Yap島観光

Yap島までのフライトは毎日あるわけではなく、週2便くらいしかないのです。 このため土曜の深夜にYapを出るまで、今日は午後からYap島の州知事にYap島内の小さな村を案内してもらいました。

素朴な村の中にはこのような集会場がいまでも残っています。

大きな石の通貨がここにもあります。

周りはジャングルのようです。

マングローブの生い茂るところを抜けると、素晴らしい景色が広がっていました。

そろそろ空港に向かいます。

V63YAPでは世界中の多くの局にコールいただきました。 ありがとうございました。

素晴らしい思い出になりました。

 

V63出張

出張でV63のヤップ島に来ています。 火曜日に成田を出発、グアム島経由で日付の変わった、翌水曜日の2時にヤップ島のコローニャに到着しました。

ヤップ島はダイビングで巨大エイの「マンタ」が見られるところとして有名のようです。 なぜかというとマンタのエラや腹に寄生する虫を食べてくれる小魚がこの近海にいるようで、年中マンタが来るのだそうです。 ダイビングが好きな人にはたまらない場所のようです。

仕事は昨日の木曜日に完了。 仕事上の詳しいことは書けませんが、ミクロネシア大統領にV63YAPという記念すべきコールサインを発行していただいたお礼を伝えました。式典で Peter Christian大統領と記念撮影。

今日は、お客様とある場所に行ったのですが、このすぐ近くの場所に元々インテルサットのスタンダードB衛星地球局がありました。

今はもう使われていません。 もともと衛星通信システムの設計を仕事としていた私にとっては何とも感慨深い場所です。 国際基幹通信の歴史を感じます。

このヤップ島では古代から石の通貨を使っていたようで、街中に大きな丸い石がいたる所にあります。

それぞれがヤップ島以外の島から、いかだに乗せて運ばれてきたものらしく、この巨大な石それぞれに歴史があるとのことです。こんなに大きな石を持って海を渡ることはそれだけで危険なことであり、困難な逸話があればあるほど価値も高いとのこと。 実際にはこの大きさのために通貨として流通する役割は無かったようですが、その家や運んできた人の富みを象徴するものだったようです。

現代においては仮想通貨やオンラインバンクなどで、再度モノとしての金銭の受け渡しをすることは少なくなり、単にデータの行き来だけになっていますが、これと同じように、紙や金属、そしてデータなどのお金そのものに価値があるのではなく、仮想であれ実在であれ、そこに存在することが価値を表すという普遍的な真実を感じました。

ヤップ島の人々は本当に素朴で愛すべき人々です。

 

神奈川県愛甲郡愛川町仏果山

神奈川県愛甲郡愛川町仏果山山頂(JCC#11001A,  SOTA#JA/KN-017)

2年ぶりに仏果山に登ってきました。 朝5時起きで東京から家に戻り、車で宮ケ瀬湖の駐車場まで行きました。

天気も良く宮ケ瀬湖はきれいです。

登り口の登山カードBoxにはヒル除けの塩水が置いてありますが、この季節は大丈夫です。 夏は来れない山です。

山道を登ると途中で仏果山山頂が見えます。

宮ケ瀬湖の湖面からもだいぶ離れました。

急坂を上ります。

ようやく、「宮ケ瀬越」に到着。

ここからは尾根伝いに仏果山の山頂を目指します。

登り始めてから1時間半ほどで仏果山山頂、標高747mに到着。

今日は天気もいいので多くの登山客がいます。

まずは展望台に登って景色を楽しみました。

登ってきた宮ケ瀬湖方面。

東京方面も全部一望。 スカイツリーや新宿、武蔵小杉のタワーマンションも良く見えます。 江ノ島から三浦半島、房総半島、鋸山も良く見えました。

景色を楽しんだ後はアンテナ設営です。

寒いのでダウンとウィンドブレーカ、そして座布団が必須です。

運用開始。

仏果山はロケが良いのでだいぶ呼ばれます。 14MHzから430MHzの全バンドで交信ができました。 特に430MHzでは関東UHFコンテストもやっており、とても多くの局に呼ばれました。430MHzでの運用は50分ほどですが、この50分で75局とQSOできました。

本日の成果

  • 14MHz CW : 2 QSO
  • 18MHz CW : 4 QSO
  • 21MHz CW : 3 QSO
  • 24MHz CW : 2 QSO
  • 28MHz CW : 2 QSO
  • 50MHz SSB : 9 QSO
  • 144MHz SSB : 1 QSO
  • 430 MHz FM : 68 QSO
  • 430MHz SSB : 7 QSO

合計 93 QSOとなりました。

13時40分に撤収開始。 今日は車なので来た道をもどるピストンです。

下山は1時間ほどで宮ケ瀬湖の駐車場に到着。

紅葉がきれいです。

本日のルート

そして高度です。

今日もたくさんの局に呼んでいただきました。 ありがとうございました。

 

山梨県大月市扇山

山梨県大月市扇山山頂(JCC#1706, SOTA# JA/YN-059)

明日の朝から9V1に出張なので、今日は東京に居残りです。

ということで、今日は朝から山に行くことにしました。 どこに行こうかいろいろと考えて、「扇山」に行ったのがいつだったか、振り返って考えてみると、ちょうど今から一年前だったということが解りました。 何となく扇山に行ったのは、今年になってからだと思っていたのですが・・・ 年月の過ぎるのは早いですね。 少しショックを感じながら、久しぶりの山行、多くの局に呼んでもらうには「扇山」は王道です。 たくさん呼ばれる「奥義が扇山」・・・(°O゜)☆\(^^;) バキ!

昨日は酒も飲まず、早く寝て今日は朝4時半に起床。 5時半に家を出ていつもの電車で山梨に向かいました。  7時半過ぎに「JR鳥沢駅」到着。

鳥沢駅近くのコンビニで飲み物と食料を調達して登山開始。

季節も全く同じ時に、昨年と同じコースで、同じ山を登りますので撮る写真がほとんど同じです。 昨年・・・・・もうデジャブー状態です。 駐車している車も同じ・・・この家の方ごめんなさい。 ここからの扇山の景色がとてもきれいなもので・・・

去年と同じ道をどんどん登るとようやく富士山が顔を見せてくれました。 去年よりも天候はよいようです。

まだこのあたりは舗装路。

今日も熊に出会いませんように・・・

今年は紅葉は昨年よりも色づきが悪い感じです。

大月カントリークラブまでは舗装路。 その後は山道になります。 山道をしばらく登ると山ノ神様の「奥宮祠」に到着。

今日も安全登山を祈願して、そのまま継続。

このあたりの沢では一瞬、道迷いになりそうなので注意が必要です。

谷あいをどんどん登っていきます。 このあたりまで登ると紅葉もきれいになってきました。

少し見晴らしの良い場所から富士山がよく見えました。 実は山頂よりもこのあたりからの眺めが一番きれいです。

しばらく、谷あいを登りようやく、尾根筋に出ました。

これも昨年とほぼ同じ場所

でも少しだけ違う場所が・・・ 間違い探しのようですね。

尾根筋に出れば、もう山頂はすぐそこです。

ようやく扇山、標高1138mの山頂に到着。

富士山がきれいです。

今日は天気も良く、昨年と同じように登山客でごった返すかなと思い、少し離れたところでアンテナを設営しました。

14MHzからスタートしましたが、HFのコンディションはあまりよくありません。

HFは早々に切り上げて50MHzと144MHzにQSY。

144MHzのSSBでは特に今週末に泉州サバイバルコンテストをやっていることもあり多くの人に呼んでもらえました。

  • 14 MHz CW : 4 QSO
  • 50 MHz SSB : 14 QSO
  • 144 MHz SSB : 34 QSO
  • 144 MHz FM : 1 QSO
  • 430 MHz FM : 3 QSO

合計 56 局となりました。

久しぶりの山行でしたがたくさんの局に呼んでもらえると疲れも吹っ飛び楽しいです。

13時半まで運用し撤収。 14時に下山を開始しました。

下山は来た道ではなく別のルートで下山。 この道は今回初めてのルートでした。

本日のルート

そして高度です。

久しぶりのSOTAアクティベーションは楽しかったです。 今日は12kmチョイの山行となりました。

呼んでいただきました皆様、ありがとうございました。

山からの無線は楽しいですよ・・・・

 

FT-817ND忘れ物対策

先週末、福岡と山口に移動運用を行った際にFT-817NDの電源ケーブルを忘れてしまいました。

これは今回いつも使っているバッテリーから飛行機でも簡単に持ち運べるバッテリーに変更したことが原因です。 いつも使っているLiFeバッテリーのケースの中にこのケーブルを入れていたためです。 昨年足和田山に登った際にも同様の忘れ物をしてしまいSOTA規定の4局のQSOができませんでした。 この時も前の週に電池を変えて運用したために忘れたものです。

今回の教訓として「電源ケーブルはリグと一緒にしておくべき」ということを肝に銘じ、こんな工夫をしてみました。

私はFT-817NDは外付けバッテリーを使って運用しますので、軽量化のためにもFT-817NDの内蔵電池は普段は外しています。 そのため、このスペースに非常用の電源ケーブルを入れておくというものです。

これでもう絶対に忘れることはありません。

 

北九州市小倉南区貫山

北九州市小倉南区貫山(JCC#402105, SOTA#JA6/FO-013)

一夜明けて、日曜日。 今日は小倉南区にある貫山(ぬきさん)、標高712mに登ることとしました。

貫山までは交通手段がないので、車を借りていくことにしました。 ホテルの隣にレンタカー屋さんがあり、予約はしていませんでしたが、朝7時に行って手続き。

そのまま貫山の登山口のある「平尾台」の「茶ヶ床園地」に向かいました。 40分ほどで到着。

このあたりは石灰岩でできたカルスト台地で石灰の採石場が多く、また多くの鍾乳洞の看板がありました。

朝8時に到着、茶ヶ床園地の駐車場にはすでに多くの登山客の車が停まっています。

準備をして出発。 このあたりはいろいろと遊歩道や登山道があり、どこから登っても良いようです。 まずは駐車場入り口の道を登りました。

緑の絨毯のような草地に石灰岩が出ています。

ススキの向こうに権現山が見えます。

左手には岩山という小ピーク。

ところどころに窪地があり、おそらくこのあたりに雨水がたまり、その下あたりが鍾乳洞かもしれません。

しばらく登ると素晴らしい景色。 右手奥は石灰岩の採石場です。

小一時間登ると「四方台」という小ピークに到着。 ようやく貫山の山頂が見えました。

山道にはリンドウの花が咲いていました。

「四方台」から20分ほどでようやく貫山の山頂、712mに到着。

周防灘がよく見えます。

これはその右方向で大分の国東半島が見えます。

今日も良く晴れていますが、風が冷たいです。

有名な山なので登山客の迷惑にならぬよう、山頂とは少し離れたところに早速アンテナを設営。

14MHzからいつものようにスタート。

今日は昨日とは違って朝からの運用でだいぶ呼んでもらえました。

今日の成果

  • 14MHz CW : 9 QSO(うち1局は北米、1局はニュージーランド)
  • 21MHz CW : 1 QSO (ニュージーランド)
  • 144MHz FM : 11 QSO
  • 430MHz FM : 5 QSO

合計26QSOとなりました。

お昼頃には30人ほどの登山客でにぎわいました。

今日の18時発の飛行機で帰るので13時にCL、撤収後、下山を開始しました。

山頂から駐車場が見えました。 ちょうど松の木の間です。

「四方台」までは同じ道を戻りましたが、そこから西方向に行ってみました。

素晴らしい景色です。 景色の変化も激しく飽きません。

岩場を降りて、向こうの岩場を登り返すことにしました。

なんでこんな回り道をするかというと、やはり貫山の石灰岩の岩場を歩いてみるためです。

降りてから登ってきた岩場を振り返るとこんな感じです。

だいぶ下山してきました。 いろんな形の石灰岩があります。

「茶ヶ床園地」の駐車場まで戻りました。

わかりにくいと思いますが、一番向こうに見える山が「貫山」です。

今日の移動マップ

高度です。

「貫山」は日本の3台カルスト台地(秋吉台、四国カルスト)の一つである平尾台にあるとても景色の良い山でした。

 

山口県下関市火の山公園

山口県下関市火の山公園(JCC#3302, SOTA#JA/YG-231)

関門海峡人道トンネルを抜けて、下関に到着。

トンネルを出たすぐのところに壇之浦砲台跡地がありました。

いろいろトラブルで時間をロスったため、既に時間は16時、火の山公園は標高261m程度の山の上ですが、下関市営のロープウェーがありました。 これで一気に山頂近辺まで。

ロープウェーの降り口の近くに景色が良いところがありました。

正面対岸の山は先ほど登った風師山です。 関門海峡が先ほどの風頭の反対から見えます。 すぐに最高標高地点に向かって10分ほど歩いて到着。

最高地点はこのような地下壕になっていました。

既に17時近く、普段なら、観光地のこんなところにアンテナは張れないと思いますが、すでに薄暗くなっており、だれも来ないのでアンテナ設営。

もう日も傾いています。

HFで出てみましたが、まったくコンディションが悪くNGでした。 せっかくのEU-JA/VK/ZL-US伝搬実験日なのですが・・・

そこですぐにVUにQSY。 なんとか5局QSOできました。

そして、ここは山口県、4エリアです。 なんとこれで「SOTA AJD Activation」、日本の全エリア(1~0エリア)SOTAアクティベーションの完成です!

  • 144MHz FM : 4局
  • 430MHz FM : 1局

合計5局でした。しかしロケも良く、大分、愛媛の局とQSOできました。 18時にCL。 あたりは真っ暗です。

ヘッドランプを付けて撤収しました。

先ほどの景色の良いところで夜景観賞。

既にロープウェーの営業は終わっていますので、真っ暗な山道をヘッドランプを頼りに下山しました。

壇之浦砲台跡地まで下山し、そこからバスで下関駅まで行きました。 そしてもう一つのお楽しみ、会社の同僚から教えてもらった鮮魚店で一杯です。

魚屋の名前は「おかもと」下関駅のすぐ近くです。 並んでるかなと思いましたが、だれも並んでいませんでした。 すぐに店に入れました。 でも店の中は人でいっぱい。

魚屋さんの脇で刺身が食べられます。

この刺身盛り合わせ1000円です。(サーモンは一個すでに食べてしまいました。)

日本酒は一番安いクラスの獺祭ですが、これもとても美味でした。 一人でSOTA AJD Activationのお祝い。

食事の後は小倉までJRで戻りました。

火の山公園でのマップ

これは高度です。

そして本日の全路程です。

続く・・・

関門海峡人道トンネル

風師山から下山し、関門海峡まで来ました。

門司から下関、渡る方法はいろいろありますが、以前会社の同僚から聞いていた「歩いて渡る、人道トンネル」でぜひ渡ってみたいと思っていました。 その後、NHKの「ブラタモリ」でもこの人道トンネルが紹介され、ますます思いは募るばかり。

そしてさらに、今年の9エリア福井県のSOTAアクティベーションの後、SOTAの日本全エリアアクティベーション(SOTA AJD)も残すは4エリア(中国地方)だけになりました。 歩いて渡った先で運用すれば、両方の夢がかないます。

そんなわけで、「関門海峡めかり駅」からすぐの、門司側の人道トンネル入り口です。

エレベーターで下ってトンネルを渡るようです。

国道2号線のようです。 ワクワクしますね。

まっすぐな、長いトンネルの入り口です。

しばらく歩くと

ちょうど県境のようです。

さらにまっすぐなトンネルを進むと、

下関に到着

こちらも国道表示

同じくエレベータを登ると

歩いて、本州上陸です。

続く・・・

Just call me!