四国巡業4日目

今日は今回の四国巡業旅行の最終日。 巡業とはいっても全くの自由行動の遊びだけですが。

朝、道後温泉町を散歩した後、路面電車で松山の街中まで行ってみました。 路面電車の車両番号がなんと59! 無意識のうちに選んでいるようです!

松山城は松山市のど真ん中にある勝山という山の山頂にあります。 このため街中からロープウェーやリフトで登ることができます。 松平家の城だけあって、城自体の大きさも大きく、城門のつくりも頑丈で、複雑な迷路のような構造になっていました。

松山市内の路面電車には「坊ちゃん列車」と呼ばれる小さな蒸気機関車が走っていました。

また愛媛県は柑橘系の果物で有名ですが、ゆるキャラが「みきゃん」ですが、ある土産物店にミカンジュースが出てくる蛇口がありました。 一杯100円です。 飲み放題ではありません。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、夕方の便で帰りました。

今日も無線はできず、結局4日間の初日だけQRVできただけでした。

 

四国巡業3日目

昨晩は高知市内の「ひろめ市場」で大いに盛り上がりましたので、今日の朝は少し頭が痛かったです。

今日は高知市内を見学したあと桂浜に行って、その後は愛媛の松山まで行く予定です。

朝、まずは先日のブラタモリで出ていたコースで「はりまや橋」まで行ってみました。

周りの水路もきれいに整備されていました。

その後は路面電車で、坂本龍馬生誕の場所まで。

昔あった家はありませんが記念碑が建っていました。

その後は山内家の下屋敷長屋が復元されたところがあり、見学してきました。

坂本龍馬が船中八策を作った「夕顔丸」の模型が展示されていました。 他にも江戸時代の捕鯨船など、いろんな船の模型が展示されていました。

そのあとは高知城に行ってみました。

天守閣からは高知市内が一望です。

秋の風景にもぴったり。

高知城を見た後は「桂浜」へ

なぜこんな角度で龍馬像が見えるかって?

大政奉還150年記念で9月30日から明日の11月26日までの限定で龍馬像の横に櫓が組んであるのです。

下から見ると逆にちょっと邪魔な感じもしますが、すぐそばで龍馬像が見られるのはなかなかないですよね。

桂浜の向こうに見える龍王宮には海津見神社(わたつみじんじゃ)は海の神様ということでお参りをしてきました。

桂浜を出た後は国道33号線を走り、愛媛県松山市の道後温泉に到着。

残念ですが、なかなか無線をする時間はありません。

 

四国巡業2日目

今日は高松のホテルを出てから、徳島の鳴門に向かいました。

橋の向こうに淡路島。 ちょうど今日は大潮だったようで大きなうず潮が見えました。

鳴門のうず潮を見た後は祖谷渓に向かいました。

祖谷渓は30年前にバイクで日本一周をした際に訪れた場所です。 日本最後の秘境と呼ばれるらしく、細い道が延々と続きます。 対向車とのすれ違いが大変です。 30年前の当時は無かったと思いますが、祖谷渓谷に小便小僧が設置されていました。

絵になる写真です。

祖谷渓には「かずら橋」という、かずらで造った橋があります。 この場所も30年前にバイクで来ていたのですが、すっかり様子が変わっていました。

30年前は簡単にこの橋を渡ることができたのですが、今回はとても怖く大変でした。 もっと足元も板が貼ってあったような気がしますが、足の大きさと比べてみるとどれだけ怖いか判ると思います。 ちなみに私の足の大きさは27㎝です。

足が滑ったら、確実に腿まで落ち込む感じです。

私はまだ怖いとはいえ、それほど高所恐怖症でもないのですが、それでも本当にビビりました。 後ろに続いた方は当然こんな感じです。

姿勢を見ていただければどれだけ怖いかわかると思います。

こんな素敵な風景が広がっているのですが、見る余裕などどこにもありません。 私自身、あとからこの写真を見て、素晴らしさを認識した次第です。

祖谷渓を離れ、高知に向かう途中で、日本一の大杉の木がある、大豊町の八坂神社に立ち寄ってみました。

素晴らしい大きな杉の木。 樹齢3000年だそうです。

日本一の大杉は美空ひばりが日本一の歌手になりたいと願いをかけた場所だそうです。 近くにひばり食堂というレストランがありました。 日本一の大杉を見たあとは高知に向かいました。

高知市内のホテルにチェックインした後、近くの「ひろめ市場」に行ってみました。

多くの地元の人たちが楽しんでいるジモティご用達の市場です。 フードコートのようになっていて、食べ物、飲み物を自由にみんなで楽しみます。

隣に同席した地元の人に教えてもらったカツオたたきの老舗、「明神丸」でカツオのたたきを仕入れました。

藁でその場でカツオを焼く作り方でとてもおいしかったです。

カツオがあまり好きではないかみさんも感動していました。

隣の若い夫婦と延々と話しで盛り上がり、酒は最初は高知の銘酒、酔鯨の瓶詰でしたが、その後は、この楽しい夫婦に教えていただいた酔鯨の秋落としに代えてからさらに酒も進みとても楽しい高知の夜でした。

 

香川県坂出市城山山頂

香川県坂出市城山山頂(JCC#3603, SOTA# JA5/KA-015)

今週末は明日の金曜日が会社が休みのため4連休で、四国に来ています。

なぜ四国かというと、まず「金刀比羅宮」に参詣することがまず第一の目的。 「金刀比羅宮」は海の神様、仕事に大いに関係しています。 東京の虎ノ門にも金刀比羅宮がありますが、本山はこの琴平です。

朝、7時40分羽田空港発の飛行機で高松空港に向かいました。 到着後レンタカーを借りてまずは琴平町の「金刀比羅宮」に向かいました。

785段の階段を登って「御本宮」に到着。

「御本宮」では中で祈祷していただきました。

海の神様だけあり、多くの船の写真が奉納されていました。

その後は無線。 坂出市にある城山、JA5/KA-015に向かいました。 城山は先月オーストラリアのVK3ARR, Andrewが運用した場所です。 車で山頂の駐車場まで行けるので超簡単SOTA運用が可能です。

山頂には展望台の建物がありますが、この上に上がらなくとも360度のパノラマが展望できます。

これは坂出から岡山の倉敷まで渡る瀬戸中央自動車道。 30年ほど前に来た時はフェリーで渡った記憶があります。

これは西方向。讃岐富士と呼ばれる飯山が見えます。

下は南東方向です。 SOTA JA5/KA-27の鷲ノ山、府中湖が見えます。

風が強く、アンテナ設営は大変でしたが何とかHFのダイポールを上げました。

HF 14MHzから始めましたが全くNG。 HFは全滅でした。

144MHzと430MHzのFMで何とか4QSOを成し遂げて撤収。 寒さで凍えてしまいました。

本日の成果

  • 144MHz FM : 1 QSO
  • 430MHz FM : 3 QSO

合計4QSOとなりました。これにてAndrewが先月成し遂げたJAのSOTA 4支部からのアクティベーションを成し遂げることができました。

今日は讃岐うどんに加え、夕飯は高松市内の「一鶴」の骨付き鶏肉も味わうことができ、大満足の一日となりました。

 

山梨県大月市扇山山頂

山梨県大月市扇山山頂(JCC#1706, SOTA# JA/YN-059)

きょうは9月に行った佐渡の金北山縦走以来の山行となりました。 昨年5月に「百蔵山」との縦走で歩いた山ですが、ちょうど「扇山」で少し雨が降り始めた時だったので、その時は50MHzで少し出たくらいで、あまり長時間の運用はできませんでした。 この「扇山」はとにかく電波が飛ぶことで有名です。 関東一円を守備範囲にすることができます。 大体丹沢や奥多摩あたりだと、別の山の影になるところもあるのですが、関東全域が見通せる場所としてはとても珍しい場所です。

朝6時に東京駅から中央線で山梨方面に向かいました。 5時半に家を出たときはまだ真っ暗でしたが、昨日までの雨もあがり、今日はすっきり晴れそうです。

7時半頃にJR「鳥沢駅」に到着。 少し離れたコンビニまで行って昼飯と飲み物を買い、鳥沢駅から再出発。

正面に見えるのが「扇山、1138m」です。 左から2番目の影になった谷を登ります。 それほど高くもない山に見えますが、電波の飛びは抜群です。 「扇山」の登山口の一つである「梨ノ木平」まではバスもあるようですが、本数も少なく、歩いて1時間ほどで「梨ノ木平」まで行くことができるので歩いていくことにしました。 駅前をそのまま、まっすぐに行く感じで「梨ノ木平」の登山口の方向に歩いていくことができます。

途中できれいな紅葉を見ることができました。

「梨ノ木平」はゴルフ場の大月カントリークラブの入り口の正面にありました。

ここから山道です。

谷の中を登るルートで単調な登山道が続きます。

「梨ノ木平」から、1時間ほどで「奥宮祠」という小さな祠があり、ここを少し登ったところから富士山がとてもきれいに見えていました。

さらに登るとようやく尾根に到達。

ここから扇山の山頂まではもうすぐです。

こんな広い山道を10分ほど上り、「扇山」の山頂、標高1138mに到着。 今日はいい天気でこの後とても多くの登山客が山頂に溢れました。

富士山方向です。 写真を撮った時は雲に隠れていました。

こちらは東京方向です。

早速、HFのアンテナを張って14MHzから運用開始。

10時40分ころから、FT-817NDで運用しました。

本日の成果

  • 14MHz CW : 6 QSO
  • 18MHz CW : 7 QSO(うち4局がオーストラリア)
  • 21MHz CW : 4 QSO(うち2局がオーストラリア)
  • 144MHz SSB : 71 QSO
  • 430MHz FM : 18 QSO

合計 106 QSOです。 山での運用では相当大きな数字です。 今日は泉州サバイバルコンテストが144MHz SSBで行われていたこともあると思いますが、やはり「扇山」の威力は絶大です。

14時半まで運用し、下山開始。 今日は昨年の5月に来た時にはJR「四方津駅」のほうに下山して駅まで大変な距離を歩いたので、今回はピストンで来た道をそのまま戻りました。

今日のルートマップです。

そして高度、本日は12kmの山行距離でした。

久しぶりの山行で少し疲れましたが、本日もたくさんの方に呼んでいただき楽しい一日でした。 ありがとうございました。

 

FBニュースにてSOTAの紹介

今年の7月に大阪で開催された関西ハムフェスティバルにてFBニュース様からの提案を頂き、SOTAを紹介することになりました。 まだ暑い7月に11月からの連載ということで遠い先だと思っていましたが、あっという間に11月になってしまいました。

今月から6回に渡ってSOTAを楽しむメンバーの方たちの楽しみ方を紹介して行きたいと思います。

FBニュースSOTA紹介のページへのリンク

 

自宅サーバーの不調

最近どうも自宅サーバーの調子が悪い時があります。 今週の日曜日にもLinuxがカーネルパニックを起こして月曜の朝までメールサーバーが落ちていたようです。

すぐに立ち上げ直したのですが、何となくおかしい。 いろいろと調べてみると次のように複雑な問題が絡んでいることがわかりました。 今後の自分の記録および他の同じことで悩んでいる方のために対処方法を書いておきます。

まず月曜にサーバーを立ち上げ直してみたのですがWebサーバーとしては動作しているのですが、SOTAや新潟のクラブのために立ち上げているメーリングリストで、メールの転送が自分には来ているのですが、他の人に行っていないことが判明しました。 試しに自分の外部で持っているメールアカウントにメールを送りますが届きません。 自分のサーバー内のメール配信はできるが、外部への転送ができていないことがわかりました。

mailqコマンドで調べてみるとメールサーバーのQueueの中に今回試験のために送ったメール以外に大量にメールがたまっていることがわかりました。 このQueueをpostqueue -f コマンドでFlushしてみますがNG。 大量のメールが溜まったままです。

困りました。 何がおかしいのか?

maillogを調べてみると、こんなログがありました。(一部伏字)

> Nov  1 XX:XX:XX xxx postfix/smtp[8214]: B
> BD6E68BB0002:
> to=<xxx@gmail.com>, relay=auth.gate-on.net[2
> [XX.XX.XX.XX]:587, delay=0.22,
> delays=0.06/0.01/0.04/0.12, dsn=5.7.1, status=bounced (
> (host
> auth.gate-on.net[XX.XX.XX.XX] said: 554 5.7.1
> <xxx.xxx.mesh.ad.jp[xxx.xxx.xxx.xxx]>: C
> Client host rejected: Access
> denied (in reply to RCPT TO command))
この内容は、xxx@gmail.comにメールを送ろうとしているが、メール転送サーバーのauth.gate-on.net から拒否されているというものです。

このauth.gate-on.net を転送サーバーとして使っている理由はここをご参照ください。

最近、社会問題になっているスパムメール対策の「アウトバウンドポート25ブロッキング(OP25B)」のため、浮動IPアドレスを使う自宅サーバーからの外部へのメール配信のためには、メール転送サーバーが別途必要となるためです。

上記のLogはこの転送サーバーから転送を拒否されているというものです。

理由がわかりました。

私は自宅メールサーバーで、すべてのメールアカウントを統合しています。 例えばBiglobeのメールアカウントに届いたメールを自動で自宅サーバーに転送するシステムをfetchmailで組んであります。 Biglobeのメールアカウントでは有償のスパムフィルター、ウィルスフィルターを自宅サーバーで一元的に、しかも無料で管理できるためです。

さらに、自宅のメールサーバーにメールが届いたときに、procmailで携帯に通知するシステムを作っていたのですが、メールサーバーが落ち、この結果fetchmailでBiglobeなどからfetchしてくるプロセスで出た大量のエラーがすべて携帯に配信されていたのです。

この様子はまさにスパム送信をしているとしか取れず、この挙動のためにメール転送サーバーで一時的にすべてのメール受け取りを拒否されていたのでした。

さて、対策ですが、自宅サーバーのIPアドレスを変更してみましたがNG。 こんな単純には騙されないぞ、メールを拒否というわけです。

このためMydnsの管理者の方にメールで事情を説明し、拒否を解除していただきました。 ある程度の時間が経てば自動で解除してくれるようですが、我が家のサーバーもMLを運用するミッションクリティカル。 早急に対応が必要でお願いして対応していただきました。

恒久的にはprocmailで携帯に通知するメールからfetchmailのエラーメールは除外することにします。

MLのユーザーさんにはご迷惑をおかけしました。 また、特にMydnsの管理者様には大変なご迷惑をおかけしましたが、快く対応いただき誠にありがとうございました。