「店」タグアーカイブ

新潟県柏崎市刈羽黒姫山

新潟県柏崎市刈羽黒姫山 (JCC#0805, SOTA#JA/NI-076)

一晩明けて今日は刈羽黒姫山(以下黒姫山)、標高891mに登ります。

黒姫山は米山よりも標高は低いですが米山よりも内陸側にあり、柏崎市でも雪の多い高柳地区で、おそらく米山よりも残雪が多いはず。

今までに何度か運用したことのある、黒姫キャンプ場の近くに車を停めました。 キャンプ場入り口もこんな感じで残雪で車は入れません。

やはり昨日の米山とは雪の量が違います。

ところどころ雪の無いところもありましたが、そんなところにはフキノトウやすみれの花、カタクリの花が咲いていました。

どこが登山道かわからない状態で迷いそうな感じもしました。 というよりも迷いながら登る感じです。 ピンク色のリボンなどもなく勘だけが頼り。

一面銀世界のようなところです。 ただ一人だけ先行している方の足跡がありました。

だいぶ登りました。 あと一息。

登り始めて1時間半、ようやく黒姫山山頂、891mに到着。

山頂からは米山のような360度の展望ではありませんが、すばらしい絶景です。

山頂には避難小屋もありました。

しかし、登っている途中からですが、とにかく小バエが多く大変です。 しかも刺されるので大変。 絶えず動きながら小バエを追い払いながらアンテナ設営。

黒姫山のシャック

14MHzから運用をスタート

  • 14MHz CW : 2 QSO (北米とニュージーランド)
  • 18MHz CW : 1 QSO (オーストラリア)
  • 21MHz CW : 4 QSO (ニュージーランドとオーストラリア3局)
  • 28MHz CW : 1 QSO
  • 50MHz CW : 5 QSO
  • 50MHz SSB : 6 QSO
  • 144MHz FM : 9 QSO
  • 430MHz FM : 2 QSO

合計30QSOとなりました。

とにかく小バエの数が尋常ではなく悩まされたのですが、多くの局に呼んでもらえました。

2時に撤収して下山開始。 登りとは違って今回は後から登ってきた人がすでに下山していたので足跡をたどるだけで簡単に下山できました。

本日のルート

高度です。 登りでGPSのスイッチを入れ忘れてしまい、下山部分だけです。

下山後は高柳の「じょんのび村」で温泉につかり、すっきりしたところで十日町の「うれっ子」で焼きそばをたべて帰路につきました。

 

妄想世界旅行ツアーコンダクター会

いよいよ明日の夜、関東地方でタモリ倶楽部のオンエア。 ネタばれの無いように頑張る毎日も今日でおしまい。

ということで今日は妄想世界旅行のツアーコンダクターの皆様と前夜祭でした。

ツアーコンダクターの皆さん、今日は本当に楽しい会でした。 ありがとうございました。 明日楽しみですね! 2次会でも盛り上がりました! こんなにディープな世界観を持っている皆様と知り合えたのも、タモリ倶楽部のおかげです、ぜひまた近いうちにやりましょう!!

 

SV出張

金曜にKH6から帰国しましたが、翌月曜に日本を出てSVのアテネに来ています。 SV9のクレタ島には以前訪問したことがありますが、SV本土はDXCCでは別エンティティですので、80番目の訪問国となりました。 残念ですがQRVはありません。

ということで本日で仕事は完了。 ちょっとだけアテネ市内を観光。 アクロポリスのパルテノン神殿に行ってみました。

青空に白亜の石柱が美しい。

アクロポリス近くに出動していた消防車に乗っていた業務用無線機、おそらく中国Baofeng製。 どうしてもこういうところに目が行きます。 消防団員に許可を得て撮影。

その後はアテネの市内のハムソーセージ屋で晩飯。 この居酒屋感が素晴らしい。 ハムソーセージを売っている周りにテーブルがあり、そこで飲み食いできます。

料理は3人でコールドプレートとソーセージ盛り合わせ、ビール&ワイン2本で、30Euro/人。 値段も居酒屋感覚です。 店名は英語でThe Karamanlidika Fanis(Ta KapamanλiΔika)

ここで飲んでいたら、その飲んでいたワインを醸造してる醸造所の主人が来ていてみんなで乾杯。

明日帰国(金曜日着)で帰ります。

 

2017年6m忘年会

今年もあと3日、いや実際には残すところ2日になりました。

今年最後の忘年会はいつもの通り50MHzのメンバーと昨年同様、田町の「佐賀県三瀬村ふもと赤鶏 田町本店」で開催されました。 この店はTVでも紹介されている、とてもいい店です。

参加者は12名。 久しぶりに会う方も、いつものメンバーも集まってにぎやかな楽しい時間でした。

ちょっと周りのネオンが明るすぎたようで、写真は真っ暗になってしまいました。 高感度のカメラを持っていなかったので申し訳ありません。

この後は、これも昨年同様、田町の「ロッキーカナイ」で2次会。

楽しい時間でした。 みなさん健康に、元気に、そしてまた来年もよろしくお願いします。

 

四国巡業2日目

今日は高松のホテルを出てから、徳島の鳴門に向かいました。

橋の向こうに淡路島。 ちょうど今日は大潮だったようで大きなうず潮が見えました。

鳴門のうず潮を見た後は祖谷渓に向かいました。

祖谷渓は30年前にバイクで日本一周をした際に訪れた場所です。 日本最後の秘境と呼ばれるらしく、細い道が延々と続きます。 対向車とのすれ違いが大変です。 30年前の当時は無かったと思いますが、祖谷渓谷に小便小僧が設置されていました。

絵になる写真です。

祖谷渓には「かずら橋」という、かずらで造った橋があります。 この場所も30年前にバイクで来ていたのですが、すっかり様子が変わっていました。

30年前は簡単にこの橋を渡ることができたのですが、今回はとても怖く大変でした。 もっと足元も板が貼ってあったような気がしますが、足の大きさと比べてみるとどれだけ怖いか判ると思います。 ちなみに私の足の大きさは27㎝です。

足が滑ったら、確実に腿まで落ち込む感じです。

私はまだ怖いとはいえ、それほど高所恐怖症でもないのですが、それでも本当にビビりました。 後ろに続いた方は当然こんな感じです。

姿勢を見ていただければどれだけ怖いかわかると思います。

こんな素敵な風景が広がっているのですが、見る余裕などどこにもありません。 私自身、あとからこの写真を見て、素晴らしさを認識した次第です。

祖谷渓を離れ、高知に向かう途中で、日本一の大杉の木がある、大豊町の八坂神社に立ち寄ってみました。

素晴らしい大きな杉の木。 樹齢3000年だそうです。

日本一の大杉は美空ひばりが日本一の歌手になりたいと願いをかけた場所だそうです。 近くにひばり食堂というレストランがありました。 日本一の大杉を見たあとは高知に向かいました。

高知市内のホテルにチェックインした後、近くの「ひろめ市場」に行ってみました。

多くの地元の人たちが楽しんでいるジモティご用達の市場です。 フードコートのようになっていて、食べ物、飲み物を自由にみんなで楽しみます。

隣に同席した地元の人に教えてもらったカツオたたきの老舗、「明神丸」でカツオのたたきを仕入れました。

藁でその場でカツオを焼く作り方でとてもおいしかったです。

カツオがあまり好きではないかみさんも感動していました。

隣の若い夫婦と延々と話しで盛り上がり、酒は最初は高知の銘酒、酔鯨の瓶詰でしたが、その後は、この楽しい夫婦に教えていただいた酔鯨の秋落としに代えてからさらに酒も進みとても楽しい高知の夜でした。

 

SOTA Gathering #8

Welcome back to Japan, Andrew!

We had a small welcome party with Andrew VK3ARR.  He has a plan to visit Korea HL for his business and drop off a couple of days in Japan.  He arrived on Thursday and he flew to Shikoku Isl, Kagawa prefecture for activation from Mt. Kiyama JA5/KA-015.  Surprisingly he came back to Tokyo within a day and had a party in Akihabara, famous as Electric city.

Today we enjoyed in Shabu-Shabu restaurant again in Akihabara with Hira san JI1IHV, JI1UPL Leo, Andrew JI1GBE/VK3ARR, me JH0CJH and JM1NCT Aki san (from left side).

Enjoyed very much pile of meat and bunch of drinks…….  Perhaps no meat left in that restaurant…….

Andrew will go to Hokkaido JA8 and activate a summit tomorrow morning.  What a quick man he is!

Take care and enjoy your staying in Japan.

 

JR0YHF佐渡ヶ島おやじ観光

今日は一連の佐渡ヶ島移動運用レポートの最終回です。

2日目の金北山登山を終えて下山し、2泊目は大佐渡最南端、「稲鯨」にある民宿「敷島荘」さんにお邪魔しました。

有名な民宿で、とにかくすごい海鮮尽くしの夕飯です。 今回は1泊目はキャンプでしたので、2泊目は豪快に行こうということで、船盛も頼みました。 キャンプも豪快でしたが。

この膨大な量のノドグロや黒アワビ、サザエ、タイ、マグロなどなどなどの刺身が「3人前」です。

宿の人がいろいろと説明してくれるのですが、多すぎてほとんどわかりません・・・・・笑

とりあえず、今回の佐渡ヶ島無線移動運用の成功に乾杯!

刺身の量が多すぎて無くならないので、仕方なく酒も多く飲みました・・・・笑。

楽しい夜はすぐに明けて、敷島荘さんの玄関で記念撮影。 お世話になりました。 料理最高でした。

私は参加できなかったのですが昨年の粟島移動で作ったお揃いのTシャツです。 サイズはなんで全部XL?? しかし、異様な軍団ですね~、こんな人達見かけたら、話しかけたくないですね~

まずは「七浦海岸」の「夫婦岩」です。

そのあと、佐渡金山のほうに向かいました。 相川の北沢地区には精錬所の跡があります。 昭和27年、1937年までこの精錬所が稼働していました。

この精錬所のすぐ近くに奉行所があります。 佐渡の奉行所は幕府直轄の現在でいうところの造幣局です。

普通の奉行所のように白洲の罪人取り調べ所もあります。

「へへー、申し訳ありません、もう無線ばっかりやりません・・・」

お奉行様によると打ち首だそうです。

奉行所はとても見るところがあるので、まずはここを見てから佐渡金山に行くことをお勧めします。

その後、金山に向かいました。

これは、「道遊の割戸」と呼ばれる、江戸時代初期の露頭手掘り跡です。

佐渡金山の「宗太夫抗」に入ってみました。 20年ほど前に来た時と同じです。

抗道の中は10度と、とても涼しいです。

抗道のいたるところに蝋人形が江戸時代の金鉱石採掘作業の様子を再現して見せています。

「早く、地上に出て、酒が飲みてー、なじみの女に会いてー」などとずーっと言い続けているおやじがいます。 それより仕事しなさい。

抗道を出た後、展示コーナーがあって純金の延べ棒に触れます。 ものすごく重い! 制限時間内に穴から取り出せると記念品がもらえますが、とんでもない至難の業。

純金と格闘して疲れた後は、「純金アイスクリーム」を食べました。 金粉が振りかけてありますが、普通の350円です。

そのあとは、大佐渡の「尖閣湾」を観光。

このオレンジのTシャツを6人全員来ているので、とても異様な姿で目立ちますが、行くところ行くところで、「さっき精錬所にいたよね」とか、「奉行所でも会ったね」、「金山にいたでしょ」、と声をかけてもらえます。 こんなおやじたちに話しかけたくないですね~、というのはそうではなかったようです。

楽しかった3日間の佐渡移動運用おやじ旅行もこれで終了。

各地で呼んでいただきました皆さん、このレポート読んでいただいた皆さん、ありがとうございました。

 

W6 L.A. 出張

火曜日の夜、サンフランシスコからロサンゼルスに移動。

昨日、仕事の後近くの海岸に行ってみました。

空気も乾燥しているので、暑くも無く気持ち良い風が吹いていました。

夜、飲んだワインの名前が・・・・・

「The Widowmaker」、・・・「未亡人つくります」

え、・・・・ うまくて飲みすぎて旦那さんを殺します。 そんな名前のワインです。

確かにおいしいワインですが、すごい名前です。

 

W2出張

水曜の夜、シカゴを出て、木曜朝3時にW2のプリンストンに到着しました。

仕事のあと、プリンストン大学を見学する機会に恵まれました。

すばらしい環境。 自然にも恵まれ、キャンパス内に聖堂や博物館もありました。

プリンストンの街中でその場所で地ビールを飲ませてくれる「Triumph」というパブがありました。

試飲メニューがあり、7種類全部試すことが出来ます。

ひとつのグラスは100ccくらいだと思いますが、全部飲み比べるころには、だいぶ出来上がってしまい、どれが一番おいしかったか判らないので、もう一度試飲コースを試すことになります・・・・笑

 

Mt. Ooyama SOTA JA/KN-006

Today we JJ1CKE Eva, JJ1CKD Andy and JH0CJH Toru made an activation on Mt. Ooyama JA/KN-006.

Meet with Eva and Andy at 06:20 AM and head to Isehara station.  From Isehara we took a autobus to “Ooyama Cable station”.  We got arrived around 09:10 at Cable car station. Ooyama Cable car is renewed last year and it was my first ride-on to the new car.

It was really nice brand new car but it is very enjoyable by cable car driver.  He was joking a lot and fluent in English and finally he sang a canzone in the car.  It was really fun and thank you for this entertainment.  It is really valuable to get a ride on this cable car… 🙂

After got reached to the “Shimosha” station, we started the real fight with rocky way up to the summit.

Then after 90min hard job, we got the summit point.

Soon after arrival to summit point, we started set up of antenna and started operation.

It was really chilly and wet on summit despite nice weather in down side. Eva san is really freezing there…..

Andy made several QSO in 14MHz CW and Eva made 14MHz SSB and 430MHz FM QSO and all qualified as activators at JA/KN-006.  Congrat mates!

Then it start snowing on summit then we retracted the antenna and rigs then started going down.

We took the another route than climbing up and got warming through decent work.

After came back to Isehara station we went “Mayu” restaurant that my favorite.  Look the volume of all foods.

It is really good to have beer after hiking and the harder hike the better taste……

I have activated JA/KN-006 in Jan this year then points are not given but did 4 QSO today on 430MHz FM.

Thank you all caller today.

Today’s route map

and Altitude of tracking today.