「その他の無線関連」カテゴリーアーカイブ

D-STARターミナルモード

ここ数日ID-31Plusを使ったターミナルモードでD-STARに接続する方法をいろいろと試していました。なかなかうまくできなかったのですが、ようやく接続できたのでコツを共有しておきます。

まず、インターネットに接続するPCに、ICOMホームページから「RS-MS3W」という「ターミナルモード/アクセスポイントモード対応ソフトウェア」をダウンロードしてインストールします。ちなみに私のPCはWindows10です。 このソフトを起動した時の画面です。 初期状態ではゲートウェイコールサインは入っていませんので気を付けてください。

次にターミナルモードで接続する場合のUSBケーブルをPCに接続します。 私の場合は特にドライバーをインストールせずとも認識してくれました。

次にRS-MS3Wの「設定」でCOMポートを指定します。このCOMポートの設定はPCの環境によって違います。WindowsのデバイスマネジャーでUSBケーブルを接続した状態でCOM番号を調べるとわかります。 私の場合はCOM4でした。

これをRS-MS3Wの設定のところで指定します。

次に「ゲートウェイコールサイン」を入力します。 これはたいていの場合、自分のPCがゲートウェイになるので自分のコールサイン+A-Fの文字にしておくことになると思います。 私はJH0CJH Fとしてあります。 最初、この最後のA-Fの文字はD-STARの機器登録のページで登録する必要があるのかなとも思いましたが、その必要は無いようです。

その状態でID-31Plusをターミナルモードにします。

Menuから「DVゲートウェイ」を選択。

次に「<<ターミナルモード>>」を選んで完了。 ちなみに、当然ですがこのターミナルモードではリグから電波は発信されません。 USBケーブルを通じインターネットに音声データが流れる形になります。

ここまでで「エリアCQ」などでD-STARリピータを指定してやれば、指定したリピータまでインターネットで信号が流れてリピータから電波が送信されます。

私の場合はここから少し躓きました。 ローカル局に手伝ってもらってターミナルモードでのQSOを試したのですが、こちらの信号はローカル局で聞こえるものの、ローカル局からの信号が聞こえません。 よく調べてみると我が家のインターネットの環境の問題であることがわかりました。 インターネット光の終端装置で必要なポートが開いていませんでした。

この終端装置でのポートの開き方は終端装置で違いますので一概には言えませんが、やることは次のことです。

  • 終端装置のポート40000を開ける。
  • 自分のリグID-31Plusを接続したPCのLAN内IPアドレスに対してポート40000番でWAN側からきたパケットを渡す。

我が家の終端装置はRT-S300SEというものですが、静的NAT設定のところで、自分のPCのIPアドレス、変換対象プロトコルをUDP、変換対象ポートで40000番を指定します。

これでOKです。

このためPCのIPアドレスはDHCPで割り当てるのではなく固定しておいた方がいいでしょう。

なおテストにはローカル局に協力いただくのがいいと思いますが、その前にテストサイトで自分の声がきちんとエコーバックされるかどうかを確認しておくといいでしょう。

これはJK1ZRW Zで試してみることができます。

参考にさせていただいたページ: D-STAR技術情報

このターミナルモードでは実際にリグからは電波が出ません。つまり海外に行った際にその国からの正式なライセンスがなくとも、ターミナルモードならQRVが可能ということになるのでしょうか? これは楽しみがまた増えました。

 

MASACOさんからの手紙

今日から9V1出張なので、昨日は会社に出て夜に別宅に帰ってみると、MASACOさんから手紙が来ていました。

JR0YHFメンバーのある御方がMASACOさんを良く知っており、先日私にクリアファイルを送ってくれるようにMASACOさんに依頼してくれたようです。 事務所から送ってくるのかと思っていましたが、本人からです。 しかも直筆の手紙つきです。

生まれてきて良かったぁ・・・・

 

2017年関西ハムフェスティバル‐2

今日は、関ハム2日目。

朝9時集合でしたが、5時に起床。 楽しい時は寝てなんていられません・・・ 時間を持て余しましたが、8時半にホテルを出発。

9時に池田市民文化会館に到着。 すでにJF3KLH横田さん、JP3DGT生地さん、JM3HRC山口さんが到着済み。 皆さん早い!

さっそく私も準備に参加し、本日の設営も完了。

今日は、朝からJH1CBXのMASACOさんに、SOTAスタンドを訪問していただきました。

いいですね~。 両手で握手、もう手を洗えませんね。 「山に登っているから皆さん元気で若々しいんですね。」 なんて言われて、おじさんたちは、もうホント、メロメロです。

その後、今は関西に移り住んでおられる、元JH1WWS、現JJ3WWS 青木小夜子さんも、ハムのラジオのRIOさんと一緒にSOTAスタンドまでインタビューに来ていただきました。 いつまでも本当にお若い。 実は私が中学生のころから青木さんのラジオを聴いていたのです。 そう、まさに「憧れのRadio Girl」なのです。 いつか、ぜひ一緒に山に登りましょうね。

そして、ハムのラジオのエンディングテーマを歌っている、JJ0SDQ 渡部まいこさんのミニコンサートも参加。 炎天下の中、本当にお疲れさまでした。 SOTAのスタンドにも、忙しい中、わざわざ訪問いただき、本当にありがとうございました。 「アンテナ」、いい歌です。 大空に羽ばたいてくださいね。

他にも、IOTAの眞田さん夫妻にも来ていただきました。 写真を撮るの忘れてしまいましたが、ダイビング夫婦・・・かっこいいです。 写真撮っておけばよかった~。

ということで、関ハムの2日目はYLさんとの会話を楽しんだ一日でした。

2日間に渡り、関ハム2017でのSOTAのスタンド展示において、ご尽力いただいた皆様、本当にありがとうございました。 他にもいつもお相手いただいている皆様と実際に面談をすることができ本当に楽しかったです。 特にJF3KLH横田さん、JP3DGT生地さん、JM3HRC山口さん、それから、多くのドネーションをいただきましたSOTA各局のご理解、ご協力、そしてご活躍に本当に頭が下がります。 ぜひこの活動を継続していきたいと思います。 そして来年は、若手の皆様のさらなる活躍を期待しています。

本当にありがとうございました。 私の一生の思い出になる2日間でした。

 

ハムのラジオでSOTAを紹介します

先月、スイスからHB9JOE/JJ1CKD Andyさん、HB9FPM/JJ1CKE Evaさん 夫妻が来日した際に、ハムのラジオの取材を受け、その時の内容が今週と来週の2週に渡り放送されることになりました。

茨城県水戸のローカルFM局の「FMぱるるん」で毎週日曜の21時から放送されている「ハムのラジオ」で放送されます。 近くの方は直接FMラジオで受信できますが、遠方の方は、サイマル放送、もしくはポッドキャスト、「ハムのラジオ」のサイトからインターネットで聴いてみてください。

「ハムのラジオ」

W9での仕事完了。 これからW2に向かいます。

 

SOTA関西アイボール会

土日はずっと食いだおれでしたが、実は・・・・・まだ続きます。

17時から、関西地域でのSOTA愛好者の宴会が開催されました。

カミさんは17時前に一足先に帰り、17時に梅田の会場「本陣」へ集合。

左から、JP3DGTさん、JJ3AMOさん、JH0CJH、JM3HRCさん、JP3PPLさん、JM3GVHさん、JF3KLHさん、JM3URGさんです。 URGさんは、都合で参加できませんでしたが、最初の挨拶だけに来ていただき宴会開始前に記念撮影。 忙しいところありがとうございました。

宴会はKLHさんの幹事のもとで各局の自己紹介をプロジェクターを使って実施。 楽しい話ばかりで、とても盛り上がりました。

新幹線の時間があるので、私は残念ながら19時半には途中退場してしまいました。 楽しい宴会でまだまだ話したいこともありましたが残念。 次回はもう少し遅い新幹線にします。

 

SOTAスイス支部写真集

DXerとして著名なJQ2GYU局からSOTAスイス支部のHB9JOE Andyさんと HB9FPM Evaさんが自費出版している写真集をお借りすることができました。

ドイツDL、リヒテンシュタインHB0、スイスHB9、チェコOKの山岳での運用された時の写真が全100ページに渡って紹介されていました。

こんな素晴らしい環境で運用してみたいものです。

JQ2GYUさん、ありがとうございました。

 

熊本地震

熊本で大きな地震が発生しました。

皆様のご無事を祈るとともにお見舞い申し上げます。

地震とEsの関係については何度かこのブログでも投稿してきましたが、(こことかここ)今回の地震も地震発生の2日前くらいから日本上空にスポラディックE層が発生し、50MHzで宮崎ビーコンが入感しています。

東北、北海道の局から九州からの信号が入感しているというレポートも上がっています。

まだ余震が続くと思います。 気を付けてください。

 

第11回 松田町ジャンク会

今日は、松田町のジャンク会がありましたので、参加してきました。

このジャンク会、朝が早くて8時半から売買開始なのですが、6時にはもう人が集まりだします。 しかし、今日は5時に目覚ましを掛けていましたが、そのまま朝寝継続。 6時に起きました。 それから支度をして、出かけましたので到着はだいぶ遅くなってしまいました。

しかし、何とか場所を空けておいてもらったようで、一席確保。

junk1

SOTAのメンバーにお約束したように、赤いSOTA旗を上げておきました。

8時半のスタート時は人であふれんばかりでした。 いつもながらこの松田町ジャンク会は凄い人気です。 そして毎回人が増えています。

junk2

今回の総売上げは2,200円となりました。 そこからSMA(P)-BNC(J)のアダプターを買って300円マイナス。 合計1,900円が財布に入りましたが、帰りにカミサンから「夕飯を買ってきてコール」をいただいて、あっという間に消えてしまいました。 こういう特別な収入では何かおいしい酒でも買って飲みたいところなんですが・・・・

本日はSOTAのJJ1SWI香川さん、JI1KBFメラさん、そして海外QRVを計画されているJN1RQVテルさん、愛知からJF2CRPしまったさん、それから、いつものWQOさん、NZNさん、VZVさん、HFUさん他、たくさんの方と面談できました。 ありがとうございました。

 

 

第10回松田町ジャンク会

今日は、足柄上郡の松田町で半年に1度実施されているジャンク会に行ってきました。

朝5時半ころに松田町に到着。 ぶらぶらしながら会場の河原に6時前に到着しましたが、既に車が20台ほど来ていました。

junk_m

(クリックで拡大)

私は前回3万円超の売上を上げて、もう売るものも無かったのですが、とりあえず参加。

junk1

今回は3,000円の売り上げとなりました。

junk2

県外からも多くの方が参加しており、いろいろと話を聞かせてもらいましたが、フリーライセンスラジオが、結構おもしろそうなので興味を持ちました。

今回は雑誌のラジオライフが取材に来ていたようです。

 

シイタKEY発売

クリス ジョーンズ ホニャララ社(以下CJH社)によると、昨年発表したFT-817NDの水冷化キットはまだ一台も売れていないらしい。 しかし、引き続き発売中ということなので興味のある人は問い合わせてみてはいかがだろう。

そんなCJH社からの新たな情報が飛び込んできた。 今回発売になるのは電鍵のつまみ部分にシイタケを使った「シイタKEY」である。 発売は2015年4月1日。

shiitakey

なぜシイタケをつまみの部分に使うのかであるが下記の理由をクリス氏は力説している。

  1. 環境にやさしい: シイタケは自然を感じさせる。 古くなったら可燃物として捨てることも出来るし、食べてもおいしい。
  2. ソフトな感触: 長時間KEYを叩いても疲れない。 シイタケの表面の微妙な模様が滑り止めになっている。
  3. 忘れ物対策: 移動運用で山に登った時に、「あっ、電鍵のつまみ部分を忘れた!」って結構ありますよね。 そんな時にも山ですぐに手に入る。 このページ参照

ということのようだ。

ちなみに現在の課題もいくつかあるようで

  1. 耐久性: 時々興奮して強く電鍵を打つときにシイタケの笠が壊れてしまう。 このような時の対策としてしばらく放置し、干しシイタケにしてから使う手があるようだ。
  2. 手がシイタケ臭くなる: シイタケをアルミホイルで包んでください。 ラップでも効果がありますが、使い終わった後すぐにオーブンに入れてホイル焼きが作れますのでアルミホイルがお勧めです。
  3. 腹が減って食べてしまった: 「シイタKEY」の代わりに時々姉妹品の「ベニテングダKEY」を使うことで次第に食欲は薄れるでしょう。

key2

尚、気になる価格は599万円とのこと。

「シイタKEY」の姉妹品として、上記「ベニテングダKEY」の他にも、「マツタKEY」と「エノキダKEY」があるそうだが、「マツタKEY」は超高級品のため一般人に手に入ることは無いだろう。 価格も599億円と、宝くじに599回くらい当たらないと買うことは出来ない。

enokey1

「エノキダKEY」は写真のようにつまみが多く付いており、どのつまみがKEYにつながっているのかは、一見しただけでは判らないようになっている。 つながっているつまみは自由に変えることが出来るので、見ず知らずの人が出入りして、誤って電鍵を操作されてしまうようなシャックにおいて有効なセキュリティ対策になっている。 また、見つけるとすぐに電鍵をいじりたくなるような腕白小僧が、いや・・・・小さなお子様がいるご家庭には持って来いだ。

クリス氏は、注文は気分次第で受け付けているらしいが、興味のある人は問い合わせてみる価値はありそうだ。