「香港」タグアーカイブ

VR20 プリフィックス

香港の電波管理局に相当するOFCAから先日手紙が届いていました。

香港が中国に返還され、香港特別行政区となり20周年ということで、これを記念してVR2のコールサインを持つ全局に2017年7月1日から2018年6月30日までの1年間に渡り、VR20のプリフィックスの使用を認める。 VR2でそのまま運用することも可能であるとのことです。

私はまだVR20のコールは聞いたことがありませんが、すでにQRVしているのかな?

 

LoTW tq6ファイル

今日の朝、LoTWのtq6ファイルがARRLから届いていました。 全部で16個・・・・

tq6

LoTWはJH0CJHでも、JA1CTVでも登録済みですが、海外での運用コールサインでの登録ができていませんでした。 KH6/JH0CJHやSM0/JH0CJHはJH0CJHのコールサインを参照することで、ARRLからすぐにtq6ファイルを送ってもらえたのですが、その後の他の国でのコールサインについては、全く受け付けてもらうことはできませんでした。 このため、そのままLoTWに海外運用のログをアップロードせずにそのままになっていましたが、いい加減、だいぶ溜まってきており、特にこの5月の5Z4/JH0CJHの運用に関して、「LoTW登録はまだか?」と言う問い合わせが、世界中から届き、ようやく重い腰を上げて、すべてのライセンスについてライセンスのコピーを取って、ARRLに先週郵送してありました。 その結果がこのtq6ファイルの16個です。

  • TA1/JH0CJH
  • A6/JH0CJH
  • 5Z4/JH0CJH
  • 9M2/JH0CJH
  • VR2/JH0CJH
  • 9V1/JH0CJH
  • OH/JH0CJH
  • LA/JH0CJH
  • DL/JH0CJH
  • PA/JH0CJH
  • ZS1/JH0CJH
  • ZS6/JH0CJH
  • W4/JH0CJH
  • W5/JH0CJH
  • 5H3TK
  • SO5CJH

これから少しずつLoTWにアップロードしていきます。 遅くなって申し訳ありませんでした。

At long last, I got received LoTW tq6 files of the above 16 licenses.  Sorry kept you waiting for long time.  I will up load my log on LoTW server one by one.  I need approx. two weeks to clear all these pending backlog.

 

VR2/JH0CJHライセンス更新通知

今日、家に帰ると、香港政府からの封書が届いていました。 見覚えのあるOFCAのスタンプ付き。

中を見てみると、昨年取得した、香港でのライセンスの有効期限が本年8月1日までで、それまでに更新費用150H$(約1900円)を支払えば更新できますというもの。

国外まで通知してくれるとは、親切なサービスです。

vr2_jh0cjh_license_renewal

VR2 では、昨年ちょうど大型台風が来ており、一局もQSOできておらず、いつかリベンジしたいところです。 さて、更新はどうするか? あと1ヶ月くらいあるので、しばらく考えます。

 

香港での海外運用

今後、香港で運用する方のために、今回のVR2/JH0CJHの免許取得方法をまとめておきます。 以下のプロセスや費用、規則は2012年7月現在のものですので、変更されている可能性が十分ありますのでご注意下さい。

だいぶ複雑なように見えますが、最大の難関は入国前までに完了させる輸出入許可の取得とその費用支払いです。 私は知人のサポートを得て行いました。 香港は無線機器の輸出入に厳しい規定があるので注意が必要です。

香港でアマチュア無線のライセンスを発給している機関はOFCA(Office of the Communications Authority)となります。 OFCAにはアマチュア無線の担当課があるようです。 この担当者を窓口にいろいろとプロセスを確認していきました。

香港は日本と同じように、アマチュア無線従事者の従事者免許とアマチュア局の局免許の2つがあります。 日本との間に相互運用協定はありませんが、香港局のゲストオペレータ以外でも、必要な手順を踏めば日本のライセンスでVR2/日本のコールサインでの運用が可能です。まずは免許体系のガイドラインです。

http://www.coms-auth.hk/filemanager/statement/en/upload/51/gn022012e.pdf

リンク切れの場合は2012年7月時点のものとなりますが、これです。

gn022012e

 

その他の情報

http://www.ofca.gov.hk/filemanager/ofca/common/consumer/other/rae_annex_c_e.pdf

リンク切れの場合は2012年7月時点のものとなりますが、これです。

rae_annex_c_e

 

これらをまとめると、まず、基本として4つの関連する手続きが必要であることがわかりました。

1. 従事者免許ですが、これはATO (Authority to Operate)と呼ばれています。 これだけでは、日本の従免と同じなのでどこかのクラブ局などでゲストオペレータとして運用をさせていただくことになります。 このATOだけでは、どこまで許可がされるのか(正式にクラブのメンバーである必要があるのかなど)、詳細な制限は、私には良く判っておりません。 ATOは5年間有効で、取得の費用は160HK$です。

 

2. 次はASL (Amateur Station License)と呼ばれるもので日本の局免に相当するものです。  私はゲストオペレータでの運用には興味が無く、やはり自分だけのコールサインでQRVしたかったためASLも取得しました。 これは1年間有効で、取得費用は150HK$です。 ASLを取得する場合は、自分のリグを香港に持ち込むことが前提になりますので、ASLの取得と同時に、下の3項に示すような無線通信機器の輸出入手続きが必要になってきます。

これがATOとASLの申請書となります。

http://www.coms-auth.hk/filemanager/common/licensing/A201.pdf

リンク切れの場合は2012年7月時点のものとなりますが、これです。

A201

ATOとASLはひとつの書類で済みます。 書類の番号はOFCA A201です。 必要事項を書き込んでいきますが、申請書の2ページ目の先頭にType of Applicationがあり、ここでATO、ASLを選択します。 私の場合は自分の機器を持ち込みなので両方にチェックします。 ASLだけではない ことに注意して下さい。 ATOにもチェックが必要です。

申請書の2ページ目の一番下に希望するコールサインの記入欄がありますが、VR2***のコールサインがアサインされるのは、香港の住基番号にあたる、HKIDカードを持っている香港在住者だけで、私のように海外局の一時使用の場合は、d項にあるようにVR2/ホームコールがアサインされます。

ATOとASLの申請には同時に、

  • パスポートのコピー(写真のあるページ)
  • 無線従事者免許証のコピーと英訳
  • 無線局免許状のコピーと英訳

が必要です。

 

3. ASLを取得し、自分の無線機器を使用する場合は、無線機器の香港への輸入許可(Import Permit)、そして香港から持ち出す場合の輸出許可(Export Permit)も事前に取得する必要があります。 この輸出入許可が無い場合、税関で見つかると無線機材を没収されるとガイドラインにも書いてありますので十分に注意が必要です。 また輸入許可と輸出許可は、まったく別で、費用もそれぞれに150HK$の支払いが必要です。

Import Permitの申請書

http://www.coms-auth.hk/filemanager/common/licensing/A120.pdf

リンク切れの場合は2012年7月時点のものとなりますが、これです。

A120

 

Export Permitの申請書

http://www.coms-auth.hk/filemanager/common/licensing/A121.pdf

リンク切れの場合は2012年7月時点のものとなりますが、これです。

A121

輸出入許可証の申請書の書き方ですが、これはもともとのPDFファイルに直接入力できるようなフォーマットになっています。 注意すべき点は、個人輸入の場合、 Business Registration Certificate Noのところにパスポート番号を記入することです。 それから見落としがちなのは4項のDeclarationでチェックマークを入れることです。

 

4. さらに自分の無線機器を使用する場合は、その無線機器と上記2のASLを関連付ける書類、Amateur Station Equipment Scheduleが必要です。 これは日本の無線局事項書にあたるもののようです。

この申請書はこれです。

http://www.coms-auth.hk/filemanager/common/licensing/S204.pdf

リンク切れの場合は2012年7月時点のものとなりますが、これです。

S204

 

それぞれの必要書類に必要事項を記入しOFCAに提出します。 本来ATOとASL、それから輸出入許可証はOFCAの中でも窓口が異なっているようですが、私の場合は、何度もメールのやり取りで、プロセスを確認していたので、一人の担当者と相当親しくなっており、今回は特別にATO、ASLを担当する方を窓口にIL,ELも含めて全部の処理をお願いしました。

 

これらを一式そろえて入国前に、費用も支払う必要があります。 合計610HK$也。 これはOFCAに持参する必要があります。 代理人を立てる場合は、その代理の方の名前と香港での住基番号にあたるHKID番号を記入し、その人に代理を勤めてもらうAuthorization Letterを作成し、事前に提出しておく必要があります。

以上の手続きを完了すると、

まず持ち込み時、持ち出し時に必要な輸出入許可証は、申請後すぐにスタンプを押されて返却されますので、それを輸出入時に使用します。

そして肝心のライセンスですが、ATOとASLは申請後、9 working days後にライセンスが発給されます。 この9稼働日という期間は、交渉次第で少し短くすることもできるでしょう。

これは局免許の本体(全部で7ページ)

これは局免許の電力指定です。 HFは20dBwとなっていますので、100W

従事者免許証の本体 (下は局免許の帳票、機器貼り付け用でしょうか?)

輸入許可証

輸出許可証

 

B出張

一昨日、VR2に到着しましたが、到着時はSignal 11(台風の警戒レベル11)が出ており、この警告発令は13年ぶり、台風8号は大型台風だったようです。 

香港タクシーに散々クレームをしましたが、Signal 8 以上では基本的にタクシーを含む自動車は運行禁止。 このSignal8 以上で事故が起きても保険は下りないらしく、その様な状況下で運行しているタクシーは、自らのリスクも省みない、逆に良心的な人だったようです・・・・・hi

VR2での運用はこのような状況でまったくNG。 また今度来た時に運用します。

本日は、2週間ぶりに、シンセン市に移動。 日本なら台風一過で晴れるところですが、このあたりは、いろいろ台風の動きも不安定なようで、ずっと一日中豪雨でした。 風が無いだけでも良いのですが。

明日夜帰国です。

A6, 5Z4, 9M2, VR2に渡り、まずはライセンス給付にご協力いただいた各国Regulatorの方々をはじめ、サポートいただいた方々、たくさんのコールをいただいた方々に深謝申し上げます。

 

VR2出張

本日夕方9M2を離れ、さきほどVR2に到着しました。 台風8号がちょうど香港を襲撃しており、フライトキャンセルが危ぶまれましたが、何とか到着しました。 着陸時は、だいぶゆれました。 ランディング時には乗客全員が拍手喝采です。

到着後、九龍駅まで電車で来たのですが、タクシー待ちの行列ができていて、1Hほど待たされました。 理由はタクシーの運転手が、台風の状況下では乗車拒否とか、べらぼうな値段を付けているためです。 通常50~60HK$くらいのところ300HK$(約4000円弱)だと抜かしています。 弱みに付け込んで、ひどすぎますね。 同じタクシー待ちの、シンガポールから来た母娘もべらぼうな値段に驚いていました。 ホテルが、同じStreet沿いのホテルだというので一緒にタクシーに乗せてきてあげることにしました。 運転手は、2箇所行くなら2倍の600HK$ を払えなどと言い出し、結局、私のホテルまで行って、そのあとは母娘歩いて自分のホテルまで行くことにしました。 香港のタクシーはひどすぎます。

ホテルにチェックインしたのは0時すぎ。 外は大嵐になっています。 生まれたての台風はやっぱりすごいです。

香港では窓が開くホテルをお願いしていたのですが、なかなか探すことができず17階ではあるものの、窓の外にアンテナを出せずに残念。 まあ、大嵐ですので窓を開けることができても、そういうわけには行かない状況ではありますが。

VR2では無事、VR2/JH0CJHのライセンスを入手できましたので、先ほどからQRVしてCQ連呼していますが、窓が開かないので数局QSOできれば良いほうでしょうか? せっかく取ったライセンスなので、何とかしたいところです。

 

B出張

本日、VR2経由、中国のシンセン市に到着。 暑い!

Bでやってみた運用申請は結局、まったく音沙汰なしです・・・・ 一方、VR2はコンタクト先が見つかり、手順もわかりましたが、結構手間がかかるプロセスです。 今度、申請方法を投稿しておこうと思っています。

本日は、VR2の香港アマチュア無線連盟HARTSの月一の集会があったようで、参加を誘われていましたが、すでにBに移動済みでこちらも参加できず・・・・