Equalizer APO

新型コロナウィルスの感染防止対策として可能な業務内容であれば在宅勤務、リモート会議が主流の毎日ですが、守秘義務のあるような話の内容によってはスピーカーから音を出さずヘッドホンで行うことも重要なセキュリティ対策です。

そこで先日USBのヘッドセットをアマゾンで買ってみました。

ヘッドセットそのものの原因ではないのですが、おそらくハウリングを起こさぬように、最近のWindows 10 の標準のUSBマイクのデバイスドライバーの音量設定(感度設定)がとても低く設定されているようで、このヘッドセットでミーティングに参加した時に「音が小さ~い」と言われることが何度かありました。

以前のWindowsの場合は、マイクデバイスのプロパティの中にマイクブースターみたいなアンプ機能がありましたが、Windows10ではなくなっています。

マイクボリュームを最大にしても音が小さく聞き取りにくいのです。

外付けのUSBのアンプみたいなものがあるといいのですが、外付けだとD/A変換の後、増幅し、再度A/D変換をするような複雑なものになると思いますし、仮にディジタル信号のままで増幅するのも結構複雑そうで高価になりそうです。そもそも、Google検索でも、そんなデバイスは存在していません。需要はありそうなのになぜ無いのだろうとよく考えると、PC内部で簡単に処理できるものだからでしょう。早速検索してみるとEqualizer APOというアプリがあることが判りました。アプリの出所が心配ですがSource Forgeに上がっているくらいなので大丈夫でしょう。

早速ダウンロードしてインストールしてみました。

最初立ち上げるとConfiguratorの画面が出てきます。

このように2つのタブがあり、1枚目は音声出力側の選択、2枚目は下のように音声入力側デバイスの選択を行うようになっています。

注:上の画面は既に設定した後なので該当するマイクがAPO is already installedになっています。

音声出力側は特に必要ないので何もチェックせず、音声入力のUSBのヘッドセットのマイクを選択します。

どれが該当のマイクなのかはデバイスマネジャーであらかじめ調べておくと良いと思います。USBヘッドセットのUSBケーブルを抜き差しして、出たり消えたりするものが該当するマイクです。

これを選ぶと一度PCのリブートが掛かります。

再起動後にEqualizer APOを再度立ち上げると

このような画面となり上の画面では一番上にあるプリアンプでマイクの入力感度を調節します。

もともと設定の無い状況ではマイクのプリアンプゲインが -6dBでしたが、これを +10dBに設定してみました。ちょっと上げすぎかも知れません。

音声入力スペクトラムをスピーカーからマイクまでの距離や位置を同じ状態で測定してみると

設定前

設定後

スイーパーで20Hz~10kHzまでをスイープさせた時のピークレベルが赤いラインです。

こんな感じでちょうど16dBほど感度が改善されています。

リモート会議のマイクの音量に悩んでいる方はぜひ検討してみてください。

 

人生の目的-6

久しぶりにこのタイトルで書いてみる。

今年になってから、次男が一人暮らしをしたいということで、いろいろ本人なりに考えていたようだが、ついに今日は引っ越しの日だった。

俺が単身赴任していた5年間の時期もちょうどタイミング的に終わりを迎え、昨日、冷蔵庫の霜取りや掃除をしておき、今日レンタカーで小さなトラックを借りて冷蔵庫や電子レンジを東京に取りに行って、家財道具を次男に渡すこととした。

カミさんは何となくこの話が出てから元気がなかったが、自分としては全く逆で、一人暮らしをしたいと言い出した次男を当然だろうと思ったし、いつまでも子供だと思っていた次男が頼もしいことを言い出したものだと大賛成で送りだしたのだが、夕方、カミさんと二人で飯を食いながら何か心にぽっかりと穴が開いたような、ちょっと思っていたよりも違う感じがした。

自分の人生の目的、おそらくその一つであろうと思う、自分の次の世代の育成、引継ぎ、巣立ちを見た気がしたのだ。ちょうど長男が同じように家から出ていくときは、まだまだ自分も現役で、ちょうどそのタイミングで自分の単身赴任の生活がスタートしたのでそれほど感じなかったことだが、次男、そして二人の子供が本当の意味での独立して行った今日は、その充足感、そしてほんの少しの寂しさを感じることになった。

昨日まで、いや今日引っ越しを済ませても感じなかったことだが、夕飯の時にそれを感じるというのは、やはり自分としては今日は大きなイベントだったのだろうと思う。

この時感じたのは、人間は日々、平凡の中で過ごしているので気づくことは少ないが、おそらく日々、毎日、人生のステップを踏んで前進しているということだ。生きていく中で大きな節目はいくつもある、誕生、七五三、入学、卒業、就職、・・・・・数え上げればきりがない。

その明確な節目でなくとも自分は人生のステップを踏んでいるのだと感じる今日であった。

何となく今日の「自分」の姿を残しておきたくなったので写真を撮ってみた。髭面ですみません。

 

愛甲郡愛川町仏果山・経ケ岳縦走-2

「仏果山」での運用を終えて、次は「経ヶ岳」に向かいます。

右に行くといつもの宮ケ瀬に下山ですが、ここはまっすぐです。ヤセ尾根の危険な山道になるので注意看板が出ています。

まずは急坂下りです。

ヤセ尾根は本当にスリル満点です。

両側が切り立った崖です。こんなところで転んだら大変です。

ヤセ尾根から急登のコンビネーション技も・・・・

「仏果山」から「革籠石山」(かわごいしやま)までの間は本当にヤセ尾根の連続で危険な場所が多いです。慎重に・・・・

「革籠石山」に到着。国土地理院の地図に名前はありませんが、640mの小ピークです。

さらに進むとまたもや急坂下り。

「経ヶ岳」が見えてきました。

「半原越え」に到着。

ここがコルですので、ここから更に登って経ヶ岳を目指します。

この後が大変。ずっと急坂登りです。写真のずっと先まで階段が続いています。

梯子場も・・・

「経ヶ岳」の山頂近くなると、「経石」という巨岩が尾根を占領しています。 これは弘法大師がこの岩の右側にある穴にお経を納めたということでこの山が「経ヶ岳」という名前になったということです。

右側は崖で危険ですがまわり込むと確かに穴があいていました。

この「経石」から数分で経ヶ岳、標高633mの山頂に到着です。仏果山から2時間かかりました。

歩いてきた方向を見ると、仏果山が見えました。

南方向には大山から蛭ヶ岳までの丹沢の山々が一望です。

左側の高い山が大山、右側の高い山が蛭ヶ岳です。

経ヶ岳山頂からの360度パノラマ写真です。

 

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

時間もだいぶ過ぎてしまいましたので経ヶ岳では運用せずに少し休んですぐに出発。 まだ先は長いです。

遠くに「田代」の町が見えました。帰りの「半増坊バス停」は田代まで行かないといけません。だいぶ距離があります。

急坂を下り続けて、だいぶ田代の町も近づいてきました。

ようやく田代の町に下山しました。経ヶ岳からは1時間10分ほど、仏果山からは3時間かかりました。「半増坊」からみた仏果山です。

「半増坊」のバス停についたとたんにバスが来てくれました。

待ち時間ゼロでバスに乗れました。

今日のルートです。

そして高度です。

今日もまた10kmのロングウォークとアップダウンの激しい山行でだいぶ疲れましたが、久しぶりの縦走でピストン山行ではなかったので充実した一日でした。

 

愛甲郡愛川町仏果山・経ケ岳縦走-1

神奈川県愛甲郡愛川町仏果山(JCC#11001A,SOTA#JA/KN-017)

今日は会社の休暇をもらっていたので山に出かけてきました。最近は車で山に行っているので、どうしても駐車場のある出発地点に戻るピストンになっていたので、少々つまらない山行でしたが今回は公共交通機関で出かけてみました。

向かう場所は仏果山、経ヶ岳の縦走コースで6年前にも同じコースで歩いています。

朝、本厚木駅から1番乗り場で7時半発の半原方面のバスに乗り「愛甲ふれあいの村野外センター前」で下車。

8時過ぎに到着し、出発。前方の信号を左折して登っていきます。

仏果山までは標識もあるので特に問題ありませんが、ふれあいの村をまわり込んだあたりで左折しして少し下ります。まっすぐに行ってもいいのですが、そのルードだと高取山経由の大回りになります。

しばらく行くと仏果山の登り口にでます。この階段を上り、ここからが本格的な山道になります。

正面の林道は閉鎖されています。

しばらく登るとさきほどの閉鎖されている林道に登りつきます。

遠くに高取山が見えます。ここを左折でさらに登ります。

だいぶ登りました。高圧線の下のススキ野に出ました。

この右側のススキの中で何かガサゴソと音がします。危険を感じて大声を出すと、黒い手が見えました。熊だったのでしょうか? しばらくその場所にとどまって大声を出して音がしなくなるまで待っていました。

正体不明でしたが熊だとすると怖いですね。

さらに急坂を登ると、平坦な尾根筋にでて、ようやく仏果山の山頂が見えました。

最後の急登です。

仏果山山頂、標高747m に到着。バス停を出発してから2時間かかりました。

今日は360度カメラがあるので展望塔に登って景色を取ってみました。ちょっと天気が曇りで画像が暗いですが、正真正銘の360度が見渡せます。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

宮ケ瀬湖もきれいに見えています。

アンテナを設営して運用開始。

本日の成果

  • 14MHz CW : 9 局(うち台湾1局)
  • 14MHz FT8 : 2局(中国2局)
  • 18MHz CW : 1局(ニュージーランド1局)
  • 18MHz FT8 : 4局(うちロシア2局、中国1局)
  • 21MHz CW : 4局(うち香港1局)
  • 21MHz FT8 : 7局(うちロシア1局、中国3局、オーストラリア1局)
  • 24MHz FT8 : 1局
  • 28MHz FT8 : 3局

合計 31局

今日はJG0AWE局が群馬の相馬山JA/GM-036に出かけているので待ち構えていてQSOできました。

13時過ぎに終了し撤収しました。経ヶ岳に向かいます。

つづく

 

足柄上郡山北町伊勢沢ノ頭

神奈川県足柄上郡山北町伊勢沢ノ頭(JCC#11002E,SOTA#JA/KN-025)

コロナの外出自粛で、もう運動不足も半端ない状態で、今日はついに山に登ってきました。

行先は山北町の「伊勢沢ノ頭」、標高1177mです。この山はアクセスも結構大変なのであまり人がいなくて空いていること、今はヒルがいない季節というのが選択の条件でした。前回登ったのは2017年。結構ロングウォークになるので運動不足が心配でした。

松田町の寄(ヤドリキ)から先に行ったところの「寄大橋」を渡ったところの駐車場に着いたのが7時半。

ここから通行止めなので林道を延々と歩くことになります。準備をして駐車場を出発したのが8時少し前でした。

林道を4.5km歩いて登山口まで行きます。

朝日に輝くススキが綺麗です。

1時間ほどでようやく林道秦野峠に到着。

しばし休憩。ここから富士山がかろうじて見えます。この場所のすぐそばに登山口があります。

それがいきなりの急坂、その後はヤセ尾根です。写真では全く伝わりませんが結構なスリルを味わえます。

ヤセ尾根を越えると、今度は急坂下り

これも写真からは全く伝わりませんがもう真下に落ちる感じです。

ここを超えるとこんな場所に出ますが、まっすぐに登りたいところですが右に向かって少し下ります。前回はまっすぐ登りましたが別尾根を登る形になってしまうので右に行った方がいいと思います。この後の急登りはどちらも同じような感じだと思います。

下って沢を渡って登り返すと「秦野峠」に到着。

ここから1086mの小ピークまでがまた急坂登りです。

遠くに富士山と丹沢湖が見えました。ちょっと丹沢湖が木の枝で良く見えません。

1086mの小ピークに到着。 写真では見えませんが、右に真鶴半島、初島、少し左に伊豆大島が見えました。

出発してからすでに2時間50分。コロナ籠りでの運動不足に加え、4.5kmの林道と急坂登り、急坂下りでもうへとへと。

小ピークを過ぎても、まだまだ急坂登りは続きます。

もうすぐ山頂、残雪が出てきました。

ようやく「伊勢沢ノ頭」標高1177mに到着、駐車場から3時間15分かかりました。4年前から山頂の標識が置き換えられていました。

山頂からは富士山はあまり見えず。すぐ横にある標識あたりからみる富士山が綺麗です。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

早速アンテナ設営。

今日は暖かくて助かりました。春のようです。

FT8でも運用しました。

今日の結果

  • 14MHz CW : 3 QSO (うち台湾1局)
  • 14MHz FT8 : 4 QSO (うちロシア1局、中国2局)
  • 18MHz CW : 5 QSO (うちニュージーランド1局)
  • 18MHz FT8 : 4 QSO (うちカザフスタン1局)
  • 21MHz CW : 3 QSO
  • 21MHz FT8 : 3 QSO (うち台湾2局)

合計 22局。 コンディションは今一つという感じです。 VUHFも出るつもりでしたが時間が無くなったので13時半にCLとして撤収しました。

途中で話していた人からこの先を北西に下ったところから富士山と丹沢湖が綺麗に見えるところがあると教えてもらい、下山前に行ってみました。この尾根を100mほど下ります。

すると、木の枝に隠れて良く見えなかった「丹沢湖」と雪をかぶった美しい「富士山」が良く見えました。

山頂まで戻ってから、下山開始。2時間50分かかりました。舗装の林道を4.5kmも歩くのは本当に疲れました。

途中で林道秦野峠を振り返ってみました。 向こうに見えるのが伊勢沢ノ頭の稜線です。山頂は見えていません。その左のV字型のところが石碑のあった林道秦野峠です。

今日はだいぶ歩きました。

本日のルート。

そして高度です。

全部で15kmほどの山行でした。久しぶりの登山で鈍った体に喝を入れた一日でした。

 

10MHz基準信号発振器

先週に引き続き、今週末も非常事態宣言下で外出は自粛、朝から工作をしていました。

今回新たに導入したIC-7610とIC-9700ですが、リグ内の局発の精度でIC-7610は必要十分であるものの、1200MHzまでカバーするIC-9700でFT-8などの超狭帯域の通信をする場合には周波数精度を上げる必要があり、IC-9700の購入と同時に準備を始めました。

Hamlife.jpで先日取り上げられていたJA4BUA桒原さんが頒布されている10MHz基準信号発振器の記事を見つけ、さっそく桒原さんに連絡を取って頒布していただきました。

http://ict-kuwa.net/10mhz_std.html

以前のVersion1では全部CMOS Gate出力でしたが、現在のものはVersion2で10MHzの出力3つのうち、2つが50オームインピーダンスの -10dBmで出力し、1つがCMOS Gateの出力になっているようです。とりあえずCMOS Gateは不要なので50オームインピーダンスの出力にBNCとSMAのケーブルを接続し、それぞれをIC-7610とIC-9700に入れることにしました。

準備した材料は、桒原さん頒布の10MHz基準信号発振器の他は

  • アルミケース MB5-4-7
  • 基板スペーサー
  • グロメット
  • あとはゴム足やインシュロック、磁石など

マルツオンラインで揃えました。

まずはケースの穴あけの前に少し確認しておきたいことがあって基板のまま動作させて強力磁石を近づけて、周波数への影響などがないことを確認。

なにも影響はありませんでした。なぜこんなことをするかについては後で出てきます。

ではまずケースの穴あけから。

小さい穴から焦らずに少しずつ大きく、リーマ、ヤスリ掛けでも少しずつ。

グロメット取り付け。

グロメットを通してからケーブルのハンダ付け

基板にスペーサーを取り付けます。スペーサの下が両面テープになっているタイプです。いまはこんな良いものがあるんですね。

ケーブルが引っ張られて抜けないようにインシュロックで止めます。

フタをして、足を取り付け、完成です。

と言いたいところですが、ここで上面に磁石を張り付け。

ケースを棚に置くのではなく棚の下面に磁石で張り付けました。空中浮遊で棚もすっきりです。

この基準信号発振器の電源供給はUSBケーブルを使っていますが、常時通電させておいたほうが周波数の安定度の点でいいと思います。もともと基準信号発振器とはそういう使い方のものですし、リグと発振器の電源を同じところから取って同時に電源ONにしたり、パソコンのように常に電源がONになっていないところから電源を取るという使い方では安定度が悪くなることに加え、IC-9700が同期するのに少し時間がかかり、数分間、IC-9700に同期エラーが出てしまいます。

 

IC-7610, IC-9700導入

今年の正月からいろいろとシャックまわりの環境を整備しています。そんな中で思い切ってリグを入れ替えることにしました。カミさんに相談するときはさすがに勇気がいりましたが・・・・

年明けからの新型コロナの感染拡大もあり、秋葉原に出かけることもできないので、いつもお世話になっている富士無線と連絡を取り、いろいろと付属品もつけて購入しました。

2週間ほど前に到着。趣味の世界での今年の目標に向かって1歩前進・・・・

 

RigExpert AA-54とWindows10

なぜかRigExpert製のアンテナアナライザーAA-54をWindows10の新しいPCに接続したが認識しなくなってしまった。デバイスマネージャでUSBポートを認識できないのだ。下の写真は既に解決した時のものですが、「USBコントローラー」配下の「USB Serial Converter」がAA-54をPCに繋いだ時に追加される項目なので、これがAA-54 に関係してるものと思うのですが、「ポート(COMとLPT)」配下にAA-54と思われるポートが出て来ないという現象。

デバイスマネジャーの「表示(V)」から「非表示のデバイス表示(W)」を選択すればポートは出てくるが認識していないので薄い色で表示されるだけ。

このためUSBコントローラー配下のUSB Serial Converterのドライバーを更新したり、このUSB Serial Converter自体を削除して再度接続してUSBドライバーを再認識させたりしたが、ポートが全く出て来ない。

認識しない状態でPCのアンテナアナライザーソフトを立ち上げてもエラーが出るだけ。

ポート番号がとんでもないことになっていますが、これはまだポート番号をソフト側で設定していないためであり直接の問題ではありません。

いろいろとWeb上で調べてみるとFTDI製USB-Serial変換デバイスが中国のバッタモンが一時流行し、AA-54の兄弟機であるAA-30に使われていたとか、Dell製PCとの相性とかいろいろと怖いことも書いてあった。

いろいろと試す中でRigExpert社のAA-54のソフトウェアダウンロードサイトから最新のAA-54の「インストールCD」をダウンロードしてインストールしてみると・・・

うまくUSBポートが現れて動作しました。

おそらく、新しいPCにしたとき、このアンテナアナライザーソフトを最初からインストールせずに、そのままコピペで持ってきて、ドライバーはドライバーで認識させてしまったのかもしれません。

同じことに躓いている人もいるかもしれないので共有しておきます。

国際宇宙ステーションからの画像2

昨年クリスマスに続いて、国際宇宙ステーションから画像送信がされるということで受信してみました。

コールサインはロシアのRS0ISS、モスクワ航空研究所のSSTVデモのようです。

本日1月28日 22時23分受信画像。モスクワ航空研究所を1972年に卒業した女性宇宙飛行士、スベトラーナ サビツカヤさんの画像です。(画像はブログ用に加工しています)

その後送信された2枚目は22時27分で尻切れ。Guam島上空くらいまでは見えていました。ISSの写真のようです。(画像はブログ用に加工しています)

1枚目はほぼ完全に受信できているのでこれで「InSpacEDiploma」のアワードがもらえそうです。

早速申し込みました。

 

マイクセレクター製作

Covid19の非常事態宣言もありますし、今週末は天候が最悪で家にこもっています。関東地方でも雪が降るような天気予報が出ています。今いろいろとシャックのリグの整理をしています。

そんな中でマイクを複数のリグで切り替えるスイッチを作ることにしました。

集めた部品は

  • アルミケース MB6-5-12
  • ロータリスイッチ RS-500N2-8-3(8回路3接点)
  • ツマミ
  • マイクコネクタ 8ピン航空コネクタ
  • ゴム足
  • 8芯以上のケーブル(1ペアのみシールドタイプが入っているもの)

たいていはアマゾンで集まりましたが、ロータリースイッチだけは門田無線の通販で入手しました。

まずはこのロータリースイッチの接続の確認をしました。マニュアルには外形寸法などだけでどの接点がどのポジションで接続かは記載がありませんので。

ケースの穴あけから始めます、まずはポンチで場所決め

細いドリルから少しずつ穴を大きく。

そしてリーマも細め、太めと使って少しずつ大きくします。一気に開けると中心線がずれたりしますので。

最後はヤスリでバリを取りながらきれいに整形。

マイクコネクタにケーブルを接続して取り付け。

マイクの音声信号とマイクのグランドはシールドペアを使います。灰色の太い線です。

そして、ロータリースイッチへのはんだ付け。細かいので老眼にはきつい・・・・

コネクタ側も入れると64か所のはんだ付けです。リグとの接続ケーブルも3本作ったので48か所追加で合計112か所のはんだ付け・・・・

ロータリースイッチ回りは、ちじれ麺ラーメンの替え玉のようです。(笑) ・・・・魑魅魍魎のモズの巣

ラーメン替え玉が・・・・恥ずかしいのですぐに、ケースのフタをしてそそくさと隠す・・・と、完成しました。

マイク一つを3つのリグで共用できます。

FT8などでも時々マイクがつながっているので声が聞こえている局がいますが、丸聞こえで恥ずかしいですよ~、マイクを切り替えることでこれも防げます。

 

Just call me!