イギリスUKでの海外運用

今からもう20年も前の話になってしまいますが、私がロンドンにいた時に何度か当時のUKのライセンス発行機関にアマチュア無線のライセンス発行をお願いしましたが、希望はかないませんでした。

来年プライベートですがUKでの運用予定があるため、再度UKでのライセンス申請に挑戦してみました。 下記は2018年11月の情報です。

日本はCEPT系の国ではありませんが、2014年にCEPT系のライセンス国との間でCEPT Recommendation T/R 61-02という取り決めがあり、国ごとに解釈は違うようですがUKでは、日本の第1級アマチュア無線技士だけが、このCEPT T/R 61-02を使ってライセンス取得ができるようです。

UKでアマチュア無線のライセンスを発行しているのはOfcomという機関で、Ofcomのサイトから申請書をダウンロードして必要事項を記入してE-mailで申請しました。

https://www.ofcom.org.uk/

申請用紙などはここ

https://www.ofcom.org.uk/manage-your-licence/radiocommunication-licences

送付したものは

  1. 申請書
  2. パスポート
  3. 無線局免許状
  4. 無線局免許状の英文証明
  5. 無線従事者免許証
  6. 無線従事者免許証の英文証明(注)

です。 ここで6の免許証の英文証明ですが、当初送ったものは免許証の日本で昔から使われている形式のものでしたが、これではだめということでHAREC様式のものを送れとのこと。

このため総合通信局にHAREC様式の免許証の証明書をお願いし、これを送付しました。

 クリックで拡大

2週間ほどでOfcomから連絡が入り、OfcomのWebサイトで必要なライセンス料 20ポンドを支払うように要求が来ました。

支払いはオンラインでクレジットカードで支払えます。

支払いを済ませると、すぐにメールでPDFのライセンスが届きました。

 クリックで拡大

Page 2

 クリックで拡大

Page 3は割愛

当初はM/JH0CJHなどのコールが来るものと思いましたが、UKのFull Licenseで M#0ITPというコールサインです。

#の部分は運用地によって変更、例えばEnglandであればM0ITP、WalesであればMW0ITPとなります。 CEPT T/R 61-02ではプリフィックスの番号が0になるようです。 サフィックス部分は希望するものを聞かれましたが、使われていたようで「ITP」になりました。 希望したコールサインではありませんでしたが「ITP」はCWでのリズム感も良いので気に入っています。

20年前はなかなか発行してもらえなかったUKでのライセンスが入手できて感激です。

M0ITPの運用情報は後日アップします。

 

「イギリスUKでの海外運用」への7件のフィードバック

  1. 一分修正です

    先ほど、ofcom OFW346を読み直してみましたところ、
    HARECでもフルライセンスが降りるというように読めました。 
    レシプロのフルも別にありますが、局がUK内にありさえすればフルが降りるという認識でいいのかもしれません。

    小生のほうは、確認メール(下手すると取り消しになるかもしれないので、敢えてMコールは書かないでおらせてください)をしていますが、当然のことながら土日なので返信はありません。(恐らくofcomの返信は早くて数週間後だとは、昨年の経験上思っていますが)

    昼間の文章、こちらに記録が残らないので、おかしなこと書いているかもしれませんが、ご容赦ください

    公開非公開の選択があるうでしたら、非公開のほうがいいかもしれません、、なら、書くなよとお怒りになられるかもしれませんが、ご容赦ください

  2. 一つ前のコメントはそのまますぐに書き込まれていますが、ヒルに書いたのが、消えてしまったのかもしれません。

    Amateur Radio Licence Guidance for licensees をみつけましたが、2018の10月15日版で、私がみた夏頃のとは変わっているのだろうと思います。  HARECでフルライセンスがもらえるとは明記されていますので、M#0ITPはミスでもなんでもありませんね。(最初に書いた文に、以前、ミスでレシプロというのが抜けてたことがある、という話を聞いたことがあるので、ミスなのかも、また、私のもちょっと事情が違うのですがフルになってる、、とかを書いていました。私のは、おかしな手続きになってる可能性あり、照会中ですが、どうなるかは不明です)
    おさがわせしました。

  3. 最初にコメントさせていただいたものが載らなかったようですが、本日も既に2度ミスってしまっており、投稿したつもりがエラーで消えてしまった為と思います。
    大変失礼してしまいました。順序が逆になりますが、改めて、

    海外運用を調べていて、何年来か拝読、参考にさせていただいております。ありがとうございます。
    最初の幻のコメントには、恐らく
    ・本来レシプロライセンスなのに、時々ミスでレシプロと記載されないことがあったという話を聞いたことがある
    ・TR61-02での申請なら、従事者免許(資格)の認証なので、局免許の証明を送る必要はなかったのではないか
    ・私もUKライセンス降りた格好になっているけど、ちと問題ありのように思うので照会中
    とか書いていたと思います。

    昨年夏頃読んだガイドライン等ではJA 1アマで免許もらえるものの、レシプロであるという認識だったのですが、
    (削除してしまっていて、確認できず)
    2018 Oct. 版では、HARECでフルライセンスが降りて、レシプロはUKと相互運用協定締結国の場合とありました。
    ですから、貴局がM0ITPを発給受けられたのは、間違いではないことになります。(幻の中では、ミスかも、とかいうような書き方だったかもしれません)

    私の数少ない情報の中だけの話ですので、不確実ですが、2018 Oct. に変わった(と私が勝手に思っているだけかもしれませんが)後に、HARECでライセンスとられた最初の方のように思います。

    もしよろしければ、差し支えない範囲で結構ですので、
    ・UK内の局所在地をどのようにされたか(例えばホテルとか、友人宅とか、ご自宅とか)
    ・UKへの渡航時期と、申請の時間的関係
    等についての情報をいただけないでしょうか。
    恐らく、後に続く者にとっては、最も有益な情報になるように思います。

    お願いしていながら、私自身のことを中途半端な書き方をして失礼しています。
    実はオンラインでライセンス降りた格好になっているのですが、どうもおかしいと、現在、ofcomに照会中で、未だ返事がない状況です。
    確定しだい報告させていただきますので、今しばらくご無礼お許しください。

    さて、本日3回目、、うまく掲載されますように、、、 ^^; (テキストエディターで文章作って、コピペします)

    3回目もエラーで 4回目です、、トホホ

  4. もう一つ言い訳させてください

    最初のコメント(実際載った)に
    公開、非公開云々のことを書いたのは、
    その前に投稿していた(つもり)の文章が出ていませんでしたので、他のblogで経験ある「マスターが内容確認後に掲載し、それまでは誰も読めない」という方式なのかと思ったからでした。

  5. 照会の結果、ライセンスは有効であるとのことでした。
    ややどうかなと思うところはあるのですが、これ以上
    どうしようもありませんので、ありがたくいただくことに
    M0UITと申します。 数ヶ月後MI0UITで出る予定です。

    この私のコメント、最初のがこちらのミスによるものと思いますが、投稿されずに、おかしなことになってしまいました。そちらで、全部削除するとかできるようでしたら、不細工ですし、消していただいたほうがいいかもしれせん。申し訳ありませんでした。

  6. Yasumitsu M. さん
    イギリスでのライセンスを無事取得されたとのことでおめでとうございます。 また長らく返答もせず申し訳ありませんでした。

  7. とんでもありません。折角のFBなblog 変なコメントを書いてしまい、申し訳ありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*