「ソフトウェア」タグアーカイブ

VX-3をCHIRPソフトウェアで設定

このホームページでCHIRPを何回か取り上げて紹介してきました。リグのメモリ管理やパラメータの設定をパソコンからできるフリーソフトです。

その後、CHIRPも何度もバージョンアップされ、現在の最新版は10月8日版、ほぼ毎日アップデートされているようです。 すごいですね。

CHIRPホームページ

このソフトでメモリー管理や設定ができるリグもどんどん増え、現在のバージョンでは約180種類のリグに対応しています。

FT-817NDやFT-857は通信ポートがあるのですが、ハンディ機のVX-3などはパッとみたところ通信ポートはありません。 しかしアマゾンなどでもVX-3のUSBプログラミングケーブルが販売されています。

私が買ったものはすでに販売中止になっているようですが、Amazonのサイトで、「VX-3 プログラミングケーブル」などで検索すると今でも多く出てきます。

私は以前購入して、そのままほったらかしてあったのですが、先日この忘れかけていたケーブルを見つけてVX-3に接続してみました。

VX-3の上部にある、マイク・スピーカー端子を使って通信ができるようです。

USB端子をPCに接続し、VX-3の電源をONにすると、Windows 10の私のPCでは自動でドライバーが組み込まれました。

まずはVX-3の設定内容をPCに取り込みます。

VX-3をいったんOFFしF/Wボタンを押しながら電源を再度ONにするとVX-3がクローンモードで立ち上がります。 PCでCHIRPソフトウェアを立ち上げ、USBのポート番号を合わせ、CHIRPソフトでDownload from Radioをクリック、VX-3のBANDボタンを押すとリグ側が送信を開始します。

ダウンロードしたメモリーや設定をPCで設定しなおして、次は逆にPCからVX-3側にアップロードしてやります。

こちらは同様にクローンモードでVX-3を立ち上げ、V/Mボタンを押し、Waitの状態として、その後PC側でUpload to Radioをクリックするだけです。

PC側にダウンロートする時でもリグ側にアップロードする時でも、必ず受信側で受信状態に設定してから送信を行わないとエラーとなります。 これは以前の記事でも紹介した通りです。

パラメータの設定もできます。

FT-817などでは短波ラジオの周波数もプログラミングできましたが、なぜかVX-3の場合、FMラジオの受信はメモリーで設定できずメモリーの状態がおかしくなり、エラーになりました。 おそらくこれはVX-3でラジオを聴く場合RADIOボタンを押してFMの周波数にしますが、このあたりの仕様なのかも知れません。

 

HOTACA(穂高) Ver. 2.4リリース

先日、SOTA愛好者の方から1200MHzのハムログデータをHOTACA(穂高) を使って変換したときに出力データにエラーが出ているという報告を受けておりました。

昨日この点のバグを修正したHOTACA(穂高) Ver. 2.4をリリースいたしました。

HOTACA(穂高) Ver. 2.4

他にも何か気が付いた点がありましたらご連絡ください。

 

HOTACA(穂高) Ver. 2.3リリース

HOTACA(穂高)のVer.2.3をリリースしました。

HOTACA(穂高)ソフトウェア

HOTACA(穂高)にてHamlogの出力CSVファイルを変換した場合、各月の初日、1日のJST 00:00から08:59までの交信データをUTCに変換する際に、日付が正しく変換されなかったバグを修正しました。

一点だけ注意していただきたい点があります。 それは3月1日のJST 00:00から08:59までの交信データの時間をUTCに変換する場合、2月29日に変換するか、28日にするかの判断が、その年が「うるう年」かどうかで異なります。 ところが、Hamlogからの出力データの「年」が下2桁だけのため、年数字からはその年が「うるう年」かどうかの判断ができません。 このため、リアルタイムでHOTACAを使っている時点の年が「うるう年」かどうかを判断して変換することにしました。 HOTACAを使用するのは通常は下山した直後であり、3月1日に運用したデータを年を越えて変換するようなケースは、ほとんど無いと思いますので問題ないと思っています。

 

HOTACA(穂高)Ver.2.2リリース

HOTACA(穂高)のVer.2.2をリリースしました。

HOTACA(穂高)ソフトウェア

Hamlogからの出力のCSVファイルをHOTACA(穂高)の画面にドラッグ アンド ドロップすることで、CSVファイルを読み込ませることができるようにしました。

dragdrop

以前からこの機能を追加したいと思っていましたが、ようやく導入できました。

 

HOTACA(穂高) Ver.2リリース

この数週間は少し膝を痛めており、山はお預け。 だいぶ回復しましたが、大事をとっています。

今日はハムログのCSVアウトプットファイルをSOTAのデータベースにアップロードするソフトウェア、HOTACA(穂高)の改良に取り組んでいました。 Ver.2.0になりました。

hotaca

今回Ver. 1.5からの改良点は、山頂からの運用であるActivatorだけでなく、追っかけのChaserやSWLでのログ形式にも対応した点です。

超ニッチなソフトウェアですが、詳しくはこのページ

ところでJH0CJH開局40週年記念は、明日の25日と思っていましたが、良く調べたら10月21日の水曜日でした。 後から気がつくのも少し残念ではありますが、「鳥広」でみんなとお祝いしたと思うことにしました。

 

Visual Studio 2015とHOTACA(穂高)ソフトウェアのリリース

先週は、期末でもあり、忙しい日々でした。

期末の超QRLからは、少し解放されましたが、今週末は、都合で山には行けないので、とりあえず、土曜日は、以前からSOTA愛好家の皆様から期待されていた、ソフトウェア開発をやっていました。

SOTAで登録された山頂から運用したログを、SOTAのデータベースにアップロードする時に、QSOデータをひとつずつ入力していたら、大変な労力となります。 このため、SOTAデータベースにはCSV形式のファイルでアップロードできる機能があります。 多くのSOTA愛好家は、日本の中で大きなシェアを持つ、ログソフトHamlogのCSVファイルでのエクスポート出力を加工して、SOTAのデータベースにアップロードする形に成形し直してからアップロードする必要がありました。

これは結構面倒な作業です。

下の図がHamlogから出力されるCSVデータ(Excelで表示しています)

hamlogout

そしてこれがSOTAでアップロードするCSVデータです。

sota_input

データの内容は、運用周波数を見てもすぐに判ると思いますが、テスト用に作ったサンプルです。 データ形式は全く異なる形式であることが判ると思います。

この変換ソフトとして、このたび「HOTACA(穂高)」というソフトウェアを開発してみました。 HOTACAの略はHamlog Output Transform AppliCAtionで、文字通りHamlogの出力をSOTA用に変換するアプリケーションソフトという意味で、山岳移動運用のSOTAにちなんで、山の名前を付けてみたものです。

HOTACA(穂高)の詳しい内容については、このページをご参照ください。

さて、このソフトウェアですが、久しぶりにMicrosoftのVisual Studio にて、言語はC#を使って開発してみました。

vs2015

今のバージョンは、Visual Studio 2015 となり、今年の7月20日から提供されています。 統合されたソフトウェア開発プラットフォームで、こんな素晴らしいソフト(Communityバージョン)が無料で手に入る今の時代は、本当に素晴らしいと思います。 マイクロソフト社寄りのソフトウェアエンジニアの育成や、開発プラットフォームのデファクト化の狙いが見え隠れしますが、それにしても、この素晴らしい開発環境が無償で手に入るのは、とても素晴らしいことです。

私は本当はBorlandのDelphiが最高のWindows環境の開発プラットフォームだと、今だに信じていますが、Borlandも無くなった今はあきらめざるを得ません。 Embacaderoは高いし・・・・。

趣味のサンデープログラマーには、相変わらずソースコードはとてもきれいには書けません。 もっときれいなソースコードが書けるように勉強しないといけません。

そんなことを考える週末です。

 

Windows 8.1 64Bit版でのハム用ソフト互換性

昨年、移動用にWin 8.1(64bit版)のOSが入った小型のノートPCを買いましたが、ハム用の各種ソフトのWin 8.1 64bit環境での互換性について、いろいろ使用上のノウハウがあるようなのでまとめておきます。 今後はやはりOSとしてWin 8系そしてハードウェアも64Bitが主流になっていくと思うので参考までに。

1. Turbo Hamlog Win

まず、ハム用ソフトの代表的なHamlogですが、単にWin 8.1 64bit PCには、インストールしただけでは動作しませんでした。 起動後に「Hamlog.mstが見つかりません」というアラームが出て、Hamlog.mstを指定してやってもダメでした。 しかし、これはHamlogをWin XP互換で動作させると問題なく動作します。 このWin XP互換の指定方法は

hamlog1

Hamlogがインストールされているフォルダーで、実行ファイルのhamlog.exeを右クリックでポップアップした画面で「プロパティ(R)」を選択、出てきた画面で「互換性」タブを選択し、「互換モード」欄で「互換モードでこのプログラムを実行する」をチェックします。 さらに選択メニューでWindows XP (Service Pack3)を選択します。

gokansei1

これで問題なく動作すると思います。 初回だけHamlog.mstを指定してやる必要があるかもしれません。

 

2. MMVARI

MMVARIはWin 8.1 64bit PCでも単体では問題なく動作しましたが、一つだけ問題が起きました。

MMVARIは相手局のコールサインをクリックすることで、そのコールサインがMMVARI上でCall欄に指定され、同時にHamlogを使っている場合は、連携してHamlogの相手局として自動で登録されるのですが、このHamlogとの連携がうまくいきませんでした。

この連携がうまくいかないと本当に面倒です。 MMVARI上でコールを指定した後、Hamlogの画面に移って、キーボードでコールを入力という面倒なことになってしまいます。

何故連携がうまくいかないのか、いろいろと試したのですが、HamlogがWin XP互換で動作しているので、MMVARIも同様にWin XP互換で動作させる必要があるようです。 上記HamlogでWin XP互換を指定したようにMMVARIもWin XP互換で動作させると連携がうまくいきます。

mmvari1

PS 上のスクリーンのスタートボタンを見て、「なんだWin 8ではなくWin 7じゃないか」と思った方、相当あなたもツウですね。 実はWin 8のスタートボタンは最悪に使いにくいのでWin 7 のように変更するハックをしているのです。 OSは正真正銘Win8.1 64Bit版です。

 

3. MMSSTV

これもMMVARIと同様にWin 8.1 64bit PCの上では、Hamlogとの連携がうまくいきませんでした。 上記MMVARI同様にMMSSTVをWin XP互換に設定することで解決できました。

mmsstv1

 

4. CtestWin

Win 8.1 64bit PC上でも、特に問題なく動作しています。

 

5. Digital Sound CW

このソフトはWin 8.1 64bit PC上にインストールした後、起動しようとすると「mfc100u.dllが無い」というエラーメッセージが出て起動できません。 これはDigital Sound CWのホームページにも説明がありますが、必要なライブラリがないために出るアラームです。 「Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)」をインストールすることで動作させることができるようですが、Microsoftのダウンロードのページに行くと下のような画面が出てきて非常に紛らわしい。

X86ではなくX64のほうをダウンロードさせようとしてしまいます。 おそらくOSの64Bit版を自動検知してそちらをダウンロードさせようとするのだと思います。

ms1

この画面では何もチェックせずに右下の「次へ」をクリックすべきです。 それでX86版がダウンロードできます。 ちなみにX64版 をインストールしても動作せず、「mfc100u.dllが無い」というエラーが出るだけで動作しません。

また、このSoftではもう一つ引っかかりました。 いままでこのDigital Sound CWでは自分の設定した動作環境を保存できましたが、過去に保存した内容を使うことはできないような気がします。 自分の設定内容に名前を付けて保存するのですが、過去は拡張子の無いファイル名として保存されていましたが、いまはXXX.dscwという拡張子が付きます。 これが原因かどうかわかりませんが、過去の保存設定ファイルをロードすると画面が大きく乱れて動作しませんでした。 一度過去の設定を捨ててやり直してみると良いかもしれません。

 

以上、私だけの環境の問題であったかもしれませんので、あくまでも参考まで。

Turbo HAMLOG/Win Ver5.24a

今日、Turbo HAMLOGのHPにてVersionが5.24aにアップデートされていることを発見。 5.24aなのでマイナーアップデートのようですが、リリースノートで気になったのが下記の一文。

・環境設定4に「1行おきに色を付ける」設定を追加。

設定してみると。

hamlog

これはExcelなどの表計算ソフトでもよく使われている機能で、表がとても見やすいです。 色も選べます。

老眼で細かいものを見ると目がチラチラする私にはとても助かります。

 

CHIRPソフトウェアについて

約1年ほど前にCHIRPソフトウェアでFT-817NDのメモリー管理をPCで行う方法を紹介しましたが、今年の3月に安定版バージョン0.4.0がリリースされていました。

CHIRP HP

サポートされる機種も88機種位に増えています。

今年の1月位に、このソフトでFT-857Dも設定したのですが、このときには古いバージョンだったようでFT-817NDでは設定できた周波数以外のパラメータ設定項目がFT-857Dではできませんでしたが、今回のバージョンではFT-857Dでも周波数以外のパラメータの設定が可能になっています。

こんな感じ

CHIRP_parameters

CHIRPソフトウェアへのリンク http://chirp.danplanet.com/projects/chirp/wiki/Home

 

FT-817NDのリモートコントロール CHIRPソフトウェアについて

FT-817NDは非常にコンパクトであるにもかかわらず、1.9MHzから430MHzまでオールバンド、オールモードで運用可能な、すばらしいリグです。 機能も豊富で、いろんなパラメータ設定が可能ですが、その最大のメリットである物理的なサイズから、逆に設定が難しく、煩雑です。

このため、FT-817NDとPCをケーブル接続して、リモートコントロールする、Ham Radio Deluxや、FTBasicMMO、RT Systems製などいろいろなソフトウェアが開発されています。 Ham Radio Deluxは、リアルタイムでリグをコントロールするタイプのソフトですが、後者はメモリーやパラメータセッティング用のソフトで、私が探しているのは後者。 しかし、FTBasicMMOも、RT Systemsのソフトウェアも、有償ソフトウェアです。 このため、いろいろとネット上を探していましたが、この度、「Chirp」と呼ばれるOpen Sourceソフトウェアを発見しました。

http://chirp.danplanet.com/projects/chirp/wiki/Home

Thanks Dan and development team!

まだ、2011年に生まれたばかりのプロジェクトのようですが、国内外を問わず、多くのリグとのリモートコントロールをサポートしているようです。(2013年7月現在で80機種程度) しかもPC側のOSはWindowsのみではなく、ここがオープンソースの良いところですが、Linux, MacOSでも稼動できる実行ファイルにもコンパイルされていますので、いろいろなプラットフォームでの運用が可能です。

このChirpというソフトウェアにたどり着くためには、日本語だけのサイト検索では見つかりませんでした。 おそらく、まだ日本では誰も紹介していないようですので、ここで使用方法などを紹介しておきます。

以下はPC側OSをWindows、リグはFT-817NDについて説明します。 環境が違う方は適宜読み替えてください。

 

インストール編

1. まずは上記のリンクからソフトをダウンロードします。 Zip型のパッケージとインストーラー付きの実行型のソフトの両方があるようですが、どちらでもかまわないと思います。

2. インストール、もしくは解凍するといくつかのFileが出来ます。 この中のchirpw.exeが実行ファイルとなります。

 

準備編

当然ではありますが、このChirpにて操作するリグとPCの接続ケーブルが必要です。

CATケーブルは自作も出来るようです。 特に、昔のNTT DoCoMoのMovaのPC接続ケーブルを持っている方は、簡単に自作できます。 私は、この自作ケーブルも持っていますが、ICOMのリグ接続で使っているので、Yaesu標準オプションであるCATケーブルCT-62を使いました。 定価は高いですが、秋葉では結構安く買うことができます。 このCATケーブルはPC側がD-SUBの9ピンコネクタですので、PC側にD-SUBコネクターが無く、USBインターフェースが必要な場合は、USB-シリアルインターフェース アダプタを準備します。 私は手持ちのものを使いました。 無い人は秋月電子で900円くらいで売ってます。

1. リグとPCを接続ケーブルで接続します。

2. ここで、PCのポート番号を調べておくと、この後便利です。 Standard PortとEnahanced Portの両方が見えている場合はEnhanced Portのポート番号を覚えておいてください。 ポート番号とはPCの入出力ポートでUSBで接続した方は、デバイスマネージャーでポートを選択し、いま接続したUSB-シリアルインターフェースが、何番のポートにアサインされているかを確認します。 私の場合は下記のようにCOM3でした。 この数字は、その人のPC環境によって異なります。

device man クリックで拡大

 

操作編

1. インストールしたchirpw.exe という実行ファイルをダブルクリックして起動します。 開始画面は何も無い画面です。

chirp0  クリックで拡大

2. リグをクローンモードで立ち上げます。 クローンモードについての詳細はマニュアルを参照ください。 簡単に言うと、FT-817NDの場合、モードスイッチの両方を押しながらスイッチをONにします。 ピロピロピロという音がしてクローンモードでリグが立ち上がります。 画面上は、このように表示されます。

CLmode

3. まずは、今入っているメモリーやパラメータのコピー(ダウンロード)を行います。

4. ソフトのツールバーの「Radio」から「Download From Radio」を選択します。

chirp1 クリックで拡大

5. リグとの接続設定画面がポップアップします

chirp4

6. 先ほど調べたポート番号(私の場合はCOM3でした)とベンダー(リグのメーカー名)とモデル名(リグの名前)を選択入力します。 FT-817NDの場合は、きちんとNDまで指定しないと、FT-817 だけではダメのようです。 指定したあとOKをクリックします。

7. その後、リグのクローンモードでリグからの送信(TX)を選択。 FT-817NDの場合はAボタンです。 先にAボタンを押してから上記PC側のOKをクリックすると動作しませんでしたので注意。

8. リグ側の設定やメモリーがPC側にコピーされます。

Chirpソフトではこんな感じで進捗が表示されます。

chirp5

リグ側では音符が増えていく感じで、進捗が表示されます。

CLmode tx

9. PC側へのコピー(ダウンロード)が終わると、Chirpの画面にダウンロードした設定内容が表示されます。

これはメモリー内容。 私はNHKの国際放送のラジオ周波数を入れています。

chirp2 クリックで拡大

これは設定パラメータです。

chirp3 クリックで拡大

10. まずは、いまダウンロードした内容をオリジナルとして保存しておくべきでしょう。 ツールバーの「File」から「Save」もしくは、「Save As」で保存しておきます。

11. その後、自分でメモリー内容や、パラメータを修正したら、別名で保存します。

12. そして今度はリグ側に、設定内容をコピー(アップロード)します。

13. まずは、リグ側でクローンモードの受信(RX)を選択します。 これはFT-817NDの場合Cボタンです。 リグにRX設定の表示が出ます。 この順番も大切です。 下の14、15番のソフト側での手順を先に行ってからリグのクローンモードをRXにすると失敗します。

14. PCのChirpソフトのツールバーで「Radio」から「Upload To Radio」を選択します。

chirp6 クリックで拡大

15. COMポートは、先ほどと同じだと思いますので、そのままOKをクリック

chirp7

16. リグ側へのUploadが開始されます。

Chirpソフトでは、こんな感じの進捗表示

chirp8

リグ側では、音符で進捗表示

CLmode rx

 

これで完了です。