RAID1 HDDディスク容量拡大

今回のCentOS 7でのサーバー再構築の途中で古い500GBのハードディスクが破損してしまい、新たに1TBのHDDで再構築を行いましたが、500GBのRAID1構成で生き残っていたHDDをベースに1TBのHDDに移植したため、1TBのハードディスクであっても500GBしか認識しない状況になっていました。

過去にも同様のことがあり、何とか容量拡大をできたのですが、やり方を忘れてしまい、いろいろ調べてようやく完了したので備忘録として記述しておくことにしました。

まず/bootとSwap領域はそのままで、/ だけの拡大なので、/ のデバイスを調べます。

# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1] 
md125 : active raid1 sda2[2] sdb2[3]
      307904 blocks super 1.2 [2/2] [UU]
      bitmap: 0/1 pages [0KB], 65536KB chunk

md126 : active raid1 sda3[2] sdb3[3]
      483848192 blocks super 1.2 [2/2] [UU]
      bitmap: 2/4 pages [8KB], 65536KB chunk

md127 : active raid1 sda1[2] sdb1[3]
      4096000 blocks super 1.2 [2/2] [UU]
      
unused devices: 

割り当てサイズから / は md126であることが判りましたので、次はRAID1で同期するアレイエリアを拡大します

# mdadm --grow /dev/md126 --size=max

mdadm: component size of /dev/md126 has been set to 972131032

この作業は2時間ほど時間がかかりました。

こんな感じでmd126のアレイエリアの拡大の様子が解ります。

# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1] 
md125 : active raid1 sda2[2] sdb2[3]
      307904 blocks super 1.2 [2/2] [UU]
      bitmap: 0/1 pages [0KB], 65536KB chunk

md126 : active raid1 sda3[2] sdb3[3]
      972131032 blocks super 1.2 [2/2] [UU]
      [===========>.........]  resync = 56.5% (550092800/972131032) finish=128.4min speed=54771K/sec
      bitmap: 2/4 pages [8KB], 131072KB chunk

md127 : active raid1 sda1[2] sdb1[3]
      4096000 blocks super 1.2 [2/2] [UU]
      
unused devices: 

アレイエリアの拡大が終わってもHDDのボリューム拡大がなされていないのでHDD容量はまだ少ないままです。 この容量を拡大するコマンドが xfs_growfsです。 以前はresize2fsコマンドでしたがCentOS7からはxfs_growfsに変わったようです。

# xfs_growfs /dev/md126
meta-data=/dev/md126             isize=512    agcount=4, agsize=30240512 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=1        finobt=0 spinodes=0
data     =                       bsize=4096   blocks=120962048, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=1
log      =internal               bsize=4096   blocks=59063, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
data blocks changed from 120962048 to 243032758

データブロックの割り当てが増えています。 dfコマンドで見てみると

# df
Filesystem     1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
devtmpfs         1922184         0   1922184   0% /dev
tmpfs            1939524         0   1939524   0% /dev/shm
tmpfs            1939524    207076   1732448  11% /run
tmpfs            1939524         0   1939524   0% /sys/fs/cgroup
/dev/md126     971894780 231665944 740228836  24% /
/dev/md125        304484    229904     74580  76% /boot
tmpfs             387908        48    387860   1% /run/user/0
tmpfs             387908         0    387908   0% /run/user/1000

使用容量が増え使用率が減りました。 拡大前のちょうど2倍の容量、使用率は半分になっています。

1TBのHDDの全部に電気が通じた感じですかね・・・(笑)

 

新スマホ導入

今まで使っていたアンドロイドスマホは中古の8000円で仕入れたものでしたが、どうも最近メモリー容量が少ないためか、途中で再起動がかかってしまい、面倒でした。

そこでスマホの変更。 と言っても最新型は高いので、3年落ちのSony Xperia XZ F8332をアマゾンで購入。 最近の新型は8~10万円ほどするものが大半ですが、これは3年落ちで格安。 32000円で新古品を獲得。

右が新しくゲットしたXZ、左が古い元々中古のSO-04Gです。

どうもこのXZは香港版のインターナショナルバージョンのようです。 今までのアンドロイドのバックアップのリストアですぐに使えるようにはなりましたが、通常のモバイルデータ環境(WiFi以外)でのデータ通信がうまく動いていませんでした。 SIMフリーってデータ通信の設定をしてあげないといけないようです。 知りませんでした。

参考にしたページ

SIMフリースマホでdocomoのSIMカードを使う設定

このページに従ってAPNの設定を実施して、何とかモバイル環境でもインターネット通信ができるようになりました。

メモリー容量も大きく快適です。 私の使い方で普通に使うならバリバリの最新型なんて必要ないようです。

 

福岡県北九州市足立山、戸ノ上山縦走-2

福岡県北九州市門司区 戸ノ上山山頂(JCC#402101, SOTA#JA6/FO-031)

足立山を出発し、戸ノ上山、標高518mを目指します。 まずは足立山からの急坂を下ります。

その後小ピークをいくつも登り、降りを繰り返します。 いくつ上り下りをしたか・・・ 場所も小倉北区から門司区に。

だいぶ戸ノ上山も近くに見えてきましたが、まだまだ先です。 下の写真の真ん中少し右に見える山です。

この縦走路は関門海峡に沿って歩くので遠くから汽笛が聞こえます。 海と山と両方を感じながら歩ける、そんな贅沢な縦走です。

足立山から戸ノ上山まで5.5kmですが、ようやく中間点を越え、険しい山が笹やぶの山になってきました。

足立山もだいぶ遠くなりました。 真ん中向こうに見える山です。

大台ヶ原と呼ばれる気持ちの良い開けた場所まで到着。 ここからがまた急坂です。

最後はへとへとになりながらら、ようやく戸ノ上山山頂、518mに到着。

この山頂にも戸ノ上神社上宮という神社があります。

同じ神社の敷地内に退避小屋がありました。

この山も見晴らしがよく関門海峡が良く見えます。

早速運用を開始

14時40分頃から運用スタート

戸ノ上山からの結果

  • 14MHz CW : 7局 (オーストラリア2局、ニュージーランド2局)

下山路もまだありますし、下山した後は東京に戻るので、20分ほどで運用完了。

1時間ほどで下山できました。

大里の街に降りてから振り返った、戸ノ上山です。

下山口から歩いて2kmの鹿児島本線の「小森江」駅に向かいました。

長い一日、長い縦走路を踏破でき疲労感の中にも充足感でいっぱいです。

本日のルート

そして高度です。 全部で16㎞超の縦走となりました。

国内コンディションは、いま一つでしたが、呼んでいただき有難うございました。

 

福岡県北九州市足立山、戸ノ上山縦走-1

福岡県北九州市小倉北区足立山(JCC#402104, SOTA#JA6/FO-026)

金曜日、出張で福岡に行くこととなり、土曜日小倉の近くの「足立山」標高598mと「戸ノ上山」標高519mの企救山系縦走をしてきました。

足立山は3年半前に登った時は雨で山頂からの景色は全く望めず、傘をさして運用した覚えがあります。 このため一度、足立山の山頂から小倉の街の眺望を見てみたかったことがあります。 単に足立山に登るのは前回やっていますので、そのまま登るだけでは面白くありません。 ちょうど北東方向にある戸ノ上山というSOTA対象の山まで足立山から縦走できるということで行ってきました。

土曜の朝7時にホテルをチェックアウトして出発。 モノレールで今回も「片野」で下車。

小倉の行き先掲示板がモールス符号に見えます。

そのまま東に3kmほど歩いて妙見宮の方に向かいます。

足立山が見えてきました。

妙見宮の少し左に登り口があります。

最初から結構な急登りです。

しばらく登ってようやく尾根に出ました。 モノレールを降りてから2時間弱。

ここからもまだ足立山の山頂までは急坂がありますが、尾根に出たすぐは少しだけ楽な山道があります。

だいぶ標高も上がりました。

妙見宮の上宮まで少し寄り道。 こんな立派な神宮があります。どうやってこれだけの石材を運んだのでしょうか?

妙見上宮から戻って、足立山に向かいます。 ここからもまた急坂が続きます。

足立山山頂に到着。 片野駅から2時間20分です。

小倉の街が全部見渡せる絶景です。

アンテナを設営して10時半、14MHzから運用開始。

まだまだやりたいところですが今日はこの先も長いので11時半にCL。

足立山からの運用結果

  • 14MHz CW : 4局(台湾1局、ニュージーランド2局)
  • 21MHz CW : 1局
  • 144MHz FM : 2局
  • 430MHz FM : 2局

全部で9局とQSO

5.5km先に戸ノ上山が見えました。

遠い! 足立山から戸ノ上山までは、3時間ほどかかる予定です。

戸ノ上山に続く

CentOS7自宅サーバー再構築

2002年から自宅サーバーを運用していますが、現在まで主力であった5号機は、2013年からLinuxのCentOS 5で運用してきました。早いものでもうCentOS 5の運用も7年が過ぎました。 ハードディスクの交換は何度かやったもののCentOS 5のバージョンもアップデート対象から外れてしまい、2017年11月からCentOS 7で6号機のサーバー構築を始めていました。

仕事も忙しく途中で中断したり、再構築の間にハードディスクが壊れたりと苦労してきましたが、この正月休みに最終調整を行い、12月31日から新サーバーでの運用を開始することができました。

CentOS 5からCentOS 7に変わって一番苦労したのがコマンド体系までだいぶ様子が変わっていること。 例えばsnmpdサービス開始は、CentOS 5では

#service snmpd start

であったものが

#systemctl start snmpd

みたいな感じ、つまりサービスを開始することですらこれくらいの違いです。 これはbashでコマンドヒストリーを修正して実行する時にサービス名が最後にあるとカーソルを動かす範囲が小さく楽になるようにしているのかもしれませんが、慣れるのにだいぶ苦労しました。

再構築を始めてから2年もかかってしまいましたが順調に動いているようです。

 

神奈川県伊勢原市大山

神奈川県伊勢原市大山(JCC#1115, SOTA#JA/KN-006)

昨年は出張の関係で2日には登れませんでしたが、今日は毎年のJARL主催QSOパーティー参加で大山に登ってきました。

5時に自然に目が覚めて出かけたのはよかったのですが、しばらく走ってコンビニでおにぎりとお茶を買おうと思った時に財布を忘れたことに気づいて出戻り。

ヤビツ峠の途中から今年も夜景の写真を撮ろうと思ったのですが、朝焼けの写真になってしまいました。

ヤビツ峠に到着。 薄暗い中6時半に出発。

登り口のところで荷物の確認をしていると、目の前で「いったい何をしに登るんですか?」と笑いながら声をかけてくれた人が・・・・なんとJL1BWG局です。 いままで何度も山頂ではお会いしていますが、今日は登り口で一緒になりました。 ということで2人で一緒に登ることとしました。

駐車場に雪はありましたが、最初の登りは南斜面なのでほとんど雪はありませんでした。

台風の時の影響でしょうか、細尾根が崩れかけているところがありました。

高度が上がると、少しづつ雪が山道に出てきました。

ヤビツ峠方面からの登山道と下社からの登山道の合流地点では富士山が見えました。

少し雲に隠れています。

山頂近くなると霜柱も5㎝くらいになってきました。

大山山頂、標高1,252mに到着、登り始めてから1時間40分です。

江ノ島方面が良く見えます

雲も晴れ、山頂からの富士山もきれいに見えます。

BWG局とは少し離れた場所で運用しましょうということで、私はマイクロ波中継局のところで設営。

まずは14MHzから運用開始。

HFの後は50MHzでも出ました。 ダイポールです。

いつものように50MHzは、ものすごい数の局がバンド中に広がっています。 お願いです、毎週末出てきて下さ~い。 そしたらどんだけ楽しいか・・・

多くの局に呼ばれたのでその後は144MHzと430MHzにも出るつもりでしたが今回はカット。

1200MHzに少し出ました。

こちらも呼ばれる呼ばれる、1200MHzってこんなに人がいるんだと驚きました。 3時半に松田町にお寿司を取りに行く用事があるため、1時ころ強制CL。 まだまだ呼ばれていましたので残念です。

BWG局もまだまだ頑張って運用中です。

最後、2人で記念撮影。

今日の結果です

  • 14MHz CW : 4局(うち北米1局)
  • 18MHz CW :4局
  • 21MHz CW :3局(うちニュージーランド1局)
  • 50MHz SSB : 71局
  • 1.2GHz FM : 19局

合計 101局

今年も何年ぶりかでお話しする局がいて、これだからこの正月のQSOパーティはやめられません。

今日もたくさんの局に呼んでいただきましてありがとうございました。

本日のルート

そして高度と距離です。

 

2020年 謹賀新年

あけましておめでとうございます。 今年が皆様にとりまして良い年となりますようお祈り申し上げます。

今年も毎年の富士山の定点観測である平塚に行ってみたのですが、残念ながら富士山は雲に隠れて見ることはできませんでした。

このため少し右スパンで大山の絵です。

明日はあの山頂に登ってQRVしますので聞こえていましたらよろしくお願いします。

今年もよろしくお願いします。

2020年 元旦