イギリスUKでの海外運用

今からもう20年も前の話になってしまいますが、私がロンドンにいた時に何度か当時のUKのライセンス発行機関にアマチュア無線のライセンス発行をお願いしましたが、希望はかないませんでした。

来年プライベートですがUKでの運用予定があるため、再度UKでのライセンス申請に挑戦してみました。 下記は2018年11月の情報です。

日本はCEPT系の国ではありませんが、2014年にCEPT系のライセンス国との間でCEPT Recommendation T/R 61-02という取り決めがあり、国ごとに解釈は違うようですがUKでは、日本の第1級アマチュア無線技士だけが、このCEPT T/R 61-02を使ってライセンス取得ができるようです。

UKでアマチュア無線のライセンスを発行しているのはOfcomという機関で、Ofcomのサイトから申請書をダウンロードして必要事項を記入してE-mailで申請しました。

https://www.ofcom.org.uk/

申請用紙などはここ

https://www.ofcom.org.uk/manage-your-licence/radiocommunication-licences

送付したものは

  1. 申請書
  2. パスポート
  3. 無線局免許状
  4. 無線局免許状の英文証明
  5. 無線従事者免許証
  6. 無線従事者免許証の英文証明(注)

です。 ここで6の免許証の英文証明ですが、当初送ったものは免許証の日本で昔から使われている形式のものでしたが、これではだめということでHAREC様式のものを送れとのこと。

このため総合通信局にHAREC様式の免許証の証明書をお願いし、これを送付しました。

 クリックで拡大

2週間ほどでOfcomから連絡が入り、OfcomのWebサイトで必要なライセンス料 20ポンドを支払うように要求が来ました。

支払いはオンラインでクレジットカードで支払えます。

支払いを済ませると、すぐにメールでPDFのライセンスが届きました。

 クリックで拡大

Page 2

 クリックで拡大

Page 3は割愛

当初はM/JH0CJHなどのコールが来るものと思いましたが、UKのFull Licenseで M#0ITPというコールサインです。

#の部分は運用地によって変更、例えばEnglandであればM0ITP、WalesであればMW0ITPとなります。 CEPT T/R 61-02ではプリフィックスの番号が0になるようです。 サフィックス部分は希望するものを聞かれましたが、使われていたようで「ITP」になりました。 希望したコールサインではありませんでしたが「ITP」はCWでのリズム感も良いので気に入っています。

20年前はなかなか発行してもらえなかったUKでのライセンスが入手できて感激です。

M0ITPの運用情報は後日アップします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*