Monserrateの丘

Zipaquiraの塩の教会を見たあとは昼飯を食べて、ボゴタ市内にあるMonserrate(モンセラッテ)の丘に登ってみました。 登ったとは言っても、ケーブルカー、ロープウェイで登っただけです。

monserrate_map

ボゴタ市内の標高が2,600mほどありますので、Monserrateの「丘」とはいえども頂上の標高は3,200mもあります。

monserrate1

丘の上にはこんな教会が建っていますが、教会の裏は、こんな感じでアンデスの山という雰囲気が出ています。

monserrate3

これは山頂からの眺め。

monserrate5

ここから見るボゴタの町はとてもきれいでした。 ここで電波を出せたら飛びそうです。

monserrate2

夜行便でPYへ移動です。

 

Zipaquira村

HKでの仕事は完了し、土曜日の夜に移動ですが、出発が夜22時なので、土曜日は朝からボゴタ市内近辺の有名な観光地に出かけてみました。

まずはボゴタ市から30kmほど北にあるZipaquira(シパキラ)村。 

zipaquira_map

ここは1億2千万年前は海中だったようです。 その後、土地が隆起し、地上に残った海水が蒸発し、塩がくぼ地に残ったというガイドさんの説明でした。 現在でも、ここは岩塩の採掘場であり、その採掘場の中に作られた「塩の教会」(Catedral de Sal)というものがあります。

Zipaquiraの村にある教会。 向こうに見える山の下に岩塩の採掘場があります。

zipaquira

洞窟の中は広くて勝手に個人で見て回ることは出来ません。 ガイドがついてくれます。

採掘場の中にこんな感じで教会がありました。 石は塩が固まって出来た岩塩。 なめると確かにしょっぱい。

catedral de sal1

この下の写真が最大の見ものの大聖堂。 十字架の幅は10m。

catedral de sal

そして下の写真、洞窟の中に櫓を組んであるように見えますが、岩塩の溶けた水に映る天井の岩です。

catedral de sal2

岩塩が溶けていると水が重さで波立たず反射も大きくなるようです。 どこからどう見ても洞窟の周りに櫓の歩道があるようにしか見えず、とても幻想的な感じです。

 

コロンビア料理

SKYさんのリクエストがありましたので、コロンビアで食べたものを紹介したいと思います。 今日は珍料理ではありませんので、ご安心を・・・・・

まず、コロンビアの地酒。 Aguardiente、アグアルディエンテ、サトウキビから作っている蒸留酒でアニスの風味が付いていました。

aguardiente

次はAjiaco、アヒアコという鳥と芋ととうもろこしのスープ+ご飯です。 これは日本のご飯+味噌汁みたいな代表的コロンビア料理だそうです。 尚、コロンビアは米が主食だそうです。 ご飯に刺さっている小さな剣はとうもろこしの芯に刺して食べるため。 このとうもろこしも日本のものと違っていてジャイアントコーンです。 甘さは無く、独特の風味がありました。

ajiaco

次はBandeja Paisa、バンデハパイザ。 ご飯とアボガド、バナナ、豚脂のカリカリ揚げ、ひき肉、チョリソがドカッと皿に盛られ、豆のスープと一緒に出てきました。 量がすごすぎます。 バンデハパイザは「海岸地方のトレイ」という意味らしいです。 ドカっとトレイに盛られる海岸地方で食べられている料理のようです。

bandeja paisa

肉系盛り合わせ。 黄色い小さいジャガイモがおいしいです。 その場所から時計回りに鶏肉、牛肉、黒いのがモルシージャという血のソーセージ、チョリソ、普通のソーセージ(名前は忘れた)、豚肉、そしてその上にあるとうもろこしの煎餅。

carne

これはCorazon de Pollo、コラソンデポジョ、鳥のハツです。 黄色いのは卵ではなくジャガイモ。 一瞬、甲府の鳥モツ煮かと思いました。

corazon de pollo

他にも写真撮り忘れましたが、日本人の口に合う料理が多いです。

 

テキーラ

本日、XEでの業務を無事、全て完了しました。

現地の皆さんと日本風居酒屋に行ってみました。 食べ物は完全に日本食ですが、飲み物はやはりローカルが一番です。

まずは、ローカルビアーで乾杯・・・・・ Modelo Negraです。

modelo_negra

ビールの次は、やはりテキーラ。

この3種類のテキーラは同じブランド名ですが、色も香りも全く違います。

左から一番若い「ブランコ」、真ん中は熟成途上の「レポサド」、そして一年以上熟成させた「アニェホ」。 同じブランド名でも、熟成度合いによって、3種類の酒が有ります。

tequila

一番香りが強いのは右にある「アニェホ」です。 ウイスキーのように樽で何年か熟成させるので、このような色をしています。 味もブランデーやウィスキーに近い感じです。 

真ん中は1年未満の熟成酒「レポサド」ですが、味も香りもちょうどよい感じ。 ここはテキーラファン意見も違ってくるみたいです。

一番左は、蒸留したての酒、名前のとおり白酒、「ブランコ」です。 しかしこれがまた良い!

「テキーラ」という酒は、新しい酒から、だんだんと古い酒に嗜好が移ったあと、最後は新しい酒に嗜好が移る酒のようです。

つまり、どれもうまい・・・・・ ということのようです。

 

珍メキシコ料理(禁食事中の方)

食事中の方は見ない方がいいです・・・・

 

メキシコ料理といえば、タコス、テキーラなどおいしいものが有りますが、昨日会社の人に連れて行ってもらったレストランで出てきた前菜がすごい・・・・

食事中の方、これから食事を取るかたは見ない方がいいです。 あまりにもすごいのでモザイク掛けました。 写真も小さくしました。 

まずEscamoles(エスカモーレ)という料理。 世界の珍料理の一つらしいが、アリの卵だ。 下に映っているタコスとアボガドに乗せて食べます。

escamoles (クリックすると大きくなりますがモザイク掛かってます。)

そして次がGusano de Maguey(グサノデマゲイ)。 これも世界の珍料理。 テキーラはマゲイと呼ばれるリュウゼツランの葉から作られるが、このマゲイに宿る芋虫のから揚げ。 これもタコスとアボガドで食べます。 

gusano de maguey (クリックすると大きくなりますがモザイク掛かってます。)

高級なところでないと置いてないようですが・・・・ 初めての経験でした・・・・・

きれいな女性社員がおいしいといって食べていましたが、私はもう一生食べなくていいな・・・・・

誤解の無い様に言っておきますが、まともな料理はもちろんおいしいです。

 

XE出張

日曜日午前中に成田空港を発って、先ほどシカゴ経由でXEに到着。

mexico_city

GPSでシカゴからの軌跡を記録してみました。

mexico_map

こちらは高度の記録。 頻繁に高度を変えるような飛び方をしてます。 メキシコシティは標高は2300mくらいです。

mexico_alt

残念ながら今回はQRVは有りません。

 

修善寺紅葉狩り

先週は「山と無線」の山フェスで西伊豆に行っていましたが、今週はカミサンから「伊豆に行きたいリクエスト」が出て、先週通った修善寺の「もみじ祭り」に行ってきました。

7時に家を出発、9時には修善寺町に到着。 観光協会の無料駐車場に車を停めて、まずは修善寺自然公園にある紅葉林まで歩いて登りました。 一応ロケの良さそうなところではQRVするつもりで、総計6kgもある無線セットをリュックに入れて背負って行きました。

syuzenji1

まだ少し紅葉には早いかなとも思いましたが、木によっては真っ赤に色づいているモミジもあります。

syuzenji2

syuzenji3

syuzenji4

syuzenji5

syuzenji6

syuzenji7

公園内の富士見台というところでは富士山もくっきり。 先週より雪の量が増えているのは数日前に降ったものと思われます。

syuzenji8

修善寺自然公園からは散策路を下って、「修善寺」の裏に下山。

syuzenji9

このお寺が町の名前になっている「修善寺」

syuzenji10

修善寺の街中を散策。 桂川沿いにもきれいなモミジが色づいています。

syuzenji13

syuzenji12

syuzenji11

本日、きれいなモミジに圧倒され、結局無線運用は無し。 歩行ルートはこんな感じ。

syuzenji map

高度はこんな感じです。

syuzenji alt

まだまだ修善寺の紅葉はこれからという感じです。

 

静岡県伊豆市達磨山山頂

静岡県伊豆市達磨山山頂(JCC#1823)

日曜日、多少二日酔いで頭が痛いところもありましたが、校庭に張ったアンテナを撤収して、やまびこ荘をチェックアウト。

みんなで近くの山に出かけました。

まずは、伽藍山の三角点をみて、その後は達磨山。

達磨山は標高982mの山でした。

ほとんど車で登れて、最後の標高差100m位を登るだけなのでとても楽ちん。

darumayama_map

しかし、1000m級の山であり、山頂はとても寒い。

darumayama5

これは山頂にあった三角点。

darumayama1

下の写真は、いま登ってきた方向。

darumayama3

これは西方向で戸田の町が見えます。

darumayama2

早速、50MHzのダイポールアンテナを上げて運用開始。

darumayama5

リグはいつものFT-817ND

darumayama4

その後、皆さんとはここで判れ、JR1NNL局と居残り。 NNL局が5エレ八木を上げて2人で運用。

darumayama6

NNLさんが帰った後も少しだけ運用し、13時に撤収。 結果は、

  • 50MHz SSB : 15 QSO

帰路は渋滞しているかと思いましたが、全く渋滞もなく、修善寺道路、伊豆中央道、国道一号線、箱根新道、小田原厚木道路を通り、15時の時報と同時にちょうど家に到着となりました。

「山と無線」各局には本当にお世話になりました。 またこの2日間、呼んでいただきました多くの各局ありがとうございました。

 PS NNLさん、移動用の軽量2エレHB9CVをいただきましてありがとうございました。 今度使ってみます。