山岳移動ダイポールアンテナ製作

私がいままで山岳移動に使っている50MHzのアンテナはダイポールアンテナで、アンテナマストは5.5m位のアルミ製です。

昨年の横浜コンテスト用に28MHzのダイポールを作った時に、ギボシ端子で50MHzにも使用できるように作ったものです。

こことかこれが製作記事です。 28MHz用に作ったので50MHzで使うときは園芸用のダンポールと呼ばれる青いグラスファイバー製のポールを短くして山に持っていっていました。 こんな感じです。

アンテナは分解してアルミのアンテナマストと一緒に釣り竿のケースに入れて持っていっていました。 しかし、軽いとはいえ、釣り竿ケースの中身は全部で3kgもあり、山に登るのは一苦労。 だいたい山に登るのになぜ釣り竿を持っているのかと周りの登山の方には不思議がられていました。

何とか軽く、しかもリュックサックに小さく収まるようにしたいと思っていました。

先週、ハムフェアで昨年から狙いをつけていた、超小型のバランを購入。 今年のハムフェアでの唯一の購入品です。

そして、山と無線のブースでJR1NNLさんから、ケーブルキャッチャーを紹介してもらい、本日DIYの店でケーブルキャッチャー、アルミ製の棒を購入し、軽量山岳移動ダイポールアンテナを製作しました。

ケーブルキャッチャーは電気工事で配線をするときに使う釣り竿のような棒で、釣り竿よりも段数が多いので、収納時は短くなります。 結構強度もあり、小さなアンテナであれば、最細のところに取り付けた状態でもアンテナが上げられるようです。

用意した部材は

  • ケーブルキャッチャー 4.5m
  • 小型バラン(QB-50QRP 大進無線)
  • アルミポール 6mm径 1m 1本
  • アルミポール 4mm径 1m 2本
  • 真鍮ポール 2mm径 20cm 1本
  • 金具(「ひ」型、クランク型 各1個)
  • ボルト、ナット、蝶ボルト、蝶ナットなど
  • タイラップ バラン固定用 数本
  • 目玉クリップ 最小のもの 2個

6mmのアルミポールと4mmのアルミポールを、50cmずつに切ります。 ちょうど4mm径のアルミポールは6mm径のアルミポールの中に入るサイズです。 また2mm径の真鍮ポールも4mmのアルミポールの中にちょうど入る大きさ。 これを下の写真のように組み合わせて製作。 写真の上から

  • 6mm径アルミポール 50cm長 先端側に目玉クリップがついています。
  • 4mm径アルミポール 50cm長で片側に真鍮ポール、反対側に6mm径アルミを少しだけ切ってつけたもの
  • 4mm径アルミポール 50cm長です。

element separated

一番上と一番下は単なるポールです。 加工は2番目のポールに集中。

まず6mm径のアルミポールに入れる側の4mm径アルミポールの端は下のようになっています。

joint1-1

2cmくらいの、スリーブのような短い6mm径アルミポールはエレメント長の固定用です。 アンテナのSWRの調整をした後に、瞬間接着剤で固定。 SWR調整はこの4mm径アルミポールを6mm径アルミポールに入れて長さを調整することで行いますので、最初に接着剤で固定しないように注意。

6mm径と4mm径の接続部分(スリーブ部分)を目玉クリップで止めます。

joint1-2

これで最初のジョイント部分は完成。

2番目の4mm径どうしのジョイント部分は、このようになっています。 2mm径の真鍮ポールが入れてあります。 これも瞬間接着剤で固定。 電導は確保されていないといけませんが、5cmくらいあれば、どこかで電導は確保できるようですので、あまり神経質になる必要はないようです。 真鍮のポールにする理由は強度です、アルミの2mmのポールもありますが、強度が弱く折れてしまいます。

joint2-1

2番目のジョイント部分です。 真鍮ポール部分を4mm径のポールの中に入れるだけ。 固定方法はクリップでは重くなりますし、差し込むだけで結構しっかりつながるので、そのままにしています。 実際の運用では、ビニールテープやプラスチック製のクリップで止めようと思います。

joint2-2

すべてつなげると、2本のエレメントは、こんな感じになります。

element connected

次は、バランとケーブルキャッチャーへの固定部分の製作。

言葉で説明するのは難しいので、写真を見てもらうのが一番ですが、「ひ」のような形をした金具とクランク型の金具を組み合わせて、バランを固定しています。

mount2

クランク型の先端には蝶ボルト、蝶ナットと大きめのワッシャーを取りつけます。

mount3

バランはタイラップで固定します。

mount1

ケーブルキャッチャーの先端のケーブル引っかけ用の金具に、蝶ボルト・蝶ナットを締めて取り付けられるようにします。

mount4

これは背面写真。

mount5

購入したバランは、アンテナエレメントがワイヤーの場合に備えて、圧着端子と蝶ナットがついていましたが、これは不要なので取り外して、6mm径のアルミポールを直接バランのボルト部分に取り付けます。

この時、6mmのアルミポール内径が若干大きいため、バランのボルト部分からすぐに抜けてしまうので、少しだけ6mmのアルミポールをつぶします。 つぶしすぎないように注意。 写真では判りませんが、少しだけつぶれて楕円形になっています。

6mm pole

これで、バランのボルト部分に回して、しっかりと取り付けることができます。

element

これで完成。 次は調整です。

近くに導電体があると、SWR調整がうまくいかないので、私は近くの公園でSWRの調整を行いました。

test

調整は6mmと4mmのジョイント部分の入れ子部分の長さ調整で行います。

こんな感じでSWRが落ちてくれました。

50MHz dipole mountain SWR

もう少し短くてもよいかもしれませんが、50.0~50.6MHzは完全に実用域です。

これが、マストまで含めたアンテナ全部品。

6m dipole

いままでのアンテナと比べると、大きさもこんなに小さくなりました。 重さも、3kgが400gになりました。

size comp[

来週晴れたら、どこかの山に行ってみたいと思います。

 

2014年10月 バラン取り付け部分の改良を行いました。

 

 

横浜コンテスト反省会

8月30日土曜日に7月21日に実施された横浜コンテストの反省会が開かれ参加してきました。 場所は横浜駅前モアーズのキリンシティ。

yokohama_test

写真に写っていないかたもだいぶいるみたいです。 全部で20人の参加。

大半の方が空の上では何度もQSOいただいていますが、面談するのは初めての方も多く楽しかったです。

キリンシティでうまいビールが飲み放題の上、とても初対面の方とは思えないほど、横浜コンテストやアマチュア無線の話でだいぶ盛り上がりました。

2次会にも、そのまま近くの焼鳥屋に突入。 写真は最後に撮ったので途中で帰られた方も・・・・

2nd round

OHPさん、写真お借りしました。

皆さんからのいろんな情報で大いに刺激を受けました。

またイベントありましたら呼んでください。 幹事さんお疲れさまでした。

 

2014年All JA0 3.5MHz / 7MHzコンテスト結果

本日S2より無事帰国しました。

家に帰ると、3月に実施された、JA0 3.5MHzコンテストと JA0 7MHzコンテストの賞状が届いていました。 このコンテストも結果が発表されていること認識していませんでした。

結果は次の通り、

3.5MHz 電信部門 新潟県内 3位

2014ja03_5 test results 2014ja03_5 test award

7MHz電信部門 新潟県内 3位

2014ja07 test results 2014ja07 test award

両コンテストとも新潟県内3位でした。 ありがとうございました。

 

バングラデッシュのナンバープレート

私の68カ国の訪問経験でも、車のナンバープレートの数字にローカルの文字を使う国は、あまり見かけません。 サウジアラビアもアラビック文字の数字表示だったと思いますが、バングラデッシュも車のナンバープレートの数字表記に現地文字を使う国ののひとつ。 日本でも漢字やひらがなが使われていますが、ナンバープレートの一部のみで数字自体は一般的な数字です。 

これがバングラの自動車のナンバープレート。

bangladesh numbers

ご覧のとおり全く読めません。 

ただひとつ読める数字が有ると思いますが、一番右に「8」という数字が見えます。 実は、この「8」という文字も実は「4」なのです。 「9」に似た文字も見えますが、これは「7」です。 「8」の隣はたしか「5」だったかな? 多分、これは、37-1654 頭がおかしくなりそうなので、この辺で・・・・

 

S2出張

土曜日にハムフェアを楽しんだあとは、日曜日朝からS2に出張。

シンガポール経由、夜23時にバングラデッシュの首都ダッカ市に到着。 

bangladesh map

S2は何年ぶりだろう・・・・・ 6, 7年ぶりの訪問。

dhaka2

ダッカ市は高度が低いので湿地や川、湖が至る所に有ります。

dhaka1

これはダッカの銀座、グルシャン通りです。

dhaka3

自転車のリクシャーとこの蜘蛛の巣のような電線がダッカのトレードマーク。

 写真に撮るとバングラデッシュの混沌やエネルギーが伝わりませんが、こういうところです。

 

2014年ハムフェア

今日は年に一回のハムの祭典、東京ビッグサイトで開催されたハムフェアに行ってきました。

明日からS2出張なので、明朝はそのまま出張に行けるように、出張の荷物と、ハムフェアで出すQSLを持って出かけました。 まずは会場の東京ビッグサイトに行く前に、投宿する神田のホテルに出張の荷物をドロップ。

新橋から、ゆりかもめで国際展示場駅に。

hamfair2014

遠くアンテナも見えます。

hamfair2014antenna

会場に到着したら、まずは重いQSLをJARLの転送ブースにドロップ。 朝から荷物の塊のようになっていましたが、これで急に身軽になりました。

各社の展示を見て回りました。

Kenwoodではアウトドア運用を中心に展示を行っていました。

Kenwood

そして、YAESUの展示では新製品FT-991の参考出品。 FT-897の後継機です。 移動運用で使うシーンを目的とした小型のリグで今回のハムフェアでは私の一番の関心アイテムになりました。 周波数は1.9~430MHzをオールモードでカバーしています。

ft991front

フロントパネルはセパレートになりませんが、アンテナチューナ内蔵です。 液晶パネルがきれいです。 参考出品ということでガラスケースの中でしたので、操作は出来ませんが、非常に気になる存在です。 

背面の写真も撮りました。 アンテナ端子は1つ? いえ電源の向こうにもHF系のアンテナコネクターが有りました。 手前は144/430MHzのコネクターです。 向こうにはFANも見えます。 年内には発売ということでした。 価格は15万円くらいとか・・・・楽しみですね。

ft991

ICOMのブースではIC-7850というIC-7800のマイナーチェンジ版が展示されていました。 金メッキパーツがちょっとゴテゴテした感じもしますが、デュアルバンドのスコープモニターが同時表示できるとか、送信系のフェーズノイズが改善されたということでした。

ic7850

ICOMブースでは女優で現役の東大大学院生で、最近ハムの免許を取ったという星野聖良さん(JI1EFB)がトークショーをやっていました。 記念のサイン入りカードもらいました。

hoshino_seira

CQ出版社のスタンドでは、フリーライセンスラジオで毎月CQ誌に登場しているミッチーが来ていました。 

michy

クラブのブースでは山と無線と6m洗濯ネットにお世話になっていました。

6msentakunet

アマチュア無線のラジオ番組で有名なQRLのブースではJR1MIGさんとアイボール。 QRL主催のコンテストいろいろと趣向を凝らしてルールを考えているようです。

そして、8J1AKIBAや秋葉原のガイドツアーで有名なメイドさんも来ていました。 1アマを目指して勉強中だそうです。 頑張ってください。

akiba_guide

そして、夜は今年も御徒町の矢具野さんの店で宴会。 岩ガキうまかった~。

enkai       

皆さん、ありがとうございました。 本当に楽しい一日でした。

明日もハムフェアに行きたいところですが、バングラデッシュに出張です。

 

2013年1エリアAMコンテスト賞状

本日帰宅すると、先日発表になっていた、昨年12月23日に実施された1エリアAMコンテストの賞状が届いていました。 1エリア外部門優勝です。

2013_6mAMtest

でもこのコンテストは、いままで賞状はなかったはずなのですが、今回から配布することになったのでしょうか?

ありがとうございました。

なお、コンテスト結果のデータと、今年の12月のコンテスト規約が同封されていました。

コンテスト当日の写真を見ると、雪の中です。 涼しそう・・・・

 

PS OBCさんとこも賞状届きましたか?

 

ハムフェアでお会いしましょう

いよいよ、明日23日から、ハムフェアですね。

hamfair2014

私は24日からS2に出張になってしまいましたが、23日は朝から会場内をウロウロとしています。

そのまま、宴会、ホテル投宿、翌朝、成田直行です。 数年前にもこのパターンがあったような・・・・

それではみなさん、よろしくお願いします。

 

JH0CJH/6沖縄県国頭郡移動運用まとめ

夏休みの沖縄移動運用の結果をまとめてみました。

[table “6” not found /]

最初、18MHzのSWRが落ちずに21MHzで運用していましたが、LWのワイヤー長を調整し、18MHzでSWRが落ちてからは、18MHzのコンディションが良く、18MHz中心となりました。 7MHzと10MHzはS=9のノイズでNG。 14MHzは何故かSWRが落ちずに断念しました。 よって今回はハイバンド中心でした。

total qso freq

DX局も約10%となりました。

total qso area

今回は手に入れたSCU-17を使って、RTTYにもQRV

total qso mode

沖縄は無線以外にも楽しめることが多く、こんなところです。 今度は6mのEsシーズンに行ってみたいものです。

皆さんありがとうございました。