ラズベリーパイのシャットダウンスイッチ

JR1OFPさんのラズパイイメージファイルのマニュアルによると、GPIO10番(ややこしいことにこれは19番ピン)をGNDに1秒以上落とせばOSがシャットダウンするように設定されているということで、シャットダウンスイッチを付けました。

本日秋葉原の秋月で小さな表面実装用のスイッチを買ってきて、老眼で苦労しながらなんとか、はんだ付けをしました。 スイッチを取り付ける場所ですが、ラズパイのケースの上蓋につけるとリード線が切れてしまう場合もあるし、かといって写真右のDVMEGAにつけると基盤が分割できなくなるので、ラズベリーパイの基盤のすいているところにつけることになるのですが、普段は上蓋を閉めているのでボタンそのものが押せない・・・・・ということでどこに取り付けるか考えましたが、写真の場所であれば何とかラズパイのケースの隙間から小指が届きます。

スイッチはアロンアルファで基盤に貼り付けました。

一秒以上の長押しでシャットダウンしてくれるようになりました。

電源をいきなり落としてもラズパイのOSは安定しているので大丈夫なようですが、やっぱり精神的に気持ち悪いのでこれで一安心です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*