神奈川県足柄下郡箱根町金時山山頂

神奈川県足柄下郡箱根町(JCG#11003C)、金時山山頂

今日はカミサンが、中学時代の友人たちと紅葉狩りに出かけるということで、「昔の友人は大切にしないとね・・・」などといいながら、心は早くも山と無線・・・・・hi   天気予報によると行楽日和ということで、今日は金時山に登ってきました。

箱根からのルートは混雑が予想されるので、足柄峠から。 朝7時に家を出発。 小田原厚木道路で足柄峠に向かいました。

登山口の駐車場についたのが8時半。 そこから山頂を目指して登りました。

mt_kintoki_map

金時山は標高1213mで、駐車場の高度は大体850mくらいなので、約400mの実質の登山ですが、足柄峠からの道のりは結構、急傾斜でした。 晴れてはいるものの、とても寒く、登山道には10cmもあるような霜柱が、ずっと山頂まで続いていました。

mt_kintoki_alt

今日は天候が良いこともあり、金時山の山頂には、たくさんの人がいます。 金時山に登るのは初めてでしたが、山頂からの眺めはすばらしいものでした。 山頂では珍しく携帯も圏内で、たくさんの方が携帯で写真を取って送っていたようです。 Lineの着信音がいたるところで聞こえました。

mt_kintoki

山頂では人が多く、とても運用できる場所など無いので、山頂の東京側に空きスペースを見つけて運用。 アンテナはダイポールアンテナを5mの高さまで上げて、RigはFT-817ND、バッテリーはリチウムフェライトバッテリーのいつもの装備です。

mt_kintoki1

朽ちた木の上にFT-817NDのラインナップ・・・・ 笑

ft817_line

10時半から運用開始。 50MHzのSSBとCWで多くの方に呼んでいただきました。 山頂は寒いのでしょうが、今日は風もまったく無く、運用した陽だまりでは太陽の光もあたって暑いほどでした。

今日は運用中に3名ほどの方に、「いつもブログを見ている」と声をかけていただきました。 中にはブログの記事をみて移動用のリチウムフェライトバッテリーを買ったという人もおられて、お役に立てて光栄です。

14時には、太陽も西に傾き、雲が出てきて寒くなってきたのでCL。 下山しました。

下山して駐車場から144MHzで少しQRVして帰宅しました。

 

本日の結果

金時山山頂から

  • 50MHz SSB : 35 QSO
  • 50MHz CW : 14 QSO

 

駐車場から (南足柄市、JCC#1118)

  • 144MHz SSB : 3 QSO
  • 144MHz FM : 6 QSO

 

本日もたくさんの方に呼んでいただき、楽しい一日でした。 ありがとうございました。

 

2013年フィールドデーコンテスト結果

今年の8月2, 3日に実施された、第56回フィールドデーコンテストの結果が発表されています。 JARLのサイトのごたごた事件がありますので、新生JARLのWebでないとコンテスト結果の情報を見ることができません。 旧サイトは早く閉鎖すべきでしょうが、そうしない・・・・・いやそうできないあたりに、ごたごたが未だ続いているところが見えます。 いい加減にして欲しいものです。

さて新生JARL Webによると、私の参加した、50MHz 電信電話部門(X50 部門)にて、東海地区優勝、全国では3位となりました。

2013FD_results

各局に呼んでいただきましたおかげです、ありがとうございました。

 

自宅サーバー5号機、6号機調整

本日は朝から、サーバーを落としておりまして、大変ご迷惑をおかけしました。 今日は、本来であれば私も参加したい、おもしろそうなコンテストがたくさんあったので、このサイトなど見ている人も少ないと思ったのですが、DIWさんには見つかってしまったようです・・・・・hi

先日、障害が発生したサーバー4号機は、ひとつ古いバージョンのCentOSで動作していましたが、そのHDDをそのまま移設したサーバー6号機も、同じバージョンのCentOSで動作することになります。 また、今までサーバーの5号機は最新のCentOSで動作させていたのですが、どうもリブートをかけたときに動作が不安定で、気に入らないので、ダウングレードではありますが安定しているバージョンのCentOSで再構築しました。 これで5号機と6号機はまったく同じ環境で動作することになりましたので、今後の不具合発生時の切り替えも簡単です。 といいながら今日一日ダウンさせていたわけですが・・・・

server

サーバーは納戸のタンスの上で動かしています。 これで結構FANの音の影響が低減できるわけです。

上が今回仕入れた6号機、下のLEDが点灯しているものが動作中の5号機です。 この5号機から、いまごらんのDataが送信されています。

 

神奈川県愛甲郡愛川町経ヶ岳山頂

神奈川県愛甲郡愛川町(JCG#11001A)、経ヶ岳山頂

今日は、電車とバスを乗り継いで経ヶ岳に出かけてみました。 経ヶ岳はよく移動運用している局が多く、一度は行ってみたいと思っていました。 バスは小田急線本厚木駅の2番乗り場から出発。 6時50分発の半原行きに乗って、半僧坊前で下車。 国道412号線を少し戻ったところにある登山道から登りました。 下の地図はバス停から経ヶ岳山頂までのルートです。

kyogatake-map

約2時間くらいで経ヶ岳の山頂に到着。 晴れているのですが、山頂高度は633mあり、だいぶ寒い。 GPSの高度計はこんな感じです。

kyogatake-alt

山頂に着くまでに、いくつか展望台がありますが、今日は青空のもと、空気も澄んでおり、東京スカイツリーも良く見えていました。

kyogatake

山頂にはJL1BWG局が、東京UHFコンテストで430MHzで移動運用されていました。

50MHzのダイポールアンテナを5mのポールであげて、BWG局の運用にノイズなどの問題が無いことを確認して運用開始。 今回は前回の日向山で忘れたマイクを忘れずに持っていったので、まずはSSBで運用しました。 結構呼ばれました。 その後CWでも運用。

ft817

山頂にはテーブルとベンチが2セットあるので、他の登山客と共有しましたが、そのなかでお父さんと小学校低学年の男の子が登ってきましたので、テーブルを一緒に使っていました。 お昼ごはんのあと、男の子が2mのポータブル機を持ってきたとのことでCQを出していました。 8歳とのことですが、最近ライセンスを取ったようです。 2mではあまり呼ばれないようなので6mのセットを少し貸してあげました。

お父さんがアマチュア無線をやっているものと思い、お父さんのコールサインを聞いてみると、私のことを知っていると。 お昼を食べている時に私のコールサインを聞いてびっくりしたとのこと。 私も驚いて、いろいろ聞いてみたところ、先週、水曜日にアフリカでの無線の報告とAll JAコンテストの全国優勝をお祝いしていただいた中の一人である、某有名DXerが属する会社クラブのメンバーとのこと。 いやいや世間は狭いものです。

hamboy

それにしても、この少年ハム、お父さんに教えてもらいながら、がんばって無線をやっていました。 アマチュア無線界では若い世代が減ってきている現在、このような若いハムの興味をできるだけ育てるように、我々もいろいろ考えてやりたいものです。

本日の成果

  • 50MHz CW : 17 QSO
  • 50MHz SSB : 34 QSO

合計 51 QSOとなりました。 今日もたくさん呼んでいただき、ありがとうございました。

 

自宅サーバー6号機

短命に終わってしまった、自宅サーバー4号機、3年もたなかったのは残念ですが、中古で仕入れたものなので仕方ありません。 しかし、その倍くらいは期待していたのですが。 PCIバスの不具合で、おそらくPCIカードのHDDへのI/Fが壊れてしまったようです。  そんなわけで現在は5号機で運用しています。

5号機は今年の1月に仕入れたばかりでHDDもRaid-1の冗長予備構成にしているのですが、サーバーの予備機がないと、今回の4号機の障害のような問題が突然発生すると少々心配です。 何かあったときのダウンタイムが長くなります。 そこで、中古サーバーの相場を調べてみると今年の1月より更に価格が下がっているようです。 4号機はDellのPowerEdge 860のDual Core Xeon 2.13GHz +2GB Memでした。 しかし、HDDは今年の5月に交換したばかりだし、あと2年はもつはずで、もったいない。 ということでHDDがそのまま使えるような、同じプラットフォームの中古を探してみました。

4号機と全く同じPowerEdge860も中古が出ていましたが、どうせなら少しは新しいものを買いたいし、現在現用の5号機と同じR200はハード構成もほぼ860と同じだし、860よりもR200のほうが少しFanも静かなようだし、何より、あまり壊れることの少ないPCIバスが壊れた860と同じものを買いたくない。 ここはR200が欲しいところ。 そう思って探すと、5号機と同じPowerEdge R200のQuad Core Xeon 2.13GHzが1万5千円で出ていました。 1月に購入した5号機は19,800円でしたので更に安くなっています。 5号機はメモリーが4GBですが、こちらは2GB。 しかし壊れた4号機からメモリーを移設すれば4GBになると思って注文しました。 本日、夕方に6号機が到着。 これで送料を入れて1万5千円は安い。

server-6

早速、2GBのメモリーと4号機で作ったRaid構成のHDD2台、バックアップ用の2.5インチHDD1台を4号機から6号機に移設しました。 そしてスイッチオン・・・・   ピー、ピッ、ピーとモールス符号のようなアラーム音。 何が悪いのか判りませんが起動しません。 アラーム音がモールスのようなので解読しようと思いましたが、短点、長点と、中くらいのものも含まれていてNG・・・・・・ 当然です。 最新ITのサーバーのアラームがモールス符号でどこが不良なのか通知しているわけがありません・・・・・ 笑

いろいろと調べて見た結果、4号機から移設したメモリーを取り外すと、難なく起動。 残念ですがDell PowerEdge860とR200は非常に似ているハードウェア構成なのですが、メモリーの仕様が異なっているようです。 残念。 まあ2GBもあればいいか・・・・

ということで、6号機は即日完成しました。 当面は5号機メインで運用します。 壊れた4号機はFANやブロアー、電源、DVDドライブなどの部品取り予備機として持っておくことにします。

 

シンガポールでの海外運用

今回、9V1への出張に際し、アマチュア無線の運用ライセンスの取得方法について調査しましたので、ここに情報を共有しておきます。 この情報は2013年10月のもので、変更になっている可能性もあるので注意してください。

私の場合は、今回の9V1出張が決まったのが約2週間前で、残念ながら時間が足りず、免許の取得にはいたりませんでしたが、比較的簡単にライセンスを取得可能なようです。 尚、ライセンス発給までは最低でも3週間必要です。 下記情報は2013年10月現在のもので、手続きに変更のある可能性もあるため都度確認が必要です。

必要な書類は下記のサイトにあります。

http://www.ida.gov.sg/~/media/Files/PCDG/Licensees/Licensing/Framework%20and%20Guidelines/GuidelinesLicensingSch/GuideAmateur.pdf

リンク切れのときのために下記にも保存しておきます。

GuideAmateur

海外アマチュア局のシンガポールでの一時的運用については、この資料の4ページ、Temporary Operation of Radio Amateur Stationのところから記述があります。

ライセンス取得にはHFでの運用は50シンガポールドル、VHF/UHFは25シンガポールドルの支払いが必要。 この書き方だとHFとVUの両方にQRVしたい人は両方を払う必要があるのかどうかは明確ではありません。 たいていの人はHFだけになると思いますが。

申請のフォーマットもこの資料の中に入っています。 明確になっていませんが、これ以外に私は

  • パスポートのコピー
  • 局免のコピー
  • 局免の英文証明
  • 従免のコピー
  • 従免の英文証明

を添付しました。

3ヶ月の期限で、コールサインは9V1/ホームコールサインがもらえるようです。 ただし、申請には3週間以上が必要ですので、事前に準備しておく必要があります。

 

— ここから 追記 2014年3月21日 

上記のプロセスで、そのままライセンスが送られてくるものと思っていましたが実際にはまだ手続きが続きましたので追記します。

このあと担当の方からWebで申請するためのURLとIDとパスワードが送られてきます。

URLはiDA Singapore(シンガポール情報通信開発庁)のTLS (Telecom Licensing System)というものがあり、そこにログインして自分で必要な情報を入力します。 https://tls.ida.gov.sg

tls_login

住所、氏名、連絡先E-mail、電話番号、ライセンス種類などがあったと思います。 さらにすでにIDとパスワードをもらう時に提出していますが、パスポートのコピー、局免、従免のコピー、英文証明をWebからPDFやJPEGファイルでアップロードします。 また使用する機器の性能についても同様にコピーをアップロードします。

その後、支払のページに移り50S$を支払います。 これはクレジットカードでOK。

しばらくすると下記のようなライセンスが送られてきます。

9v1_jh0cjh

 

9v1_jh0cjh2

 

ライセンスの中でコールサインの記述が 9V1-JH0CJHになっていますので、この点をiDAに確認したところ、9V1/JH0CJHと読み替えてくれとのことです・・・・・hi

 

 

サーバー4号機障害

本日朝、帰宅しました。 本当は会社に出社するつもりでしたが、荷物が出てこない!

3本乗り継ぎは、やはり、いやな予感がしていましたが・・・・最近荷物のデリバリーでは、ついてないことが多いです。

帰宅後、出張前に障害の発生したサーバー4号機を調べてみましたが、PCIバスのハードウェア障害のようです。 完全にいかれています。 4号機は3年弱の短命でした。 5号機は運用開始したばかりなのでしばらくは大丈夫だとは思いますが、予備機をどうするかな・・・・ また中古を仕入れようかと思っています。

 

5H3TK運用結果

タンザニアDar es Salaamでの運用は比較的高さもあるホテルで、海岸沿いでしたので、期待がもてましたが、これも思ったよりJAとQSOができず、私としては残念な結果でした。 5HでのQSOはEU、北米を中心に、14MHz以上のハイバンドで好調で、199QSOとなりました。 しかし、JAはたったの1局。

ホテルの部屋は海側に面していましたが、西向き。 JAとは反対側になってしまいました。

daressalaam

SSNも最終日は250くらいとなり、大きく期待できたのですが、逆に良すぎるCondxでスキップゾーンからのQRMに悩まされる結果になったようです。 私なりにクラスター情報とReverse Beacon Networkを見ながら誰かとかち合わぬように慎重に周波数を選んでいたのですが、クラスターにも載らないところとのバッティングがあったようです。 

特に最終日は28MHzでJAとのQSOに期待がもてましたが、私がCQを出しているところにEU局が出てきたようで何度かQSYを繰り返しました。 相手の信号は聞こえませんが、そのEU局をCallする局が突然で出てきて、私をCallしているのかと思いきや、すこしタイミングがずれたり、こちらが送信せずとも・・・・・73 TUとなっていますので明らかに別の局が出ているようです。

クラスターに私の情報が上がった後に、このような状況になるので、クラスターを見て、私と間違えてCallいただいた方も多くいるようです。 特にJSTの土曜午後は明らかにこの問題があったようです。 クラスタ上で「…..Not 5H」という注意を出していただいた局を何度か見ました。 帰国後にLogをOnline LogとしてUpしますのでSASEでの請求は必ず確認してからお願いします。 

 

It was quite short stay in Dar es Salaam, Tanzania at this time.  Time is flying so fast when it is so nice.  I made a total 199 QSO during my stay in Dar es Salaam.  SSN was around 250 on Friday night to Saturday morning then it was so much fun in 14 to 28 MHz from Friday to Saturday morning (UTC). 

However good condition, sometimes, makes annoyance on air.  I had got a lots of QRM from skip zone of 5H.  I carefully chose the spot with referencing of DX cluster info and reverse beacon net but, especially on Saturday morning, I got a QRM from calling stations of my skip zone.  After show up of my QRV info on DX cluster, this QRM has happened many times on Saturday, then I believe there might be so many stations that mistaken this station as me 5H.

When I got back to my home, I will up load my on-line log then please send your QSL after you found your call sign in the log and if your call in not there please contact me via e-mail  jh0cjh (at mark) jarl.com  If I can identify any of my mistaken callsign, I will correct my log as per my policy of QSL.  If I can not find your call on that date and time I cannot send my QSL up on your request.

My online Log

http://www.kawauchi.homeip.mydns.jp/jh0cjh_log/

 

ZS1/JH0CJH運用結果

南アフリカ、ケープタウンでの運用は惨憺たる結果でした。 南アフリカのホテルでは高さのあるところではなく、低層のホテルになってしまったことが最大の原因と思います。 期待していただきました方には申し訳ありませんでした。

capetown

結局ZS1でのQSOは11局。 EUを中心として、北米が数局という感じです。

いろいろと忙しく、コンディションのよさそうな時間にQRVできなかったこともありますが、あまりにも寂しい結果でした。

一方で、南アでのライセンス取得はいたって簡単。 これもそのうち情報共有しておきたいと思います。

 

5H出張

昨日、夕方にZSから5Hに移動しました。 

前回タンザニアに来たときはそれほど感じなかったのですが、きれいなところがたくさんあります。 下の写真は今日昼飯を食べたところの近くで釣りをしている少年たち。

daressalaam

ケープタウンは朝夕は寒いくらいの気候でしたが、タンザニアのダルエッサラームは、ほぼ赤道直下で暑い。

5Hでの免許は5H3TKのコールサインで取得済みなので、到着後仕事の打ち合わせのあと、夜中にQRVしてみました。 14MHzが開けているようですが、ロングワイヤーにATUではQSBが深く非常に厳しい。 当地の金曜の夜から土曜の昼までが最終運用となります。 聞こえていましたらよろしくお願いします。