ラズベリーパイ3B+

ラズベリーパイを使ってNora Gatewayを動かしてD-StarのMultiForward Linkでの運用を楽しんでいますが、もう一つ実験したいところがありラズベリーパイModel 3B+を購入しました。

今までのものはModel 3Bで+無しです。

左が今までのModel 3B、右が今回導入したModel 3B+

性能はそれほど変わっていないようですが基盤に乗っている部品の数がだいぶ違います。

 

UECコミュニケーションミュージアム

今日、マニラから帰国した後、私の母校、調布にある電気通信大学に行ってきました。

なぜかというと、先月「千の技術博」に行って結構興味深い展示を見て、こちらも以前から行きたいと思っていてなかなか行くことができない博物館であることを思い出したためです。

電通大のこの博物館は1998年に歴史資料館として発足し、2008年からはUECコミュニケーションミュージアムとして一般に公開されています。 無線通信技術を中心に技術の進化、発展を紹介しています。 電気通信大学の構内の10号棟が博物館です。

開館日、開館時間内であればだれでも自由に見学ができます。

早回りであれば30分ほどで回れますが、私のように興味を持つ人は2時間くらい見ておいた方がいいかもしれません。

とても多くの展示物がありますが興味を引いたものを紹介します。 博物館に入るとまずすぐにインマルサットの船舶衛星システムが展示されています。

反対側には海底ケーブルの中継器の実物も展示されていました。

受付の先には、ペリーが浦賀に黒船で来航した時に寄贈された電信機が展示されています。

電鍵もあります。

これは電磁波での電信が始まったころの火花式送信装置

10.000MHzのJJY標準電波信号の送信装置

数々の業務用の短波送受信装置

これは短波でのフェージングを除去し安定した受信をするためのダイバシティ技術を取り入れた現存する唯一のHallicrafters社のDD-1 Skyrider Diversity受信機。 二台分の受信装置を共通の局発で検波することでフェージングを除去しています。

真空管も相当な数が展示されています。

大型真空管が壁に取り付けてあるのは、ウィスキーバーのようです。

これはマイクロ波大電力増幅用の進行波管

これもマイクロ波の大電力増幅用クライストロン、注意書きがありませんでしたが非常に強い磁石があるので時計を近づけない方がいいです。

多くのアマチュア無線の装置も自作やメーカー品を含め展示されています。 電通大100周年記念局もこの中にありました。 この日運用するとツイートがありましたが誰もいませんでした。おそらく別の場所で運用しているのかも知れません。

もし時間があれば一度行ってみると面白いと思います。

 

香川県高松市浄願寺山

香川県高松市浄願寺山(JCC#3601, SOTA#JA5/KA-070)

一夜明けて、建国記念日の月曜、高松市は朝からなんと雪です。

結構降っています。 車にも雪が積もっています。 それを見て今日は山に行くのを一旦あきらめたのですが、9時ころになると雪も雨になり小降りになってきました。 早速準備をして近場の「栗林公園」近くにある「浄願寺山」245mに向かいました。

琴電で「瓦町駅」から「三条駅」まで行きました。

三条駅から「浄願寺山」までは結構距離があります。 登山口までは3kmほどあります。 延々と街中を歩いて登山口に向かいました。

近くなると朝の雪がまだ見えます。

道端の水仙も昨日と違って寒そうです。

登山道を登ると雪の量もだいぶ増えてきました。

アイゼンは持ってきていませんが、アイゼン無しでも大丈夫です。

どんどん登ると途中から何かの足跡が・・・

・・・大きな声を出しながら登りました。

そして「浄願寺山」の山頂245mに到着。

山頂からの眺望はありません。 雨はやんでいますが、木の上からしずくが垂れてくるので、リグを置く場所を慎重に選びました。

こういう時は葉っぱの無い枯木の下が良いようです。

リグにはリュックサックの防水カバーでしずく対策

コンディションは今一つでした。

結果です

  • 14MHz CW : 1 QSO (ニュージーランド)
  • 18MHz CW : 1 QSO (ニュージーランド)
  • 21MHz CW : 1 QSO
  • 144MHz FM : 6 QSO
  • 430MHz CW : 2 QSO

合計 11 QSO

13時半で終了、今日の17時50分の飛行機で帰るので、下山開始しました。

山頂からの眺めはありませんでしたが、途中で見えた高松市の景色。

4時5分に「瓦町」から空港行きのリムジンバスが出るので、それまでにいったん荷物を預けたホテルに戻っていかなくてはなりません。 最後はだいぶ慌てましたが、何とか最後のうどん一杯食べる時間はありました。

年に1,2度しか降らない高松で、水仙や山桜も咲いているのに、ちょうど訪問した時に雪が降るとは何とも残念でしたが、結局、今日も山に登れましたし、雪の高松で登山をするというのも経験できないことでしょうから、これで良しとしましょう。

今日のマップ。 完全なピストンです。

そして高度です

今日は10kmだったようです。 この週末は四国からQRVでき本当に楽しかったです。 また近いうちに行きたいものです。

 

香川県善通寺市筆ノ山

香川県善通寺市筆ノ山(JCC#3604, SOTA#JA5/KA-059)

大麻山の続きです。

「大麻山」で運用した後、西方向に下山しました。 途中から舗装路になりあまり面白くないのですが、ところどころにショートカットの登山道があります。 しばらく下って、ショートカットの竹やぶを抜けると「野田院古墳」に到着。 古墳の柵の中には入れませんが、この周りはキャンプ場になっているようです。

ちょっと高い見物台の上から古墳の様子を見ることができます。

そして向こうにこれから登る「筆ノ山」が見えます。

このあたりは空海が修行をした「五岳山」と言われるところで、空海ウォークとして5山の縦走ができるようです。 今回は時間も無いので、この中の「筆ノ山」だけ登ります。

「大麻山」からの下山ではだんだん日差しも強くなりました。 水仙が道に咲いていました。

ミカン畑と「大池」と言われる貯水池を抜けて、「五岳山」の「筆山」と「我拝師山」の切通をめがけて歩いていきました。

切通しから「筆ノ山」を登りました。 「筆ノ山」は遠くから見ても、形が細く特徴的です。

振り返ると先ほどの「大麻山」が見えました。 縦方向に見ているのでこの山も細く見えますが実際は先ほどのように金刀比羅宮からずっと繋がっている長い山です。

切通しから30分ほどで急坂を登り、ようやく「筆ノ山」標高275mに到着。

「筆ノ山」という名前からか、空海、弘法大師が修行をした山からか、合格祈願の絵馬がありました。

狭い山頂ですが、さらに狭いことに山頂の半分ほどは大きな穴が開いています。

狭い山頂にアンテナを設営。

細い山頂なので360度のパノラマです。

コンディションも落ちたため、HFは14MHzでニュージーランドができただけで、他はVUの430MHzで局数を稼ぎました。

筆ノ山での結果は次の通り

  • 14MHz CW : 1 QSO (ニュージーランド)
  • 144MHz FM : 1 QSO
  • 430MHz FM : 9 QSO

合計11QSOとなりました。

その後は登りの逆方向の北方向に下山し、善通寺駅に向かいました。 途中「善通寺」の中を通って見学。

立派です。 ここは四国88カ所巡りの75番です。

ということで、今日はだいぶ歩きました。

本日のマップ

そして高度です。

全部で17kmでした。

明日の月曜日もどこかの山に登ります。

 

香川県善通寺市大麻山

香川県善通寺市大麻山(JCC#3604, SOTA#JA5/KA-008)

先週は金曜と土曜に香川県の高松市で仕事があったので出張しましたが、ちょうど3連休にかかり、いつものようにそのまま自費で高松市に残って日曜日と月曜日に山に登ってきました。

まず日曜の朝、6時5分「瓦町駅」の始発の琴平電鉄、琴電で琴平まで向かいました。 ちょうど「瓦町駅」から1時間で「琴平駅」に到着。

一昨年にも海の神様、金刀比羅宮にお参りをさせていただいたので、今回は2回目。 朝早いので琴平の町に到着しましたがほとんど人がいません。

金刀比羅宮の参道もこんな感じです。

まずは785段の石段を登って「金刀比羅宮」に到着。 仕事上の安全と発展を祈ってきました。

展望台からの景色もきれいです。

左にみえるのは「讃岐富士」と呼ばれる飯野山。

そのあとは前回は行かなかった奥社まで登りました。 奥社までは全部で1368段の階段があります。 奥社に到着。

奥社にもお参りをして、そのすぐそばにある「大麻山」までの登山口からは本格的な登山道になります。

「大麻山」は金刀比羅宮がある「象頭山」という名前の山の最高地点で「象頭山」はとても長い形をしています。 金刀比羅宮の本宮からもだいぶ距離も高度も上がります。 登山道も滑りやすい感じでずっとトラバースで進むような感じで、結構時間がかかってしまいました。

「龍王社」に到着。 なんとこんな山の上に小さな池があり、その中に社があります。 ここでもお参りをして山頂に向かいました。

ようやく山頂が見えてきました。

テレビアンテナやマイクロ波中継装置、携帯基地局アンテナなどがたくさん見えます。

9時過ぎにようやく「大麻山」の山頂、616mに到着。

琴平駅からちょうど2時間かかりました。 もっと早く登れると思ったのですが階段の数と滑りやすい登山道に手こずりました。

実はこの先が公園のようになっているのですが、高度としてはこのあたりがピークのようです。 この場所でアンテナの設営。

14MHzのCWでスタートすると、早速呼んでもらえました。 結構なパイルになっています。

北米からも呼ばれました。 コンディションが良くなってきているようです。

山頂からの景色です。 讃岐富士も見えています。

大麻山での結果です。

  • 14MHz CW : 12 QSO (北米2局)
  • 18MHz CW : 2 QSO (北米とニュージーランド)
  • 21MHz CW : 1 QSO (ニュージーランド)
  • 50MHz SSB : 1 QSO
  • 144MHz FM : 1 QSO
  • 430MHz FM : 4 QSO

合計 21局となりました。

11時に撤収して、次の「筆ノ山」に向かいました。

筆ノ山に続く

 

NoraGatewayとMultiForward Link

昨年からNoraGatewayというD-Starのアクセスポイント・ターミナルモードで使うSoftwareが開発されていることを知り、何とかNoraGatewayをラズベリーパイの上で動作させたいと思って挑戦してきました。

いままでD-Starのアクセスポイントモード・ターミナルモードで使用するソフトはICOM純正のMS-3A、MS-3Wというソフトがあるのですが、どうも不安定で昨年9月ころにバージョンアップされてからは安定度が少し上がったものの、いつの間にかソフトが停止していたりする現象が起きていました。 このため、このNoraGatewayに期待していたのですが、なかなかConfigファイルがうまく設定できていないようで動作させることができませんでした。

一方で今年になってから、D-Starのアクセスポイントモード・ターミナルモードでも各リピーターのワッチができるMultiForward Link機能が付いたということで、こちらは今までのアクセスポイントモード・ターミナルモードが呼ばれないと話もできない、リピータが使用中かどうかもわからないという状態で不満があったので大いに期待していました。

そしてNoraGatewayでMultiForward Linkの運用ができるということで、再度NoraGatewayの設定に挑戦。

いろいろとトライしましたがようやく原因が判明。 アクセスポイントモードで使用する親機側のコールサイン指定とNoraGatewayで指定するGatewayコールサインとリピーターコールサインの設定があっていなかったことが原因でした。 CSVファイルを直接修正しても良いですが、わかりやすいようにCS31Plusの画面です。 なお当たり前ですが、JA1CTVやJH0CJHのコールサインはそのまま使わないでくださいね。

私の場合下記の設定にしました。

まずしゃべる側の子機の

  • 自局コールサインはJH0CJH

シンプレックスリピータとして指定する親機側の設定(子機に入れる設定)

  • リピータコールサイン JA1CTV A (これはJARLのD-Star DBに登録が必要です)
  • ゲートウェイコールサイン JA1CTV G
  • 周波数は438MHz台の周波数

そして親機側の

  • 自局コールサインはJA1CTV A

としました。

そのうえでNoraGatewayのConfig Fileで

  • ゲートウェイコールサインを上記と同様に JA1CTV G
  • リピーターコールサインを JA1CTV A
  • USBポート番号は私はラズベリーパイ上で構築したので /dev/ttyUSB0

これくらいの設定で大丈夫だと思います。

これでラズベリーパイとID-51Plus2をケーブルで接続し、OPC-2350LUで接続します。

しゃべる子機側でシンプレックスリピータの中から先ほど設定したものを選択します。

親機のID-51Plus2をアクセスポイントモードにして、周波数を子機と合わせ、ラズベリーパイを動作させると「NoraGatewayに接続しました」というアナウンスが流れます。

この状態でひとまず普通のアクセスポイントモードが完成。 NoraGatewayの安定度も良いようです。

左が子機側、右が親機側です。

MultiForward LinkについてもNoraGateway側で特に設定せずできました。 MultiForward Linkは

  1. まず子機側から接続したいリピータのAモジュールに接続すべく、下記のコマンドでカーチャンクします。 例えば海老名RPTであれば
  2. JP1YJXAL  コールサインのあとAそしてリンクのLです。 (この各リピータのLinkコマンド付きのリストは相手局リストとしてメモリーに入れておけますのでリピータの名前付きで入れておくと便利です。)
  3. するとMultiForward Link対応のリピーターであれば接続した旨のアナウンスが返ってきます。
  4. この状態ではタヌキワッチだけです。 そのリンクしたリピーターで話をするにはToにUse Reflectorを選択し話すだけです。
  5. 使用が終わったらLinkをUnlink Reflectorで切っておく必要があるようです。 Unlinkした旨もアナウンスが流れます。

九州のリピータでの会話もローカルのように聞こえます。

このMultiForward Linkで各地のリピータに出るときは通常のアクセスポイントモードではないのでコールサイン指定ではなくそのまま山掛けで応答することができます。 これでロケーション最悪の東京別宅からもワッチしながらの楽しい無線ができます。

これでまた新しい世界が広がりました。