福岡県北九州市足立山、戸ノ上山縦走-2

福岡県北九州市門司区 戸ノ上山山頂(JCC#402101, SOTA#JA6/FO-031)

足立山を出発し、戸ノ上山、標高518mを目指します。 まずは足立山からの急坂を下ります。

その後小ピークをいくつも登り、降りを繰り返します。 いくつ上り下りをしたか・・・ 場所も小倉北区から門司区に。

だいぶ戸ノ上山も近くに見えてきましたが、まだまだ先です。 下の写真の真ん中少し右に見える山です。

この縦走路は関門海峡に沿って歩くので遠くから汽笛が聞こえます。 海と山と両方を感じながら歩ける、そんな贅沢な縦走です。

足立山から戸ノ上山まで5.5kmですが、ようやく中間点を越え、険しい山が笹やぶの山になってきました。

足立山もだいぶ遠くなりました。 真ん中向こうに見える山です。

大台ヶ原と呼ばれる気持ちの良い開けた場所まで到着。 ここからがまた急坂です。

最後はへとへとになりながらら、ようやく戸ノ上山山頂、518mに到着。

この山頂にも戸ノ上神社上宮という神社があります。

同じ神社の敷地内に退避小屋がありました。

この山も見晴らしがよく関門海峡が良く見えます。

早速運用を開始

14時40分頃から運用スタート

戸ノ上山からの結果

  • 14MHz CW : 7局 (オーストラリア2局、ニュージーランド2局)

下山路もまだありますし、下山した後は東京に戻るので、20分ほどで運用完了。

1時間ほどで下山できました。

大里の街に降りてから振り返った、戸ノ上山です。

下山口から歩いて2kmの鹿児島本線の「小森江」駅に向かいました。

長い一日、長い縦走路を踏破でき疲労感の中にも充足感でいっぱいです。

本日のルート

そして高度です。 全部で16㎞超の縦走となりました。

国内コンディションは、いま一つでしたが、呼んでいただき有難うございました。

 

福岡県北九州市足立山、戸ノ上山縦走-1

福岡県北九州市小倉北区足立山(JCC#402104, SOTA#JA6/FO-026)

金曜日、出張で福岡に行くこととなり、土曜日小倉の近くの「足立山」標高598mと「戸ノ上山」標高519mの企救山系縦走をしてきました。

足立山は3年半前に登った時は雨で山頂からの景色は全く望めず、傘をさして運用した覚えがあります。 このため一度、足立山の山頂から小倉の街の眺望を見てみたかったことがあります。 単に足立山に登るのは前回やっていますので、そのまま登るだけでは面白くありません。 ちょうど北東方向にある戸ノ上山というSOTA対象の山まで足立山から縦走できるということで行ってきました。

土曜の朝7時にホテルをチェックアウトして出発。 モノレールで今回も「片野」で下車。

小倉の行き先掲示板がモールス符号に見えます。

そのまま東に3kmほど歩いて妙見宮の方に向かいます。

足立山が見えてきました。

妙見宮の少し左に登り口があります。

最初から結構な急登りです。

しばらく登ってようやく尾根に出ました。 モノレールを降りてから2時間弱。

ここからもまだ足立山の山頂までは急坂がありますが、尾根に出たすぐは少しだけ楽な山道があります。

だいぶ標高も上がりました。

妙見宮の上宮まで少し寄り道。 こんな立派な神宮があります。どうやってこれだけの石材を運んだのでしょうか?

妙見上宮から戻って、足立山に向かいます。 ここからもまた急坂が続きます。

足立山山頂に到着。 片野駅から2時間20分です。

小倉の街が全部見渡せる絶景です。

アンテナを設営して10時半、14MHzから運用開始。

まだまだやりたいところですが今日はこの先も長いので11時半にCL。

足立山からの運用結果

  • 14MHz CW : 4局(台湾1局、ニュージーランド2局)
  • 21MHz CW : 1局
  • 144MHz FM : 2局
  • 430MHz FM : 2局

全部で9局とQSO

5.5km先に戸ノ上山が見えました。

遠い! 足立山から戸ノ上山までは、3時間ほどかかる予定です。

戸ノ上山に続く