「ハワイ」タグアーカイブ

KH6出張

土曜日の夜22時に成田を出てKH6のホノルルに来ています。

昨日土曜の朝、到着後はまだ時間も早く、ホテルにチェックインできずに荷物だけをホテルに預けてワイキキを散歩してきました。

デザートはEggs’n Thingsのパンケーキ

今サイクルの底状態でコンディションが悪いので、まったくだめでしょうけれども、当地の夜(JSTの夕刻)だけですが、HF CWでQRVしてみます。

 

KH6出張

本日業務は終了し、明日帰国しますが、先週の土曜日からKH6に出張しています。 毎日休暇で来ている人を横目に仕事だけ・・・

毎日、超過密スケジュールでしたので、QRVもほとんど出来ていませんが、毎晩ホテルに帰ってから聞いていますが、Condxも最悪でほとんどどこも聞こえません。 さらにノイズレベルが高くS=9+もあるので残念です。 そんな中でも何とか初日の日本の先週末に7QSOが出来ました。

もう少し頑張って聞いてみますが、難しい状況です。 期待していただいた方には申し訳ありませんでした。

 

LoTW KH6/JH0CJH登録完了

3月のKH6での運用について、LoTWで登録を完了しました。

皆さんよくご存知のように、LoTWでのQSOデータの登録は、正確にコールサインどおりに登録し、アップロードしなくてはなりません。 たとえば、JH0CJHで登録してあっても、JH0CJH/1でのアップロードはできません。 アップロードはできても当然Confimはされません。

このため、私もJA1CTV, JH0CJH/1に加えて、JH0CJH/2、JH0CJH/0など、それぞれの移動地ごとにコールサインで登録、アップロードしています。(これらのJAコールサインではDX局だけのアップロードですが) また、JH0CJHで登録してあれば、JH0CJH/1やJH0CJH/2などの移動局の登録は、JH0CJHの登録時に郵送した局免許状と身分証明がそのまま使えて、数分後にはE-mailでtq6ファイルがARRLから送られて来ます。 ところが、KH6/JH0CJHだけは同じドキュメントを参照して登録することができませんでした。 おそらく、JH0CJHの免許状が、日本国内の免許状であるから、相互運用協定というところまで、システムで認識していないものと思っていました。 このため、JH0CJHを登録したときと同様に局免許状と身分証明書を郵送しなくてはならず、面倒だなと思いながら1ヶ月経ってしまいました。

しかし、突然、昨日ARRLからKH6/JH0CJHのtq6ファイルがE-mailで届きました。 理由はわかりませんが、郵送せずに相互運用協定を認めるシステムになったのかも知れません。

いずれにせよ、本日早速、KH6での運用分のLoTWをアップロードしてあります。 現時点で122QSO がConfirmされています。

 

QSL KH6/JH0CJH到着

本日オノウエ印刷から印刷が上がってきました。 SASE分をまずは送ります。 残りを、Buro経由全部送ってしまうと、今後のSASEに対応できないため、しばらくSASEを待った後に残り全数をBuroに発送する予定です。 Buro経由受領すれば、即座に返信します。 もしくは、「Buro経由即送れ」というメールにも対応します。 メールはコールサイン アットマーク jarl.com まで。 JH0CJHとJA1CTVのどちらのコールサインでもOKです。

ご参考 http://www.qrz.com/db/JH0CJH

SASEで請求を考えておられる方へ

送付前に必ずオンラインログを確認してから送ってください。 ログに無い場合はお問い合わせください。 ヘボオペである私のミスーコピーには数文字のそれらしき間違いについては対応しますが、それ以外にはQSLを送ることができません。 よろしくご理解のほどお願いします。 尚、いままで受領したものにミスコピーはありません。

 

オノウエ印刷

先週末に、KH6/JH0CJHのQSLをオノウエ印刷に依頼しました。 昨日、メールで確認が届きましたが、QSLの校正を無料で確認できるように、今年の1月16日からプロセスが変更になったとのことです。

QSLのデザインができた後、メールでQSLの画像を確認、校正のために送ってくれるということです。

そういうわけで、さっそく、今日校正用のJPEGファイルが届きました。 こんな感じのカードになります。

事前にデザインの確認、校正、変更ができる良いサービスですね。 カードは22、23日ころ到着となるようです。

 

KH6での運用

今回、KH6での運用に際して、持って行ったものや注意点などをまとめてみました。

今回、ハワイに行くことに決めたときには実はまったくKH6での移動運用を考えていませんでした。 しかし、今となっては何がきっかけだったのか忘れてしまいましたが、ハワイでは相互運用協定によって運用できることを思い出し、急に計画を立てました。 もともと移動運用が主体ですので装備はすべてあるもので十分。 あとは、バンドプランや届出などの手続き(アメリカの場合は届出も不要)、だけ注意することで、今回の旅行を何倍にも楽しむことができることに気が付いたときから始まりました。

まず持ち物リストですが

  1. 無線局免許状(局免)
  2. 無線従事者免許証(従免)
  3. 局免の英訳
  4. 従免の英訳
  5. 無線機(IC7000)
  6. 電源(DM-330MV)
  7. アンテナチューナー(AH-4)
  8. アンテナ用延べ竿(グラスファイバー)
  9. 同軸ケーブル
  10. アンテナ用の電線とグランド側の電線
  11. PC
  12. PCとのInterface(Rig Expert製タイニー)
  13. 電鍵
  14. マイク
  15. 工具
  16. その他

このあたりです。

1. 無線局免許状

原紙を持っていきました。 アメリカでの相互運用協定においては、日本で受けている局免の範囲に限られますので運用は50W以下になると思います。 このあたりは良くわかりませんが、固定局だけの免許では、もともとKH6での移動運用はできないのではないかと思います。 いずれにせよ、私はJH0CJHでは移動運用の免許しかありませんので、こちらのコールサインでの運用となります。

2. 無線従事者の免許証

これも原本を持っていきました。

3. 4. 上記の英訳

これは、私が以前イギリスで運用をしようと計画を立てていたときに、日本から持っていった局免と従免の英訳証明書です。 当時より、イギリスでは日本との相互運用協定は無く、結局4年の滞在期間にイギリスから運用する夢はかないませんでした。 イギリスでアマチュア無線を監督しているRSGBの担当者によると、当時、日本側と交渉中だが3級、4級の相互運用内容について懸案事項があって、締結できていないということでした。 1,2級は問題ないなら、その分だけでも何とかして欲しいと4年間ずっとお願いしてきましたが、結局ダメでした。 アメリカの場合英訳証明などを使った申請、登録は必要ありませんが、今回は、その時に持っていった英訳証明書を持参しました。 従免は一生有効ですが、局免は当時のものと変わっていますが、とりあえず無いよりは良かろうくらいの感じで持っていったものです。

尚、ご参考までに、これらの文書を載せておきますが、これは当時の郵政省からの発行公文書ですので、当然ながら、英文の書き方が免許を発行した機関が書いたレター内容になっています。 アメリカ等、相互運用協定が存在しているところ、英訳証明が必要でない国において、参考用に個人で局免、従免を英訳して持っていく場合でも、このままの英文で自分の英訳として使うと公文書偽造になりますので、くれぐれも注意してください。 使われている用語の参考として使ってください。

  

(クリックで拡大します)

それからFCC Regurationで日米間の相互運用協定が結ばれているところの説明もコピーを持っていきました。

以上、あくまでも個人の責任でお願いします。

5. 無線機

小さくて、メモリーキーも付いているし、AH-4との組み合わせでアンテナの悩みもありませんので、迷わずにIC7000Mに決めました。 しかし、この機種は回り込みに非常に弱いので注意が必要です。 50W運用でも回り込みで終段を簡単に飛ばしてしまいます。 十分に日本で運用の仕方(オペレーションの仕方ということではなく、設置法や試験方法など)を練習してからのほうがいいと思います。 旅行に行った先で壊したなんて、泣いても泣ききれませんので。

6. 電源

こちらも軽くて電流容量があるといえば、スイッチング電源が有利です。 アルインコのDM-330MVが軽くていいです。 重さは2kgです。  アメリカは、AC115VですのでDM-330MVの定格範囲内(90~130V)で使えます。 忘れてはならないのはリグと電源の間の接続ケーブルです。 このケーブルは盲点で国内移動で私は忘れたことがあります。

7. アンテナチューナー

これも、ホリデーを兼ねた、お手軽移動運用には不可欠です。 普段、早回り移動運用で使っているAH-4を持っていきました。 AH-4とリグの接続コントロールケーブルも忘れずに。

8. アンテナ用延べ竿(グラスファイバー)

これも、普段移動運用で使っているグラスファイバー製の延べ竿です。 カーボン製は伝導体なのでNGです。 安いグラスファイバー製にしましょう。

9. 同軸ケーブル

AH-4とリグ間のケーブルです。 私は普段の移動運用は車ですので、同軸の長さは3mほどですが、今回はもう少し長さがあるものを持ってきたほうが良かったかなと思いました。

10. アンテナ用の電線とグランド側の電線

AH-4に接続する電線です。 これも普段使っているもので、アンテナ側は7mくらい、グランドラインは10m、6m、4mの三本を使っています。 別のページにも書いていますが、ギボシ端子で接続するようにしています。 こことか、ここです

11. PC

リアルタイムでのロギングには必要不可欠です。 RTTYやPSK31 での運用時も必要ですね。

12. PCとのInterface(Rig Expert製タイニー)

これはどうしても必要ということではありませんが、RTTY、PSK31に出る場合は必要です。 私はリグエキスパート製タイニーという小型のものを使っています。

13. 電鍵

マグネット基台の小型の電鍵にしようかと思いましたが、普段使っているものを持っていきました。 電鍵用の接続ケーブルも忘れないように。

14. マイク

私は結局、今回は電話は出ませんでしたので使いませんでしたが、一応持っていきました。

15. 工具

極力重くならないように必要なものだけに限って持って行きました。 私が持っていったものは、ニッパーとドライバーだけです。 両方とも今回使いました。 ラジオペンチは持っていかないところに、選択した決意が見えますね・・・・ hi

16. その他

ビニールテープ、アンテナ竿の固定用の短いロープ、アンテナラインの竿に固定する洗濯ばさみ、くらいかな。 こんなものでも現地で調達するとなると、まずは店探しからですし、リゾートでこんなものを売っているところは、ほぼ探せませんので。

 

以上ずらっと書きましたが、個人の運用スタイルによってさまざまでしょう。 私は普段出張でも、ほとんど物を持っていかないのでこれくらいの物量は簡単にパッキングできました。 リグとPCだけは手持ちのかばんの中に入れ、他はすべてトランクの中です。 電源や電鍵、AH-4はタオルで巻いていきました。

以上のように、まず忘れ物の無いように気をつけることと、何か聞かれたときに説明できる資料の準備が必要です。 私の場合は、まったく質問されることもありませんでした。

 

私が参考にさせていただいたページを紹介しておきます

 

KH6/JH0CJH 第4日目

KH6での楽しい日々も明日が最後になりました。 今日は、いろいろ買い物をしたり、砂浜でごろごろしてました。 昨日から、ホノルルフェスティバルが開催されており、街のいたるところで催し物が行われていますが、今日の夕方には、ワイキキの海岸通りでさまざまなパレードが行われました。 管弦楽団、和太鼓、フラダンス、子供みこし、少林寺拳法、中国の獅子舞など・・・

そのなかにミス何とかの乗ったオープンカーがあり、ミス何とかの数の多いことに驚くとともに、きれいなお嬢様方に見とれてました。 カミサンからは、ツッコミが入っていましたが・・・

そして、夜になってからは、新潟長岡の花火大会が行われました。 こんな離れたところで、故郷新潟の長岡の花火が見られるとは、ついていることもあるものです。 しかも借りたコンドミニアムの目の前で花火が打ち上げられて感動でした。 下の写真は、まだ出だしの花火で、クライマックスは本当にすばらしいの一言でした。 やはり、長岡の花火は日本一です。 花火の様子は、ホノルルフェスティバルのWebサイトからも、Ustreamでも見られるみたいです。

無線のほうですが、相変わらずAH-4は、ご機嫌斜めです。 今日も10MHzのCWとPSK31に出てみました。 RTTYも出たのですが空振りでした。

本日の結果

  • 10MHz CW : 37 QSO
  • 10MHz PSK31 : 4 QSO

本日の合計 41 QSOとなりました。

以上で、今回のKH6/JH0CJHの運用は打ち止めです。 今回の運用では、合計381 QSOとなりました。 たくさんの方に、呼んでいただきましたことを感謝申し上げます。

明日の夕方の便で帰国します。

 

KH6/JH0CJH 第3日目

今日は、レンタカーでオアフ島を一周してみました。

ワイキキには無い自然がいっぱいでした。 島の北端よりも南東のほうがワイルドな景色です。

これはMakapuu海岸公園から見た、Manana島(ウサギ島)だそうです。 なんとなくそう見えなくもありませんが・・・

島の北部はNorth Shoreと呼ばれる、サーフィンの世界大会も行われる場所のようで、たくさんのサーファーでにぎわっていました。 島の一番北には特に何もありませんでしたが、近くにGiovanni’sという車で売っている海老の炒め物の店がありました。 有名なところのようで、とてもたくさんの人でにぎわっています。 お昼ごはんもまだでしたので、立ち寄ってみましたが、とてもおいしかったです。 Hot & Spicyは半端ではない辛さでしたが・・・・

こんな、今はもう動かない車で売っています。

つかの間の愛車と記念撮影

無線のほうは、今日はとてもコンディションが良かったようです。 しかし、どうもAH-4の調子が良くないようです。 毎週酷使してますので疲れてきたのかも。 どうもご機嫌斜めで7MHzには同調してくれません・・・・ ということで今日は10MHzだけ運用。 途中で28MHzも出て、1局だけコールいただいたのですが、残念ながら取れずにフェードアウト。

今日の結果

  • 10MHz CW : 80 QSO

明日の夜は最終運用と思います。 AH-4の調子が心配です。 もしかしたら、ハイバンドだけになるかも知れません。

 

KH6/JH0CJH 第2日目

今日は、昨日夜遅くまで出ていたために、朝は起きるのが辛かった。 でも、9時に起床。 その後、ワイキキの街並みが良く見えるタンタラスの丘まで行ってみました。

ダイヤモンドヘッドとワイキキの街が一望できる場所。 道を間違えたのかもしれませんがここがタンタラスの丘というところは無く、路上に景色の良いところに設けられた駐車スペースに停めただけですが、こんなきれいな景色でした。 しかし考えることは、いつも、「ここで移動運用してみたい!」 でしたが、移動用の設備は無いので、残念ながらあきらめです。

午後はサーフィン教室に行ってみました。 この歳で少し気が引けましたが、一度はやってみたいという願望があり、挑戦してみました・・・・ hi。 ハンズヒーデマンサーフスクールという、その世界では有名な先生が経営しているところのようです。 個人レッスンだと費用も掛かるので、グループレッスンにしてみましたが、参加したのは私とアメリカから来た女性の2人だけで、ほとんど個人レッスンのような感じで得した気分。 先生の御指導もあり何とかフラフラしながらも、波に乗ることができる様になりました。 しかし、明日はおそらく筋肉痛でバリバリでしょう・・・・

夕飯の後は、同じ波でも電波という波乗りです・・・・

まず、7MHzにQRV、今日はあまり呼ばれません。 QSBがだいぶ深かったです。 TCVさんCPTさん、故郷のクラブ局各局にも呼んでいただきました。 皆さんよく入っていましたよ。 今日は10MHzに移ってからのほうが、だいぶ呼んでいただきました。 今日もクラスターに載せていただいたようです。

本日の結果

  • 7MHz CW : 37 QSO
  • 10MHz CW : 51 QSO

合計 88 QSOとなりました。 今日も呼んでいただき、ありがとうございました。

 

KH6/JH0CJH 第1日目

本日、KH6に無事到着しました。 昨日の夜行で朝9時半に到着しました。 寝不足ではありますが、やはりここはバケーション。 短期勝負です。 空港到着後レンタカーを借りて、ワイキキビーチのコンドミニアムまで。

予約してあった部屋は、下のほうだったのですが、チェックイン時には、まだ部屋が空いてないということで、高層28階に入りました。 部屋からダイヤモンドヘッドを望む景色はこんな感じです。 一日中遊んで、夜にアンテナを組み立てて28階から竿を出しました。 AH-4とLWです。

DXクラスターにも載せていただきました。

7MHz

10MHz

4時間ほど立て続けに休みなしで呼ばれて多少疲れました。 考えて見れば昨日から寝てないわけですし。 そろそろ寝ます。 また明日会いましょう。

本日の結果

  • 7MHz CW : 132 QSO
  • 10MHz CW : 41 QSO

合計: 173QSO