サイパン観光と戦争の爪痕

昨日KH0から帰国しました。

フライトは16時出発で、すでに仕事は前日までに終了しましたので、土曜日は出発までお客様とサイパン島の観光をしてきました。

絵になる風景です。

まず向かったのは、太平洋戦争の時の日本軍の最後の砦であった、バンザイクリフ。 今はただ、海の青さが素晴らしい光景です。

多くの慰霊碑が立っていました。

すぐ近くに、日本軍の指令室跡がありました。

向こうに見える切り立った崖が、スーサイドクリフ。 悲しい過去が見えます。

こんな戦車も残っています。

こんな小さな戦車で戦っていた人々が、どのような気持ちであったのか、本当に戦争に勝てると思っていたのか、今は想像もできません。

サイパンで一番高い山、タポチョ山の上にも行ってみました。 ここも日本軍が死守した場所のようです。 確かにここからは360度のパノラマが広がっており、サイパン島の形までわかる場所です。 日本軍にとっては一番の要所だったものと思います。

ちょうど時期も終戦記念日に近く、実際に、この島で凄惨な戦いが起きたことを深く考え、二度とこのような歴史を繰り返すべきではないと思いました。

こんなきれいなハイビスカスが戦時中も咲いていたのでしょう。 この花を見て当時の人々は何を思ったのか・・・・

日本人だけに限らず、米国人他、戦争犠牲者のご冥福をお祈りします。

 

「サイパン観光と戦争の爪痕」への2件のフィードバック

  1. 美しい島ですよね
    ここが戦場となり、日米の兵士たちのみならず
    大勢の民間人も犠牲となってしまいました
    大変残念な事です
    亡くなったみなさんのご冥福をお祈りします
    合掌

    半島の気違いがミサイルを撃ちこむと騒いでいます
    また戦争になって欲しくありません
    困った事です

  2. SKYさん
    今日は終戦記念日ですね。 Saipanも某国がミサイルをGuam島近辺に発射というニュース以降、大きな話題になっています。 そんなことをやって何をしたいんでしょうね。 存在を認めさせる? 孤立を避ける? ・・・・どんどん孤立するだけなのに。 こんな宰相を持つ国民が不幸。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*