宮城県蔵王屏風岳

宮城県刈田郡蔵王町蔵王屏風岳(JCC#06003A, SOTA# JA/MG-001)

蔵王熊野岳から下山し、エコーラインの駐車場に車を停めて、宮城県の最高峰である屏風岳、標高1825m(最高地点)に向かいました。 13時にスタート。

下山時に取った写真で日が傾いていますが、ここが登山道入り口です。

まず下りから始まります。 先ほどの熊野岳と違って、路程は長く、さらにグチャグチャの泥、雪解けの沢渡り、そして雪の山道でした。

下り始めるとすぐに雪解け水のプールのような感じ、水深は10cmほど。 大変な山道でした。

さらに前山、杉ヶ峰という2つの山を越えていかないと屏風岳にはたどり着けません。 左の小ピークが前山、その向こうが杉ヶ峰、そして中央の遠く見えるのが屏風岳です。

前山から先ほどの熊野岳を見る。

結構前山が大変な山でした。 少し雪道を下って登り返したところが杉ヶ峰、標高1745mです。

杉ヶ峰から雪道をだいぶ下ります。

そこは湿地帯の芝草平です。 雪解け水が川のようになっていました。

木道が続きます。

そして屏風岳の急坂を登ると屏風岳の尾根に出ます。 ふもとから見えた屏風のような雪の崖です。

屏風岳の山頂に到着。

山頂からは絶景が広がります。

15時半近いのでHFはやめてVHFだけQRV。 もう日も傾き誰もこないので山頂の碑にアンテナを縛ってGPアンテナをぶら下げました。

屏風岳での結果です。

  • 144MHz FM : 8局
  • 430MHz FM : 5局

30分だけの運用でしたが、合計 13QSOでした。

日も傾きだしたのですぐに撤収して下山開始。

帰りは雪道が登りなので疲れました。

本日の全ルートです

そして高度。 前半の楽な山行に比べ後半のアップダウンが大きいです。 全行程16㎞ほどでした。

18時にエコーラインに戻り、仙台市のホテルまで行きました。

ホテルに到着後は、おなじSOTAを趣味としているJE7RMVさんと宴会。

この季節の旬であるホヤの刺身と、

牛タンです。

やっぱり仙台に来たらこれですね。 RMVさん夕飯付き合っていただき、ありがとうございました。

日曜日は栗駒山に登ります。 続く

山形県蔵王熊野岳

山形県上山市蔵王熊野岳(JCC#0507, SOTA#JA/YM-004)

週末は仙台を拠点に東北の山を登ってきました。

まずは蔵王の熊野岳標高1841mに挑戦。 遠くから見る蔵王連峰は雪をかぶっています。

天気は最高で、雲ひとつ無い快晴です。

蔵王のお釜まではエコーラインで車で登れます。

エコーラインは5月の連休前にオープンしたようですが、まだ雪がたくさん残っています。

週末の相棒のレンタカーです。

有料道路の蔵王ハイラインを登ると素晴らしい景色が広がっていました。

大朝日岳方向です。

熊野岳の方向に登り始めました。 ほぼ平坦な楽な道です。

お釜が見えました。 圧倒的なパノラマ感です。

1時間もかからずに熊野岳山頂に到着。

山頂の神社です。

天気も良く素晴らしい景色が広がっています。

遠くに月山、鳥海山が見えました。 左側が月山、中央奥が鳥海山です。 月山までは70km、鳥海山までは蔵王から100km以上あるはずですが快晴で空気も澄んでいる朝なので良く見えました。

まずはHFのダイポールを設置して14MHzからスタート。

今日はATUがあるので、10MHzにも出てみました。

50MHzもQRVしました。

熊野岳からの結果です。

  • 10MHz CW : 1局
  • 14MHz CW : 1局
  • 18MHz CW : 4局
  • 29MHz FM : 2局
  • 50MHz SSB : 6局

合計 14 QSO

12時にCLとして下山しました。

雪道を下りました。

非常に楽な登山で物足りないので、お釜の向こうに見える、宮城県の最高峰である蔵王屏風岳に登ることにしました。

続く