香川県高松市浄願寺山

香川県高松市浄願寺山(JCC#3601, SOTA#JA5/KA-070)

一夜明けて、建国記念日の月曜、高松市は朝からなんと雪です。

結構降っています。 車にも雪が積もっています。 それを見て今日は山に行くのを一旦あきらめたのですが、9時ころになると雪も雨になり小降りになってきました。 早速準備をして近場の「栗林公園」近くにある「浄願寺山」245mに向かいました。

琴電で「瓦町駅」から「三条駅」まで行きました。

三条駅から「浄願寺山」までは結構距離があります。 登山口までは3kmほどあります。 延々と街中を歩いて登山口に向かいました。

近くなると朝の雪がまだ見えます。

道端の水仙も昨日と違って寒そうです。

登山道を登ると雪の量もだいぶ増えてきました。

アイゼンは持ってきていませんが、アイゼン無しでも大丈夫です。

どんどん登ると途中から何かの足跡が・・・

・・・大きな声を出しながら登りました。

そして「浄願寺山」の山頂245mに到着。

山頂からの眺望はありません。 雨はやんでいますが、木の上からしずくが垂れてくるので、リグを置く場所を慎重に選びました。

こういう時は葉っぱの無い枯木の下が良いようです。

リグにはリュックサックの防水カバーでしずく対策

コンディションは今一つでした。

結果です

  • 14MHz CW : 1 QSO (ニュージーランド)
  • 18MHz CW : 1 QSO (ニュージーランド)
  • 21MHz CW : 1 QSO
  • 144MHz FM : 6 QSO
  • 430MHz CW : 2 QSO

合計 11 QSO

13時半で終了、今日の17時50分の飛行機で帰るので、下山開始しました。

山頂からの眺めはありませんでしたが、途中で見えた高松市の景色。

4時5分に「瓦町」から空港行きのリムジンバスが出るので、それまでにいったん荷物を預けたホテルに戻っていかなくてはなりません。 最後はだいぶ慌てましたが、何とか最後のうどん一杯食べる時間はありました。

年に1,2度しか降らない高松で、水仙や山桜も咲いているのに、ちょうど訪問した時に雪が降るとは何とも残念でしたが、結局、今日も山に登れましたし、雪の高松で登山をするというのも経験できないことでしょうから、これで良しとしましょう。

今日のマップ。 完全なピストンです。

そして高度です

今日は10kmだったようです。 この週末は四国からQRVでき本当に楽しかったです。 また近いうちに行きたいものです。

 

香川県善通寺市筆ノ山

香川県善通寺市筆ノ山(JCC#3604, SOTA#JA5/KA-059)

大麻山の続きです。

「大麻山」で運用した後、西方向に下山しました。 途中から舗装路になりあまり面白くないのですが、ところどころにショートカットの登山道があります。 しばらく下って、ショートカットの竹やぶを抜けると「野田院古墳」に到着。 古墳の柵の中には入れませんが、この周りはキャンプ場になっているようです。

ちょっと高い見物台の上から古墳の様子を見ることができます。

そして向こうにこれから登る「筆ノ山」が見えます。

このあたりは空海が修行をした「五岳山」と言われるところで、空海ウォークとして5山の縦走ができるようです。 今回は時間も無いので、この中の「筆ノ山」だけ登ります。

「大麻山」からの下山ではだんだん日差しも強くなりました。 水仙が道に咲いていました。

ミカン畑と「大池」と言われる貯水池を抜けて、「五岳山」の「筆山」と「我拝師山」の切通をめがけて歩いていきました。

切通しから「筆ノ山」を登りました。 「筆ノ山」は遠くから見ても、形が細く特徴的です。

振り返ると先ほどの「大麻山」が見えました。 縦方向に見ているのでこの山も細く見えますが実際は先ほどのように金刀比羅宮からずっと繋がっている長い山です。

切通しから30分ほどで急坂を登り、ようやく「筆ノ山」標高275mに到着。

「筆ノ山」という名前からか、空海、弘法大師が修行をした山からか、合格祈願の絵馬がありました。

狭い山頂ですが、さらに狭いことに山頂の半分ほどは大きな穴が開いています。

狭い山頂にアンテナを設営。

細い山頂なので360度のパノラマです。

コンディションも落ちたため、HFは14MHzでニュージーランドができただけで、他はVUの430MHzで局数を稼ぎました。

筆ノ山での結果は次の通り

  • 14MHz CW : 1 QSO (ニュージーランド)
  • 144MHz FM : 1 QSO
  • 430MHz FM : 9 QSO

合計11QSOとなりました。

その後は登りの逆方向の北方向に下山し、善通寺駅に向かいました。 途中「善通寺」の中を通って見学。

立派です。 ここは四国88カ所巡りの75番です。

ということで、今日はだいぶ歩きました。

本日のマップ

そして高度です。

全部で17kmでした。

明日の月曜日もどこかの山に登ります。

 

香川県善通寺市大麻山

香川県善通寺市大麻山(JCC#3604, SOTA#JA5/KA-008)

先週は金曜と土曜に香川県の高松市で仕事があったので出張しましたが、ちょうど3連休にかかり、いつものようにそのまま自費で高松市に残って日曜日と月曜日に山に登ってきました。

まず日曜の朝、6時5分「瓦町駅」の始発の琴平電鉄、琴電で琴平まで向かいました。 ちょうど「瓦町駅」から1時間で「琴平駅」に到着。

一昨年にも海の神様、金刀比羅宮にお参りをさせていただいたので、今回は2回目。 朝早いので琴平の町に到着しましたがほとんど人がいません。

金刀比羅宮の参道もこんな感じです。

まずは785段の石段を登って「金刀比羅宮」に到着。 仕事上の安全と発展を祈ってきました。

展望台からの景色もきれいです。

左にみえるのは「讃岐富士」と呼ばれる飯野山。

そのあとは前回は行かなかった奥社まで登りました。 奥社までは全部で1368段の階段があります。 奥社に到着。

奥社にもお参りをして、そのすぐそばにある「大麻山」までの登山口からは本格的な登山道になります。

「大麻山」は金刀比羅宮がある「象頭山」という名前の山の最高地点で「象頭山」はとても長い形をしています。 金刀比羅宮の本宮からもだいぶ距離も高度も上がります。 登山道も滑りやすい感じでずっとトラバースで進むような感じで、結構時間がかかってしまいました。

「龍王社」に到着。 なんとこんな山の上に小さな池があり、その中に社があります。 ここでもお参りをして山頂に向かいました。

ようやく山頂が見えてきました。

テレビアンテナやマイクロ波中継装置、携帯基地局アンテナなどがたくさん見えます。

9時過ぎにようやく「大麻山」の山頂、616mに到着。

琴平駅からちょうど2時間かかりました。 もっと早く登れると思ったのですが階段の数と滑りやすい登山道に手こずりました。

実はこの先が公園のようになっているのですが、高度としてはこのあたりがピークのようです。 この場所でアンテナの設営。

14MHzのCWでスタートすると、早速呼んでもらえました。 結構なパイルになっています。

北米からも呼ばれました。 コンディションが良くなってきているようです。

山頂からの景色です。 讃岐富士も見えています。

大麻山での結果です。

  • 14MHz CW : 12 QSO (北米2局)
  • 18MHz CW : 2 QSO (北米とニュージーランド)
  • 21MHz CW : 1 QSO (ニュージーランド)
  • 50MHz SSB : 1 QSO
  • 144MHz FM : 1 QSO
  • 430MHz FM : 4 QSO

合計 21局となりました。

11時に撤収して、次の「筆ノ山」に向かいました。

筆ノ山に続く