「14MHz」タグアーカイブ

北海道北斗市木地挽山山頂

北海道北斗市木地挽山山頂 (JCC#0136, SOTA#JA8/OM-038)

今日も天気が悪く雨模様。 昨日到着後に、ほぼ函館の観光地は全部制覇したつもりなので、今日は北斗市の「大沼公園」に行ってみました。 大沼公園自体は曇りで雨には降られませんでした。

2時間だけカミサンから時間をもらい、車で山頂付近までアクセスができる「木地挽山」、標高683mに行って見ました。 しかし、木地挽山は雨と霧、昨日の函館山と同じ状況。

そんな中でも山頂からQRVしてみました。

14MHzのCWだけ短時間運用。

持っていた傘はリグを守らなくてはならず、10分間だけ運用したら雨でびしょ濡れになってしまいました。 しかし、この10分間の運用でも何と9局のQSOが出来ました。 すばらしい効率・・・・ 皆さん待っていてくれたものと思います。 有難うございました。

ところで昨日、残念ながら夜景を見れなかった函館山ですが、今日乗ったタクシーの運転手から貴重な情報を得ました。

函館山は結構、霧が出るところですが、山頂までケーブルカーで行くこと、そのものがどうかというものです。 確かにケーブルカー乗り場まで行って、その後、高い運賃のケーブルカーに乗って、山頂まで行っても夜景が見れるかどうかは大きなリスクです。 途中下車なども出来ません。 タクシーで最初から函館山に行けば、マイカー規制も無く、どの時間帯でも山頂まで登れます。 しかも山頂から、霧で夜景が見えないならば、途中の2合目で夜景が確実に見えるというもの。

更に(私ではありませんよ・・・)タクシーの運転手さんが言っていたのは、最近はケーブルカーで山頂に行くのは、某国や某国の人が大半。 とても、うるさ・・・・ いや、にぎやかで大変だというものです。 確かに昨日はそうでした。 この点、タクシーで行くと、山頂が霧なら途中の2合目で帰ればいいし、仮に山頂まで行っても、ケーブルカーより、はるかに安上がりです。

ということで今日の夕飯の後、ホテルに帰るときに足を延ばしてもらって、2合目まで行ってもらいました。 これだけでも大人一人分の往復ケーブルカー料金よりも安いのです。 そして撮った写真がこれです。

ちょっとガスっていますが、昨晩の真っ白の状態よりもはるかにきれいに見えました。 昨日、この情報を知っていたら、もっときれいな写真を取れたと思います。

そこで、これから函館の夜景を見ようと思っている方へのアドバイスですが、泊まるホテルが函館市内であれば、絶対にタクシーで行くべきですよ。 Good Luck

 

QRPコンテスト

東京都港区(JCC#100103)

昨日夜にKH2から帰国しました。

KH2では、とてもたくさんのコールをいただきありがとうございました。

今日は、QRPコンテストがあり、山ではありませんが散歩しながら出てみました。

レインボーブリッジを歩いて渡り、お台場海浜公園まで行ってみました。

向こうにフジテレビの特徴ある建物が見えます。

お台場とはフジテレビのある場所でも、人口の浜辺でもなく、上の写真の四角い東京湾に張り出した島のことです。 浦賀にペリーの黒船が出現した1853年から1年3か月で急いで作った砲台のことで、ここは第3砲台です。 全部で6つの砲台が作られました。 現在は第3台場と第6台場だけが残っています。

第3台場は陸続きで歩いて行けますが、第6台場は立ち入り禁止の狐島です。

両方ともレインボーブリッジの南ルートからよく見えます。

お台場側に歩いて渡った後、台場公園の中の見晴しの良いところでまずは50MHzのアンテナを上げてみました。

12時からQRPコンテストがスタート。

50MHz、28MHz、21MHz、14MHzとバンドを変えながら、CWだけで運用してみました。

天気は曇っているようですが、時おり日差しも強くなり、半分昼寝しながら運用していました。

コンディションも今一つでしたが、ゴールデンウィーク最終日は初夏の公園でのんびりと過ごしました。

 

太白山、萱ヶ﨑山縦走-2

宮城県仙台市太白区萱ヶ崎山(JCC#060104、SOTA#JA/MG-059)

太白山からの北側斜面の下山は、急坂で大変でしたが、何とか無事下山。 後ろを振り返ると、「太白山」が見えました。

林道には少し雪が残っています。

このあと一般道を歩いて、住宅街も歩いて、「萱ヶ崎山」への登山口を探しましたが見つからず、少しウロウロしてしまいましたが、ようやく登り口になりそうな場所を発見。

どんどん登っていくと、また「太白山」が見えました。 きれいな形をしています。

気持ちの良い林の中を歩きます。

熊に注意という注意書きが多く、こちらは、ちょっと心配。

ようやく「萱ヶ崎山」の山頂379mに到着。

山頂近辺にはマイクロ波のレフ板がありました。

日当たりの良い鉄塔の下でアンテナを張ってみました。

さて、アンテナも設営できて、BNCコネクタをリグにつなごうとしたところ・・・・ビリビリ!

高圧線に近いため、電磁誘導が起きているようです。 あの感じからすると100V近くはあったと思います。 すぐに撤収・・・・・・涙

少し離れたところでアンテナを再度設営。

50mほど離れると全く問題ありませんでした。 高圧線の近くは危ないですね。 今日の教訓です。

14MHzから始めましたが、やはりあまり呼ばれません。 こちらもSOTAWATCH2へのスポットができません。 RBNHOLE経由のスポットはできているようでした。

  • 14MHz CW : 4 QSO(うち1局はロシア、1局は台湾、1局はニュージーランド)
  • 430MHz FM : 2 QSO

合計 6 QSO 太白山と合わせ14QSOでした。

15時にはCLとして下山開始。 北方向に下山してJR仙山線の「愛子(あやし)駅」に到着。

本日のルート。 今日もだいぶ歩きました。

高度です。

左の針のような山が「太白山」、そして右が「萱ヶ崎山」です。 15kmほどの道のりでした。

明日も山歩きして帰ります。

 

9M2JKL運用

今日はクアラルンプール市内にある「日本人クラブ」の9M2JKLでアマチュア無線の運用をさせていただきました。 「日本人クラブ」は、以前来た時よりもセキュリティが格段に厳しくなっていました。 そのほうが安心ではありますが。

9M2JKLは今から7,8年前に出張時に運用させていただいたことがあります。 「日本人クラブ」にはレストランもあるので、その後も何度か食事だけに行ったこともあります。 無線の運用については、「日本人クラブ」という場所での運用時間に制限もあるので、その後は自分でMCMCに直接コンタクトしてライセンスを受領してホテルから運用しました。 合計4回の9M2/JH0CJHのコールサインでのQSOは914局です。 今回の出張ではライセンスはもらわず、QRVの予定もありませんでしたが、なんとなく日本人クラブに行ってみたくなり、本日朝、いきなりですが、現在の9M2JKLの部長を務めるJA7LMU木村さんに電話してアポ取り、13時半に待ち合わせをしました。

9M2JKLのアンテナが少しアップグレードされていました。

antenna

1時間ほどCWで運用させてもらいました。

コンディションはあまりよくなかったようですが、6局との交信が出来ました。 木村さんによれば先週よりはコンディションも良かったようです。

  • 21MHz CW: JN4MMO, JG2NLN, JN1RQV, BH7JUO, JA6JCL
  • 14MHz CW: JM1SZY

他にも18MHz、28MHzにも出ましたがQSOできず。

IMG_0440

1時間だけの運用でしたが、本当に楽しかったです。

休日であるにも関わらず来ていただいた木村さんはじめ、コールいただいた各局ありがとうございました。

明日はDUに移動します。 残念ですがQRVの予定はありません。

 

SSN=179

先週から上がり始めた太陽黒点数もついに今日は179となり、だいぶコンディションが良かったようです。 おかげで14MHzにて約1.5Hの間JA各局から呼ばれ続けることができました。 特にその立役者となっていただいたのは、国内専用のクラスターであるJ-クラスターに海外局である9M2/JH0CJHがUpされたおかげです。

J-cluster

本来のJ-クラスタの使い方ではないといわれる方もおられるかもしれませんが、普段国内QSO専門で局を追いかけておられる方にも、たまにはDXをCallする楽しみを再確認していただく上でも良かったのではないかと思っています。 Upしていただいた方は、普段DX Scapeにも積極的に情報をUpしていただいている方です。 今回、この粋な計らいで、私は思う存分SSN=179を9M2の地からQRP=5W運用で楽しめたことに本当に感謝しております。 ありがとうございました。

また、たくさんの方にCallいただき、本当にありがとうございました。