YB0出張

今日の朝、東京を出てYB0のジャカルタに来ました。

jakarta

今年の日本は寒いで、着込んできたのですが、YB0は到着時31度。 ユニクロのダウンのベストが、早速無用の長物になってしまいました。

ところで、今回・・・・短波ラジオを持ってくるのを忘れたぁ・・・・

まあ、2日だけですが、ラジオのない寂しい出張になってしまいました。

 

JARDフェスタ

昨日は今年の第一回目の忘年会。

ちょっと気の早いところはありますが、昔、お世話になった方々と酌み交わす酒は本当に良いものです。 ということで今日は目覚ましをすべてOffで寝たのに・・・やっぱり定刻の6時に起床。

今日は山に行く予定も無いので、さて何をしようかと・・・・ とりあえず仕事をちょっとだけ。

その後、何も買うつもりは無いのですが、急に秋葉原に行ってみることにしました。 秋葉で無線屋をブラブラしていると、ロケット秋葉店で熊さんに遭遇。 この町では必ず誰かに会います・・・・・

熊さんから、「今日は秋葉のJARDフェスタに来たんだよ~」、ということで、私も行ってみることにしました。 場所は秋葉原のコンベンションホール。 5階まで行って受付を済ませていろいろ見てきました。

jard

JARDやJARLのスタンドの他は、CQ出版社、YAESU, ICOM, Kenwood, Diamondアンテナ、Cometアンテナ、GHDキーなど各メーカーの出展がありました。 ハムフェアに比べると大したことはありません。

別室でJARDのセミナーで新スプリアス規定の話などをやっていました。 こちらは思ったよりも人が多く、ちょっと驚き。

会場には、Iさんがいました、お久しぶり~。 他にはCRPさんも、おそらく気が付いていないと思いますが、しっかり確認しましたよ~。 他にも大勢知っている人ばかりで、同窓会的な状況・・・・。

特に興味のあるものも無いので、会場を出て秋葉をブラブラ。

秋葉神社は初めて行ってみましたが、ご利益があるといいなぁ・・・

akiba

結局何も買うものもなく、帰宅という単なる休日になってしまいました。 最近、山ばかりでしたが、たまにはこんな休日もいいなぁ・・・

 

山梨県山梨市小楢山山頂

山梨県山梨市小楢山山頂(JCC#1705, SOTA#JA/YN-037)

今日は山梨市にある「小楢山」に行ってきました。

「小楢山」は標高1713mですが、近くの「焼山峠」まで車で行くことができます。 バスも冬季はありませんが、予約制のバスがあります。

朝、JR「塩山駅」に到着した時は真っ白な霧の中でした。 8時に「焼山峠」に到着しましたが、すでに焼山峠は快晴の天気でした。

yakeyama

駐車場があり、ほとんどの人は車で来ているようです。

「焼山峠」は、すでに標高が高いので、ここから「小楢山」までは1時間半ほどで行けるようです。

登り始めてすぐに「子授地蔵」という小さなお地蔵さんが並んでいました。

kosazuke

結構アップダウンがありますが、こんな広い道を歩いて登ります。

konarayama2

太陽がまぶしいほどの快晴です。

しばらく登ると「的石」という大きな岩がありました。

matoishi

自然の岩ですが厚さ50~60cm程の平らな岩で、裏側も全く同じ平らの不思議な岩です。 それが何でこんな感じで立っているのか、これもまた不思議。

「的石」からは山道も狭くなり、林の中を登っていく感じです。

1時間半で「小楢山」山頂、標高1713mに到着。

それまで全く見えない富士山がいきなり現れる形で出現するので、この演出が感動ものです。

konarayama5

塩山から甲府にかけての盆地が全部霧の中で湖のようです。

konarayama4

富士山のほかには、南アルプス、北岳、八ヶ岳、など360度のパノラマが広がっていました。

さっそくアンテナ設営。

konarayama6

HFでは米国からも呼ばれましたが、あまりコンディションは良くはなかったようです。

本日の成果

  • 14MHz CW : 2 QSO (2つとも北米)
  • 18MHz CW : 2 QSO (1つはオーストラリア)
  • 21MHz CW : 1 QSO
  • 50MHz CW : 2 QSO
  • 50MHz SSB : 5 QSO
  • 144MHz SSB : 1 QSO
  • 430MHz FM : 5 QSO

合計 18 QSOとなりました。

すでに紅葉シーズンも終わりなので、運航バスも本数がなく、今日は下山してからの道のりが長そうなので、12時にはQRTして下山しました。

焼山峠のほうに戻ってもバスもないし、塩山駅からは遠くなってしまうので、「フフ山梨」という保険農園ホテルの方向に下山しました。

この小楢山は登りの「的石」のように奇岩が多いようです。

下山してすぐに「幕岩」と呼ばれるところに出ました。 まるで舞台の幕のように切り立った岩です。

makuiwa

崖の上に登れるようですが、怖いのでやめておきました・・・笑。

幕岩のすぐあとに「大沢ノ頭」と呼ばれる、ピークがあります。 狭いですが見晴しはいい場所でした。

oosawanoatama

写真の右に下ると「鼓川温泉」の方向ですが、すごく急坂のようです。 写真の向こう側が「父恋し路」と呼ばれる下山路で、こちらも、すごい急坂下りです。

途中で多くの奇岩や崖が待ち構えていました。 危険な場所も多くあります。 全く、この「父恋し路」では人に会いませんでした。

下山途中で「白雲の滝」と呼ばれるところに、いきなり水がわいていました。 あまりにもきれいなので飲んでみましたが冷たくておいしい水でした。

konarayama8

「父恋し路」を何とか無事に通過し、林道に出ました。

konarayama9

林道から富士山と塩山の街の方向が見えました。 すでに14時くらいですが、まだ塩山の街は霧の中のようです。

この林道が長いこと。 1時間ほど下ってようやくフフ山梨という施設に到着。

バス停もないので、そのままさらに舗装路を下って、牧丘町の中を延々と歩き続けました。

この牧丘町はブドウの巨砲が有名のようですが、この季節は「ごろ柿」と呼ばれる干し柿を作る家が多く、どこを見てもこの干し柿を干しているところに出くわしました。

korogaki

大きな柿です。 まだ今干し始めたところなので売ってはいませんでしたが、結構東京のデパートあたりでも出ているようです。

バス停もありましたが、ほとんど本数もなく、結局、JRの塩山駅まで歩いていくことにしました。

このあたりは武田信玄の地元でもあり、菩提寺の「恵林寺」がありましたので見学しながら境内を抜けました。

erinji

さらにさらに歩き続けて、塩山駅に向かいました。

「塩山」の名前の由来となった「塩ノ山」の横には、「向嶽寺」というお寺がありました。 こちらも重要文化財です。 「塩ノ山」は塩山市の平地の町中に突然現れる150mほどの小さな山ですが、塩が取れるわけではなく、「四方から見える山」が語源のようです。

kougakuji

向嶽寺は門が富士山の方向を向いており、「嶽」というのは富士山のことのようです。

そして、ようやく塩山駅に到着。

本日の経路です。 今日は本当によく歩きました。 小楢山を出て下山始めたのが12時。 塩山駅に着いたのは16時40分です。

konarayama_map

そしてこれが高度です。

konarayama_alt

今日は下りが大半で楽勝と思っていましたが、20km近くも延々と歩くことになってしまいました。

次はぜひ巨砲の獲れる時期に行きたいです。

 

2016年河口湖紅葉祭り

今日はカミさんと河口湖の紅葉祭りに行ってみようということで朝5時起きで出かけました。

河口湖の紅葉祭りは2,3年ぶりと思っていたのですが、5年ぶりだったようです。 月日の経つのは早い。

9時前には河口湖に到着。

img_2137

今年は場所によっては青葉のところもありましたがだいぶ紅葉が進んでいました。

img_2159

今が見ごろです。

img_2160

同じ木なのに、枝ぶりで紅葉の度合いが違うのも不思議です。

img_2150

真っ赤な紅葉もいいのですが、黄色が混じる今頃が一番きれいかもしれません。

img_2169

おそらく、まだまだ、これから美しくなるという期待があるからなのでしょう。

img_2161

今日は無線は全く無しでした。

 

HL出張

昨日からHLに出張していました。 今回はソウル市ではなく釜山市。

busan

釜山は「釜山港へ帰れ」の歌のように、ひなびた漁港、漁村をイメージしていましたが、とんでもない都会でした。 人口35万人の大都市です。

今回の出張はある式典の参加だけでした。 その後、ちょっとだけ近くの海にある寺に連れて行ってもらいました。

temple

こんなユニークな像も

temple1

海の安全と海の仕事の成功を祈ってきました。

ただ、やっぱり無線も忘れられません。 今回も相棒のラジオを持っていきましたが、AMラジオではソウルよりも日本に近いこともあり、日本の放送がよく聞こえていました。

 

千葉県富津市鋸山山頂

千葉県富津市鋸山山頂(JCC#1226, SOTA#JA/CB-006)

今日は、千葉県富津市にある「鋸山」に登ってきました。 朝5時起きで出発。 京急線で、「京急久里浜駅」に6時50分ころ到着。 久里浜からバスで東京湾フェリー乗り場まで行きました。 7時10分頃にフェリー乗り場に到着。 フェリーの出発は7時20分で、すぐにチケットを買って乗り込みました。

「久里浜港」を定刻に出港。

kurihama

対岸には、今日登る「鋸山」が見えました。 朝は、まだ雲も多く、どんよりしています。

nokogiriyama1

船内は、こんな感じで、結構広くてきれいです。

ferry1

反対方向から来る同じフェリーとすれ違い。

ferry

約40分で「金谷港」に到着。

kanaya

金谷港のフェリーターミナルで地図をもらって、歩き始めました。 どこにでも置いてあるのですがこの地図はとても判りやすい地図です。

途中コンビニでおにぎりを買ったのですが、今日は下山してから金谷港周りにある海鮮料理を食べるつもりなので、おにぎりは2個だけにしました。

鋸山には、いろいろ登山道があるようですが、「車力道」で登りました。

鋸山は江戸時代後期から、「房州石」の切り出しを行った山で、山の麓からも切り出した跡がはっきりと見えます。 この車力道は石切り場で切り出した石を車に乗せて降ろした道のようです。 石を切るのは男の仕事、石を車で降ろすのは女の仕事だったということなので、相当たくましい女性がいたものと思います。

この車力道の登山道には石畳のところがあるのですが、この石を切り出して降ろした時についたと思われる轍がはっきりと残っていました。

nokogiriyama2

急坂をどんどん登って石切り場の入口に到着。

nokogiriyama3

この分岐点が良く分かりにくいのですが左に行くと、展望台経由で鋸山山頂に向かう方向、右に行くと最初下るのですが、こちらが石切り場を通して日本寺へ向かう道になっています。 私は左に曲がって、まずは山頂を目指しました。

急階段を上っていくと、とても景色がきれいに見えるところがありました。

nokogiriyama4

天気も良くなってきました。

急階段を登りきると、「地球が丸く見える展望台」があります。

360度のパノラマの景色が楽しめます。 これは館山の方向です。

nokogiriyama5

少し休憩して、鋸山の頂上を目指しました。

登り始めて1時間ほどで鋸山山頂、標高329.5mに到着。

nokogiriyama6

低い山ですが、海抜0mからの登りなので登り甲斐はあります。 山頂はとても狭いです。 眺望は先ほどの展望台のほうが遥かに良いです。

早速アンテナを設営。

antenna

10時から運用をスタート。 こんないい景色の中での運用です。

rig

HFからVUまで運用したいところですが、狭い山頂にどんどん人も増えてくるので14, 18, 21, 24MHzと運用したところでCL。 1時間半ほどの運用となりました。

本日の成果

  • 14MHz CW : 6 QSO (うち2局がオーストラリア、1局がロシア)
  • 18MHz CW : 5 QSO (うち2局がオーストラリア、1局がニュージーランド)
  • 21MHz CW : 6 QSO (うち2局がオーストラリア)
  • 24MHz CW : 2 QSO (2局はオーストラリア)

合計19 QSOです。 もう少しやりたいところでしたが、鋸山は見どころもいっぱいあるので中止して、先ほどの石切り場の入口の分岐まで戻りました。

nokogiriyama7

石切り場の中は、こんな感じで規則正しく、石が切り出されており、パッと見ると廃屋になった豪華マンションのようで、ちょっと不気味でもあります。

石切り場を出て、日本寺のほうに向かいましたが、一番のハイライトの「地獄のぞき」が下から見えました。 上に人が乗っています。

nokogiriyama8

日本寺に行って、先ほど下からみた「地獄のぞき」を見てきました。

nokogiriyama9

日本寺の中には多くの石仏があります。 大仏は東大寺や鎌倉よりもはるかに大きな日本最大の仏像です。

nihonji

そのまま、日本寺の中を下って「保田駅」に向かいました。

hota

保田駅からJR内房線で一駅で、朝、歩いて前を通過した「浜金谷駅」に到着。

行きに目を付けていた回転寿司で、ビールと3点盛りの刺身だけ食べました。

kanaya_lunch

味は、もちろん最高です。

フェリー乗り場の近くには、回転寿司のほかは、貝やサザエも食べられる海鮮+焼肉バイキングなどもありました。 一度行ってみたいです。

他にも、干物やサザエなどの海鮮食品を売っている土産店もありました。

今日登った鋸山です。 切り出した石の岩肌がよく見えます。

nokogiriyama10

16時半出発の久里浜港行きに乗って帰りました。

ferry2

本日のGPS記録です。

nokogiriyama_map

こちらは高度。

nokogiriyama_alt

今日もたくさんの方に呼んでいただき、ありがとうございました。

 

8N0A/1運用

東京都東村山市移動(JCC#1014)

今日11月3日は昨日まで、天気予報ではあまり良いものではありませんでしたが、晴れの特異日です。

朝起きると、ドピーカンのいい天気でした。 やはり特異日です。

先週から計画を立てていた東京都の東村山市の「八国山緑地公園」に行くことにしました。

なぜ東村山市かというと、所属している新潟の米山HFクラブで今年一年間、8N0Aという「綾子舞重要無形民俗文化財指定40周年記念局」を運用していますが、この移動局の運用をさせてもらうためです。

ただ、1エリアの中の柏崎市と無関係のところで運用するというのも芸がないので、柏崎市と姉妹都市の関係にある「東村山市」に出かけました。

西武新宿線で「高田馬場」から「東村山」まで行き、そこから西武園線に乗り換えて、一駅で終点「西武園」に到着です。

seibu

西武園駅の近くにコンビニはありませんでしたが、朝早くからやっているスーパーがありました。 そこで昼飯とお茶を買って、八国山緑地に入りました。

hachikokuyama

天気も良く最高です。

hachikokuyama2

良い場所を探して尾根伝いに歩いて、ちょうど入り口の反対くらいの場所まで2kmほど歩きました。 とてもきれいに整備された気持ちのいい緑地です。

アンテナとリグを設定して8N0A/1の運用開始。

antenna

HFではSSBも出たのですが、QRPですので、あまり呼ばれませんでしたが21MHzのCWではクラスターにあげてもらえたようで呼ばれました。

hachikokuyama1

今日の結果

  • 14MHz CW : 2 QSO
  • 21MHz CW : 10 QSO
  • 50MHz SSB : 14 QSO
  • 50MHz CW : 17 QSO
  • 144MHz SSB : 3 QSO
  • 144MHz FM : 3 QSO
  • 430MHz FM : 3 QSO

合計 52 QSOとなりました。 もう少し期待したところでしたが、ほぼ平地のQRPですからこんなものかも知れません。

14時近くなったのでCLとして緑地内を歩いてみました。

将軍塚というところがあり、行ってみるとボランティアの解説員の方が2名おられ説明をしてくれました。

shogunzuka

何が書いてあるかというと。

将軍塚でパワーアップ

元弘の乱 元弘3年に新田義貞が鎌倉攻めの時にこの八国山に陣を構えパワーを蓄え上昇気流に乗ったところ。 鎌倉幕府が滅亡し新たな時代の幕開け。 東村山は「未来を変えるための力を宿す場所」ということです。

この将軍塚の石碑の南西の方角に東村山ヨーカドーがあり南東方向には東村山プラザというショッピングセンターがあるそうで、実はこの2つのショッピングセンターに宝くじ売り場があり、そこから数億円規模の当選が出たとのこと。 特に東村山プラザからは8億円だったという話でした。 この3地点を結んでできるのが「東村山トライアングル」だそうです。

「東村山には歴史を変える何かがある」と結ばれていました。

この将軍塚には2つの石碑があり、両方に触って行くといいことがあるとのことでありがたく触ってきました。

こちらの大きいものが手前にあるもの。

shogunzuka2

これが奥にあるほうです。

shogunzuka1

年末宝くじを買う予定のある方は、ぜひこのパワースポットに行ってから、「東村山トライアングル」で買われたらどうでしょうか?