「シンガポール」タグアーカイブ

9V1夜景

本日、9V1での仕事完了しました。

夕方、お客様と待ち合わせまで時間があったので、マリーナベイサンズの中にあるカジノを見学。 パスポートを持って行かなかったので中には入れませんが、こんな感じで上から眺めることが出来ます。 圧巻です。

お客様との打ち合わせ完了後は夜景を撮って見ました。

シンガポールの摩天楼

明日はYB0に移動します。

 

9V1出張

日曜日から、出張で9 V1に来ています。

一応ハンディは持ってきていますが、9V1でのライセンスは切れているのでQRVは出来ません。 145.625MHz(RX)のリピーターを聞いてみました。 この様子は帰国後にYouTubeに上げておきます。

明日で仕事は完了です。

 

LoTW tq6ファイル

今日の朝、LoTWのtq6ファイルがARRLから届いていました。 全部で16個・・・・

tq6

LoTWはJH0CJHでも、JA1CTVでも登録済みですが、海外での運用コールサインでの登録ができていませんでした。 KH6/JH0CJHやSM0/JH0CJHはJH0CJHのコールサインを参照することで、ARRLからすぐにtq6ファイルを送ってもらえたのですが、その後の他の国でのコールサインについては、全く受け付けてもらうことはできませんでした。 このため、そのままLoTWに海外運用のログをアップロードせずにそのままになっていましたが、いい加減、だいぶ溜まってきており、特にこの5月の5Z4/JH0CJHの運用に関して、「LoTW登録はまだか?」と言う問い合わせが、世界中から届き、ようやく重い腰を上げて、すべてのライセンスについてライセンスのコピーを取って、ARRLに先週郵送してありました。 その結果がこのtq6ファイルの16個です。

  • TA1/JH0CJH
  • A6/JH0CJH
  • 5Z4/JH0CJH
  • 9M2/JH0CJH
  • VR2/JH0CJH
  • 9V1/JH0CJH
  • OH/JH0CJH
  • LA/JH0CJH
  • DL/JH0CJH
  • PA/JH0CJH
  • ZS1/JH0CJH
  • ZS6/JH0CJH
  • W4/JH0CJH
  • W5/JH0CJH
  • 5H3TK
  • SO5CJH

これから少しずつLoTWにアップロードしていきます。 遅くなって申し訳ありませんでした。

At long last, I got received LoTW tq6 files of the above 16 licenses.  Sorry kept you waiting for long time.  I will up load my log on LoTW server one by one.  I need approx. two weeks to clear all these pending backlog.

 

シンガポールでのライセンス取得方法

しばらく時間があいてしまいましたが、シンガポールでのアマチュア無線ライセンス取得方法については、昨年10月にトライしましたが、時間切れでライセンスの取得まで行きませんでしたが、今回ライセンス取得までの手続きを追記しました。 下記URLの後半部分です。

シンガポールアマチュア無線ライセンス取得方法

9v1_jh0cjh

 

9V1出張

月曜から9V1に来ています。 日本出発時は降雪のおかげで大変でしたが、到着したとたんに30度の暑さで、人体温度試験を受けているようです。 さらに、今回はついうっかり冬服しかもって来ていません。

singapore

短波ラジオで日本のニュースを聞いていますが、いまだに大雪で孤立した地域があるということで、大雪お見舞い申し上げます。 一刻も早く、通常状態に戻ることを祈ります。

明日、残りの仕事を片付けて夜行便で帰国です。 金曜日はそのまま出社なので、再々度の降雪の天気予報がちょっと気になっていましたが、もう雪は降らないようで安心です。

 

シンガポールでの海外運用

今回、9V1への出張に際し、アマチュア無線の運用ライセンスの取得方法について調査しましたので、ここに情報を共有しておきます。 この情報は2013年10月のもので、変更になっている可能性もあるので注意してください。

私の場合は、今回の9V1出張が決まったのが約2週間前で、残念ながら時間が足りず、免許の取得にはいたりませんでしたが、比較的簡単にライセンスを取得可能なようです。 尚、ライセンス発給までは最低でも3週間必要です。 下記情報は2013年10月現在のもので、手続きに変更のある可能性もあるため都度確認が必要です。

必要な書類は下記のサイトにあります。

http://www.ida.gov.sg/~/media/Files/PCDG/Licensees/Licensing/Framework%20and%20Guidelines/GuidelinesLicensingSch/GuideAmateur.pdf

リンク切れのときのために下記にも保存しておきます。

GuideAmateur

海外アマチュア局のシンガポールでの一時的運用については、この資料の4ページ、Temporary Operation of Radio Amateur Stationのところから記述があります。

ライセンス取得にはHFでの運用は50シンガポールドル、VHF/UHFは25シンガポールドルの支払いが必要。 この書き方だとHFとVUの両方にQRVしたい人は両方を払う必要があるのかどうかは明確ではありません。 たいていの人はHFだけになると思いますが。

申請のフォーマットもこの資料の中に入っています。 明確になっていませんが、これ以外に私は

  • パスポートのコピー
  • 局免のコピー
  • 局免の英文証明
  • 従免のコピー
  • 従免の英文証明

を添付しました。

3ヶ月の期限で、コールサインは9V1/ホームコールサインがもらえるようです。 ただし、申請には3週間以上が必要ですので、事前に準備しておく必要があります。

 

— ここから 追記 2014年3月21日 

上記のプロセスで、そのままライセンスが送られてくるものと思っていましたが実際にはまだ手続きが続きましたので追記します。

このあと担当の方からWebで申請するためのURLとIDとパスワードが送られてきます。

URLはiDA Singapore(シンガポール情報通信開発庁)のTLS (Telecom Licensing System)というものがあり、そこにログインして自分で必要な情報を入力します。 https://tls.ida.gov.sg

tls_login

住所、氏名、連絡先E-mail、電話番号、ライセンス種類などがあったと思います。 さらにすでにIDとパスワードをもらう時に提出していますが、パスポートのコピー、局免、従免のコピー、英文証明をWebからPDFやJPEGファイルでアップロードします。 また使用する機器の性能についても同様にコピーをアップロードします。

その後、支払のページに移り50S$を支払います。 これはクレジットカードでOK。

しばらくすると下記のようなライセンスが送られてきます。

9v1_jh0cjh

 

9v1_jh0cjh2

 

ライセンスの中でコールサインの記述が 9V1-JH0CJHになっていますので、この点をiDAに確認したところ、9V1/JH0CJHと読み替えてくれとのことです・・・・・hi

 

 

9V1出張

台風26号が大暴れをしている中、9V1への出張で日本からの出国時は大変でした。 何とか木曜の朝には到着でき、仕事への影響は無し。

9V1でもライセンスの取得を試みましたが、残念ながら没。 時間が足りませんでした。 通常ライセンス発給までは最低でも3週間は必要のようです。 ただ、9V1/ホームコールでのライセンス取得方法を勉強しましたので、また帰国後に情報共有のために書いてみようと思います。

そんなわけで特に何も書くことが無いので、昨日撮った写真。

マーライオン

 merlion

マリーナベイサンズ

baysands

スマップだったかが何かのCFで出ていたような? 屋上に上るためには20S$が必要ということで時間も無いのでパスしました。

本日9M2に移動予定です。 9M2では、ライセンスが今月末まで有効のものが未だ残っているため、週末はQRPで出るつもりです。 

 

台風26号

今年は台風の当たり年のようです。 昨晩から関東地方を襲った台風26号は夜半から暴風と豪雨をもたらしました。

今日から9Vに出張ですが、朝は風雨の音で目が覚めました。 成田空港に行くべく、早めに家を出て平塚からのバスで行こうと計画しました。 ところが、バス会社のWeb上では「朝4時50分現在、台風26号のもとでも平常運行していますっ!!」と豪語していたものの、バスターミナルに行くと、なんとおばちゃんが平気な顔して「運休だよ」・・・・何のためのWeb情報?。 

そのままJR平塚駅に向かいましたが、途中でラジオから東海道線運休のニュース。 そのまんまUターン。

今度は相鉄線で横浜に出るべく海老名まで行きました。 海老名の駅についたころは雨風も酷かったのですが、しばらくすると台風一過の青空。 とにかく、「待っても良いや、こんな青空なんだし、すぐに電車も動くはず」と思って、止まっている電車に座って・・・・・・・・3時間! お尻が痛いなんてもんではありません。

ようやく動き出したと思ったら・・・・・倒木で途中で停止。 

再開して、ようやく横浜駅にたどり着いた時は、すでに家を出てから7時間を経過していました。 普段なら1時間のところ。

ようやく成田EXPに乗れると思いきや・・・・・・、成田EXPはすべて・・・・・「運休」。 よく見りゃ改札口の周りは座り込んでる人人人・・・・・ 

そのままYCATから成田行きリムジンバスに乗ろうと思いきや、成田行きは東関道通行止めで、これも・・・・・「運休」。 判ってます、その「運休」、朝から何度も何度も、この二文字に悩まされてます。

これをもって、すべての方策が尽きて呆然・・・・・・・ しかし、気を取り直し、もともと予定していた成田発の便はもうあきらめて、別便を探しました。 羽田まではYCATからリムジンも出ているようなので、深夜の羽田発に変更しよう!  しかし、これも予約満席。 これには本当に困った。 

次は国内線で、羽田からまずは関西国際空港へ行って、その後シンガポールまでのルート。 これなら何とか空席もあり、予約取れるらしい。 ひとまず、ここをとにかく確保してもらっておいて、深夜の、羽田発シンガポールの直行便の予約キャンセル待ち。 どっちのプランでも、とにかく羽田が基点! よし、とりあえず羽田に行こう。

YCATからの行き先は、羽田の国内線ターミナルまでとして、到着後、すぐにチェックインはせずに、ひたすら「待ち!」

何とか社内の旅行会社にPushしてもらい、羽田発のシンガポール直行便が取れた。 今度は羽田の国内線ターミナルから、国際線ターミナルへ移動。 そして、ようやく無事チェックインすることができました。 あと10時間待ちです。 

この旅は、まだ始まってもいないのに、すでに家を出てから今まで11時間・・・・・・でもまだ飛んでもいない。 この先、どうなることか・・・・・・

追記: 結局、家を出てから27時間かかりましたが無事9Vに到着しました。