「ケニア」タグアーカイブ

5Z4出張 Communications Authority of Kenya訪問

土曜の深夜、日曜に日付が変わるころに羽田空港を離陸して、ドバイ経由ケニアのナイロビに到着しました。

ナイロビは今ちょうど雨季に入るころですが、今日の日中は晴れていい天気でした。 ジャカランダの紫色の花がきれいに咲いています。

jakaranda

ケニアでライセンスを発行しているCCK(Communications Commsion of Kenya)は今年の6月24日からCA(Communications Authority of Kenya)として活動を行っています。

前回ケニアを訪問した時の記事にも書いたように、ケニアでのアマチュア無線のライセンスの有効期限は1年ですが、私のように一時的な運用のライセンスには3ヶ月の有効期限が表示されています。 しかし支払ったライセンス料は1年間有効ですので、私の場合は4月に更新したライセンスが未だ有効のはずで、ライセンスの紙自体を再発行してもらえば済むのですが、ケニアもタンザニアと同じように6月末で一旦ライセンスがすべて期限切れとなるようです。 これは今回初めて知らされました。 つまり、この6月末をまたいでしまったため、再度年間のライセンス料を支払う必要があるということでした。 このため、本日昼休みに1年間のライセンス料、2,000シリング(約2,200円)を支払いに行って来ました。 ライセンスは本日11月3日から3ヶ月間の有効期限ですが、前々回同様、担当の方にお願いして、Provisional License Letterを同時に発行してもらい、昨日から有効にしてもらいました。

尚、CAはWebサイトもCCKから大きく変更されており、URLも変更になっています。 また、ライセンスの申請書類フォーマットの置いてある場所が非常にわかりにくくなってしまいました。 TopページからIndustryの中のFrequency SpectrumのところにLicense Application Formが置いてあります。 直接行くには下記のURLです。

http://ca.go.ke/index.php/frequency-spectrum

2,000シリングを支払って、無事ライセンスをもらいました。

5z4license

CCKは、この数ヶ月で名刺やカタログ、建物の看板などがすべてCAに変更されていました。 CCKがCAに変わった背景は、情報通信の変革への適合、通信と放送の融合などから主にICT部分への業務範囲の拡張、および半官半民の組織を完全に政府組織から独立した組織にしたようですが、まだ出来て数ヶ月ですので、それほどの差は感じられません。 ただ、前回4月に来た時、受付の「おばさま」のご指示で、相当長い間待たされた待ち時間が、今日はゼロ。 すぐに周波数ライセンス課に案内していただきました。

ca

CAの建物です。 エントランスのCCK CENTREの文字がCA CENTREに変わっていました。 前回CCKを訪問した時の写真にもありますが「CENTRE」の左から2番目の「E」の文字が落ちていましたが、CAでは「CENTRE」の最後の「E」の文字が落っこちています。 「E」の文字は取れやすいのでしょう。 もしくは、前回の看板の文字をそのまま使っているから「E」が一個足りない? CCKをCAに変えただけかも。 そう言えば、なんとなく「A」の文字が大きいような・・・・・笑

愛すべきケニアの人々です・・・・・

 

LoTW tq6ファイル

今日の朝、LoTWのtq6ファイルがARRLから届いていました。 全部で16個・・・・

tq6

LoTWはJH0CJHでも、JA1CTVでも登録済みですが、海外での運用コールサインでの登録ができていませんでした。 KH6/JH0CJHやSM0/JH0CJHはJH0CJHのコールサインを参照することで、ARRLからすぐにtq6ファイルを送ってもらえたのですが、その後の他の国でのコールサインについては、全く受け付けてもらうことはできませんでした。 このため、そのままLoTWに海外運用のログをアップロードせずにそのままになっていましたが、いい加減、だいぶ溜まってきており、特にこの5月の5Z4/JH0CJHの運用に関して、「LoTW登録はまだか?」と言う問い合わせが、世界中から届き、ようやく重い腰を上げて、すべてのライセンスについてライセンスのコピーを取って、ARRLに先週郵送してありました。 その結果がこのtq6ファイルの16個です。

  • TA1/JH0CJH
  • A6/JH0CJH
  • 5Z4/JH0CJH
  • 9M2/JH0CJH
  • VR2/JH0CJH
  • 9V1/JH0CJH
  • OH/JH0CJH
  • LA/JH0CJH
  • DL/JH0CJH
  • PA/JH0CJH
  • ZS1/JH0CJH
  • ZS6/JH0CJH
  • W4/JH0CJH
  • W5/JH0CJH
  • 5H3TK
  • SO5CJH

これから少しずつLoTWにアップロードしていきます。 遅くなって申し訳ありませんでした。

At long last, I got received LoTW tq6 files of the above 16 licenses.  Sorry kept you waiting for long time.  I will up load my log on LoTW server one by one.  I need approx. two weeks to clear all these pending backlog.

 

5Z4/JH0CJH運用Log

本日夕方、成田空港に到着し、自宅に帰宅することができました。

すでに自宅には13通のSASEが届いておりました。 内容を確認の上、順次返信していきたいと思います。 もう少しお待ちください。

sase

今回の期間は土日が2回あったことと、とくにハイバンドのコンディションが抜群に良かったこと、そして何よりJAがゴールデンウィークで皆さん深夜、早朝に時間を使えたことがあったと思いますが、Dupe無しでQSO数は2,550となりました。

大陸別分布はこんな感じです。

5z4jh0cjh_qso

そして、成田からの帰りのバスの中で見つけたのは、JM1SZYさんが運用の様子を録画してくれていました。 写真のクリックでU-tube動画へリンクします。

5z4jh0cjh_video

QSOの内容から5月5日の21MHz、UTC18時ころですが、一番QSBが厳しいころだったと思います。 このため、ちょっとペースが落ちています・・・・・言い訳してます・・・・笑。  SZYさん、ありがとうございました。 とても参考になります。

ビデオ開始後1分50秒ほどにあるスペイン局との交信時には、やはりQSBの周期が短く深いので、5NNのリポートがESNNに聞こえています。 打ち間違えている訳ではありません。 今回苦労したXTKさんとのQSOも、この後の18時43分になっています。

今回の運用で一番効率が良かった時間は、4月25日のUTC21時(ケニア時間26日土曜00時、日本時間26日土曜の06時台)の18MHzです。 このときは1時間で90QSOを達成。

次が翌日4月26日土曜のUTC20時(ケニア時間26日土曜23時、日本時間27日日曜の05時台)の18MHzです。 このときは1時間で85QSOとなってます。

3位は、翌週5月4日日曜のUTC20時(ケニア時間4日日曜23時、日本時間5日日曜の05時台)の18MHzです。 このときは1時間で80QSOとなりました。

このように、18MHzのコンディションをはじめとしたハイバンドが非常に良かったようです。

尚、オンラインログをアップデートしましたので確認してください。 とくに後半のQSBを伴う時間帯では、あまり自信がありませんので、もし自分のコールがないという方がおられましたら、QSOの日時、周波数、リポートをメール(コールサイン アットマーク jarl.com)や、ここへのコメントにて連絡ください。 私のミスと思われるものについては、あくまでも私のポリシーに基づいてログ修正を行います。

たくさんのコールをいただきありがとうございました。

 

Thank you very much for calling me during my staying in Nairobi Kenya.  On line log has been uploaded after came back to home today.  Please send SASE request after your confirmation of this log.  There was a big QSB with short cycle, then some of callsign I got may have some mistakes.  Then please contact me, if you could not find your callsign in my on-line log.  You can send e-mail to jh0cjh (at mark) jarl.com, with your callsign, date and time and RST report.  I can correct my log as per my policy if I can identify my mistakes.

Thanks again for your support during my staying.  Cheers mate.

 

 

 

5Zのローカル昼飯

私は、出張先ではあまり日本食を食べません。 その土地のものが一番うまいと思っているからです。

今日は、昼ごはんにケニアの超ローカル飯屋に連れて行ってもらいました。 メニューなどありませんので口頭で伝えて持ってきてもらう形です。

kenya_lunch

これで2人分ですが、とても食べ切れませんでした。 ヤギのスープに、ご飯2種類、揚げた鳥肉の半身、ヤギのオーブン焼き(これは野菜の下にどっさりとあります。) これを例によって手で食べます。 一応、スープがあるのでスプーン、そしてフォークがありますが、手で食べます。 揚げた鳥が熱くて大変でした。

さて本日の夜(JAの朝)が最終運用です。 皆さん聞こえていたら、よろしくお願いします。

 

5Z4帰還

昨日、9J, 7Qへの出張から5Zに戻りました。

今回は都合でザンビアでの仕事が先になってしまいましたが、この辺の大手航空会社の飛行機はケニア-マラウィ-ザンビア-ケニアという、三角のルートで飛んでいるので順番としては、マラウィの方が先に来ると良かったのですが、逆になってしまいました。 このため帰国便は、マラウィからまたザンビア経由でケニアに戻るルートとなりました。 ザンビアでは飛行機から降りるわけではないのですが。

malawi_kenya_map

昨日の当地深夜、JSTの朝5時から7時まで、またもやコンディション大爆発でした。 昨日の夜は14MHzで出てみましたが、18MHzよりもQSBが短く一発でコールを取ることができずご迷惑をおかけしてます。 この時間は5Z-JA間に定常的なパスがあるようです。

ところでそろそろ、重複交信、保険交信が出てきました。 当地からはログがアップできず申し訳ないのですが、同一周波数、同一モードでのコールはご遠慮ください。 昨晩もこちらからDupeであることを伝えたにもかかわらず何度も呼んでくる方がいました。 今回の期間内での重複交信は絶対に行いませんのでよろしくお願いします。 不安な方は、このブログのコメントや、当局コールJARLドットコムのメールで確認していただいてもかまいません。 QSB+QRMの中で時間をかけて、何度もコールを確認した挙句が重複だったりするケースもあってがっかりです。 多くの方にチャンスを与えることへのご理解をお願いします。

今日はケニアもメーデーで休日です。 とはいっても朝から昨日までの残務処理で、日中は無線は封印ですが・・・・。 

ところで当初5月3日までの出張でしたが、仕事の都合により来週火曜までは滞在を延長することになりました。 今のところ最低でもJSTで5月6日朝までのQRVが可能です。

追記: QRZのほうは修正しましたが、日本時間6日朝が最終です。

 

肉について

リクエストがありましたので、無線と関係ないことを書いて見ます。

ケニアではちょっと変わった常識があります。 牛肉と鶏肉、だいたいどんな国でもビーフの方が高級とされています。 特に日本ではブランド牛肉もあり、その差はおそらく世界一でしょう。

ところが、ケニアでは鶏肉のほうが高いのが常識です。 もうエイプリルフールねたは一ヶ月前に終了していますので、本当のことです。 見たことはありませんが、ケニアでももしかしたら輸入肉で高い牛肉もあるかもしれません。 しかし一般的には、チキンが高価になっています。 特にケニアの人はウェルダンどころか、半分燃えたような肉が好きなので、牛肉のステーキはカッチカチの「木」みたいなものに、ゴムのような筋が入ったものが出てきます・・・・hi  だからあまり牛肉はおいしくないのです。 反面、鶏肉はとてもおいしい。 ブロイラーなどの鳥ではなく、放し飼いの地鶏なのでしょう。 それから、ケニアにはイスラム教の方も結構いますので豚肉はあまり無いようです。 ホテルの朝飯でも豚のソーセージやベーコンはちょっと離れたところに隠れるように置かれています。

さて、先週ケニアの代表料理、ニャマチョマに行ってみました。 ニャマ(肉)チョマ(焼)で、焼肉そのものです。

ニャマチョマレストランではこんな感じで、まず自分の食べたい肉を生の状態で選びます。 豚は当然無し、鳥とヤギです。

nyama_choma2

そして、デカイ炭火焼コンロで焼いて出てきます。

myama_choma

これを手で食べます。 ナイフ、フォークなどはありません。 サラダも手で食べます。

超ウェルダンなところもありますが、私の好みは、ヤギや羊はウェルダンのほうがおいしいと思うのでOK。 鳥もとてもおいしいです。

次にザンビアでの肉。 ザンビアは銅の生産などでリッチな国で、食べ物で有名なのはザンビーフ。 ザンビアの牛肉はブランド肉のようです。 理由を地元の人に効いてみると、ザンビアでは牛の育成技術が高く、肉の管理をきちんとしているからだそうです。 他の国は管理してないのかと思いましたが、まあそういうことのようです・・・・・

そんなことで、ルサカで一番おいしいステーキが食べられる「ルサカクラブ」に行って、Tボーンステーキを頼みました。 

zambeef

確かに、ケニアの牛肉とは違う感じ、ミディアムで焼いてくれるし、脂身もあって筋は無し。 これでも77クワッチャ、1200円くらいです。

さて、そろそろチェックアウトして、空港に向かいます。 皆さん、5Zの空で会いましょう。

 

9J, 7Q移動

5Z4から4月27日、日曜の朝移動します。 30日の水曜にはまた5Zに戻る予定。 日程が急遽決まったため、9Jと7QからのQRVはありません。

Thank you for calling me.  I will move to 9J and 7Q from 27 April Sunday morning (local time) but will come back to 5Z on 30 April Wednesday.  Unfortunately I could not get the license in 9J and 7Q then no QRV from there.

 

CCK訪問

木曜日、ナイロビ到着後にすぐにCCK(Communications Commision of Kenya)に行って、ライセンスをもらう約束をしていたのですが、空港からの道のりは夕方のラッシュ時とぶつかり、大渋滞。 ということでライセンスは発行済みということなので、翌日行く事を伝えておきました。 

CCKは今回の出張の仕事の場所にも隣接しているため、午後の打ち合わせの時間に合わせて時間を設定して出かけてみました。

cck

ナイロビの市の中心部からは約10kmほどです。 ちなみにナイロビ市内の標高は1800m。 朝夕は寒いです。

cck_map

CCKに到着するとちょうど昼休みでしたが、約束した時間にはきちんと戻ってきてくれました。 前回もお世話になったライセンス発行部門の方々に挨拶し、無事ライセンスを受領しました。

5z4_jh0cjh_license

お願いしたようにライセンスも4月22日発行日付で準備しておいてくれました。 今回は更新なのでライセンスのページ一枚。 青いファイルは前回もらったライセンスで電力規定や周波数、運用のルール、フォネティクスコードまで書かれた詳細ライセンス関連の文書です。

ライセンス料は2000シリング、1年間の費用ですが、私のような5Z4/ホームコールサインのテンポラリーライセンスは3ヶ月間有効。 1年以内に戻る場合で3ヶ月が過ぎている場合は再度無料で発行してもらえます。

PS 金曜深夜、日本時間の土曜早朝はまたもやコンディションが良かったですね。 18MHzで出ていましたが、UTC2000から2200過ぎまで2時間ずっとJAからのパイルでした。 Up指定も+10くらいまで広がっていたと思います。 信じられないコンディションの良さ。 モービルホイップで出来たという方もおられて、ますますびっくりです。

 

5Z4出張

水曜日の夜、羽田発でドバイ経由、本日4月24日、ケニアのナイロビに到着しました。

nairobi

4月25日追記: 4月25日の早朝、20mにて5ZとJAの大オープンがあったようです。 それまで15mでEU、NAとチョロチョロとやっていたのですが、少し休んでから、JST 0620くらいからだと思います。 立て続けにJAとでき、いまだこのようなパイルは味わったことの無い凄さでした。 私が感心したのは、皆さん呼ぶのが大変上手、惚れ惚れするくらいです。 Up1で開始して少しずつ上がっていくパターンを取りましたが、すぐに皆さん察知してチョイ上で呼んでくる。 さすがに+5くらまで上がるとそれ以上は気が引けて、+1まで下がるのですが、すぐにまた皆さん追随してこられます。 ためしに少し下がるフェイントもかけてみましたが、ほとんど下で呼んでいる局はいませんでした。 果たして私が日本から呼ぶ時に、こんなことが出来ているだろうかと思うと、はなはだお恥ずかしい限り。 一回だけ+5まで上がった後、+1に戻るのではなく、+5から順次Downをしてみましたが、このときはさすがに追随してくる方は少なかったようですが、それでも見ている人がいました。

中には指定無視している人もいましたが、他の国や地域に比べるとJA局は素晴らしくマナーが良いと思います。 これは前回も感じたことですが、他の地域ではQSO中でも本当にお構いなしに呼んできますので。 

7時20分JSTにはJAもフェードアウトでした。 この間、1H全部JAでした。 明日から週末でオールJAコンテストですが、たまにはDXものぞいて見て下さい。