「アルジェリア」タグアーカイブ

6月のラマダンとシリア難民

アルジェリアでの業務は今日で完了。

仕事の後、アルジェ市街が見渡せる場所まで連れて行ってもらいました。

iPADのパノラマ写真でアルジェ市街の様子を撮ってみました。 アルジェは美しい港町です。

alger_port

今回、アルジェに来て考えさせられたこと。

アルジェリアは社会主義国なので、貧富の差こそあれ、あまり物乞いの人を見かけませんが、今回日曜にアルジェ空港に到着して、空港を出た後、すぐに違和感を覚えました。 空港までの道路に、空き缶を持って、アラビア語で何か書かれたプラカードを下げた人に何人も会いました。 アラビア語は読めませんが、人に聞くところによると、シリアからイスラム国の迫害を逃れてきた難民だということでした。 家も国も失いかけているこれらの人々が、祖国に帰る日はいつになるのでしょうか。

イスラム圏では、明日、もしくは、明後日から断食月(ラマダン)に入ります。 ラマダン開始後、1ヶ月間、太陽が昇っている間は、食べ物はおろか、水も、タバコも吸えない日々が続きます。 ラマダンは月の満ち欠けの状態からイスラムの天文学者が開始日を決定しますが、毎年少しずつ、前にずれて行きます。 33年で1年を1周するようです。 冬のラマダンは1日のうち太陽が登っている時間、つまり絶食時間が短いので比較的楽なようですが、夏至に近い今頃、6月のラマダンは、北半球では太陽が昇っている時間が1年で一番長いため、今年のラマダンは非常につらいものになるはずです。

シリアから難を逃れてきた人たちにも、ひときわ厳しい夏になると思います。 明日、空港でUnisefの募金箱があれば小額を置いていこうと思います。

 

アルジェ降雪

関東地方も木曜日は雪の天気予報でしたが、どうでしょうか?

アルジェリアは、この時期は雨季。 アフリカ大陸で地中海に面した、アルジェ市はどこまでも青い晴天のイメージがありますが、この季節は雨風の日々で寒い毎日です。

そして今日はついに雪が降りました。 アルジェ市も東京と同じで年に数回は雪が降るようですが、今年はアトラス山地に積もっている雪も多いようです。

neige algier

太陽活動も不活発で、マウンダー極小期に入ると小規模の氷河期になるということですが、どうなんでしょう。

実は寒くなることより、電波が飛ばなくなることが心配の種。

 

7X出張

月曜の朝、羽田を出て、Fのパリ経由で7Xのアルジェに到着。 パリからのフライトは、機体のトラブルで3時間遅れでしたが何とか安着しています。

最近は、本当に気が滅入るようなニュースが流れていますが、多くのメディアが報じているように、これはイスラム教そのものの問題では決してありません。 特異な反社会分子の凶行であり、くれぐれも偏見に陥らぬようにすべきです。 この宗教を軸とした対立を起こす事こそが、この反社会分子の目的だと思います。 イスラム教徒の多い国、今回の事件に関与させられてしまった、ヨルダン、イラクに反感を持つべきではありません。 

ヨルダンは私にとっても、とても思い入れのある国です。 仕事を通じて、ヨルダン各地を訪問した時も、本当にすばらしい人々と出会いました。 これほどの親日国は無いかもしれません。 いまでも親交が続いています。 ヨルダン国王がアマチュア無線をやっていることも著名な話で、我々アマチュア無線家にとってもヨルダンは親交の深い国です。

ヨルダンがパイロットの安否確認を第一優先としたのは、まさに、反社会分子がこのイスラム教と他の宗教の対立を煽っていたことが背景にあります。 この部分はあまり多くを語りたくありませんが、仮に法に背いて死刑囚を逃がした時にヨルダンのパイロットが所在不明であったらどうなったでしょうか? おそらくヨルダン国内に反日の声も上がっていたものと思います。 これこそが反社会分子の目的です。 非常に苦しい判断ですが、私は両国にとって、また世界の平和にとって賢明な判断だったと思います。 決してヨルダンが自国だけのことを中心に考えていたわけではないと思います。 今回の事件で亡くなられた2名の方のご冥福をお祈りしますとともに、これら反社会分子の悪意に満ちた意図がどこに有るのかをきちんと見極めて、そこに陥らぬよう自ら行動していくことが、御両名の遺志を継いでいくことだと思います。

アルジェリアでおきた一昨年のガスプラントでの事件からちょうど2年です。 安全にはいっそう留意して行動します。 

 

カスバの女

今日でアルジェでの仕事は完了。 お客様のところから帰る途中、景色のいいところに連れて行ってくれとお願いし、マカム エシャヒッドという、アルジェリア独立記念塔の立っているところに連れて行ってもらいました。

maqam_eshahid

アルジェリアがフランスから独立したのは1962年。 独立記念塔は1982年の20周年の時に建てられたようです。 記念塔の上には小さなタワーがあり、マイクロ波伝送装置が取り付けらています。

アルジェ市内の丘の上に建てられており、アルジェ市が一望できます。 港の向こう見える丘の上まで続く街が、アルジェの旧市街地、カスバの街です。

alger

♪ ここは地の果て、アルジェリア・・・・・

「カスバの女」という歌がありました。 私が生まれる前ですので相当古い、日本の演歌ですが・・・・・

TVでは、ワールドカップのアルジェリア-ロシア戦が始まりました。 勝っても、負けてもアルジェの街中は大変なことになるようですので、早めにホテルに戻って観戦中。

♪ 明日はチュニスかモロッコか・・・・・

明日はPAに移動します。 フランス空港の管制官のストライキも解決したらしいので安心です。

 

7X出張

昨日6月24日にPAのアムステルダムから7Xのアルジェに移動しました。

ところが、ちょうど24日から、フランスの空港管制官のストライキがあるということで、いやーな予感がありましたが、アムステルダムから、パリまでは無事時間通りに移動。 パリからアルジェの飛行機が20時45分発でしたが、まず搭乗が30分ほど遅れ、そして飛行機に搭乗が完了した後、空港管制官のストライキの影響でスタック。 飛行機に乗ったまま4時間近く缶詰になってしまいました。 夜01時までに出発許可が出ない場合はフライトキャンセルというアナウンスまで出て、完全にあきらめざるを得ないかなと思いきや、何とか00時15分に離陸許可が下りたようで、約4時間遅れでパリCDG空港を離陸。 アルジェの空港には深夜03時到着となりました。

amsterdam_algier

まあ、本日の仕事の関係もあり、フライトキャンセルになるよりは遥かに助かりましたが・・・・。 私は本当に、この手のフライトの問題(キャンセル、遅れ、荷物紛失など)に直面するケースが多いです。 お祓いが必要です。

ということでしたが、本日、仕事が終わった後は、アルジェ市のLa Junesseの漁港に行って見ました。

la_jeunesse

場所はアルジェ市内の西の岬にあります

 Algier

 この漁港にシーフードレストランがたくさんあります。

gambas pescado

さて、7Xでの運用ですが、アルジェリアのアマチュア無線連盟ARAに問い合わせてみましたが、本日現在、7Xでのアマチュア無線ライセンスは、アルジェリアの非居住者には許可されておりません。

このため、残念ながら、旅行者による、この国でのQRVは不可能です。

 

7X出張

土曜日の夜遅く、実際には日付が変わった日曜に羽田をでて、パリ経由、アルジェリアのアルジェに到着しました。

アルジェリアの週末は金曜、土曜で、日曜から仕事なので、到着後仕事の打ち合わせ。  そして夕飯は先月と同様にLa Junesseの魚屋に行ってきました。

alger

写真の構図も先月とほぼ同じです。

14MHzでEUを呼ぶJA局が良く聞こえています。

 

7X出張

水曜日、TAから7Xのアルジェに移動しました。

alger1

アルジェの街はイスタンブールよりも涼しく快適です。 アルジェリアと聞くと、数ヶ月前にガス田での事件があったばかりですし、昔からテロの多く発生している国で、絶えず治安には気をつけないといけませんが、素朴な人たちが多い、愛すべき国です。 テロで亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。

この国の週末は金曜、土曜ですので、今日は今週の仕事も終わり、花金ならぬ、花木。 夕飯はアルジェの西にある港町のLa Jeunesseまで行ってみました。 小さな漁港の中に超ローカルのレストランがいくつか立ち並んでいます。

 alger2

水揚げした魚をその場で食べさせてもらえるもので、値段も安値です。

alger3

こんな感じで、その場で自分で魚を選んで調理してもらいます。 一人ビール2本x3人と、えび山盛り1皿、魚山盛り2皿、ワイン2本で一人3500ディナール(=3500円)です。

素朴ないい国ではありますが、すべては交渉。 明日はトルコのイスタンブールに戻るのですが、フライトが夕方。 ホテルチェックアウトは12時が原則ですが、車の迎えに来てもらう13時まで何とか無料で延長させたい。 こんな時は「13時まで、いいよね」なんて言っても絶対だめ。

「明日チェックアウトだけど何時が限界?」

「12時です、それ以降は1時間について1000ディナールいただきます。」

「何言ってんだ、15時までただにしろよ。」

「だめです、15時だと3000ディナールいただきます。」

「じゃあ14時まで無料にしてくれよ。 頼む。」

「14時だと2000ディナールです。」

・・・・・中略

「それじゃ、13時だ、それくらいいいだろう。 13時以降は1時間1000ディナール払うから。 頼む。」

「マネジャーと相談します。」

・・・

「それでは13時までですよ。」

「しょうがねーな、あんたには負けたよ。」

・・・  となるわけです。 

明日はTA1に戻ります。 戻るのはJSTの土曜早朝。 JST日曜の夜までTA1、その後はAPに移動です。 

 

7X出張

日曜日からアルジェに来ています。 ようやく今回の仕事も完了。 週末は毎年恒例の新潟移動を行います。 昨年は出張もあり、いけませんでしたが今年は何とか行けそうです。 特に今回は新潟各局のお祝い事が多く、参加が楽しみです。 今回は6mだけでなく、HFでの移動運用も行います。 移動希望地があれば、当局コールサイン@jarl.comまで連絡ください。 必ずいけるとは限りませんが参考にさせていただきます。 佐渡市は無理ですが・・・・ 

7X出張

週末から7Xに来ています。 アルジェリアは週末が金曜、土曜なので金曜まで他国で仕事をして土曜に移動するのが一番効率という面では良いのですが、2週間ほど週末の無い状況が続き、多少疲れてきたようで、風邪気味です。 アルジェは土曜に到着後、ずっと雨でしたが、ようやく本日よりアルジェリア本来の天候に戻ってきたようです。

明日残りの仕事をしたあと、ロンドン経由でVUに移動します。 しかし心配なのは本日からまたアイスランドで火山が噴火している事です。 昨年の春もアイスランドで火山が噴火し相当航空路線が混乱した事は記憶に新しい事です。