千の技術博

今日は以前から行きたいと思っていた、上野の国立科学博物館でやっている「千の技術博」を見てきました。 一般の入場料は1600円ですが、見ごたえはあります。

日本を変えた千の技術ということで明治150年記念の特別展示です。 展示されている技術は多岐に渡り、科学技術の教育、建築、印刷、電力、乗り物、化学、光学、電気製品などなど。

通信や無線に関係するものだけでも相当ありますので楽しいです。

ブレゲ電信装置

モールス電信機、右にあるのは電鍵です。

電話サービスが開始されたころの電話帳がありました。

大隈重信は177、帝国ホテルは222、前島密は248です。

ラジオ放送とラジオ受信機

八木・宇田アンテナ

レーダーとマグネトロン

東京通信工業(SONYの前身)のトランジスタラジオ

海底ケーブルと中継器。 中継器は実物大ではなく10分の1くらいのモデルです。

オーディオガイドは550円ですが、借りたほうが説明付きで楽しいと思います。

そして最後に1970年ころに書かれた2001年、未来の絵がいくつかありますが、下記は放送の未来ということで、マルチスクリーンで天気予報、ニュース、ゲームやTVがあり、新聞が印刷されるような端末が書かれています。 すでに実現されている技術です。

この特別展は3月3日までやっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*