長野県茅野市縞枯山

長野県茅野市縞枯山(JCC#0914, SOTA#JA/NN-037)

北横岳からの続き

北横岳から「坪庭」まで下山し、「縞枯山」2403mに向かいました。

この名前は、この山に生えているヒバなどの原生林が、何十年かの周期で突然、枯れ、その枯れている部分が縞模様になっているためとのことです。

縞枯山の登山口までは木道が続いています。

登り口からすぐに岩場が始まります。

岩場の中にこんな杉苔をサンドしたような岩がありました。

縞枯山の山頂は何も見通しの無い場所で尾根伝いに見晴らし台という場所があり、行ってみると大きな岩の多い、蓼科山の山頂のような感じです。

凄い場所です。

標高差は25m以内なのでこの場所からVUだけ運用することにしました。 GPアンテナを設置。

144MHzから運用。

縞枯山からの運用結果。

  • 144MHz FM : 9 QSO
  • 430MHz FM : 15 QSO

合計 24 QSOとなりました。

そして撤収していると、声をかけてくれた方がいました。 多分誰かと勘違いしているんだろうな~と思いましたが、よく見ると会社の同僚です。 驚いたのなんの。 なんでここにと思うのはお互い様ですが。 本当にびっくりしました。

縞枯山を下山し、ロープウェーで下山しました。

本日のルートです。

そして高度、ロープウェーの登りではGPSをOnにし忘れてしまいました。

これでこの夏休みのSOTA運用は終わりです。 霧ケ峰キャンプ場に3泊し、充実した登山の毎日を満喫できました。

 

長野県茅野市北横岳

長野県茅野市北横岳(JCC#0914, SOTA#JA/NN-032)

昨晩のキャンプは本格的に夏休みが始まる土曜ということもあり、大賑わい。 金曜の夜とは大違いです。

近くにいた名古屋から来たというライダーと一緒に酒を飲みながら遅くまで話し込んでいました。

一夜明けて、今日は8月11日、山の日です。

昨日の蓼科山でだいぶ疲労がたまったので、今日は楽ちんコースで北八ヶ岳ロープウェーで「北横岳」に向かうことにしました。

今日も途中で北横岳が見えたので写真を撮りました。

この時期は朝8時に運行がスタートするので、7時半にロープウェー乗り場に到着。

8時の始発に乗れました。

遠くに南アルプス、進行右手には八ヶ岳がが良く見えます。

山頂駅に到着。

左手にはこれから登る北横岳が見えます。

途中で結構な急坂があります。 昨日の蓼科山よりははるかに楽です。

北横岳ヒュッテに到着。

ここから、また結構な急坂ですが、山頂まではもうすぐです。

北横岳南峰山頂、標高2480mに到着。

360度のパノラマ。 昨日登った蓼科山が見えます。

北の方に北横岳北峰というピークがあり、SOTAのポイントはこの場所なので、すぐに移動。

蓼科山も見えます。

今日は山の日でもあり、多くの人が来ると思うのでひっそりとアンテナを設営。

北横岳での成果。

  • 10MHz CW : 4 QSO
  • 14MHz CW : 17 QSO(うち2局はニュージーランド)

合計 21 QSOです。 人が混んできたので、VUはやらずに撤収。

来た道を戻っていったん下山し、次は「縞枯山」2403mに登ることにしました。

続く

 

 

長野県茅野市蓼科山

長野県茅野市蓼科山(JCC#0914, SOTA#JA/NN-031)

今日は蓼科山、標高2530mに登ってきました。 朝5時に起床。

寒いです。

準備をして、登り口まで車で行く途中、朝もやの中に蓼科山が見えました。

休火山のため、噴火の恐れは無いようですが、富士山のような形です。

スズラン峠の近くにある駐車場に車を停めて、出発。

最初は笹のやぶの中を抜ける感じです。

そのうちに岩が登山道に出てきます。 そして急坂が始まりました。

だいぶ登りました。 遠くに南アルプスの山が見えます。

急坂が一段落、

しかし、また急坂が始まります。

どんどん高度が上がります。

山頂近くなるとも全部、岩、岩、岩・・・・の連続。

そして、ついに蓼科山、2530mの山頂に到着。

山頂は、富士山のように大きくはありませんが、真ん中が窪んでいます。

真ん中のくぼみには祠がありました。

アンテナを設営。

10MHzから始めました。

本日の成果。

  • 10MHz CW : 2 QSO
  • 14MHz CW : 7 QSO
  • 144MHz FM : 3 QSO
  • 430MHz FM : 11 QSO

合計 23 QSOとなりました。

撤収後は「蓼科山荘」という山小屋の方に下山。 帰りも急坂です。

蓼科山荘が見えてきました。

しかし、急坂が続きます。

途中に湧き水が出ているところがあり、爆飲み。 元気がでました。

県道192号線に出ました。

ここから舗装路をしばらく歩いて、車を駐車した場所に戻りました。

本日のルート

そして、高度です。

本日も呼んでいただき有難うございました。

 

長野県茅野市車山

長野県茅野市車山(JCC#0914, SOTA#JA/NN-031)

今日から夏休みです。

朝、東京から伊勢原に移動し、すぐに車で出発。

時間も無いので、今日は車山に登ることにしました。

車山肩の駐車場に到着したのが既に16時ちかくなっており、すぐに準備をして山頂を目指しました。

いい天気でしたが遠くから雷鳴が聞こえます。 早く運用を終えなくては・・・・

30分で山頂に到着

東の方はもう雨が近い。

山頂にはレーダーがあります。

HFでの運用はあきらめて、VUのGPだけ設置

430で運用開始

八ヶ岳の方向に見える白いものは雨でその中を時々稲妻が走ります。

何とか4局を達成してすぐに撤収。 少し雨に濡れたくらいで助かりました。

本日の成果

  • 430MHz FM : 4局

助かりました。 コールありがとうございました。

本日のコース

そして高度

今日は下山してから霧ケ峰のキャンプ場に宿泊です。

涼しいどころか寒いです。 吐く息まで真っ白。

夜は空に満天の星です。 このままでは真っ暗ですが、クリックすると見えるかも。

明日は蓼科山に登ろうと思います。

 

福岡県田川郡香春町香春岳(三ノ岳)

福岡県田川郡香春町香春岳(三ノ岳)(JCG#40009F, SOTA#JA6/FO-032)

一夜明けて、日曜日、今日も暑い一日になりそうです。

今日向かったのは香春岳の「三ノ岳」。

これはコンビニでおにぎりを買った時に写した写真ですが、「三ノ岳」の山頂は正面の右奥に見えるピークです。 二ノ岳はちょうど陰に隠れていて見えません。 そして一ノ岳は石灰岩の掘削のため無残にも完全に消え去っています。 現在登れるのはSOTA対象の三ノ岳のみです。

「五徳越峠」の登山口から登ります。

しばらく登ると、分岐に出ます。 右がファミリーコース、左は岩登りコースです。

ここはファミリーコースに行きたいところですが、岩登りコースで登ることにしました。

すぐに岩場のふもとに到着。 ここからが地獄の岩登りでした。

写真では、なかなか伝わらないと思いますが、石灰岩の岩場を登ります。 ほぼ崖のようなところです。

ロープや鎖は少なく1,2カ所あったのみ。 岩に抱き着き、岩の割れ目から出ている木に全体重を預けて登るしかありません。

だいぶ登りましたが、まだまだ崖は続きます。

危険なところもだいぶありました。

どんどん高度が上がります。

これは真下を見た写真、はるか下に岩場のふもとまで登る登山道が見えます。

ようやく山頂に到着。 山頂もむき出しの石灰岩で足場がなく危険。

その先にファミリーコースでの登ってこれる道があるはずなのでこの岩場を慎重に抜けると、ようやく三ノ岳の山頂、509mに到着。

誰も登山客がいません。

アンテナを設営して運用開始。

三ノ岳の山頂も日陰がなく、炎天下で運用しました。

  • 10MHz CW : 2 局
  • 14MHz CW : 5 局
  • 18MHz CW : 1 局
  • 144MHz FM : 8 局
  • 430MHz FM : 2 局

今日は頑張って、2時間運用しました。 合計18局。

昨年の10月に貫山から運用した時に交信した局とも何局か交信できました。

下山はファミリーコースで下りました。

途中で落石があったような場所に石灰岩が割れて落ちていましたが、とてもきれいな真っ白い石でした。

本日のルート、

そして高度です。 登りの急こう配に比べて下山は楽ちんです。

この週末は炎天下、高温注意報が出ている中での、大変な急坂の2山でした。

 

福岡県田川郡福智町福智山

福岡県田川郡福智町福智山(JCG#40009J, SOTA#JA6/FO-006)

今週末は福岡の北九州に出張しておりました。 金曜と週明けの月曜に仕事だったため、週末、小倉に滞在。

土曜日には「福智山」、標高901mに登ってきました。 どこに登るのかは決めていませんでしたが、金曜日に博多から小倉に向かう新幹線の車窓から見えた標高の高い山を見つけ、「あの山に登りたい」と思ったのです。

これは下山後に撮った写真ですが、真ん中に見える山が「鷹取山」、その向こうに見える一番高そうなところが小ピークの「八丁」、そしてその左の一番遠くにちょこっとだけ見えるのが「福智山」です。

今週末の相棒、Toyota Vitz

「上野狭」まで行って駐車場に車を停めて、登山開始。 駐車場の標高は200mに達しないほどの地点、ここから炎天下の中を901mまで登ります。

登山道の案内が登山口にありました。 今日はオレンジのルートで急坂を登り、下りは赤色のラインで上野越を抜けて下山する予定です。

まずは「白糸の滝」を見学。 滝のすぐ脇の急坂を登りました。

すでに気温は30度を超える中での急坂が続きます。 とにかく延々と続く登りのみ。 だいぶ登りました。

さらに登り続けて山頂近くのピーク「八丁」に到着。

ヤマユリがきれいに咲いていました。

ようやく福智山の山頂が見えました。

ようやく福智山、標高901mの山頂に到着。

気温も高く、登山口が200m以下の標高からの急坂の連続なので結構疲れました。 手前に見えるのは先ほどの小ピーク「八丁」です。

遠く向こうに昨年10月に登った貫山が見えました。

早速アンテナ設営。

結構、風があります。

とにかくバテバテで、しかも山頂は木陰もなく完全に炎天下。 リグがチンチンに熱くなりました。

福智山での成果

  • 14MHz CW : 6 局
  • 10MHz CW : 1 局
  • 144MHz FM : 6 局

とにかく暑いので1時間だけのオンエアでCL。 合計は13局でした。

山頂で無線で交信していた時に、「山小屋の近くに清水が湧いているところがあるよ」という情報をもらい、下山中にまわり道して探してみたのですが見つからず、落胆して下山を続けていると、ありました。

うまい!

がっかりした後だったので、さらにおいしく感じました。 バテバテの体が急に回復。 下山を続けました。

「上野越」に到着。

しばらく休憩し、下山を継続。

ようやく、登山口まで戻ることができました。

本日のコースです。

そして高度。

小倉に帰ってからは、ビールがなんとうまかったことか・・・

ツマミはゴマ鯖

そしてチクワ明太磯部揚げ

疲れが吹き飛びました。