SOTAスイス支部写真集

DXerとして著名なJQ2GYU局からSOTAスイス支部のHB9JOE Andyさんと HB9FPM Evaさんが自費出版している写真集をお借りすることができました。

ドイツDL、リヒテンシュタインHB0、スイスHB9、チェコOKの山岳での運用された時の写真が全100ページに渡って紹介されていました。

こんな素晴らしい環境で運用してみたいものです。

JQ2GYUさん、ありがとうございました。

 

仙台市青葉区権現森山頂

宮城県仙台市青葉区権現森(JCC#060101、SOTA#JA/MG-065)

今日は、朝7時半にホテルをチェックアウト。 荷物を午後まで預かってもらい、仙台駅から昨日の帰りに使ったJR仙山線で「陸前落合駅」まで行きました。

今日は「権現森」標高314mに登るつもりです。

雪がちらついていますが、空は青空なので日本海側で降った雪が上空で飛ばされてきているものだと思います。 しかし、だいぶ寒いです。

駅を出て「権現森」の登山口に向かう途中の広瀬川です。

日本の原風景。 護岸工事などが全くされていない自然の川の素晴らしい景観です。

ここが「権現森」の登山口です。

熊に注意しろという注意書きがあります。 この季節は冬眠していてほしいのですが、雪がない年でもあり心配です。

雪が降る中を登山開始。 熊が出ないように、時々大声をあげながら歩きました。 朝一の通過はちょっと怖いです。

しばらくすると雪は晴れましたが、積る雪はどんどん増えました。 でもアイゼンは不要です。

どんどん登ると、こんな3兄弟が・・・

さらに進むと・・・・・登山道にどっしりとした「おじゃま石」

なかなかユーモアのある人が名付けているのでしょう。

ようやく、頂上付近に到着。 こんな塩ビパイプで作った山の紹介がありました。 塩ビパイプを覗くと、そのパイプに付けられた名前の山が遠くに見えます。

ここから山頂まではすぐです。

山頂には、あづまやが建っていました。 しかしテーブルも椅子もなく単なる屋根だけです。

さっそくアンテナを設営。

屋根がトタン屋根なのでちょっとSWRが悪化していましたが、14MHzからQRV開始。

本日の成果です。

  • 14MHz CW : 3 QSO (うち2局は北米)
  • 18MHz CW : 1 QSO
  • 21MHz CW : 1 QSO
  • 24MHz CW : 1 QSO
  • 28MHz CW : 1 QSO 以上の18~28MHzまでは全部ニュージーランドのZL1BYZ局です。
  • 144MHz FM : 6 QSO
  • 430MHz FM : 3 QSO

合計 16 QSOとなりました。

11時半にCLとして撤収開始。 北側の登山道で下山しました。

北側は雪の量も多いようです。

「活牛寺」に降り立ち、舗装路を歩いて朝のJR仙山線「陸前落合駅」に向かいました。

途中で、先ほどまで居た「権現森」が見えました。 中央のちょい左に見える山です。

次にあの場所に立つのはいつになるのかなぁ・・・

本日のルートです。

そして、高度です。

今日は8km弱の山行でした。

この2日間は楽しかったです。 呼んでいただいた皆様、ありがとうございました。

 

太白山、萱ヶ﨑山縦走-2

宮城県仙台市太白区萱ヶ崎山(JCC#060104、SOTA#JA/MG-059)

太白山からの北側斜面の下山は、急坂で大変でしたが、何とか無事下山。 後ろを振り返ると、「太白山」が見えました。

林道には少し雪が残っています。

このあと一般道を歩いて、住宅街も歩いて、「萱ヶ崎山」への登山口を探しましたが見つからず、少しウロウロしてしまいましたが、ようやく登り口になりそうな場所を発見。

どんどん登っていくと、また「太白山」が見えました。 きれいな形をしています。

気持ちの良い林の中を歩きます。

熊に注意という注意書きが多く、こちらは、ちょっと心配。

ようやく「萱ヶ崎山」の山頂379mに到着。

山頂近辺にはマイクロ波のレフ板がありました。

日当たりの良い鉄塔の下でアンテナを張ってみました。

さて、アンテナも設営できて、BNCコネクタをリグにつなごうとしたところ・・・・ビリビリ!

高圧線に近いため、電磁誘導が起きているようです。 あの感じからすると100V近くはあったと思います。 すぐに撤収・・・・・・涙

少し離れたところでアンテナを再度設営。

50mほど離れると全く問題ありませんでした。 高圧線の近くは危ないですね。 今日の教訓です。

14MHzから始めましたが、やはりあまり呼ばれません。 こちらもSOTAWATCH2へのスポットができません。 RBNHOLE経由のスポットはできているようでした。

  • 14MHz CW : 4 QSO(うち1局はロシア、1局は台湾、1局はニュージーランド)
  • 430MHz FM : 2 QSO

合計 6 QSO 太白山と合わせ14QSOでした。

15時にはCLとして下山開始。 北方向に下山してJR仙山線の「愛子(あやし)駅」に到着。

本日のルート。 今日もだいぶ歩きました。

高度です。

左の針のような山が「太白山」、そして右が「萱ヶ崎山」です。 15kmほどの道のりでした。

明日も山歩きして帰ります。

 

太白山、萱ヶ﨑山縦走-1

宮城県仙台市太白区太白山(JCC#060104、SOTA#JA/MG-088)

昨日は仙台に出張でした。 このご時世ですので、東京から1時間半で到着できる仙台出張は当然日帰りですが、この機会に自費で2泊して、週末は仙台近郊の山歩きをしてみるつもりです。

今日は朝7時半にホテルを出て、仙台市東西線で西の終点「八木沢動物公園」まで行きました。

八木沢動物公園駅からは、4kmほど道路と住宅街を小1時間ほど歩いて「太白山」の登山口まで到着。

正面が「太白山」、320mです。 綺麗な円錐型の特徴のある形をしています。 この写真ではよくわかりませんが、切り立った細い山です。

ここが登り口。

いきなり急坂です。

山頂近くなるほど急坂も厳しく大変でした。

登り口から40分、駅から1時間半ほどで「太白山」の山頂、320mに到着。 雪は全くありません。

この山頂にある神社は「貴船神社」、海の仕事にご利益のあるようにお祈りしてきました。

山頂にさっそくアンテナを設定。

14MHzからQRVしましたが、ARRL DXのコンテストをやっているようで、あまり呼ばれませんでした。

また、SOTAWATCH2にスポットしようと思ったのですが、どうもSOTAのデータベースがおかしいようです。 宮城県の山を受け付けません。 そんな山やMGというRegionコードはJA支部にないと怒られます??? APRS2SOTAを使ってもダメでした。 Alertは上げられたんですがどうしたんでしょう。 SOTA本部に連絡しておきます。

このためHFはあきらめて144MHzのFMだけでQSOをしました。

結果は

  • 144MHz FM : 8 QSO

でした。

今日は、もう一つ山に行ってみたいので11時40分にCLとして、撤収しました。

「太白山」の北側斜面を下りましたが、これもすごい急坂でした。 次に向かう「萱ヶ崎山」が見えました。 正面の山です。

後半に続く。

 

伊勢沢の頭、檜岳、雨山縦走-2

雨山山頂(JCC#11003, SOTA#JA/KN-008)

11時半に「伊勢沢の頭」での運用を終えて出発、まずは「檜岳」のほうに向かいました。

伊勢沢の頭の北側斜面なので雪の量が急に増えました。 20cmから多いところはもっと雪だまりになっています。

丹沢の山がきれいに冠雪しています。 右のほうにこれから向かう、檜岳、雨山が見えました。

伊勢沢の頭から下って、同じくらい登り返して、「檜岳」、標高1167mに到着。

ここはSOTAの登録山ではないので、そのまま素通り。

また下りです。

雪の量も多く、足跡についていったのですが、雨山が尾根の左側に見えており、どうも道が違うようです。 また途中まで登り返して、雨山方向につながる尾根に取り付いて雨山を目指しました。

遠くには伊豆半島、伊豆大島、真鶴半島がよく見えます。

ようやく、「雨山」、標高、1176mに到着。

ここもベンチは無いので、日当たりのよさそうな場所でアンテナ設定。

午前中のような、太陽の日差しは無く、風も冷たいです。

雨山での成果

  • 14MHz CW : 1 QSO
  • 21MHz CW : 5 QSO (うち2局がオーストラリア)

合計 6QSOでした。 「伊勢沢の頭」と合わせ本日の合計は22QSOでした。 寒いので14時にCLとして撤収。

雨山山頂からは、朝、車を停めて出発した「寄大橋」が見えました。 白い河原に赤い橋の欄干が見えています。 あそこまで下らないといけません。

雨山から雨山峠方向は、またまた雪の量が増えました。

そして、今日の山行で一番の恐怖点のやせ尾根です。

やせ尾根で両側は崖、結構距離も長く、そして雪が積もっているので、すごくビビります。

ようやく「雨山峠」まで到着。 ここからは沢下りになります。 道迷いとかまたまたビビるようなことが書いてあります。

沢は水もないのでいいのですが、ところどころに水が池のようにたまっていますので注意が必要です。

下るたびに沢も水も増え大きな幅になり、右左の沢を渡りながら進みます。

そしてようやく山道を抜けるところまで来たところで、私を待っていてくれた動物が・・・・

大きな石の上でお昼寝中のニホンカモシカちゃんです。

近づくと立ち上がりましたが、逃げる気配はありません。

すぐ目の前を横切らなくてはならないので、こちらのほうが少し怖かったです。

無事、通り過ぎて舗装路を下り、朝の「寄大橋」に到着しました。

一番遠くに見えるのが「雨山」です。

今日は久しぶりの山行で疲れましたが、最後はニホンカモシカとも遭遇でき楽しい一日でした。

本日のルートマップです。

そしてこちらは高度。

 

伊勢沢の頭、檜岳、雨山縦走-1

伊勢沢の頭山頂(JCC#11003, SOTA#JA/KN-025)

今日は久しぶりに山に登ってきました。 場所は丹沢の「寄(ヤドリギ)」から、伊勢沢の頭(1177m)、檜岳(1167m)、雨山(1176m)の3山を縦走するルートです。 距離も長く、同じ場所に戻ってこれるので車で出かけました。

朝4時半に起床、5時に出発、このため朝6時には「寄大橋」まで到着。 寄大橋からはゲートが閉まっていて、それ以上は進めません。

まだ真っ暗ですので満月の下で準備をしました。 6時15分くらいになると少し明るくなってきました。

登っていくとだんだんと明るくなってきました。 寒いですが、空は真っ青、雲一つない快晴です。

舗装路の林道をどんどん上がっていきます。 3kmほどは舗装路を歩きますが退屈はしない道でした。 歩き始めて1時間半ほどでようやく、林道の「秦野峠」に到着。

右奥には富士山が見えました。

ここからが本格的登山道の始まりです。 雪も増えてきましたが、まだアイゼンは不要です。

30分ほど急坂を登り、登山道の「秦野峠」に到着。 ここからはアイゼン無しでは危ないです。

特に、このサインの先が急坂の下りで、北斜面なので雪が多く積もっています。

秦野峠からはまた急坂登りです。 途中富士山がきれいに見えました。

湖は丹沢湖です。

急坂を登りきると、名もない1000mほどの小ピークに到着。

向こうに相模湾が見えました。 雪が多いです。

ここからはアップダウンを繰り返して、第一の目的地「伊勢沢の頭」標高1177mに到着。

この山頂は結構広いので、少し離れた日当たりの良いところでアンテナを設営しました。

ベンチはありません。 持参した椅子に座って運用しました。

風もなく日当たりは暖かかったです。

「伊勢沢の頭」での運用結果です。

  • 14MHz CW : 6 QSO (うち北米2局)
  • 18MHz CW : 2 QSO (うち北米1局)
  • 21MHz CW : 4 QSO
  • 24MHz CW : 1 QSO
  • 50MHz SSB : 3 QSO

合計16 QSO

今日は先も長いので11時15分にCLとし、撤収、次の山に向かいました

 

YB0出張

今日の朝、成田を出てYBに到着しました。 到着時は29度。 蒸し暑いです。

YBはアマチュア無線が活発な国のひとつで、毎年ハムフェアでも多くのYB局が日本を訪れています。

そんな中で、いつもジャカルタ空港についてから街中に向かう際に大きなHFのアンテナが気になっていました。

2本の巨大タワーに乗ったHFアンテナはいかにも飛びそうです。 もしかしたらQSOした局なのかも知れません。

 

HOTACA(穂高) Ver. 2.3リリース

HOTACA(穂高)のVer.2.3をリリースしました。

HOTACA(穂高)ソフトウェア

HOTACA(穂高)にてHamlogの出力CSVファイルを変換した場合、各月の初日、1日のJST 00:00から08:59までの交信データをUTCに変換する際に、日付が正しく変換されなかったバグを修正しました。

一点だけ注意していただきたい点があります。 それは3月1日のJST 00:00から08:59までの交信データの時間をUTCに変換する場合、2月29日に変換するか、28日にするかの判断が、その年が「うるう年」かどうかで異なります。 ところが、Hamlogからの出力データの「年」が下2桁だけのため、年数字からはその年が「うるう年」かどうかの判断ができません。 このため、リアルタイムでHOTACAを使っている時点の年が「うるう年」かどうかを判断して変換することにしました。 HOTACAを使用するのは通常は下山した直後であり、3月1日に運用したデータを年を越えて変換するようなケースは、ほとんど無いと思いますので問題ないと思っています。

 

KH6出張

本日業務は終了し、明日帰国しますが、先週の土曜日からKH6に出張しています。 毎日休暇で来ている人を横目に仕事だけ・・・

毎日、超過密スケジュールでしたので、QRVもほとんど出来ていませんが、毎晩ホテルに帰ってから聞いていますが、Condxも最悪でほとんどどこも聞こえません。 さらにノイズレベルが高くS=9+もあるので残念です。 そんな中でも何とか初日の日本の先週末に7QSOが出来ました。

もう少し頑張って聞いてみますが、難しい状況です。 期待していただいた方には申し訳ありませんでした。

 

EPの後のW渡航

今日の夜からW(KH6)出張なのですが、一昨年の12月にEP、イランに出張しました。

通常Wへの渡航の場合、ESTAという簡単なWeb申請で米国への入国書類申請ができ、VISAは必要ありませんが、一度でもイランに入国した人は現時点でESTAでの入国申請はできません。 このため米国入国VISAを取得する必要がありますが、この手続きがとっても大変です。

VISA申請のため200以上の質問回答、その中には過去5年間での海外渡航歴、米国入国歴を全部記述しなくてはなりません。 膨大な量です。 さらに200の質問の一番最後に「あなたはテロリストですか?」みたいな質問があり、これには吹き出してしまいました。 さらに米国大使館での面接も必要です。

このように一度でもイランに入国した人は、ほぼテロリスト並みの扱いとなります。 とりあえず困難を乗り越えてVISAは取得したのですが、今回フライトのWebチェックインをしたのですが、搭乗券の発券まで行くことができませんでした。 国によってはWebチェックインしても搭乗券は空港で受け取るようになっているところもあるので、あまり疑問にも思っていなかったのですが、本日朝、航空機会社からメールで連絡があり、

「米国当局から確認を求められているため、Webチェックインで搭乗券が発行できません」

とのことです。 つまり私だけのようです・・・・・ 涙

VISAがあるから大丈夫だと思いますが、ちょっと心配だなぁ・・・

某君(一説では暴君とも・・・)が大統領になったら入国不可になるかも・・・

 

Just call me!