする速度などなのでしょうか?内容は判りません)をAIが判断し、スパムボットの書き込みか、人間の書き込みかを判断するようです。 相当精度が高いようでスパムコメントは一切なくなりました。 さらにスパムボットが寄り付かなくなったようで、不正アクセスそのものを激減することができました。

先週土曜日に導入したのですが、日曜日の時点で600ほどの不正アクセスがあり、月曜日は350くらい、そして火曜日以降は10以下となりました。

快適です。

 

東京マラソン2020

今日は東京マラソンを見てきました。 田町駅近辺だと品川の折り返し地点を通った後、コースを戻ってくる形なので2回見ることができます。

コロナウィルスの関係で今年の東京マラソンの一般参加は無し、応援も自宅でということでしたが、田町近辺では少ないながらも応援している人もいました。

大迫選手、とにかく一歩のストライドが長い。

今度は品川折り返しの後、道の反対側に渡って応援。

録画してきたので往路、復路ともTVにも映っていました。

どこに映っているかは内緒です。

 

YB0出張

昨日、成田空港を出てYB0のジャカルタに到着。

ジャカルタ上空の写真です。 水浸しで洪水のようになっていますが、おそらく海老の養殖場です。

コロナウィルス対策で特別の問診票ができていました。

対応が早いですね、どこかの国とは違います。

 

Just call me!